FC2ブログ

2019-12

メイハツ 125-60 オリジナルを維持 其の伍

2018 7 メイハツ 60 1




再メッキに出して2か月ほど。
通常よりも少し時間がかかりましたが、
2018 7 メイハツ 60 38
キレイに仕上がって来ました。

実は、、、、、結果が出たから言える事なんですが、
ステンレスで作り直してもらった方が安かったな・・・・
お客さんにしたら「今更そんな事言うなよ!」
って思うでしょうけど、いくら経験が有ったとしても、解らないですからね、やってみないと。

今回通常よりも時間がかかってしまった理由にもなるんですが、
メッキを剥がしてみると、その下から穴が出て来る。
それを塞いでも、磨きをかけると他の所に穴が開く・・・
そんな事が有り、時間も料金も段々かかって来ちゃいまして。
まぁ、もう初めに手をかけてしまった時点で、
再メッキは諦めるという選択肢は無くなったんですけどね。

2018 7 メイハツ 60 39
ヘッドライトリムは何も問題有りませんでした。
料金的にも、それほど高額にはなりません。
サイレンサーがね、、、、、、予定していた額の倍くらいになっちゃいました。
2018 7 メイハツ 60 40
結果キレイに仕上がって来てくれたので、オーナーさんも納得して頂けたんですが、
・・・・普通のお客さんなら怒られちゃいますよね。

キレイには仕上がって来たんですが、
何も問題が無かった訳では有りません。残念ながら。
今回、穴の開いている箇所が多く、しかもそれがサイレンサーの入り口付近に集中していました。
溶接で塞いで頂いて事無きを得たんですが、
溶接をすると当然、内側にもビードと言いますか、溶接痕が残ります。
それが邪魔してエキパイが入らないので、
可能な限りリューターでその溶接痕を削り取り、
エキパイが入るようにします。
まぁまぁ、この位、大した手間では有りません。
キレイに溶接して頂きましたので、内側の処理位ウチで担当しますよ。

そして、前にも書いたかもしれませんが、
メッキに出す時に気を付けないといけない事。
それはネジ部のマスキングです。
一応、今回もネジ部分にはビニールテープを巻いて出したんですが、
2018 7 メイハツ 60 41
一応ダイスを通しておきます。
こんな小さいネジ部分はイイんです。
もしメッキがかかってしまっても、少しならダイスで削れますから。
しかし、そうもいかないのが・・・・・・・
2018 7 メイハツ 60 42
このエキパイナットみたいな大きな物。
このナット用のタップなんて無いですから。
これにも一応、内側にビニールテープを張り付けて出したんですが、
完全では無いですから、多少はメッキがかかってしまったりもします。
中途半端なメッキなので、
マイナスドライバーやピックアップツールで何とか取り除けます。

メッキ屋さんの受付の人は、
「ネジ部分にマスキングしなくても大丈夫、
今まで何の問題も有りません」

とは言っていましたが、絶対ダメでしょう。
実際にネジ山にメッキかかっていますし、
それを取り除かないとネジ締められないですから。
問題が無いのは、依頼者が後で処理しているからだと思いますよ。

何はともあれ、
2018 7 メイハツ 60 43
2018 7 メイハツ 60 44
無事にマフラーの取り付けが出来ました。
コレを見ると再メッキして良かったなぁ~
っと思いますよね。
外注なのでそんなに割引は出来ませんが、
ほぼほぼ原価で出すしか無いですね。
ウチの読みが甘かったのは確かですから。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する