FC2ブログ

2018-11

ADREL いかにもドイツ車 其の壱拾八

エンジンごと預けて次の日。
プーラーが出来上がったとの連絡を頂きました。
ウチとは違って仕事が早いですね。助かります。

スグに取りに行きました。
出来上がったプーラーがコレ。
2017 12 adler 145
2017 12 adler 146
コレを使えば簡単に取り外せるはず!




外れない!!
何か外れない事が恒例的になって来た様な・・・・・
全然嬉しくないな~

ガンバって地道に続けたんですが、
外れないまま1週間程経ちました。
偶々「旋盤ニスト」さんが店に来られ、
外れない事を相談すると、
真ん中を押すネジをもっと太い物に交換してみようという事になりました。
そして再加工された物がコレ、
2017 12 adler 147
押しネジは他のプーラーの既製品ですが、
12mmから16mmへ変更。

正直、これ位の事で外れれば苦労は無いよな~
なんて侮っていたんですが、
すごく呆気無く外れました。
うそ~、あんな苦労したのに~~~~
2017 12 adler 148
2017 12 adler 149
まぁ、無事に外れたので嬉しい事なんですが・・・・

外して驚いたのは、ウッドラフトキーが使われていない事と、
シャフトがテーパー形状じゃないんです。
ストレート・・・・・・マジで。
相当加工精度に自信が有るんでしょうね。
じゃないとこんな事しませんよ。

クラッチの中身はこんな感じ。
2017 12 adler 150
フリクションプレートは張り替えに出しますが、
2017 12 adler 151
このクラッチプレートって・・・・・・・・コレが正解?
2017 12 adler 152
只のスチールプレートではなく、表面に何か塗ってあるの?貼ってあるの?
錆とかフリクションプレートの摩擦材が移っちゃった訳ではないですよね。
これは・・・・・・・・・・・・このままでいいか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4050-12787fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する