FC2ブログ

2018-10

ADREL いかにもドイツ車 其の弐拾八

エンジンは開けたモノノ、
期待していたほどクランク内に水分は溜まっていませんでした。
まぁそれでも、ちょっと期待しながらエンジン始動。
モモモ~ン・・・・・
相変わらず始動性は良いんですよね。
モモ・・・・モモモン・・・・モ~ン・・・・・・
やっぱりダメだ、フケ上がらないですね。
エンジンではありませんでしたか。
そうなると何でしょうね?


・・
・・・
ん?そう言えばキャブのセッティングをイジッタままですね。
期待薄ですがキャブを元に戻してみましょう。

モモモ~ン、ブモ~ン!ブモ~ン!
あ、フケるようになりました!
エエっ!?
やっぱりあの溜まっていたのが原因だったんでしょうか?
あの程度でも影響有るんですね。
にわかには信じ難いんですが、あの作業の後に調子が良くなったって事は、
そういう事なんでしょうね。

まだ本調子ではありませんが、
とりあえずフケる様になりましたので、
次はミッションをやりましょう。

2017 12 adler 210
このエンジン、クランクケースが縦にも横にも割れません。
ケース自体は一体の鋳物なので、ミッションとクランクを取り出す場合は、
こっち側から引き出して整備します。
オイル漏れの心配は少ないんですが、どう考えても整備性が悪いですよね。
イタリアンバイクでは偶に有るようなんですが、
ドイツ車でこんな整備性が悪い構造を採用するなんて・・・・・・
何か魔が差してしまったんでしょうか?

文句を言っても仕方有りません。
分解を進めます。
クラッチを取り外し、このデカイギヤを外します。
IMG_6483.jpg
センターのナットを外したら、
開いている二つの穴にボルトを捻じ込んで、センターのシャフトを押せば外れる筈、
よく有る外し方ですから、大して苦労はしないと思っていたんですが・・・
IMG_6484.jpg
え?
このネジ穴って7mm?
持ってないよ~7mmのボルトなんて・・・・


一応ウチに有るネジの山を探したんですが、残念ながら有りません。
仕方ない、ダイスは有りますので、コレでネジを切るしかないですね。



作ってはみたものの・・・・・合わない。
7mmなのは間違いないんですが、ピッチが違うのか?
ネジが入っていきません。
え~~~、他のピッチのダイスなんて持っていませんよ。
そもそも、正解のピッチっていくつなの?
穴が小さくてピッチゲージが入らないんですよ。

仕方ない、下手な事はしたくないので、ギヤの外周を掴む方法で行きましょう。



爪が入らん。。。。。
どうやってもギヤプーラーの爪が入りません。

やはり当初の方法でやる方が良さそうです。
ネジ穴を既存のピッチで切り直して外しましょう。
あまりやりたくない方法ですが、仕方有りません。
ウチにも色々と事情が有ります。
IMG_6485.jpg
何とかプーラーを使えるようにはしましたが・・・・
やっぱりね、そう簡単には外れてくれません。
7mmのネジではそうそう無理は出来ませんので、
壊さない様に力を加え、例のごとく温めて冷やして、
慎重にやります。

ほぼほぼ1日がかりで、
IMG_6487.jpg
やっと外れました。
もうここまでで10万円位工賃欲しいです。正直。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4123-188d6973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する