FC2ブログ

2014-08

ラビット S301 セルダイナモ不良 其の四

レギュレータのカバーを開けて調整してみましょう。
s301 22
この状態のままエンジンをかけてみると、
レギュレータのポイント部分からバッチバッチ火花が・・・・・
この部分は、点火系のポイントと違って、そこそこに火花は出てしまうんですが、
それにしても出過ぎです。
調整ウンヌンの前に、ポイント部分を掃除した方がいいのでは?
そうは思いましたが、手軽に出来る事から始めましょう。

あれ?
充電電圧が15.7Vまでしか上がらなくなりました。
何が起こったんでしょう?
コレ位なら何もしなくても大丈夫ですね。
ヘッドライトでも灯けて走れば尚良し。
知らない間に問題解決?
いやいや・・・・・そんなワケ無いでしょう。
何も余計な所は触っていないんですけどねぇ~

理由は解らないままですが、調整をしてみましょう。
ヘッドライトを灯けなくても、15V前後で調整してくれるようになれば、、、



おかしいですね、、、いくら調整しても何にも変わりません。
やはり調整よりも先にポイントの清掃でしょうか?
これ以上、現状では変化無さそうなので、やってみるしかないですね。
s301 23
s301 24
ポイント部分を取り外して磨きましょう。
・・・・酷いな。。。
これは磨いてもダメかもしれません。
大きなクレーターが開いてしまって、これは絶対消えませんね。
s301 27



ガンバって磨いてみたんですが、
やっぱり成果は芳しくありません。
それでも・・・・何か変化が有れば・・・・・そう思って取り付け、エンジン始動、充電電圧測定。



何も変わりません。
充電電圧もそうですが、
火花も変わらず、、、磨いた甲斐がありませんでした。
たしか、オーナーさんが予備のレギュレータを持っていると言っていましたので、
連絡して送ってもらいましょう。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する