FC2ブログ

2019-05

C15 出来るか?フルレストア 其の伍拾四

そう、心情としては安くしてあげたいんですが、
かかっている手間を考えるとそうそう安くも出来ません。
ゴメンナサイ、ウチも子供達を食わせていかないといけないので・・・


右のケースカバーを外さないと脱着出来ないのはちょっと難儀ですが、
2016 11 c15 350
取り外してワイヤーを外します。
2016 11 c15 349
前回も出した画像ですが、
長さは全く参考になりませんが、「造り」は参考にさせて頂きます。

その中で、コイツは作り直すというか、、、
2016 11 c15 351
このC15には合っていないので、ちゃんと合うような物に作り直します。
エンジン側に刺さるアウターワイヤーの受け部分なんですが、
このまま作り直すと、寸法が合っていないのでガタガタなんですよ。
未だに慣れない旋盤を駆使して、何とか作りました。
何度も書いていますが、何せ完全独学の旋盤作業。
オマケに旋盤は遊びが多くて芯押し台も無い。
精度は出ないし時間がかかります。
それでも、この程度の削り物なら何とか作れます。
2016 11 c15 352
旧作と比較してみると、
2016 11 c15 353
コレだけの違いが有ります。
そして、コレを作る為だけに購入したドリルは、
近所のホームセンターには無かったので、車で片道40分かけて買いに走りました。
もっと上手く旋盤が使えれば必要無かったんですが、
残念ながらワタシでは技術不足でした。
2016 11 c15 354
こっち側の穴を開けるのに必要でした。

ワイヤーの作成自体はいつも通り・・・・・じゃなかったです。
エンジン側のタイコを付けてから気付いたんですが、
2016 11 c15 355
2016 11 c15 356
このタイコじゃダメじゃん!!
何故ダメなのかは見て頂ければお解りの様に、
タイコの足が長くてワイヤーを引き込めません。
しかし、結構力のかかる部分なので、
強度的に少しは足部分が欲しい。
そこで対策しました。
2016 11 c15 357
足を削ろう。
インナーワイヤーを傷付けないように慎重に・・・・・・・
2016 11 c15 358
これで良し!

2016 11 c15 359
買い出しも含めたら2日がかりの作業になっちゃいました。
でも、これでバッチリイイ感じです。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する