FC2ブログ

2019-04

モトグッチ ストロネロ イタリアの長命バイク 其の参拾

sn 1



久し振りにストロネロ作業再開です。
コレも何だかんだと長期お預かりになっていますので、
そろそろ納車しないとオーナーさんに申し訳ないですから。
かれこれ4か月ぶり位?
クラッチの部品を注文してから届くまで。
まぁ、コレに関しては「急いでほしい」と言えば急いではもらえたんですが、
その代わり部品代金に反映されちゃいますので、
「何かまとめて輸入する時に一緒に」って事にしたので、
コレだけの時間がかかってしまったんですけど。
それに、他の車両も手がかかるし、お待ち頂いているお客様もいるしで・・・・
この頃は部品が来ても作業には取り掛かれなかったですからね。

定位置から車両を引っ張り出して、
sn 197
積もった埃をエアで吹き飛ばし、
sn 198
この新しいクラッチセットを組み込みます。

今まで付いていた物と比べてみましょう。
sn 200
ん!?
だいぶセット内容が違うんですが?
これは一体どういう事なんでしょうか?

個々で比べてみましょう。
まずはクラッチフェーシング。
sn 201
sn 202
ちゃんと外側に突起が付いていまして、クラッチ本体にマッチしますので、
使える商品ではあるのでしょう。

次、クラッチディスク。
sn 203
新しい方にスリットが入っている位で、大きな違いは無さそうです。
あ!ちょっと待って!!
旧い方は、
sn 204
若干反りが付いていて、バネ効果が有るっぽいんですが、
新しい方には全く反りが有りません。
コレはどっちの方が良いのか?
あまり反りに意味が無い為、コストダウンの為に新しい方ではフラットにしてあるのかも?
でも、原理から考えると、反りが有った方がクラッチの切れは良さそうですよね。

そして、肝心の銅製のクラッチディスク。
sn 205
新しいセットには含まれていませんでした。
正直、コイツが欲しかったんですけどね~
sn 206
まだ表面の加工跡も残っていますので、使えない事は無い筈。

さてさて、どうしたモノか・・・・・・・
新しいセットをそのまま組むと・・・
当たり前ですが厚みが増してしまうので取り付け出来ません。
それならば、クラッチフェーシングを2枚抜けばいいのかというと、
そういう訳でもなく、
フェーシングの内何枚かは、
sn 208
片面フェーシングになっていて、組み合わせを考えないといけないようです。
こうなると、元の組み合わせが有っているのかどうかも怪しいですね。

こういう時にパーツリストかマニュアルが有るといいんですが、
ピストンを頼んだ時に一緒に注文したのに未だに届かないという事は、
無いんでしょうね。
又は、注文した時には丁度品切れだったのか。

考えましょう。
そしてトライ&エラーです。
色々と新旧織り交ぜて試した結果、
sn 207
今回の場合はこの組み合わせがベストマッチでした。

解る人から見れば「そんな組み合わせ無いよ!」って怒られそうですが、
現実問題この組み合わせが具合が良かったので、
とりあえずこれでやってみます。
試乗中に問題が出たら、その時にまた対処しましょう。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する