FC2ブログ

2020-01

メイハツ 125-60 オリジナルを維持 其の壱

これも結構前にお預かりした車両で、
作業自体もすでに終わって納車も済んでいるんですが、
ブログを書くのがここまでズレ込んでしまいました。

作業的にはそんなに困難な事は有りませんでしたので、
面白味は無いんですが、、、、
おそらく、相当珍しい車両だと思いますので、
まずは車両外観をお楽しみください。

2018 7 メイハツ 60 1
車両図鑑によりますと、製造は昭和35年。
明石発動機、一般的にはメイハツ製の125‐60

2018 7 メイハツ 60 2
知っている方は多いと思いますが、
クランクケースカバーに「KAWASAKI」の文字が有るように、
メイハツは後のKAWASAKIの元になる企業の一つです。

現状見た感じ悪くは無いと思いますが、
オーナーさんも入手したばかりで、細かい状態の把握は出来ていないようです。
エンジンの状態、電装品の具合等、確かめてからでないと解らない事はさておき、
折角なので外観も少しキレイにしましょう。
2018 7 メイハツ 60 3
このマフラーはオリジナルでしょうから、
サビて朽ち果てる前に再メッキしておきましょう。
贅沢を言えば他にもアチコチ再メッキしたいんですが、
何でもかんでも再メッキは出来ないので、、、、、
2018 7 メイハツ 60 4
2018 7 メイハツ 60 5
う~ん、キックペダルもブレーキペダルも各種ボルトも、
再メッキしたいのは山々ですが、
・・・マフラー、エキパイ、フランジナット、ヘッドライトリム以上にします。

塗装はオリジナルっぽいので、そのままで。
足周り、
2018 7 メイハツ 60 6
スポークは作れますし、リムは再メッキしたいですが、
これ・・・・・・耳付きタイヤですね。
代えのタイヤが無いのに取り外すのは危険です。
不具合が無い以上、触らないのが吉!

メーターは・・・
2018 7 メイハツ 60 7
動くかどうかも解りませんので、確認してから。
コレを修理に出すと結構痛い出費です。

外観も大してやる事は無いですね。
2018 7 メイハツ 60 8
テールレンズやウィンカーレンズも幸い無事です。
2018 7 メイハツ 60 9
こんな特殊なモノ絶対に無いでしょうね。

一通り見てみましたが、結構早目に終わりそうですよ。
しかし、細かい部品が凝ってますね。
2018 7 メイハツ 60 10
チェーンケースの点検窓にも、
2018 7 メイハツ 60 11
ロゴが有りますし、
2018 7 メイハツ 60 12
シートはスプリングシート、
その下には、
2018 7 メイハツ 60 13
こんなカバーが有って、
2018 7 メイハツ 60 14
工具入れになっています。
あのカバー要るかな?

ガソリンタンクは内部をコーティングして有りましたので、
見える範囲ではキレイでした。
2018 7 メイハツ 60 15
このロゴ入りのタンクキャップも再メッキしたいですけどね・・・
キリが無いので止めときましょう。
スポンサーサイト



コメント

見るは易く維持は難し

じつにいい雰囲気のバイクですね。やがて60年になるとは思えないほど良好な状態を保っているように見えます。
こんな希少なバイクを見るのは楽しいけれど、維持していくのは大変なんでしょうね~。

バイクは乗り物ですから、乗っていた方が調子が良いのは当たり前。
しかし、走ればそれなりに摩耗します。
交換する部品が有る内はいいんですけど、
いづれは無くなりますからね・・・・

かと言って、床の間バイクにしていても、
アメリカのように乾燥している地域ならいいですが、
日本ではね。。。。

キレイな状態を維持するのはホント難しいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4659-09ae687d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する