FC2ブログ

2016-08

コレダTT よくあるパターン 其の参

ポイントを外す前に点火時期を確認しましたが、
その際にポイントギャップも点検しました。
「何で片方だけこんなにギャップ狭いんだよ」
その時はそう思ったんですが、、、、
原因が解りました。

ギャップを適正に調整し、
点火時期を分解前と同じ上死点前2mmに合わせます。
コレでポイントはバッチリです!!
そう思ってケースカバーを閉じようとしたら・・・・・
どうやってもカバーがハマリません。
そんな馬鹿な?何かが引っかかって邪魔しているみたい。
イジル前はちゃんと閉まっていたんですから、
そうなると原因は・・・・・・・・・

大概の2気筒以上の点火時期調整はこうだと思うんですが、
2つ有るポイントの内、1つは個別で調整出来ます。
そしてもう1つは・・・・ポイントの取り付いている土台、、、
つまり、このエンジンではダイナモのハウジングごと動かします。
tt2 9
ほら、ハウジングの取り付けネジが長穴になっているでしょ。
普通ならば、この長穴の範囲で自由に調整出来るはずなんですが、
tt2 10
一定以上動かすと、カバーを取り付けた時にコイルがカバーに当たってしまうんです。


困りましたね。。。
これでは絶対に点火時期をピッタリには出来ません。



なるほど、
だから片方だけポイントギャップが狭かったんですね。
仕方有りません。
癪では有りますが、前任者と同じ事をするしか有りません。
ポイントギャップを犠牲にして、点火時期を合わせます。

何だか一気にテンションが下がってしまいました。
口直しにプラグコードの交換に取り掛かりましょう。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する