FC2ブログ

2020-01

ホンダ C92からCS92へ 其の弐

2018 12 c92 2



まずはエンジンがかかるかどうかだけでも確認しておきたいです。
オーナーさんによると、エンジンはかかったと言っていましたが、
一体何年前の話なのだか・・・・・
無闇にキックは踏まず、
2018 12 c92 13
プラグ孔からOILを数滴。
カムシャフト周りにも潤滑をして、
十分に浸透してからキックをゆっくりと下ろします。

圧縮は十分に有るようです。
そうなると次はキャブですか。
2018 12 c92 16
外観上はそんなに問題無さそうですが、、、
開けてみましょう。



2018 12 c92 17
あれ?
2018 12 c92 18
このフロートは何?
ガソリンが変質したものが張り付いているんでしょうか?
一瞬そう思いましたが、他の部分には付着していませんので、そうじゃないでしょう。
これは・・・・コーティングですね。
こんな事が必要という事は、フロートに不具合が有るという事でしょうか?
試しにフロートを振ってみましたが、今の所浸水はしていないようです。
通常の洗浄作業だけで、とりあえず試してみましょう。
2018 12 c92 21

次はポイントですね。
先に他の車両から借りたバッテリーを補充電してからつなぎ、
2018 12 c92 22
火花が飛ぶかどうか確認。
・・・・・・やっぱり駄目でした。
そんなにトントン拍子にはいきませんよね。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する