FC2ブログ

2020-01

ホンダ C92からCS92へ 其の伍

2018 12 c92 2



そういえば、フレームを交換する理由を説明していませんでした。
オーナーさんの話によると、この車両の入手時にフレームに亀裂を見つけ、
溶接するよりは載せ替えてしまえと、交換用のフレームを用意したんですが、
作業に取り掛かれないまま時は過ぎ・・・
そして今回の作業となりました。
が、・・・・・・・元のフレーム、何処を探しても亀裂なんて無いんですよね。。。
一応オーナーさんと一緒に確認したんですが、
オーナーさんも「あれ~確かにこの辺に亀裂が有ったのに?」
勝手に治る訳も無いんですが、どうしましょう?
そう確認したんですが、元のフレームの状態も悪いので、
予備フレームに載せ換えちゃおう。
っとなりました。

で、
2018 12 c92 40
これが予備フレームなんですが、
確かに元のフレームより錆は少ないです。
汚れを落としたら、一旦エンジンを載せて色々と部品を取り付けてみましょう。
どうしてそんな手間をかけるのかといいますと、
これもまだ説明していませんでしたが、
今回のレストアは、単なるレストアではなく、C92からCS92への変身も兼ねています。
そう、アップマフラーになるんですが、その為のマフラー、サイドカバーは有りますが、
ステー関係が有るのか?
雑多に部品を集めてあるので、何が有って何が無いのか把握出来ていないんです。

そうなると、あの大量の部品を一個一個チェックして、
ステー関係と思われる物をチョイス、
試しに付けてみるまで解らない。
そういう面倒な事になっている訳です。



そんな訳で数時間かけて部品のチェックをしました。
多分マフラーのステーは無いですね。
そうなると作ってもらうしかないので、ウチで簡単な図面を書くか、
試作品を作るかですね。

先にフレームを軽く洗いましょう。
2018 12 c92 41
2018 12 c92 42
センタースタンドは邪魔なので、取り外し・・・・・出来ない。。。
おやおや?これは単に引っこ抜ける構造だと思うんですけど。
プラハンで叩いても、全く抜ける気配が有りません。

ここで無理しても仕方ありません。
ガンガン叩いて、フレームに何か有っては本末転倒。
バーナーで温めながら、時間をかけてやれば外せるでしょう。



甘かったです。
温めても冷やしても外れません。
一週間位粘ったんですが、
これはいつぞやのKHと同じ感じでしょうか?

もう少し粘ってみてダメそうなら、
切断ですかね。
スタンド自体は新しい物が有りますし、シャフトも・・・・有る筈。
2018 12 c92 46
シャフトにカラー、これで合ってるよね?


スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する