FC2ブログ

2018-09

SDR 人生初!水冷エンジン 其の壱拾四

2017 12 sdr 1



それでは手古摺った部分を説明していきましょう。
例のクラッチレリーズレバーのニードルベアリングなんですが、
2017 12 sdr 96
2017 12 sdr 97
これねぇ~、
皆さんどうやって取っているんですかねぇ?
手持ちのプーラーでは、合うサイズの物が無くて引っかからないんですよ。
それに、仮に引っかかるサイズの物が有っても、門型のプーラーでは・・・
2017 12 sdr 98
こんな状態の場所なので支点が作れません。
結果、これもスライドハンマー型のプーラーじゃないとダメって事ですよね。

ホント、ダメ元でちょっとしたアダプターを作って試してみましょう。
2017 12 sdr 99
既存のプーラー部品にアルミでアダプターを作り、
ニードルベアリングの内側に引っかかるようにします。
コレで引っかかりはしましたので、後はいつも通りに引き上げればいいんですが、
門型の様にジワッと引き上げるなら多少有効だったかもしれません。
しかし今回は場所が悪い。
スライドハンマー型では・・・・・・・・流石に引き上げる時の衝撃にアルミでは・・・・・耐えられませんでした。
2~3回カン、カンとやったら、アダプターが壊れました。。。

仕方有りません。
スマートではありませんが、どうせ新しい物に交換してしまうモノです。
壊して取り出してしまいましょう。
壊すのも結構手間なんですが、あまり作業としては見せられたモノじゃないので、
「無事に取り外し出来ました」とだけ書いておきましょう。
さぁ、全てのベアリングを取り外しましたので、
新しい物に打ち換えるんですが、
その前にいつもの一手間、
2017 12 sdr 100
ネジ穴をタップでサラいます。
切り子が少なからず出ますので、ベアリングとかは付いていない方が安心です。

新しいベアリング。
叩き込むで問題無いと思うんですが、
叩かないで入るならそれに越した事は有りません。
実際にこれを作業していたのはまだまだ寒い時期でしたので、
ストーブを使っていました。
コレは使わない手は有りません。
2017 12 sdr 101
ケースを温めてからやれば・・・・・・
スコンッと、、、、大して叩かなくてもベアリングが入ります。
もちろん、ケースが冷えればしっかりと固定されますので、
全然問題は有りません。
スポンサーサイト

コメント

しまった・・・。
SDRは一通りバラした事がある気になってたけど、そう言えばココを外すの、お願いしちゃった・・・。

DIYメカ、まだまだ修行が足りないですねぇ。(笑)

やっぱり専用工具が有るんですかねぇ。
原理的には今回作ったようなアダプターでイケると思うんですが、
ウチにもうちょっと工作能力が有れば・・・・

そういう事がサラッと出来る様な店になりたいです。
ウチもまだまだ修行中です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4048-eaa5c0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する