FC2ブログ

2019-04

モトグッチ ストロネロ イタリアの長命バイク 其の弐拾九

sn 1



引き上げ当初から気にはなっていたんですが、
ブレーキが引きずっている気がするんですよ。
ただ、常にでは無くて、何処か1か所2か所だと思うんです。
そうなると、ドラムの歪みって可能性も有るかもしれません。

sn 182
スポークが歪んでいる所も有ったので、ドラムの歪みってラインも大いにあり得ますね。
まぁ、分解して見れば解ります。
いってみましょう!

そうそう、パンクもしているみたいなので、チューブ交換もしてしまいます。
本当はタイヤも怪しいので交換したいトコロなんですが、
オーナーさんとの協議の結果、そんなに乗らないだろうから、とりあえずタイヤはこのままで・・・・・
まぁね、沢山車両を持っている方ですから。
sn 183
sn 184
開けてスグに原因は解ったんですが、
ちょっと後にしましょう。
ドラム内面には見た目異常無し。

sn 185
ハブダンパー何て付いていますね。
一体何のホイールを流用したんでしょう?

ちょっとタイヤが固かったんですが、再利用しないといけないので、
ビードを極力傷付けないようにタイヤを剥がし、
sn 187
やっぱりね、
錆びたリムをワイヤーブラシで磨き、いつもの錆止めを塗っておきます。

ハイ、問題のブレーキ。
sn 188
何がこんなにコテコテなの?
sn 189
ブレーキダストじゃないですよね?ブレーキグリス?
そして、
sn 191
sn 192
ライニングが剥離していました。

そして、フロントブレーキも・・・・・
sn 194
sn 195
超絶グリスギトギトで、
sn 196
ライニングが片方無くなっていました。
そう、剥離していたとか、脱落していたでは無く、
ドラム内には欠片も残っていませんでした。
一体何処へ消えたのか?!?!

危ない危ない、やっぱり旧い車両はブレーキチェックを必ずやって、
ライニングの残りが有っても、旧いままだと剥離する可能性が有りますので、
張り替えをお勧めしますね。
安全は有る程度お金で買えます!!
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する