FC2ブログ

2019-07

C15 出来るか?フルレストア 其の六拾四

やっとスポーク張の作業に入れます。
苦労した分、絶対に仕上がりに差が出て来るはずですので、
それを期待して作業を続けましょう。

2016 11 c15 429
コレが終われば納車も秒読み段階です。
使用するリムは当然、
2016 11 c15 430
MADE IN ENGRAND
オマケに、
2016 11 c15 431
雑ですがBSA C15の刻印も有ります。
だから「どう」という事は無いのですが、一応ね、、、、、、、
うるさい人も居ますので。

新品のリムにちゃんと喰い付くか解りませんが、
今回もリムの裏には錆止めの塗装をしておきます。
2016 11 c15 432
何もしないよりはマシでしょう。

やり方は人それぞれ有ると思いますが、
ワタシはまず床に置いて内掛けを組んでしまいます。
2016 11 c15 433
その後、振れ取り台にセットして外掛けを組み、
少しずつニップルを締め込んで、ある程度の張りが出てから振れ取り作業に入ります。
2016 11 c15 434
まぁ、コイツの場合はストレートスポークを使っているので、
内掛けも外掛けも無いんですが・・・・

スポークを組み終わったら、
新品のタイヤ、チューブ、リムバンドを組んで、
張替の終わったブレーキシューを組んで作業終了。
・・・・じゃない!
以前もあったんですが、
張替前はこう。
2016 11 c15 387
張替後がこうなっています。
2016 11 c15 436
僅かな違いなんですが、
いいのかな?
昔はサーボ効果を考えて張り替えしてくれた物ですが、
最近張り替えに出すと全部同じ様に張り直してくるんです。
プロのやった事なので間違いは無いと思いますが、
最近の見解ではサーボ効果は考えなくていいという事になったんでしょうか?

そして・・・・
2016 11 c15 439
やっぱりちょっと厚かったようです。
少々削らないと入りません。
削り過ぎちゃうと意味が無いので、
2016 11 c15 437
地道ですがヤスリで少しずつ削って確認しながら組んでいきます。

あ・・・・・そういえばメッキのカバーがまだですね。
いつ来るのか解りませんから、また二度手間ですが、
動かせるように車両を組んでしまって、届くのを待ちましょう。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する