FC2ブログ

2015-05

BMWもどき 長江 CJ750 其の四

ど~やって外すんでしょうねぇ~
マニュアルも無ければ、他にやっている人も居ませんので、
自分で考えるしか有りません。
まぁ、全く見た事も無い未知の構造って訳ではないので、
過去の経験から考えまして・・・・・・

cj 35
こんなネジを切った棒を用意しまして、
一部のネジ山を旋盤で引いて効かなくしておきます。
cj 36
コイツをセンターボルトの代わりにグイグイねじ込み、
既存のプーラーボルトを併用して、

cj 24
取り外しに成功。
外す事には成功しましたが、
何やらシャフトまで一緒に抜けてしまったようです。
どうやら、クランク直ではなく、一段階シャフトを挟んでの取り付けだったんですね。





あぁ~そうですか、、、、これが原因か!!
何と言いますか・・・・思わず笑っちゃいました。


アーマチュアの回転が正常ではなかった原因。
cj 28
cj 29
さぁ、問題です。
これは何でしょうか?
チッ、チッ、チッ、チッ、ブッブー、時間切れです。
正解は、
ベアリングの為れの果て。

これはヒドイ。
アーマチュアと一緒に抜けてしまったシャフトを支える為のベアリングなのですが、
ベアリングがこんな状態では、正常に回転する訳が有りません。

その上、ベアリングの中の球が明らかに足りない。
cj 27
エンジン内を探してみたんですが、見える範囲には残骸は有りません。
おそらく、、、、ココより内部に落ちる構造にはなっていないハズなんですが・・・・
一体何処へ消えてしまったのか?

オマケに、シャフトの位置決めを担っているウッドラフトキー。
cj 25
cj 26
何でこんな取り付けしちゃったかなぁ~。
思いっきり曲がっとるやんけ!
これでは、シャフトが最後まで差し込めなかったんじゃないでしょうか?

ここの謎は後で解明されますので、よく覚えておいて下さい。

しっかしなぁ~
そんなに力のかかる部分ではないと思うんですが、
どうしてこんな所のベアリングが壊れちゃったんですかねぇ?
オイル切れ?焼き付き?それとも精度不足?

この疑問も後に解決されるんですが、
シャフトに残ったベアリングのインナーレースがヒントでした。
cj 30
なかなかこんな割れ方はしませんよ。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する