FC2ブログ

2019-08

マチレス G5 英車によく有るOEM 其の弐拾七

2018 3 g5 1



キャブのセッティングをやっていきますが、
まずウチに有るジェットを確認しておきましょう。
今付いているジェットが main#180 slow#25
なので、その前後の番手がいくつか有るといいんですけどね。

残念!
mainは上の番手しか有りません。
下はまぁ・・・必要無い気がしますが。
slowは同じ#25と#30だけですね。

では、色々と組み換えながら試乗をしていきましょう。
こういうモノに関してワタシはあまりマニュアルを信じないんですが、
一応キャブの口径は合っていますが、
mainは#220
slowは#29

がスタンダードらしいです。

セオリー通りなら、#180では絶対的に薄い筈ですが・・・
オーナーさんはこのセッティングで乗っていたって事ですから、
何か薄くした理由が有るのでしょう。
とりあえずもっとmainを上げてみましょう。
#300 #250 #230 #200
4種類やってみましたがどれも濃過ぎてダメですね。
そうなるとやっぱり#180 なんでしょうか?
こうなると#180 より小さい番手が欲しいトコロです。

ニードルなんかも変化させてみたんですが、
不調は変わりません。
そうそう、この車両、英車には珍しく、
2018 3 g5 176
シートを外してタンクを外さないと、ニードルを外せません。
ちょっとメンテナンス性が悪いですね。

ここまでやって全く症状が改善しません。
キャブではないのか?
そんな疑問も湧いて来ましたが、
もうしばらくキャブで考えていきましょう。

油面の調整をしてみたいんですが、
国産キャブのように簡単じゃないんですよね。
まず、現状の油面高さがスタンダードなのか?
コレはマニュアルにも記載が無いので、
ウチに有る中古のアマルキャブと比べてみましょう。
引っ越す前は中古キャブなんて沢山持っていたんですが、
引っ越しの都合上ほとんどを売るか捨てるかしてしまったので、
今となっては貴重な手持ち中古キャブです。

フロートチャンバーを開けて比べてみると、
一見すると解り難いですが、
フロートを持ち上げてバルブシートに接触した所で止めました。
2018 3 g5 1772018 3 g5 178
右が手持ちの中古キャブ。
左がG5に今付いているキャブ。
この違いは大きくないですか?
これでは同じ番手のジェットを使っても、全然結果が違ってきます。

どちらが正解か解りませんので、フロート、バルブ、バルブシートを交換して試してみましょう。



う~ん、ジェットも色々換えてみましたが、コレは正解ではない気がします。
どのジェットでも濃い症状になってしまい、まともに走りませんでした。

原因はキャブではないのでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4476-7038428b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する