2016-11

最長記録更新

いや~、疲れた。
金曜の夜中11時頃にこちらを出て、
土曜日丸々使い、日曜の夕方に帰って来ました。
過去最長の納車なので、嫁さんと二人、交代しながら行きました。

納車する車両は、ウチで委託販売していたアリエルです。
元のオーナーさんのご希望価格とはいきませんでしたが、
売れないよりはマシですからね。

当初は現状販売という事でしたが、
作業工賃を頂く為に少々作業をしまして、
車検も取ってから納車となりました。
大した事はやっていませんが、後日その作業内容もUPします。

出発の前日には雪が降りましたので、
コレは延期確定か?
と思いましたが、当日日中は良く晴れまして、
雪もほぼほぼ溶けて夜も良い天気でした。
20161129004815.jpg
ワタシは大丈夫だと思ったんですが、
嫁さんが心配していたので、
出発の2時間前に自家用の軽バンからスタッドレスをホイールごと軽トラに移植。
結果、全く必要は無かったのですが、嫁さんの精神的安定には代えられません。
交換しておいて正解でしょう。

20161129005155.jpg
本当に道中快晴でしたが、三重県の伊賀辺りで朝霧に襲われました。
20161129005254.jpg
ですが、伊賀なだけに忍者の仕業かと思う位一瞬でした。
何も無くて良かったですけどね。

この霧の後、ちょっと渋滞に巻き込まれましたが、
お昼過ぎには・・・
20161129005343.jpg
瀬戸内海を渡り、淡路島~四国へ。
20161129005438.jpg
意外と瀬戸内海って船が航行しているんですね。
大きいのから小さいのまで、めっちゃ船の数が多い。
ここまで来たらあともう一息。
そう思っていたんですが、ここからが長かった。
2時間・・・・3時間・・・・4時間・・・
5時間かかって目的の高知県いのIC到着。

ここからはそんなに時間はかかりませんでした。
待ち合わせの駅まで行って、そこからオーナーさん宅までほんの数分。
出来る事なら一晩泊まる勢いで、オーナーさんとお酒でも飲みたいところでしたが、
嫁さんの仕事の都合により、早々に帰宅の途に就きました。

軽トラに200kg近いバイクを載せていた事も有り、
法定速度順守で走りましたので、片道17時間!!
本気でハイエースが欲しいと思いました。

結構お金をかけて整備したのに、
コチラではあまり乗られる事の無かったアリエルですが、
新オーナーさんの元で元気に走ってくれることを祈ります。

そうそう、お土産に貰った土佐のお酒、非常においしかったです。
土佐の魚も食べたかった。。。。
スポンサーサイト

臨時休業

今後の天気にもよるんですが、
今週末の土日(26日・27日)は遠方への納車の為、
臨時休業致します。

西方面なんですが、雪の影響を受けなければいいんですけど・・・・

YAT1 オールドレーサーカスタム 其の参

問題が発生しました。
部品屋さんから連絡があったんですが、、、
バッテリーが高過ぎます!!
購入を予定していたバッテリー・・・
数か月前の倍の値段です。
ウチの入り値で ¥16,000 以上します。
そんなに大きなバッテリーではないんですよ、、、
こんな値段ではお客さんにいくらで請求したらいいんでしょう?
あり得ない位の値上げです。
今までの値上げでは材料費の高騰とかが原因でしたが、
今回のはそんな事ではないですね。
企業的な思惑が絡んでいると思われますので、
仕方ない部分は有ると思うんですが・・・・それにしても酷い値上げです。

って事で、出来るだけ値上げ幅の少ないバッテリーに変更。
多分このサイズならケースに収まると・・・・思うんですけどね。

数日後、注文していたタイヤとバッテリーが届きました。
気になるバッテリーは・・・・・ダメでした。
やっぱり大幅にサイズを小さくするか?
高くても当初のバッテリーを購入するか?



仕方ない、ウチの利益は入れずに原価販売しますので、
高いバッテリーを購入しましょう。
商売としては0点ですな。

タイヤの方は、
yat 10
問題無く交換・・・・・・とはいきませんでした。
フロントなんですが、
80/90ではダメでした。
3.00と比べるとちょっと幅が太くフェンダーに干渉してしまいます。
80/90を返品して3.00と交換してもらいましょう。
数値上は80/90でいける筈なんですけどね。
ここら辺は実際に合わせてみないと解りません。

当初の予定とは違いますが、
リヤに使う予定だった3.00-18を使って、パンクしているフロントを先に交換しましょう。
不幸中の幸いだったのは、選んだタイヤが前後共通のパターンだった事ですね。
yat 12
タイヤを取り外して気付いたんですが、
スポークは何かを流用しているんでしょうか?
裏側に結構飛び出しています。
(パンクの原因はコレだったりして、、、)
こいつをサンダーで出来るだけ削ってから組み付けます。

タイヤ一つとってみても、なんともウマくいかないモンですな。

YDS2 またもやミッション 其の伍

結構な時間をかけてスプラインの目立てをした甲斐有って、
チェンジペダルはちゃんとハマってくれました。

シャフトの交換自体は簡単な作業ですので、
パパッと交換して・・・・
ガスケットを作成します。
オーナーさんが用意してくれたガスケットセットが有ったんですけど、
良く有るパターンで、使い物にならなかったんですよね。
何で海外製品のガスケットセットって、あんなに使えない物ばかりなんですかねぇ~

出来る事なら、
2016 09 yds2 21
こういった段差が数か所有るので、
それを何とかしたいんですが、
ちょっと予算的にそこまでの手間はかけられないかな?
まぁ、オイルが漏れて来るようなら、そんな事も言っていられませんので、
オーナーさんに交渉して予算を上げてもらいますけど。

ミッション部分にフタをしたら、エンジン搭載。
2016 09 yds2 26
2016 09 yds2 25
左クランクケースのガスケットも切り出し、



うっかりしていました。
シフトシャフトが折れた時、
オーナーさんが色々とやったようですので、
オイルシールもきっと傷んでいる事でしょう。
2016 09 yds2 27
こいつも交換したいなぁ~
でも、部品を用意していませんでした。
今から用意するとなると時間がかかってしまいます。
う~ん、、、、この後の予定が詰まっていますので、
出来る事ならサクッと終了させて次の車両を入れたい!

念の為、在庫のオイルシールを探してみましょう。
・・・・・あ!
以前YD2の整備の時に多めにとっておいたオイルシール、
その中の一つが使えます。
ラッキー!!!
今回は都合良く見つかりましたが、
今後はもっと計画的にやらないと・・・・

結果、ミッションの問題は解決しまして、
オイル漏れも無いようですから、これにて納車いたします。
折角なので試乗をしておきたいトコロですが、
自賠責が切れていて乗る事が出来ません。
まぁ、各ギヤが入る事は確認しましたので、恐らく大丈夫でしょう。

YAT1 オールドレーサーカスタム 其の弐

作業に入ります。
まずはエンジンをかけてみましょう。
オーナーさんのお話では、問題無くエンジンはかかると言っていましたが・・・

残念ながらピッタリ合うバッテリーを持っていませんでしたので、
代車のB1からちょっと借りましょう。
yat 13
正規の位置には収まらないので、配線を延長してバッテリーは作業台の上です。
そして、今回本格的稼働の集煙装置!

イグニッションONにして、ガソリンコックもON。
キックを数回・・・・・やっぱり完全に踏み切れない為か・・・
かかりそうで今一歩。

それでも諦めず、数回キックを続けていると、
ベベベン!
おお!
旧車っぽくない音ですが、
心配していたほど手古摺りませんでしたね~。

これで一安心。
バッテリーケースに合いそうなバッテリーを注文しておいて、、、
タイヤ交換をしましょう。
タイヤの"山"自体はまだ余裕が有るのですが、
yat 8
yat 9
前後共こんなクラックが数ヵ所。
これは文句無しで交換なんですが、
2.75-18
このサイズのタイヤが無いんですよ。
後ろは3.00-18で代用出来ますが、
前はフェンダーと干渉しそうで危ないですね。
80/90-18なら大丈夫かな?
試しにこれで注文してみましょう。

YDS2 またもやミッション 其の四

では、本題の作業に入りましょう。
以前にも書いた通り、
一般的なエンジンでは全バラコースの当該作業ですが、
このエンジンの場合は違います。
2016 09 yds2 16
まずはエンジンをひっくり返します。
2016 09 yds2 17
底の蓋を開けます。
2016 09 yds2 18
この機構がシフトドラムの代わりになっているんですが、、、
シフトシャフトを外す為にはコイツも外しておいた方が良さそう。
2016 09 yds2 19
サクッと取り外しまして・・・・・

さぁ、交換するシャフトをどうするかですね。
このままの状態では使えませんので、
スプラインの目立てをするしかありませんね。
出来るかどうかは解りませんが、他に道は無さそうですから。

2016 09 yds2 20
シャフトをバイスに銜え、薄いヤスリを使って目立て開始。



ワタシも歳ですねぇ~
目が弱って来ているのを非常に感じる作業でした。

YAT1 オールドレーサーカスタム 其の壱

今回の車両は・・・・
意外と知らない方が多いかもしれません。
yat 1
ちょっと改造車ではあるんですが、
昭和38年 ヤマハ YAT1 です。

実用車的ポジションのYA5のエンジンを使い、
スポーツ、ツーリング志向のユーザー向けに作られた車両です。
セパハン、シングルシート、改造マフラー、バックステップと、今のところ改造点はこんなモンですが、
オーナーさんのご希望では、これからレーシングカウルを取り付けたいそうです。
yat 2
現オーナーさんが購入した時点でこの形だったみたいで、
ここから純正に戻すには・・・・マイナー過ぎて部品を見つけるのが大変。
では、いっその事カスタムしちゃいましょう!


そんなノリです。
ああ、そうそう、エアクリーナーもオープンに改造してありました。
yat 3
ウマい事切り取りましたよね。

この時点ではまだワタシは確認していないんですが、
エンジンはかかるみたいです。
走った事はないので、調子は解らないみたいですけど・・・・・・
でも、これが本当なら修理部分はほとんど無いでしょうから、
あまりウチの出番は無いかも。

レーシングカウルの購入と取り付けにどの位の費用が掛かるか未知数ですが、
個人的にはここを何とかしたいです。
yat 5
キックを踏み下ろすと、丁度ステップに当たっちゃう為、
ちゃんと踏み切れないんですよ。
ストロークが少なくてエンジンのかかり具合がイマイチなんじゃないでしょうか?
シートもフレームに載っているだけで、固定方法を考えないといけませんし。
これはまとめて「ミヤシタモータース」さんに頼んじゃった方が早そう。

出来る限りはウチでもやりますけど、
下手に手を出して、ミヤシタさんがやり難くなってもナンですしね。
まぁ、ここら辺は相談しつつって事で。

YDS2 またもやミッション 其の参

エンジンを降ろしたんですから、
この間にスイングアームの問題を解決しましょう。
2016 09 yds2 14
オーナーさんの訴えによると、ピボット部分に横方向のガタが有るようです。
確かめてみると、確かに結構なガタが有ります。
これでは走り難いでしょうね。
直線なら大した問題では無いんでしょうが、
コーナーではスゴク怖い思いをするでしょう。

まぁ、旧車では良く有る事なんですが、
おそらく、ピボット部分のカラーが摩耗してしまったんでしょう。
だとしたら解決策は、、、、
カラーの作り直しですかね。
そうなると精度が必要になりますので、
外注になっちゃいますね。
ちょっと予算オーバーになっちゃうかな?

まぁ、とりあえず分解して原因を探りましょう。
2016 09 yds2 15
元の状態が解らないので何とも言えませんが、、、カラーでしょうね、やっぱり。
部品点数も少ないので、それ以外には無いでしょう。



ワッシャーの追加で何とか凌げませんかね?
試しにやってみますか。



なんだかイケそうですよ。
試しにこれで走ってみて、問題無ければオーナーさんにお伺いを立ててみましょう。

XS650SP 不調の再現 其の参

オーナーさんへ事情の説明。
ご来店時に症状が出ていなかったので、
オーナーさんもスグに納得して頂けまして、
余った予算で追加の作業をいただきました。

ブレーキマスターのオーバーホールとブレーキホースの交換です。

キャリパーは数年前にやりましたので、今回は手を付ける必要は無いでしょう。
では早速、マスターを取り外しましょう。
xssp 7
ブレーキフルードを最初に抜いて、、、にしても、黒いですね。
キャリパーをやった時にフルードも交換しているはずですが・・・・やったのってそんな前だったかな?

作業としては難しい作業ではないんですが、
xssp 9
xssp 10
う~ん、ボロボロですなぁ~
単なる交換作業にしてしまえば楽なんですけど。
そういう訳にも・・・・・・いや、これからは今まで以上にシビアに工賃を請求していかないと!

って事で、次回からはしっかりと請求しますからね!
xssp 11
内部の部品を交換して、
シリンダー内を出来るだけ研磨してキレイにします。

マスキングを施したら・・・・
塗装に取り掛かります。
サンドブラストが有れば塗装の下準備も楽なんですが、
以前まで使っていたヤツは、相当ガタが来ていたので、
移転を機に捨ててしまいました。
新しい物を買いたいんですが・・・・・・・そんな余裕は今のトコロ有りません。
そこで、透明なビニール袋を活用して何とかサンドブラストっぽい事が出来ました。

今回は物が小さかったので何とか出来ましたが、、、、
これからの事を考えると早々に買い揃えたいですね。ブラストのキャビネット。

まぁ、何とかブラストも塗装も完了しまして、
オーバーホール用の部品も交換。
xssp 12
やっぱり綺麗にした方が「やった」感が有りますよね。
ブレーキホースも問題無く交換完了。
フルードのエア抜きを入念にして、全作業終了です。

オーナーさんが引き取りに来られるまで、2回ほど試乗しましたが、
やはりエンジンの不調は出て来ませんでした。
ただ、キャブを無理やり上下に揺すってみると、
オーナーさんが言われていたような症状が出ましたので、おそらくは。。。

とりあえず、今回はこれで納車しますので、また症状がひどくなって来たらご連絡下さい。

YDS2 またもやミッション 其の弐

問題はシャフトをどうするかなのですが、
オーナーさんが予備の部品を持って来てくれました。
しかし!
2016 09 yds2 6
正直状態があまりよろしくない。

まぁ、新品なんて望めないのは解っていますので、
贅沢を言っていられる状況ではないんですが、
スプラインが・・・・
2016 09 yds2 7
2016 09 yds2 8
こんな状態です。
このままでは普通にシフトペダルは入りませんし、
無理矢理入れたら更にスプラインを壊してしまうでしょう。
う~ん、どうしますかねぇ。

とりあえず、エンジンを降ろしますか。
2016 09 yds2 9
ミッションオイルを抜いて、
2016 09 yds2 10
マフラー外して配線外し、
・・・・以前も思いましたが、
やたらとオイル漏れ防止と思われるボンドのようなモノが付着しているんです。
2016 09 yds2 11
まぁ仕方ありませんね。
気にはなりますが、これは今回のオーダーではありません。
よってこの件はスル~。

あれ、
これも既視感を感じます。
2016 09 yds2 12
フロントのスプロケットがガタガタ、
ナットが緩んでいます。
辛うじてロックワッシャーで止まっているだけ。
何でしょうねぇ~
緩み易いのが持病なんでしょうか?
納車後も気を付けてもらうようにオーナーさんに言っておきましょう。

XS650SP 不調の再現 其の弐

やっぱり異常は出て来ません。
まぁ、勝手に直るなんて事は考えられないので、
未だに原因は燻っているんでしょうが。

実は、オーナーさんに頼まれた作業はコレだけではありません。
・・・・っと言っても大した作業ではないんですが、
ブレーキランプが要らんトコロで勝手に灯くんです。
しかも、エンジンの振動に合わせて点滅したりして・・・・・・・

リヤブレーキスイッチを外してもこの現象は現れましたし、
フロントブレーキスイッチを外せば止まりました。
って事でフロントブレーキ関係の不具合です。
先にそこら辺は診断して部品を取り寄せておきましたので、
早速交換してしまいましょう。
初めはスイッチだと思ったんですけど、今回は違いました。
xssp 3
xssp 4
これがメインの原因ではありませんが、
こんな長穴になったレバーでは不具合しかありませんので、勿体無いですが新品に交換。

メインの原因はコレ、
xssp 5
本来ならリターンスプリングが飛び出しているのですが、
そのスプリングが折損してしまったんです。
これを新しい物に交換して、、、修理完了。

それともう一つ。
xssp 6
ガソリンコックのガスケットを交換。
問題になるほど漏れてはいませんでしたが、
オーナーさんのご要望です。
分解してキレイに洗浄、組み付けましたが問題はありません。

以上。
やるべき事はやりましたので、状況説明の為にも一度オーナーさんに連絡を入れましょう。

YDS2 またもやミッション 其の壱

そうです、以前にもやったYDS2です。
前回もミッション関係だったと思いますが、
今回もミッションです。
2016 09 yds2 1
2016 09 yds2 2

確か前回のミッション修理では、シフトのリターンスプリングの折損で、
スプリング自体を作り直してもらった記憶が有るんですが、
今回はなんと・・・・
シフトシャフト自体が折れちゃったみたいです。
2016 09 yds2 3
一応オーナーさんが折れたシャフトにボルトを通して繋いだみたいですが、
これではシフトチェンジは出来ません。
意外と強い力がかかっていますからね。

メインはココなんですが、
他にも、、、
2016 09 yds2 4
スイングアームのピボット部分のガタ。

2016 09 yds2 5
キックペダルのガタ。

こんなトコロですね。
どうなりますやら・・・・

XS650SP 不調の再現 其の壱

ウチの常連さんではありますが、久しぶりのご来店です。
xssp 1
xssp 2
画像は長時間のアイドリングテストの様子ですが、
オーナーさんの申告によりますと、
エンジンが熱くなるとアイドリング回転が上がってしまうようなんです。

ところが、オーナーさんはそこそこの距離の所から自走で来られたんですが、
その日に限って症状が現れなかったんです。
次の日にこうしてエンジンをかけっぱなしにして放置しているんですが、
全く不調が現れません。
30~40分放置しても何も起こらないので、そのまま試乗に出てみましたが・・・・
不調どころか、すこぶる快調です。

次の日も同じ事をしてみましたが、やはり問題は現れませんでした。
・・・・・・・現象を確認出来ないまま、何かをしてしまうのはあまり良くないのですが、
このままでは無駄にガソリンを使うだけです。
ちょっと気になる所を処理してしまいましょう。

一つは、キャブがちょっと抜けかけている事。
このXS、キャブをW650の物に交換していまして、
結構上手く付いたと思っているんですが、流石に純正よりはしっかりとしていません。
その辺りで不具合が起こっているんじゃないかと・・・・思っているんですけどね。
各部を一度緩めてから、キャブをインマニにしっかりと押し込み、
緩めた部分を締め直します。

もう一つは、カムチェーンの緩み。
これはエンジン音を聞いた時にスグに解りましたので、
早々にやってしまいたかったんですが、何が不調に関係しているか解りませんからね、
ここまで我慢していたんです。
カムチェーンをちゃんと張ってあげると、エンジンのメカノイズが格段に静かになりました。
ウン、スッキリ!

さぁ、、、、、、、、念の為にもう一日様子を見てみますか。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する