FC2ブログ

2018-11

ADREL いかにもドイツ車 其の弐拾弐

苦労した割には成果無し。
こんな虚しい事は有りません。
が、無駄にはしたくありませんから、何としてでもスムーズに動く様にしないといけません。
ちょっとバリが有るのかもしれません。
ヤスリを使って一つ一つの山の角を滑らかにしていきます。





地道過ぎる・・・・・・・
でもきっと、ここまでやれば何かしらの変化が有るでしょう。

ダメか~
何がこんなに引っかかるんでしょうね?
正直、可動域は狭いので、そんなに気にする事でも無いのでは?
とは思いますが、やり直しはしたくないですから、
このまま有耶無耶にして組んでしまうのは出来るだけ避けたい。
何処の山が引っかかるのか?
確認しながら削っていると、
唐突にスコッと何の抵抗も無く入りました。
お!とうとう成果が出たか?と、、、
違いました。
スコッと入った瞬間に脳裏を過った嫌な予感。
コレって合う所が有るのかな?

正解でした。
特に合わせマークが有る訳では無かったので、
メーカーが意図してそうしていた訳ではないと思うんですが、
スコッと入る位置と入らない位置が有ります。
なんと・・・・・・そういう事か・・・・今までの苦労は・・・・・・
アウターとプレッシャープレートの山を1つづつズラしながら、
合う組み合わせの所でマーキング、
これで全て解決しました。
ちくしょ~、イヤ、でもこれはきっと下処理をしたからの成果でしょう。
そう思いたい!!

次に、
2017 12 adler 176
このプレートもちゃんと入るか確認しましょう。
2017 12 adler 177
こっちは問題無さそう。
これでクラッチは組めるようになりましたので、
フリクションディスクにオイルを含ませながら組んで、
ケースカバーのガスケットを切り出してフタをします。
2017 12 adler 178
試しにキックをしながらクラッチの作動を確認してみると、
気持ち良くスパッと切れます。
良かった~やった甲斐が有りました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4079-ee111e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する