FC2ブログ

2018-09

SDR 人生初!水冷エンジン 其の壱拾伍

2017 12 sdr 1



ベアリングの交換を終え、オイルシールも新しい物に交換。
ところが、大事な大事なクランクシールが・・・・・
上手くハマりません。
おっや~~こんなにキツイ?
2017 12 sdr 103
無理矢理ハメて失敗するのも嫌ですし、
ソコソコの力加減で入らないので無理はさせていないのですが、
ダメですね、このままでは入る気がしません。

仕方ない、失敗覚悟でプレスを使ってみましょう。



うん、、、オイルシールを壊してしまう様な失敗はしませんでしたが、
プレスでキコキコ入れていくでしょ、
全部入ってプレスを開放すると・・・・
ポコンって抜けて来ちゃうんです。
これは、、、サイズは合っていますし、
オイルシール、ケース共に不具合が有る訳では無さそう。
一体何がいけないの?

何度かトライしましたが、ことごとく抜けちゃいました。
こうなればもう一度「温め作戦」です。
どうせケースが冷えたらまた抜けちゃうんでしょうけど、
ダメ元でもやるだけやって、予想通りの展開になってしまったら、、、、、、、仕方ない。
ケースを加工しましょう。

そんな覚悟で臨んだんですが、ケースが冷えても全然大丈夫。
って事は、元からこういう取り付け方が正解なんでしょうか?
今までやってきた車両ではこんな事無かったので、
新しいエンジンはみんなこういう方法なんでしょうか?
謎は残りますが、とりあえずはOKという事で。
2017 12 sdr 104


次の日、午前中からオーナーさんが来店されまして、
今回はフレームの塗装をやってもらいます。
まぁ、フレームとは言っても全部では無く、ダウンチューブ部分のみなんですが。
まずは油汚れのヒドイフレームを灯油で洗ってもらいます。
2017 12 sdr 105
次に元の塗装を剥離剤で剥がしてもらって、
サンドペーパーでアシ付け。
ココまでだけでも結構な時間がかかりました。
幸い天候に恵まれましたので、洗ったフレームを天日干し。
水分が無くなったトコロで、脱脂をしていよいよ塗装に移ります。
ココまでやったんだからラッカー塗装では勿体無い。
ウレタン塗料でガン吹きしましょう。
2017 12 sdr 110
この他にも数点黒く塗る物を一緒にやったんですが、
小さい物は吊るしながら出来ますが、このサイズは吊るす場所が無いので、
効率は悪くなりますが段ボールの上に置いて塗装します。
オーナーさんはガンで塗装するのは初めてだったみたいですが、
なかなか上手く出来たと思いますよ。
仕上げはワタシがやりましたけどね。
なにより、楽しんで頂けたようで何よりです。

スポンサーサイト

コメント

向き逆では

お!
本当ですか!?
あのシールってちょっと特殊じゃないですか、
元のシールを取り外す時にちゃんと確認しておかなかったんですよね。
どっちが外側になるか悩んだんですけど、、、、
セオリー的にメーカーロゴの有る方が外側に来るはずなので、
それで組んでみたんですが・・・逆だったのか・・・
今の所調子良く走っているみたいなんですけど、
今度入庫して来たらやり直さないとですね。
ご指摘ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4053-02af5b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する