FC2ブログ

2014-08

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の八

ピストン/シリンダーのクリアランス、
各ピストンリングの合い口スキ間。
IMG_1564a7.jpg
どれも広がってはいますが、基準値内には納まっています。
このまま元通り組んでしまっても問題は無いと思いますが、
今回はオーバーサイズピストンを組み込みます。
いつも通り「三留兄弟製作所」さんに送って、ボーリングしてもらいます。

送る前の一作業。
送るシリンダーを綺麗にするのは当たり前ですが、
ピストンピンの入る穴を整形します。
ピン自体は元の物を使うので、コンロッドの小端部は問題無し。
問題はピストンの方です。
純正の箱には入っていましたが、全部がポン付け出来るとは限りません。
もう少し穴を大きくしないと、ピンがキツくて入りません。
何かしらの工具を使って、無理矢理入れる事も可能でしょうが、
一つも良い事は有りませんしね、手間はかかりますが、
ピストンに少々加工を施します。

以前にも何度か同じ事をやっていますが、今回もやります。
IMG_1565a7.jpg
棒の先端に紙ヤスリを巻き付けて、遠心力で広がるようにしておきます。
で、ひたすら少しずつ少しずつ・・・・
削り過ぎては元も子も無いので、非常に時間はかかりますが、確認しながら削っていきます。






非常に時間はかかりましたが、何とか素手でもピンが入るようになりました。
これでやっと内燃機屋さんに送る事が出来ます。

シリンダーが帰ってくる前に、張り付いて残っているガスケットを取り除いておきましょう。
IMG_1568a7.jpg
シリンダー側に残っていたガスケットも厄介でしたが、
こちらは更に厄介です。
スタッドが立っていて取り除きにくいし、
ガスケットをエンジン内に落としてもマズイ。
しかも・・・メッチャ剥がし難いし。。。。

今回は時間のかかる作業ばっかり・・・・・・・・
その割りにやってる事は地味。

面白い記事にはなりませんが、
実際の作業なんてこんな事の積み重ねですからね。
今回はコレで勘弁して下さい。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する