FC2ブログ

2017-08

緊急連載 AS1 救済 其の伍

オイルタンクはしっかりと乾かしてから取り付けたいので、
ひとます安置。
オイルポンプに新しいオイルを注入して、内部にもしっかりと回し、
2017 7 as1 35
ここの剥がし難いガスケットを何とか剥がして、
新しいガスケットと共にオイルポンプを取り付け。

では、満を持して・・・
キックを踏んでみます!
エンジンがかかるかどうかはまた別問題ですが、
ゴロゴロと嫌な感触がしなければ第一段階はクリアです。
では・・・・・いきますよ!!!

!?
!?!?!?!?!?!?!?!?!?






マジか・・・・・・
キックが全く動きません。
不味いですね。
しっかりとオイルで潤滑してからピストンを動かそうと思ったのが仇となってしまいました。
初期段階で判明していれば、ココまで色々と時間をかけてやる前に、
エンジンを開けるという判断が出来たんですが。

まぁ、今更仕方ありません。
腰上だけで済む事を願いつつ。。。
エンジンを開けてみましょうかね。
2017 7 as1 36
2サイクルなので簡単に腰上位は・・・
あれ?
シリンダーがフレームに当たって抜けません。
オマケにホーンも邪魔です。
まぁ、ホーンはスグに外れますし、
エンジンを少しずらす程度はそれ程難儀でもないんですけどね。
一番驚いたのはスタッドの細さ、
6mmって細過ぎません。
いくら125㏄とはいえ、、、、

左側のシリンダーは問題無いですね。
2017 7 as1 39
ちょっと安心、
ひょっとしてキックの機構にちょっと問題が有って、
エンジン本体には何も問題が無かったりして・・・・・
右側も何も無いといいんですが、
2017 7 as1 37
あ、アカンわ。。。。
2017 7 as1 38
ありゃりゃ、、、、、、

2017 7 as1 40
何だか何時だったかもこんな事が有ったような気がします。
2017 7 as1 41
右はクランクもダメっぽいですね。
クランクを直接回してみても、
少しは動くんですが、何かが引っかかっているようで全然回りません。

これはオーナーさんに相談案件ですね。
まぁ、予想は付きますが。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する