FC2ブログ

2020-01

ホンダ C92からCS92へ 其の七

2018 12 c92 2



シート問題はちょっと棚上げしておきましょう。
全体的なバランスを見ないと何とも言えないので、
いくつか部品を仮付けして、オーナーさんにも見てもらってから判断します。

この作業当時年末で、年始はのんびりとスポークでも張り直すか?
と考えていました。
しかし、その為には足りない部品が有ります。
ホイールベアリングと、そのベアリングに挟まれるカラーです。
ベアリングは業者さんがお休みに入る前に手配して、
年内に手に入るように手配しました。
カラーは・・・・・・・部品取りしかありませんね。
今の内に旧いホイールから取り外しておきましょう。
2018 12 c92 43
ベアリングプーラーで片側だけ外して、
2018 12 c92 44
中のカラーだけ頂きます。
2018 12 c92 45
前後共取り出したら、ホイールの方は元に戻しておき、
続きは年始にでものんびりやりましょう。

本体の方はもう少し進めておきましょう。
洗ったフレームにエンジン、サイドカバー、マフラーを取り付けます。

C92のサイドカバーは一枚物ですが、
CS92は・・・
2018 12 c92 53
ご覧の様に上下2分割です。
やはりアップタイプのマフラーになると、サイドカバーへのアクセスが困難になりますので、
分割式になるのは利便性を考えれば仕方無い事でしょう。

しかしそうなると、サイドカバーのマウント方式が違ってきちゃいますよね?
どうやって留まっているんでしょうか?
パーツリストでも有れば簡単に解る事なんですが、
オーナーさんが何処かに有る筈、って事で探してもらっている最中なんですよ。
見つかればいいんですけど・・・・・・・
上画像のサイドカバーは右側の物なんですが、
下の部分の取り付けが縦に二つ穴が開いていますので、
何かボルトで留めると思うんですが、
2018 12 c92 54
フレーム自体にも、
2018 12 c92 55
バッテリーステーにも、取り付けるネジ穴らしきものは見当たりません。
これはひょっとしてCS専用のステーでも有るんですかねぇ
ネットで検索してみますかね。

それならば、先にエンジンを仮で載せてしまいましょう。
2018 12 c92 56
エンジンを載せるというか、
エンジンにフレームを被せるって感じでしたね。楽チン。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する