FC2ブログ

2019-04

マチレス G5 英車によく有るOEM 其の弐

2018 3 g5 1




まずは何とかエンジンをかけましょう。
この車両はバッテリー点火なので、
何はともあれバッテリーチェックから。
2018 3 g5 5
ああ・・・・・
2018 3 g5 6
海外製バッテリーか・・・・
大丈夫かな?コレ。
今の所ちゃんと6.3Vの電圧は有りますが、
急に電圧下がったりしないでしょうね。

あ、有りましたよ~
2018 3 g5 7
ボイヤーのトランジスタユニット。
あくまで個人的な見解ですが、

・・
・・・めっちゃキライなんですよね。コレ。
ワタシにはコレを付けるメリットが見出せません。
デメリットしかない気がするんですよね~

とりあえずこのままやってみましょう。
プラグに火花は飛びますかねぇ~



そうそう、前にやったmodel14もそうだったんですが、
メインキーとかイグニッションキーというモノは有りません。
スイッチだけです。
メインスイッチをONにして、イグニッションスイッチもONにします。
2018 3 g5 9
飛びません。
ほら・・・・だからトランジスター点火なんてするモンじゃないんですよ。
オマケにエンジンから嫌な感じの異音がします。
こわ~~~い。
model14で起こった悪夢が思い出されます。
しかし、ここでビビッていたら先へ進めません。
もう一度勢いよくキックを踏み抜きます。
すると、ジュバッッ!!
え!?・・・・・・・今何か吹き出しましたよ。
もう一度キックを踏むと、
ジュバッッ!!プラグホールから何か吹き出しました。
臭いからしてこれはガソリンですね。

ガソリンコックが機能していないと言っていましたので、
きっとシリンダー内に流入してしまったんですね。
これはガソリンコックも交換しないとダメですね。

シリンダー内のガソリンを吐き出させる為、
何度かキックを繰り返し、
粗方出切ったところで再チャレンジしてみましたが、
やっぱりダメだ~~。

オーナーさんによると、メインスイッチ辺りをイジルと火が飛ぶようになるらしいのですが、
ホントに?
・・・・・まぁ、確かにスイッチ配線のギボシが緩いので、これも関係は有ると思うんですが、
コレだけじゃなさそうですよ。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する