FC2ブログ

2017-08

緊急連載 AS1 救済 其の弐

まずは、長年動いていないエンジンの再生セオリー。
2017 7 as1 12
プラグ穴からのオイル注入。

クランクが正常に回るか?
早く確かめたいトコロですが、
ココで焦ってしまっては、後のエンジンコンディションに多大な影響を与えかねません。
注入した後、しっかり浸透するまで暫く待ちます。
で、
その間にボケ~っと待っているのも無駄なので、
軽く外装を拭き掃除したり、
各部の点検をしていきます。

このAS1、現役時代はどんな所を走っていたんでしょうか?
2017 7 as1 13
車体の下周りには泥が堆積してガチガチに固まっています。
舗装した路面より悪路走行の方が多かったんでしょうか?

バッテリーも手配しないと、、、恐らくこの車両もバッテリー点火でしょう。
ウチに有る中古バッテリーで代用出来る物が有れば、
暫くはソイツで代用しましょう。
この手の車両はもう12Vになっていますかねぇ~
2017 7 as1 14
サイドカバーを開けてみると、予想に反して6Vでした。
まぁ、バッテリーケースの大きさから考えると、
本来はもっと容量の大きな6Vバッテリーを使っていたんでしょう。
このサイズならウチにある中古バッテリーが使えます。
充電しておきましょう。
このバッテリーはもうダメでしょうね。
廃棄!
2017 7 as1 15
結線も適当ですなぁ~
あれ?
2017 7 as1 16
栓が6個有りますね、、、、って事は、
2017 7 as1 17
このバッテリーって12Vなの?

いやいや、見た目だけで早計に判断してはいけませんね。
間違えて注文していなくて良かった。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する