FC2ブログ

2018-11

ADREL いかにもドイツ車 其の九

とりあえず火花は飛ぶようになりましたので、
次はキャブをやりましょう。

2017 12 adler 67
普段あまりやり慣れていないBINGのキャブです。
分解してスグに不安要素が出て来ました。
かなり水が浸入しています。
これは・・・・・・・ヤバイですね。
このキャブまでで止まっていればいいんですが、
エンジン内にまで入っていたら?

悪い事は考えないようにしましょう。
前向き思考でね。

はい、分解終わりました。
大問題発見。
2017 12 adler 69
このフロート部分なんですが、
よく有るフロートのパンクではありません。
2017 12 adler 70
あれ?
ニードルが貫通しているハズなんですが、
お尻の部分が有りません。
この時点で予想は付いたのですが、
ニードルを引き抜いてみると、
2017 12 adler 71
やっぱり。
2017 12 adler 72
侵入した水の所為で、腐って無くなってしまったみたいです。
本来なら溝が有って留められるようになっている筈なんですが、
これでは無理ですね。
どうしましょうか・・・・・・・・

一切の調整が効きませんが、
2017 12 adler 73
2017 12 adler 74
ハンダで留めてしまいましょう。
コレで油面の調整が上手くいけばいいんですが、
どうなりますやら。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bkura.blog91.fc2.com/tb.php/4002-027bbc6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する