FC2ブログ

2018-09

SDR 人生初!水冷エンジン 其の八

2017 12 sdr 1


無事にエンジンがかかる事を見届け、オーナーさんは帰宅。
ブレーキはちょっと部品発注にミスりまして、
改めて部品が到着してからとなりました。

サクサクっとエンジンを降ろしてしまいましょう。
やはり水冷エンジンって、
水を抜かないといけないんですよね?
一体何処から抜くんでしょうか?
マニュアルを見ながら作業を進めます。
きっと水浸しになるであろう事を予想して、
この作業は外でやります。

クランクケース右側に有る、冷却水ポンプ下部のドレンボルトを外せば
冷却水は抜けるようですが、
思った以上に勢い良く飛び出して来ました。
2017 12 sdr 44
画像はもう大半が抜けた後なのでチョロチョロですが、
初めはホント、ドピュ~って感じで出て来ましたからね。
作業をする方はお気を付けください。
外でやって正解でした。

2017 12 sdr 45
エンジンが繋がっているホースやワイヤーを外します。
2017 12 sdr 41
オイルのホースも抜きますが、
この抜いたオイルをどうするか?
2017 12 sdr 42
いっぱい位まで入っているんですが、もう古くなっちゃっていますので、
勿体無いとは思いますが、抜いた後は廃油として捨ててしまいましょう。

流石に硬くなっているホース等が有って、全て順調にいった訳ではありませんが、
2017 12 sdr 52
何とかエンジンは降りました。
これからエンジンの分解です。

そうそう、コレも以前からやってくれと頼まれていた事なんですが、
2017 12 sdr 49
エンジンハンガーのこの部分。
2017 12 sdr 50
2017 12 sdr 51
SDRでは有名なウィークポイントらしく、
カラーがウニュ~っと出て来てしまうみたいなんですよ。
で、画像の様な状態になってしまうと・・・
コレはメーカーからは部品は出ていないんですが、
例のSDR.COMさんになら有るという事なので、
他の欲しい部品と一緒に頼みます。

こういった部品提供サイトがあるとその車両は生き残るんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4018-20a157b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する