FC2ブログ

2019-08

トライアンフ T90 売る前にもう一度 其の四

2018 11 t100 1 2018 11 t100 2



せっかく開けたので、
コッチ側。
2018 11 t100 19
キックのスプリングなんかも交換したい所ですが、
2018 11 t100 20
部品の調達に時間がかかりますから・・・・
今回はそのままにしておきます。
昔、別のトライアンフをやった際に、このキックスプリングがよく折れた経験がありまして、
それ以来、機会が有れば交換しておいた方が安心って心理が働いちゃうんですよね。

トライアンフばかりやっているのであれば、
それらの部品をストックしておく事も考えるんですが、
正直あまり依頼は有りません。
いつやるか解らない車両の部品は・・・・・ストックしておけませんな。
トラブルが出ない事を祈って、今回は見送ります。

問題の部分へ移りましょう。
2018 11 t100 21
クラッチのレリーズを外します。
2018 11 t100 22
レリーズ自体には問題ありませんでした。
改めて、患部をちゃんと見てみましょう。
2018 11 t100 23
2018 11 t100 24
痩せてますねぇ~
どこかと干渉するような部品ではありませんから、
単なる経年変化による腐食か、
元からの強度不足。

これはコチラで作り直した方が良さそうです。
外注に出すと確実に良い物が出来てくるのは解っているんですが、
今回は予算が無いので、ウチで作ってみましょう。

問題は・・・・この部品とロッド部分が、ネジで繋がっているんですが、
そのネジ用のタップが無い事。
恐らく英国規格のネジなので、タップの入手は簡単ではないでしょう。
それならば・・・・・・・・・・
ウチにある要らないスポークを加工して、
ロッドから作ってしまいましょう。
そうすれば、ネジなんかはミリ規格で切っても支障は無いでしょうから、
作成も楽です。

よし、プランは決まりました。
材料を調達しましょう。
スポンサーサイト



みんなのカブ C105 其の八

2018 9 c105 1





オーナーさんがフレームをやっている間、
ウチでもエンジン側の作業をしていました。
クラッチの交換です。

これも部品はオーナーさんが用意してくれたんですが、
ケースガスケットだけはウチで切り出しました。
おそらくリプロのガスケットは有るんでしょうが、
どれもちょっと信用出来ないんですよね。
そんなモノを使う位ならば、多少手間でも自分で切り出した方がいいです。
2018 9 c105 49
そんなに複雑でもないですからね。

問題はそんな所ではありませんでした。
持って来てもらったクラッチの部品、
何だか微妙に違うんですよね。
2018 9 c105 50

まずクラッチスプリング。
2018 9 c105 51
右が元の物、
左が新しい物で、3~4mm長いです。

そしてクラッチのフリクションディスク。
2018 9 c105 52
摩擦材の形状が違うのは全然問題では無いんですが、
厚みが違います。
元の物が3.9mm
新しい物が3.55mm
ちょっと薄いんですよね。

果してこれはこのまま組み込んで正常に使える物なんでしょうか?
念の為にオーナーさんに確認のTELを入れて、
このまま組み込んでしまっていいか聞いておきます。
まぁ、これ以外に部品は無いようなので、
ダメ元でもやってみるしかないんですけどね。

オーナーさんもそれは解っているようで、
試しにやってみようという事になりました。
この判断が吉と出るか?凶と出るか?

トライアンフ T90 売る前にもう一度 其の参

2018 11 t100 1 2018 11 t100 2



エンジン自体の調子は良さそうです。
これはクラッチを直してしまえば終了か?
そんな事を考えていた時でした。
パツンっとエンジンが止まりました。

あれあれ・・・・この止まり方は・・・・・・
やっちまったか!?
調子が良かったのは最後の一花ってヤツ??
マズイマズイ!!!
長期動かしていないという事なので、
いつも通り腰上に関しては初期潤滑はしてからエンジンをかけました。
しかし、腰下は・・・・・・・十分に空キックをしたはずですが、
確実にオイルが回っている確信は有りません。
冷や汗をかきながら確認作業をしていると、



助かった、、、、、、
2018 11 t100 14
電気の問題でした。
プラグに火花が飛んでいませんでした。
調べを進めていくと、原因は配線の腐食。
弱っていた配線が振動によって腐り落ちてしまったみたいです。
とりあえず、
2018 11 t100 15
イグニッションコイルに繋がている配線だけ、
少し切って心線がマシな部分を取り出し、
新しい端子を取り付ける事でしのげますが、
この一部分だけ腐食しているとは考え難いです。
出来る事なら配線を全部張り直したい所ですが・・・・・・・・
オーナーさんに電話で伝えたところ、
「今回は応急処置で」
まぁ、そうですよね。
これからも長く乗るのであればしっかりとやった方が良いですけど、
事情が事情ですから。
仕方ありません。

処置を終え、エンジンも調子良くかかり、
しばらくアイドリングさせていても止まる気配もありません。
これなら大丈夫でしょう。
いよいよクラッチの修理に取り掛かります。

まずはギヤオイルを抜き、
ケースの一枚目を開け、
2018 11 t100 16
これが裏側から見た状態なんですが、
この部分を交換出来ればいいんですよね。
2018 11 t100 18
ちょっと隠れちゃってますが、ワイヤーと繋がる部分です。
・・・・・・・・なんか、、、薄くないですか。。。。
これは経年変化で痩せてしまったんでしょうか?
それとも元から?
こんなに薄くては、強度的にアウトですよね。
新しい物を取り寄せてもこんなに薄い物じゃぁ・・・・
長く持たない事は明白です。
それならば、こちらで丈夫なモノを作った方がマシです。
問題は、コスト!!

みんなのカブ C105 其の七

2018 9 c105 1



オーナーさんがフレームを引き取りに来る時、
ちょっと鍵が出て来るか怪しくなってきたので、
これはシリンダーから鍵を作ってもらう方が早いのではないかという話になりまして、
キーシリンダーを外してお渡しする事に。

2018 9 c105 41
前オーナーさんの話によると、
たまにキースイッチの接触が悪い時があったらしいですね。
そうなると、折角鍵を作り直してもらったとしても、
あまり結果としては良くないかもしれません。
それならばいっそ・・・・・・
たまにオークションで出品される、デッドストックの新品キーシリンダーを買った方が良いかも?

そんな話をオーナーさんにしつつ、
もしかして簡単な接触不良ならば、分解して接点を磨けば直るかも?
そう思って裏を見てみると、
2018 9 c105 42
おや?
コレはどうした事でしょう?
裏の基盤がカパカパ浮いています。

まぁ、理由は簡単なんですけどね。

2018 9 c105 43
本来はこうやって基盤をツメで押さえつけているんですが、
その押さえているツメの1つが、
2018 9 c105 44
折れて無くなっています。
これでは基盤がしっかりと固定されませんので、
接触不良になって当然です。

接触不良の原因は解りましたが、、、
これは修理するのはちょっと難しいですね。
応急処置的な事は出来なくも無いんですが、
確実な方法ではありませんから、
リスクを考えると・・・・・・・・買い替えた方が良いかと。
オーナーさんとの協議の結果、
これはオーナーさんが自分で何とかやってみるとの事でしたので、
それならばこれ以上ウチが口出しする事は有りません。
オーナーさんにお任せします。


フレームを引き渡して2週間位。
とりあえずフレーム内側の錆処理が終わったという事なので、
フレームを持って来てもらいました。
2018 9 c105 48
錆び落しというよりも、これ以上進行しない為の塗装?コーティングをしたみたいですね。
効果のほどは年数が経ってみないと解りませんが、
やる事はやったという充実感!! 大事ですよね。

トライアンフ T90 売る前にもう一度 其の弐

2018 11 t100 1 2018 11 t100 2



本格的作業に入る前に、まずは・・・・・
掃除ですよね。
磨き上げるのは納車前でいいんですが、
簡単に掃除をしておきましょう。
そうでないと作業のモチベーションにも影響しますので。。。
カビの生えた車体は、、、、やっぱり触っていて気持ちの良いモノではありませんから。

スポークに絡んだクモの巣を取り除き、
シート下の薄っすらと付いたカビらしき白い物を拭き取ります。
あとは全体的に軽く拭き上げて、掃除終了。

次、結構入っていたガソリンを抜きます。
7~8分は入っていたので結構な量でしたが、
流石に数年前のガソリンでは、そのまま使う訳にはいかないですよね。
色々な容器に取り分けて保管。
洗い用のガソリンとして使わせて頂きます。

では、キャブから行きましょう。
2018 11 t100 10
まずは部品交換はせず、
そのまま洗浄しただけで組み直します。
正直もっと汚れていると思いましたが、
思いの外汚れてはいませんでしたので、
意外とこのままでも行けそうな気がします。

クラッチワイヤーもさっさと付けちゃいましょう。
こんなモノ引っかけてあるだけですから、簡単に復旧・・・・・・・・・
出来ませんでした。
2018 11 t100 11
ガイド部分を外すと、こんな金具が出て来まして、
こいつにワイヤーのタイコを引っかけるんですが、
2018 11 t100 12
どうやらこの金具が割れてしまているみたいで、
タイコが引っかかりません。
アラまぁ、、、、簡単には終わってくれないんですね。

部品を頼むか?
こちらで作ってしまうか?
まぁ・・・後で考えましょう。

先にエンジンの始動ですね。
バッテリーは丁度イイ物が無いので、
代車のKC125から借りて一時的に取り付け。
予想通りの展開ですが、プラグに火花は飛びません。
2018 11 t100 13
ポイントの研磨と調整、
ついでにちょっと詰まり気味だったタペットクリアランスを調整して、
クランクケース内に溜まっていたオイルを抜たら、
あっさりとエンジン始動。

おお、ひょっとしてエンジンのコンディションは良いのかもしれませんね。

委託販売 CB450セニア 

毎度お馴染み委託販売です。
今回の車両は・・・・・コチラ!!
2018 5 CB450 販売
つい最近記事を投稿しましたが、ホンダのCB450セニアです。
実際に作業したのは1年位前になります。

何だかんだと色々作業をさせてもらいましたが、
オーナーさんの一身上の都合により、
この度新しいオーナーさんを探す事になりました。

現状チョークレバーにちょっと問題を抱えているようですが、
1年前は調子良かったですし、それからそんなに乗っていないようなので、
チョットした整備でまた良好になると思います。
車検も1年は残っていませんが、10か月位は残っているかな?
1年前に見たところ、特に不具合という不具合も有りませんでした。
外装も奇麗ですし、どうしても純正にこだわりの有る方でなければ、
お薦めな車両だと思います。

オーナーさんのご希望価格は・・・50万円
少しなら値引き出来るかもしれません。

気になる方がいらっしゃいましたら、ウチまでご連絡ください。


因みに、同じオーナーさんの持ち物でスズキのDR250も有るんですが、
こちらも販売希望だそうで、
ただ、コレはワタシも実車を見ていないので何とも言えません。
興味が有ればこちらもご連絡下さい。

みんなのカブ C105 其の六

2018 9 c105 1



エンジン降ろします。
大して難儀な車両ではないので、
2018 9 c105 35
降ろすのは楽だったんですが、
隠れていた部分の汚れがナカナカの物です。
まぁ、出ていた部分もキレイではないんですが。
2018 9 c105 36

折角なのでこういうのもキレイにしておきたいですよね。
エンジン自体はしばらく何もやる事が無いので、
2018 9 c105 37
以前CS90のエンジンをやる時に作ったエンジン台にセットして保管します。
同じ系統のエンジンなので問題無くセット出来るかと思ったんですが、
固定用のボルト穴が全然合いません。
意外とかなり違うんですね。
それでも、多少不安定ながらも何とか辻褄合わせて台にセット。
作業台の上にでも保管しておきましょう。
エンジンが小さいと置く場所に困らなくてイイですね。

2018 9 c105 38
フレームをオーナーさんに渡さないといけません。
そう、フレームのみを。
出来るだけ付いている物は取り外します。
2018 9 c105 39
電装系、邪魔ですね。
取り外し必須です。
予想していた事ですけど、ギボシが固くてなかなか抜けません。
この時代のホンダが使っているギボシって、ホント良くないんですよね。
ギボシの噛み合いがキツイというのもあるんですが、
ギボシと絶縁カバーが張り付いていて、まずはコレを剥がさないと外れません。
ですから、メッチャ手間なんですが、
2018 9 c105 40
一個一個ギボシとカバーの間に細いマイナスドライバーを差し込んで、
カバーの張り付きを剥がしてからギボシ自体を引き抜きます。

前後ホイールにフロント周りごっそり。
・・・・・全部外さなくても、ココまで外しておけば、オーナーさんの車に乗りますかね?

トライアンフ T90 売る前にもう一度 其の壱

今回は久しぶりに王道英車。
トライアンフの入庫です。
2018 11 t100 1
え~っと・・・・一応 T90 です。
詳しくは聞かないで下さい。
2018 11 t100 2

実は、近所の方の親戚さんで、そのご近所さんの所に来た際に、
たまたまウチを見て整備の依頼を頂きました。
室内保管ではあるんですが、もう何年も動かしていないそうで・・・
もう処分を考えているとの事でした。
ただ、最後にもう一回乗りたいという事で、
作業内容としては、動くようにして車検を取得するまでです。
それ以外に余計なお金はかけません!

先に書いたように、
動かしていないとはいえちゃんと室内保管だったので、
状態はそれほど悪くは有りません。
若干、
2018 11 t100 3
2018 11 t100 4
スポークにクモの巣が絡んでいたりしますが、
数年動かしていないという事で、懸念していたガソリンタンク内なんかも、
2018 11 t100 5
目立った錆は無く、奇麗なモノでした。
オーナーさんの細やかな気遣いも良かったのかも?
2018 11 t100 6

オーナーさんが言うには、
乗っていた時から調子は悪くなかったという事ですが、
2018 11 t100 7
クラッチワイヤーが外れてしまって乗らなくなってしまったらしいですね。
ただ外れてしまった位なら簡単に復旧出来るでしょうから、
一番お金がかかるのは・・・・・・・
2018 11 t100 8
バッテリーですね。
ホント、最近高いんですよ。
あまり高いようならば、今回は事情が事情なので、海外製バッテリーでもいいかもしれませんね。

あれ?
ひょっとしてコレ・・・・・・
2018 11 t100 9
カビ?!
シート下は湿気がこもったんでしょうか?

みんなのカブ C105 其の伍

2018 9 c105 1



オーナーさんにご足労頂き、
今後の作業について協議しました。
エンジンの不安もあり、難しい判断にはなったんですが、
・エンジン腰上オーバーホール
・クラッチ交換
・メインハーネス、、、、作成?
・フロントタイヤ、ブレーキシュー交換
・リヤブレーキシュー交換
・リヤフェンダー裏の錆止め塗装

以上が大まかな作業内容です。

やる事が決まりましたので作業に取り掛かりましょう。
エンジンはもう降ろしてしまってもいいですかね?
何をやるにしても必要ではありませんし、
オーバーホールするには降ろしちゃった方がやり易いですから。

でも、その前にもう一度だけ確認しておきましょう。
エンジンがかかるかどうか?

ホント、全然期待していなかったんですが、
あっさりエンジンかかりました。
しかも、今回は止まる事無く、調子は良さそうです。
アラ?
これはエンジンをやる必要が無いのでは・・・・・?

オーナーさんに再度確認を取ると、
やっぱりエンジンはキャンセルになりました。
その代わり、フェンダーの裏だけではなく、
フレーム全体の錆止め塗装をする事になりました。

う~ん、まぁ仕方ないですね。
ウチの収益はマイナスになってしまいますが、
やる必要の無い事を無理してやってもらう訳にも行きませんから。

エンジンはやらない事になりましたが、
エンジンを降ろさない事には錆止め塗装が出来ない箇所も有りますので、
結局降ろす事は降ろすんですよね。
2018 9 c105 30
オイルを抜いて、、、、、そうだ!
クラッチもこの状態で開けちゃった方が良いですね。
ケースカバーが外れないという事態も考えられますので、
そんな場合は、エンジン単体よりフレームに載った状態の方が、
このカブ系の場合はやり易いと思います。

2018 9 c105 31
簡単に開きました。
数日前に誰か開けた?って思っちゃう位簡単に・・・・・

クラッチを分解して中身を確認します。
2018 9 c105 32
2018 9 c105 33
交換するクラッチ部品はオーナーさんが用意してくれるそうなんですが、
クラッチの枚数が違う物が有るらしく、確認してからの発注になります。
オーナーさんに枚数を報告して、部品を待ちます。

KH400 スウィングアームのみ

今回は車両の画像は有りません。
なぜならば・・・・パーツだけの持ち込みだからです。
一応車種は書いておくと、KH400・・・との事ですが、
どの年代の車両かは解りません。

依頼内容は、
スウィングアームのブッシュ取り外し。
そして、ここからは外注なんですが、
新しいブッシュとエンジンハンガーボルトの作成です。

エンジンや他の部分はオーナーさんが自分で修理されたらしいのですが、
このブッシュが抜けず、ボルトを作成してくれる所も探している、
との事でウチにご依頼頂きました。

とりあえずはブッシュの取り外しですね。
折角ご依頼頂いたのに悪いのですが、
ウチも大した技術が有る訳ではありません。
シンプルに叩き出すだけです。
2018 11 kh400 1
バイスに固定して、反対側から要らないシャフトを使って叩き出します。
なかなか取っ掛かりが無くて苦労しましたが、
2018 11 kh400 2
取り外し成功。
・・・・・ちょっとブッシュのツバを割ってしまいましたが。。。

あとは「スペシャル旋盤ニスト」さんにお願いします。

依頼をしてから数日。
旋盤屋さんから連絡が有りました。
「ブッシュじゃなくてベアリングにした方が良くない?」
そうなんです。
ワタシもオーナーさんから依頼された時、
いっその事ベアリングにしちゃったら?
そう提案したんですが、色々な事情が有って断念したんです。
しかし、旋盤屋さんの話ではそれらの問題がクリア出来そうでしたので、
スウィングアームのベアリング化、進めちゃいます。

で、更に数日。
2018 11 kh400 3
旋盤屋さんから上がって来ました。
2018 11 kh400 4
このベアリング化でどの位乗り味が変わるのか?
オーナーさんにしか解りませんが、悪くなる事は無いでしょう。
あわよくば・・・・・商品化・・・・・なんて出来ませんかね?
売れないか・・・・・


あとはメッキですね。
クロームメッキも考えたんですが、
ユニクロで十分かな。
地元のメッキ屋さんでお願いしました。
2018 11 kh400 5
これにて全行程完了。

この後オーナーさんはフレーム修正、フレーム塗装、もするそうなので、
だいぶお金がかかるレストアですね。
頑張ってください。

みんなのカブ C105 其の四

2018 9 c105 1



さぁ、かかるかなぁ~
ガソリンタンクはオーナーさんが錆取り中なので、
別タンクにてガソリンを供給。
なんだかんだ言ってもカブエンジンですからね、
エンジンがかかるだけなら意外とイケるんじゃないか?
とは思っているんですが・・・・



かからないですね。
アレアレ?コレは意外とダメな感じですか?
問題無いとは思ったんですが、エアクリーナーを通さないで直キャブで試してみましょう。
見た感じエアクリーナーは大丈夫そうなんですけどね。



お!ちょっとかかりそうな気配が有りますよ。
もう少し頑張ってみましょう。



かかった~!
ポポポポポポ~
まぁまぁ解っていましたが、やっぱり可愛らしいエンジン音ですね。
なんや、調子エエやん!
順調にアイドリングを続けていて、アクセルにもちゃんと応答する。

っと思っていたら・・・
突然停止。
それ以降エンジンがかかりません。
それどころか、圧縮が急に無くなった気がします。
ハハ~ン解りました。
2018 9 c105 27
コレか!
バルブクリアランスが詰まっているんじゃないですかね?

残念!
若干詰まってはいましたが、圧縮が無くなる程ではありませんでした。
そうなると、、、これはいよいよ、、、、、有り得ますよ。
さて、どうしますかね。
とりあえず一旦はエンジンかかりましたので、
オーナーさんに連絡して今後の方針を決めましょう。

CB450セニア 油圧ブレーキの苦悩 其の弐

2018 11 cb450senia 1



部品が来るまでに磨きを済ませておきましょう。
この辺りも何度も書いていますので簡単に。
磨けるところは磨き、
シールのハマる溝は手製工具を駆使してキレイにゴミを取り除きます。
この辺りは時間がかかりますがじっくりやりましょう。
急がば回れです。
2018 11 cb450senia 10
2018 11 cb450senia 9

マスターシリンダも磨くんですが、
指すら入らない穴なので磨き難いです。
そこで、
2018 11 cb450senia 15
松〇棒の様な物を作って磨きます。
そんなに重度の汚れでなければコレで十分。


さぁ、部品が届きました。
2018 11 cb450senia 11
分解する前に検討を付けて注文しましたので、
不明な部品も有ったんですが、一応注文してみました。
2018 11 cb450senia 12
コレ、部品名が「パットシート」というんですが、
ワタシが今までやってきた車両では使っていない部品でしたので、
名前だけで部品注文した時は???でした。

この部品、ピストンに蓋をするような部品なんですが、
・・・・・要るのかな?
シールとダストシールを嵌め込んで、
ピストンを嵌めると、
2018 11 cb450senia 13
こんな感じ。
これに蓋を付けると、
2018 11 cb450senia 14
面がラウンドになっていますので、
よりピストンの中心で、一点でパットを押せるという事でしょうか?

まぁ、この後の車両では使われていませんので、
思った程の効果は無かったっのかもしれません。


キャリパー側は問題無く終了。
マスターシリンダーも・・・・それ自体は問題有りませんでした。
ただ、部品注文の段階でリザーブタンクのダイヤフラムが無い事が判明し、
部品屋さんからどうするか聞かれたんですが、
あっれ~無いかな~
だってCB750fourと同じマスターシリンダでしょ?

メーカーに聞いても無いと言われたそうなんですが・・・・・
色んなブログやホームページで新品のダイヤフラムが載っているんですが、
あれは全部デッドストックなのでしょうか?

試しに、CB750fourのダイヤフラムという事で注文してみました。



2018 11 cb450senia 16
なんや、出るやんか。
使えるってだけで、共通部品ではないんですかね?
これで部品の問題も解決。
マスターも組み立てて、
2018 11 cb450senia 17
エア抜き。
エア抜き工具なんて持っていないので、ひたすら手動エア抜き。
時間はかかりましたが、フロントブレーキのしっかり感が増したように感じます。
最後にダイヤフラムと蓋をかぶせて終了。

このダイヤフラムって伸びちゃったんですよね?
2018 11 cb450senia 18
新しく取った物と比べると、形状が違うのは解るんですが、
これだけ伸びちゃっていたら使い物にならないですもんね。

最大の問題ブレーキのオーバーホールが終わりましたので、
車検を取る為の整備を施し、
車検場へGO。
イケるかと思ったんですが、ヘッドライトの光量が足りませんでした。
大人しく初めから新しいライトに交換してから行けばよかった・・・・・

問題はこれ位でしたね。
車検も無事に取得して、試乗の結果も良好でしたのでスグに納車となりました。
今回はスムーズでしたね。

みんなのカブ C105 其の参

2018 9 c105 1



フライホイールを取り外す為のプーラーですが、
手持ちのプーラーで外せるのかどうか?
ホンダ車用のプーラーは持っていますが、このⅭ105に使えるのかどうか?
使えなかったら厄介ですね。
プーラーを作ってもらわないといけません。



杞憂でした。
2018 9 c105 17
何の問題も無く使用出来まして、
水に浸かっていたようなので固着も懸念したんですが、
あっさりと外れてくれました。
肝心のポイントは、、、
2018 9 c105 20
磨けばまだ使えると思いますが、結構減っていますね。
長く乗るのなら新しいポイントは用意しておいた方が良いでしょうね。

ポイントをやった事で、火花は飛ぶようになりました。
良かった良かった。
コレでまずは第一段階クリアですね。
次はキャブの番。
2018 9 c105 21
出来る事なら「岸田精密工業」さんのキャブキットが欲しいトコロですが、
今回はまだ用意していなかったので、
2018 9 c105 22
分解洗浄だけやってみましょう。

やっぱり世界のカブと言われるだけあって、
この頃から造りがしっかりしています。
それはキャブをとってみても解ります。
例えば、
2018 9 c105 23
フロートにはこんな機能が付いています。
2018 9 c105 24
ダンパーだと思うんですが、
他の車両でこんな機能が付いている物は見た事有りません。

それと、
2018 9 c105 25
この飛び出した棒はティクラーなんですが、
ちゃんとガスケットが付いているんですよ!

これらは当時バイク大国であった英車でも、
ワタシが扱った事の有る車両では付いていませんでした。
もっと高級なブラフシューペリアとか、ビンセント、ベロセットなら付いているのかもしれませんが、
大衆車であるカブに付いているというのがスゴイ!!

いやぁ~正直ココまで造り込んでいるとは思いませんでした。
2018 9 c105 26
ガソリンコックも一緒の造りなんですねぇ。
とりあえず、清掃は終わりましたので、
組んでみてエンジンがかかるかどうか試してみましょう。

CB450セニア 油圧ブレーキの苦悩 其の壱

今までに何度かお世話をさせて頂いているCB450セニアですが、
早くも車検です。
あれ?つい最近車検を取ったような気がしますが、
時の流れは早いモノですね。
それだけ自分がおっさんになったという事でしょうか?
2018 11 cb450senia 1

今回の依頼内容は、
・車検
・OIL交換
・フロントブレーキのオーバーホール

です。

全く乗っていないという訳では無いそうなんですが、
フロントブレーキが引きずるようになってしまったそうで、
引き上げに行った時も動かすのが重くて・・・・
全く、これだから油圧ブレーキは!

その他は調子は良いらしいので、
今回は梃子摺らずに作業が進みそうです。
まずは、ちょっとブレーキに難は有りますが、
現状確認の為に試乗してみましょう。



メッチャ調子良いじゃないですか。
いずれキャブをもう少し大きい物に交換しようと思っていましたが、
このままでいいんじゃないの?
むしろ、このままがいいのかも?

他に悪い所は特に無さそうなので、
折角オイルも温まっていますので、オイル交換を先にしてしまいましょう。
2018 11 cb450senia 2
ついでに、定期メンテ部分なのでこの機会にポイントも磨きましょう。
2018 11 cb450senia 3
そこまでメンテが必要な状態ではありませんでしたが、
2018 11 cb450senia 4
中々ここまで磨き込みはしないでしょうから、
出来る時にやっておいた方がいいでしょう。

次、
ブレーキ関係の部品を注文しておいて、
分解作業に入ります。
2018 11 cb450senia 5
キャリパーから。
2018 11 cb450senia 6
2018 11 cb450senia 7
確かに長年の汚れが溜まっています。
ピストンはメッキが剥がれている部分も有りましたので、交換しておきましょう。

マスター側も、
2018 11 cb450senia 8
多分この辺の車種はメジャーなので、
まだ部品は有ると思うんですが、
どの位純正で出るんでしょうね?
ホンダだからなぁ~
意外と出なかったり・・・・・・・・

みんなのカブ C105 其の弐

2018 9 c105 1



何はともあれ、点火を確認したいんですが、
長期放置車両だった為、例の儀式を・・・・
と言っても既にオーナーさんが何度もキックをしているので、
あまり意味は無いんですが。
2018 9 c105 10
まぁ、気休めです。

で、今はメインキーが無いので、
点火の確認をしようにも一手間かかります。
配線を直結(?)し、メインキーをバイパスして点火をONにします。
キックをしてみた結果、火花は飛びませんでした。
やっぱりね。

まず疑うのはポイントですよね。
左のケースカバーを開けてみましょう。
2018 9 c105 9
アレ?
ひょっとして・・・・・・・・
水に浸かってた?
状態は良く無さそうですね。。。

フライホイールの点検窓から覗いてみると、
2018 9 c105 14
あ、
こりゃぁ~ダメだ。

十中八九これでしょう。
こんな状態でまともに通電しているとは考え難いですからね。
ですが、他にも不安要素は有ります。
悪さをしているのは一か所だけではないかもしれません。

水に浸かっていた痕跡が有りますので、
フライホイール内は非常に怪しいのですが、
2018 9 c105 12
この配線もヤバそうです。
2018 9 c105 15
ほ~らね、
こんな繋ぎ方で大丈夫なんかいな?
とりあえずはポイントですね。

C15 出来るか?フルレストア 其の七拾

さぁ困ったね。
どんなに押し付けてもちゃんとした装着は出来ません。
コレを変形させる為には、もっと強い力を加えないといけません。

しかし、妙な力を加えると変な変形をしてしまうかもしれませんので、
迂闊な事は出来ません。
折角プレスが有るんですから、
型が有ればそれに合わせてプレスすればいいんですが、
そんな都合の良い物は有りませんし・・・・

う~ん、ダメ元でハンマーで叩いてみますかね。
板金作業に自信が有れば迷わずにやるんですが、
正直言って板金作業何て滅多にやりませんから、
上手く出来る自信はありません。
しかし、他に手段も有りませんし、
ちゃんとした板金屋さんに頼むにしても予算が有りません。




やってみるしかないでしょう。
失敗したら自腹で新しく仕入れないといけませんので、
これ以上のマイナスを増やさない様に慎重に、
でも、思い切ってやらないと変形してくれませんから、
絶妙な力加減が必要です。

店中を探したトコロ、
イイ感じの山なりになった金床代わりの物を見つけましたので、
それを使って板金してみましょう。







中々・・・・良い感じになったと思います。
ハブにピッタリとフィットしますし、
ヘタな傷も付かずに済みました。

コレでやるべき作業はすべて終了。
納車に向けての試乗をもう少々続けて、
納車前、最終試乗。
2016 11 c15 470
2016 11 c15 472
2016 11 c15 471
全く問題無いですね。
少々走った後にオイル漏れは有りますが、
始動性も走行性も問題は見受けられません。
十分な慣らし運転とまでは言えませんが、
通常よりもはるかに多くの試乗を念入りにやりましたので、
問題は無いと思います。

ちょっと遠方ですが納車に伺い、
オーナーさんに納車説明とエンジンの始動方法、
簡単なメンテナンス等を説明させて頂き、
実際に乗って頂いて感触を確かめてもらいました。
自身は有るとはいえ、ワタシの主観ですからね・・・
オーナーさんがどう判断されるかドキドキでしたが、
どうやらオーナーさんも気に入って頂いたようで一安心。
完全に慣らし運転が終わった頃に、
エンジンオイルの交換がてらご来店頂ければ幸いです。
お土産も頂きありがとうございました。
約2年ほどの時間と多大な予算ががかかってしまいましたが、
長く乗って頂けたらと思います。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する