FC2ブログ

2019-05

モトグッチ ストロネロ イタリアの長命バイク 其の参拾参

sn 1




クラッチワイヤーを作り直します。
今のままでも使えない訳ではありませんが、
チョット気に入らない点が有るので、
このままではお客様に納車出来ません。

sn 226
このワイヤー先端のタイコが嫌なんですよ。
他にも動きがイマイチっていうのもあるんですけどね。
で、早速取り外そうと思ったんですが、
sn 227
このアジャスターを緩めていけば・・・・普通ならそのまま外れる筈なんですが、
sn 229
シリンダーに当たってしまってこれ以上抜けて来ません。
ええええ~~~~~~~!!
何なのこれ?
無理矢理回せば何とか・・・・・・・なる感じでもありませんし、
一体取り付けの時はどうやったんでしょう?
まさかワイヤー交換の度にシリンダーを外せなんて。。。
そんなアホな事はいくらイタリア人でもしないでしょう。

とりあえず途中でワイヤーをカットして、
ワイヤーだけは取り外しました。
sn 230
先端のタイコがこれでは、何時抜けちゃうか解りませんし、
大きさも有っていません。
それに、
sn 231
アウターのエンドキャップの底が抜けてしまって、役割を成していません。

さて、アジャスターはエンジンに付いたままですし、
どうやってこの状態でワイヤーを作りましょうか?
こんな状態だからタイコがネジ式だったんでしょうか。
今回も、最後のタイコだけネジ式にしてしまえば楽なんですが、
そんな手抜きはしたくありません。



とりあえずタイコを作りましょう。
sn 232
暇な時が有れば作り置きしておくんですが、
ありがたい事に暇な時間なんて有りません。
その時その時で一品制作しているのが現状です。

今回のワイヤー制作の方法ですが、
アジャスターがエンジンから外せない為、
めっちゃ面倒ですが、
最後のタイコだけを残していつも通りワイヤーを作り、
最後のタイコだけは・・・・
sn 233
ココでワイヤーをアジャスターに通してから取り付けます。
sn 234
エンジンの方からワイヤーを通し、レバー側のタイコを最後に付けます。
慎重にキメ処を探り、
sn 235
一旦レバー側だけワイヤーを外し、エンジン側は付けたまま、
タイコを取り付けます。
sn 236
これで無事にクラッチワイヤーは完成。
満足のいく仕上がりですが、懸念が1つ。
sn 237
マフラーに当たりますね、このままだと。
タイラップで当たらないように留めておくしかないですね。
大丈夫かな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4361-9cbf6363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する