FC2ブログ

2018-12

メグロ SG 2段式入庫 其の伍

緊急入庫から数か月後、
2018 3 sg 15
再入庫っていうか、これが本来の入庫タイミングなんですけどね。

今回は本入庫なので、ちゃんとやる事をやりましょう。
エンジンの調子もそうなんですが、
2018 3 sg 16
既に結構漏れていますがフロントフォークのオイル漏れ修理、

エンジンからもオイル漏れしていますので、その修理も。
2018 3 sg 17
今は漏れてはいませんが、走って来た後によく漏れるそうですから、
十中八九アソコから漏れているんでしょう。
厄介なんですよねぇ~

あとは色々なパーツの取り付けと、本題のエンジン不調問題ですね。
前回で何とか走れるレベルにはしましたが、
今回はオーナーさんが「岸田精密工業」さんのキャブキットを用意してくれるようなので、
それを駆使して完調を目指します。

それにしても、前回から思っていたんですが、
2018 3 sg 18
「YOKOHAMA」のタイヤって珍しくないですか?
しかも、
2018 3 sg 19
新品かの様なコンディション!
「YOKOHAMA」っていつまで2輪用のタイヤ造っていたんですかね?
少なくとも、ワタシが業界に入った頃には既に造っていなかったと思うんですが、
ワタシが知らなかっただけで近年まで造っていたんですかねぇ~
誰か知っている方がいたら教えて下さい。

TX650 エンジンを・・・改修? 其の九

2018 2 tx650 1




エンジンが帰って来ました。
2018 2 tx650 56
ヘッドはやっぱりバルブガイドも作り直しが必要でした。
2018 2 tx650 57
バルブ自体はリプロの新品を使い、
2018 2 tx650 58
もちろん摺り合わせもしています。
コレでヘッドは問題無い筈。

シリンダーに関しては、、、、
2018 2 tx650 59
多くは語りません。

ヘッドカバーから組んでいきましょう。
2018 2 tx650 60
ロッカーアームも全部取り外して、洗浄とオイルラインの確認をしましたので、
必然的にOリングなんかも交換です。
しかし、ココで問題が・・・・・
ロッカーアームシャフトのメクラ蓋、コイツのOリングがメーカー欠品!
仕方有りません、ここは無いよりはマシですから、リプロのOリングを使いましょう。
何度も書いていますが、ロッカーアーム内のオイル通路もちゃんと確保しておきましょう。
2018 2 tx650 61
2018 2 tx650 62

それと、使用に問題は無いんですが、タペット面が荒れていますので、
2018 2 tx650 63
交換しておきましょう。
無駄なタペット音の原因になったりしますからね。
クリアランスも取り難いですし。

抜いたスタッドをヘッドに戻していきますが、
思い出しました。
ヘリサートをやり直さないといけないんでした。
幸いにも、ヘタ打ちしたコイルは上手く抜けましたので、
新しいコイルを挿入して・・・・
あれ?
ヘリサートのネジ穴が途中までしかネジ切っていません。
だからコイルも途中までだったんですね。

しかし、コレは困りました。
実はウチにもドン突き穴にヘリサートのネジを切れるタップは有りません。
2018 2 tx650 64
貫通穴なら出来るんですけどね~
至急タップを仕入れなければなりません。
ここは困った時の「MONOタロウ」
スグに来るらしいんですが、
待ってはいられません。
コレは後でも出来るので、先に進めましょう。

メグロ SG 2段式入庫 其の四

2018 3 sg 1




やっぱり店に来る前にオーナーさんが言っていた症状。
オーバーヒートによる軽い焼き付きの可能性が出て来ました。
純正のセッティングよりもかなり薄い混合気で100km巡行。
絶対とは言えませんが、何が有ってもおかしくない状況です。

とりあえず、キャブのジェットは今手持ちで一番近い#220に交換して、
試乗をしてみましょう。



まぁまぁ、こんなモンでしょうって感じの走りです。
アイドリングは、、、、多少マシになりましたかねぇ。
試しに元のジェットで走ってみましたが、
やっぱり上の伸びが苦しいですね。
これは知っていて比べてみないと解らないでしょうから、
オーナーさんに気付けっていうのは無理な話です。

ひとまずこれで納車って事でイイですかね?
そんな事を思いながら、また#220に戻してもう少し試乗をしていたトコロ、
突然エンジンが調子悪くなって止まってしまいました。
再始動を試みてもエンジンがかかりません。
うわ~~、ここでトドメを刺しちゃったか~~~~
マジで一瞬そう思いました。
しかし、ここは冷静に判断して、
まずはガソリンのチェック。
コックもチェックして、
問題無いので・・・・・押して店に戻りますか。。。。
そう、ちょっとした試乗のつもりだったので、何も工具持たないで出て来ちゃったんですよ。
プラグレンチも何もないので、これ以上の事は現状何も出来ません。
まぁ、店を出てスグだったので、そんなに距離はありませんから。
さっさとバイクを押して帰ろうと思った所、フッと気付きました。
チョークが上がってる。
2018 3 sg 14
バタフライバルブタイプのチョークの為、
チョット混乱するんですが、この状態がチョークが効いてる状態。
そして、
2018 3 sg 13
コレが効いてない状態。
一体何時から?
ひょっとして始動時から上がりっぱなしだったのか?
可能性は無い訳ではありませんが、
流石にそれは走り出したらすぐに気付きます。

走行中に上がっちゃった可能性が大きいです。
そういえば、以前やったSGもチョークが緩くて、こんな事になりましたっけ。
このSGも緩いんですよねチョーク。
チョークを戻してセルを回すと、何事も無かったかのように再始動。
そのまま一旦店に戻りました。

念の為の確認。
今回はしっかりとチョークが戻っている事を確認してから、
再度同じコースを試乗。



やっぱり!
ほぼ同じ場所で同じ様に止まりました。
原因はやっぱりチョークが勝手に上がってしまったから。

走行中に止まってしまったのはコッチが原因か?
チョークバルブの締め付けをちょっとキツクして、
簡単には上がらないようにしてから試乗。
止まる事は有りませんでしたし、
走りもソコソコですから、一旦納車かな?

オーナーさんには、くれぐれも高速道路には乗らないように注意しておけば、
ちょっと走る程度は大丈夫じゃないでしょうか。
乗って帰れそうな気はしますが、
危険は冒さず、今回は配達しましょう。

再入庫までしばらくお待ち下さいですね。

TX650 エンジンを・・・改修? 其の八

2018 2 tx650 1




流石に「三留」さんの所でも、今回の内容では時間がかかります。
車体が軽い内に追加の作業をやってしまいましょう。
前々から思っていたんですが、
フロントフォークが柔らかいんですよね、この車両。
どうやらSRのフォークをそのまま付けているようで、
そりゃー重量違いますから、ちょっと厳しいですよ。
SRが160kg位で、TXはノーマルなら200kgをチョット超える筈です。

2018 2 tx650 51
長期預かりになるこの機会に出来る事はやっておきましょう。
今回は・・・・
2018 2 tx650 52
オーナーさんが入手してくれたスプリングに交換してみます。
CB650用と書いてありましたが、どうやらそれが流用出来るみたいです。

フォークを分解、
元のスプリングと比べてみると、
2018 2 tx650 53
2018 2 tx650 54
若干長いですね。
しかしこれでどの位強化出来るのか?
付けてみないと解りませんが、それも了承済みなので、
効果が無くても気兼ね無くお金はもらえます!

2018 2 tx650 55
サクサクっと作業を終え、
フォークオイル量も規定値に、どの位の変化が有る物なのか?
ストロークさせてみると、、、、、意外としっかりした感じになりました。
エンジンが載っていないのでまだ何とも言えませんが、
以前よりは確実に良い感触です。
ちょっと期待出来るかも。

メグロ SG 2段式入庫 其の参

2018 3 sg 1




キャブを一旦分解して、各ジェットや通路を確認します。
2018 3 sg 10
キャブ内部もキレイですし、
特に詰まっているような箇所も有りませんでした。

たしかSGならば社外品でキャブのオーバーホールキットが出ていた筈ですけど、
それを組み込んでみるのも手ですよね。
通販のホームページで確認をしてみると、、、
確かに有ります。
しかし詳細を見てみると、ジェットの番手が実際の物と違います。
どっちが正解?
過去に何回かSGはやっていますが、
ジェットの番手までは覚えていませんからね。

そういえば!
SGのパーツリストを持っているんでした!!
確認確認。
パーツリストによると・・・・・メインジェットが#240で、スローが#20。
因みに、社外のオーバーホールキットも、
同じ番手を含む上下数セットが入っています。
ところが実際は、
2018 3 sg 11
メインジェットが#165でした。
スローは#20で合っているんですけどね。

いや、ちょっと待って下さいね。
ひょっとしたら、#165の穴を拡大して#240相当にしているのかもしれません。
ウチに有るジェットで近い番手は・・・・
いつだか忘れましたが、穴を拡大して作ったジェットが一番近そうです。
何番相当にしたのかは忘れましたが、#220よりは大きいので、
これと付いていた#165を比べてみましょう。
2018 3 sg 12
やっぱり全然違いますね。
表記の通り#165だったみたいです。

ということは、今まで圧倒的に薄い混合気で走っていたって事ですね。
確か高速道路を100km位で巡行したとか言っていたような・・・・
危険信号点灯

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する