FC2ブログ

2019-05

モトグッチ ストロネロ イタリアの長命バイク 其の参拾六

sn 1




電気問題が解決しましたので、
あとは納車に向けての試乗を重ねていけばOK。



あれ?何度か乗っていると調子が悪くなって来ました。
エンジンはかかりますが、アイドリングが続きません。
プラグを外して確認してみると、オイルで汚れています。



ヤバイかな?
やっぱりエンジンは内燃機屋さんに出した方が良かったですかねぇ~
しかし、あのクリアランスでオイル上りは考え難いんですよね。
そうなるとヘッドからのオイル下がりでしょうか?

・・・・・・そんなにオイル下がり起こすほど、ヘッドにオイルが上がっているんでしょうか?
とてもそんな量が上がっているとは思えないんですけど。。。
sn 247
今回は腰上だけの分解なので、
オイルは抜かなくてもいいかな?

そう思って無造作にパカッとヘッドカバーを開けました。
すると、予想に反して『どぶゎ~っ』とオイルが溢れ出て来ました。
sn 248
え~~~~、ウソ、こんなにオイル上がって来るの?
慌ててオイル受けを用意して、オイルまみれになってしまったエンジンをキレイにします。

コレだけオイルが上がって来ているのなら、オイル下がりを起こしても不思議ではありません。
っていうか・・・・多くない?
オイルポンプの改造をやり過ぎたのか?
でも、ヘッドの構造上バルブがオイルにどっぷり浸かるのは避けられないので、
やっぱりバルブガイドのガタが大きな原因と考えるのが妥当でしょう。

先の分解作業では、
ヘッドは取り外しただけで何もしていませんからね。
やっぱりやる事はしっかりやらないとダメって教訓です。

内燃機屋さんに送る為に付属部品は外しますので、
今回初めてインマニを外したんですが、
sn 249
イヤイヤ、これはちょっといくら何でも素人作業甚だしいですね。
sn 250
液ガス塗り過ぎですよ。
ちゃんとやる事やっていれば、コレも前回分解時に気付いた事なんですけど、
やっぱり手抜きしようとすると自分に帰って来ますね。

sn 251
sn 253
ヘッドを分解し、バルブとガイドのクリアランスを確認してみると、
やっぱりちょっと大き目のガタが有りました。

バルブもピストンと一緒に注文したんですが、
届かないって事は注文時には在庫が無かったんでしょう。
待っていたらいつになるか解りませんので、
元のバルブをキレイにして使い回しましょう。
sn 254
sn 255
磨く前はカーボンだらけで汚れていますが、
磨けばまだキレイになりますし、使えない事は無いでしょう。

あとは「三留兄弟製作所」さん宜しくお願いします。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する