2014-08

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の九

シリンダーが帰って来ました。
今回はタイミング悪く、ゴールデンウィークを挟んでしまったので、
いつもより時間かかりましたが、こればかりは仕方ないですからね。
ほんと、毎年毎年GWの時期が鬱陶しい!
IMG_1587a7.jpg

では、早速組んでしまいましょう。
IMG_1588a7.jpg
あ、新しいリングの合い口スキ間を確認していませんでした。
・・・・アレ?
ピストンにハメたリングを、シリンダーに入れる時の様に押し縮めてみると、、、、
何だか様子がおかしい。
コレはマズイですね。
リングだけ外し、合い口スキ間を確認してみると、
セカンドリングの一枚だけが、スキ間が開きません。
マイナスクリアランスです。

以前、同じような状況で、グラインダーを使って失敗してしまいましたので、
今回は手作業のヤスリがけにします。
IMG_1589a7.jpg
これで問題無くエンジンが組めます。
ベースガスケットはオーナーさんが用意してくれた物を使い、
ヘッドガスケットは付いていた物を焼きナマシして再利用。
IMG_1590a7.jpg

これでエンジンも無事終了。
でもまだオーナーさんの来店まで時間が有ります。
クラッチを開けて確認しましょう。
これもオーナーさんのご希望です。
まずはミッションオイルを抜きます。
IMG_1591a7.jpg
一枚目のカバーを開けて、キャブを取り外し、
二枚目のカバーを開けて、
IMG_1592a7.jpg
クラッチセンターナット、クラッチスプリングを外し、クラッチ板を取り外します。

作業自体は簡単なんですが、失敗した事が有ります。
クラッチスプリングボルトを緩めている時、
ポロポロと何かが落ちて来ました。
??????
何ですか?コレは一体???


おいおい、こんな物が仕込んであったなんて、、、、、
IMG_1594a7.jpg
IMG_1595a7.jpg
知ってました?
これもちゃんとした純正部品なんですよ。
リターンラバーというらしいのですが、
A7の場合は長い物が6個
短い物が30個付いているようなんです。
分解途中にバラバラになってしまったので、
どんな風に付いている物なのか見ていませんし、
いくら数えても長い物の数が足りません。。。。。

これはまたオーナーさんに報告する事が増えてしまいました。
・・・・・・こんな小さい部品、また組み直すの?
スポンサーサイト

ラビット S301 セルダイナモ不良 其の六

色々と試行錯誤しまして、
何だか解らないままに充電復活、
安心したらまた充電不良。。。
おっや~~~これはなんなんや?

もうこれはレギュレータうんぬんじゃないのでは?
そう思いまして、試乗してみようと思いました。
ただ、その為には・・・・・ウィンカー球を交換しないといけません。
オーバーチャージした時に、片側の電球が前後共飛んでしまったみたいなんです。
後ろの球は在庫に有ったんですが、
前の球がダブル球なんですよ。
そう、このラビットにはポジションランプが付いているんですねぇ~
只でさへ、12Vの電球は余り在庫していないのに、
ダブルのウィンカー球なんて・・・・持ってません。
って事で、仕入れるまで試乗はお預け。




これが意外と時間がかかりまして、
一週間チョイかかりましたか。
電球を交換して、いざ試乗。
・・・・・・・・・エンジンかからない。。。
キャブにゴミでも詰まりましたか?
s301 31
緊急キャブ掃除。
この時気付いたんですが、
チョークバルブに問題が!
s301 32
チョークバルブも、遊びを調整するアジャスターが付いている訳ですが、
s301 33
ロックナットが付いていない。。。
これ、振動とかで動いたりしませんかねぇ。
ロックナットの代わりを探したんですが、この細目のナットはありませんでした。
仕方ない、動かない事を祈って今回はスルー。

掃除の甲斐が有ったのか?
無事にエンジン始動し、試乗が出来ました。
そんなに長く乗った訳ではないのですが、途中止まる事はありませんでした。
でも、帰ってからスグにバッテリー電圧を測ってみると、16V。
ちょっと不安ではありますね。



ム~、原因が違う所に有った時のウチの負担が大きいのですが、
バッテリーを交換してみましょう。
今は何処のメーカー品か解らない、MFバッテリーを積んでいるんですが、
コレをYUASAの開放型バッテリーに交換してみます。
確信はありませんが、何となくコレが原因のような気が。。。。

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の八

ピストン/シリンダーのクリアランス、
各ピストンリングの合い口スキ間。
IMG_1564a7.jpg
どれも広がってはいますが、基準値内には納まっています。
このまま元通り組んでしまっても問題は無いと思いますが、
今回はオーバーサイズピストンを組み込みます。
いつも通り「三留兄弟製作所」さんに送って、ボーリングしてもらいます。

送る前の一作業。
送るシリンダーを綺麗にするのは当たり前ですが、
ピストンピンの入る穴を整形します。
ピン自体は元の物を使うので、コンロッドの小端部は問題無し。
問題はピストンの方です。
純正の箱には入っていましたが、全部がポン付け出来るとは限りません。
もう少し穴を大きくしないと、ピンがキツくて入りません。
何かしらの工具を使って、無理矢理入れる事も可能でしょうが、
一つも良い事は有りませんしね、手間はかかりますが、
ピストンに少々加工を施します。

以前にも何度か同じ事をやっていますが、今回もやります。
IMG_1565a7.jpg
棒の先端に紙ヤスリを巻き付けて、遠心力で広がるようにしておきます。
で、ひたすら少しずつ少しずつ・・・・
削り過ぎては元も子も無いので、非常に時間はかかりますが、確認しながら削っていきます。






非常に時間はかかりましたが、何とか素手でもピンが入るようになりました。
これでやっと内燃機屋さんに送る事が出来ます。

シリンダーが帰ってくる前に、張り付いて残っているガスケットを取り除いておきましょう。
IMG_1568a7.jpg
シリンダー側に残っていたガスケットも厄介でしたが、
こちらは更に厄介です。
スタッドが立っていて取り除きにくいし、
ガスケットをエンジン内に落としてもマズイ。
しかも・・・メッチャ剥がし難いし。。。。

今回は時間のかかる作業ばっかり・・・・・・・・
その割りにやってる事は地味。

面白い記事にはなりませんが、
実際の作業なんてこんな事の積み重ねですからね。
今回はコレで勘弁して下さい。

ラビット S301 セルダイナモ不良 其の伍

送って頂きました、新しい中古レギュレータ。
こいつを取り付けて問題解決!
s301 28
このまま取り付けてみてもいいんですが、
カバーを外してポイントを確認してみます。
s301 29
これでこちらのポイントもクレーターが開いていたら・・・・
s301 30
全然綺麗ですね。
ちょっと磨けば済みそうです。
が、まずは余計な事をしないでこのまま取り付けて試します。



おおう、、、、全然ダメだ。
オーバーチャージはしなくなりましたが、チャージ自体しなくなりました。
カバーを外したまま取り付けたので、ポイントの動きが分るのですが、
全く動かない!
どんなにエンジン回転を上げても、ヘッドライト灯けて電気負荷かけても、
全然動かないんですよね。
一旦取り外し、ポイント磨き、調整をしてみても変わらず。
う~ん、このレギュレータ・・・・ツブレてる?
折角送ってもらったのに、なんと残念な。

これならば今まで使っていたレギュレータの方がマシです。
ポイントだけ交換出来ないかなぁ~
可動ポイントは簡単に取り外し出来るんですが、
固定ポイントがリベット止めなので、ちょっと難しいですかねぇ。
などと、
アレやコレや試していて、結局元に戻そうという事になり、
丸々元のレギュレータに戻したんですが・・・・・充電しなくなっちゃった・・・・・・
アレ?壊しちゃった?
ヤバイ、事態が悪化してしまいました。






落とし処が無くなってしまいましたね。

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の七

オーナーさんが来店されるまでまだ時間が有ります。
次の作業に進みますよ。

定番ですが、ポイントの清掃をしておきます。
IMG_1552a7.jpg
何か問題が有った訳ではないんですけどね、
やっておかないと消化不良というか?
やり残し感があるもので・・・

IMG_1553a7.jpg
まぁ、外してみてから解った事ですが、
ポイント面もご覧の様に汚れていますし、
今後のトラブルを避ける為にも、出来る時にやっておくのが"吉"
毎度の事ですが、紙ヤスリを駆使して磨き上げます。
IMG_1554a7.jpg
ポイントのアタリも調整して、
点火時期も合わせて一件落着。

次の作業は、、、、何にしましょうか?



腰上かな~
外注もあるので時間かかりますしね。

正直、ワタシは必要無いかな~と思うんですが、
オーナーさんのご希望なので、やる事はやっておきましょう。
オーバーサイズのピストンも用意してもらっていますしね。

マフラーを外して、サクサクッとシリンダーを外します。
IMG_1557a7.jpg
IMG_1559a7.jpg
エンジン自体の調子は良さそうだったので、
恐らく、クリアランスとかも大丈夫だと思うんですけど、
そこら辺も含めて点検です。

IMG_1560a7.jpg
クランクはガタも無くOK。
取り外したピストンも、
IMG_1561a7.jpg
見た感じでは大きな問題は無さそう。
IMG_1562a7.jpg
少々タテ傷は有りますが、この位は全然問題無いでしょう。

この後クリアランスを測定していきます。

ラビット S301 セルダイナモ不良 其の四

レギュレータのカバーを開けて調整してみましょう。
s301 22
この状態のままエンジンをかけてみると、
レギュレータのポイント部分からバッチバッチ火花が・・・・・
この部分は、点火系のポイントと違って、そこそこに火花は出てしまうんですが、
それにしても出過ぎです。
調整ウンヌンの前に、ポイント部分を掃除した方がいいのでは?
そうは思いましたが、手軽に出来る事から始めましょう。

あれ?
充電電圧が15.7Vまでしか上がらなくなりました。
何が起こったんでしょう?
コレ位なら何もしなくても大丈夫ですね。
ヘッドライトでも灯けて走れば尚良し。
知らない間に問題解決?
いやいや・・・・・そんなワケ無いでしょう。
何も余計な所は触っていないんですけどねぇ~

理由は解らないままですが、調整をしてみましょう。
ヘッドライトを灯けなくても、15V前後で調整してくれるようになれば、、、



おかしいですね、、、いくら調整しても何にも変わりません。
やはり調整よりも先にポイントの清掃でしょうか?
これ以上、現状では変化無さそうなので、やってみるしかないですね。
s301 23
s301 24
ポイント部分を取り外して磨きましょう。
・・・・酷いな。。。
これは磨いてもダメかもしれません。
大きなクレーターが開いてしまって、これは絶対消えませんね。
s301 27



ガンバって磨いてみたんですが、
やっぱり成果は芳しくありません。
それでも・・・・何か変化が有れば・・・・・そう思って取り付け、エンジン始動、充電電圧測定。



何も変わりません。
充電電圧もそうですが、
火花も変わらず、、、磨いた甲斐がありませんでした。
たしか、オーナーさんが予備のレギュレータを持っていると言っていましたので、
連絡して送ってもらいましょう。

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の六

オーナーさんはちょいと遠方に住んでいまして、
ホイホイと来てもらう訳にはいきません。
かと言って、メールでの説明は困難なので、
今度の来店時にまとめて色々な事を説明して、指示を仰ごうと思います。

って事で、とりあえず先に進みます。
改めてフロントブレーキを見ると、やっぱりおかしいんです。
オーナーさんはブレーキシューを交換したと言っていました。
なのに・・・・・
IMG_1542a7.jpg
もうブレーキの調整代がありません。

調整どうこうでは解決しそうにありません。
でも、一応やってみましょう。



やっぱダメでした。。。
分解してみるしかありませんね、パパッと分解。
IMG_1543a7.jpg
・・・・・・・・ああ、これじゃダメですね。
ダメな理由は3点。
まずはコレ、
なんだかブレーキシューがカタカタしていると思ったら、
IMG_1544a7.jpg
ブレーキカムとシューの間に隙間が有るんです。
何でこんな事になったのでしょう?
原因は、、、、、リターンスプリングでした。
IMG_1545a7.jpg
片方のスプリングが長いんですよ。
一体どの段階で入れ替わってしまったのか?
ひょっとして、この位の部品なら、まだ純正品が手に入ったりして・・・・
他車種流用でもいいんですが、合う物を見つけるのが大変ですからねぇ。
これも後日オーナーさんに相談。

続いて2つ目。
IMG_1546a7.jpg
ブレーキシューの交換時に掃除しなかったんでしょうね、
ブレーキパネルが汚れたまま、
それだけならまだしも、、、、
IMG_1547a7.jpg
グリスを塗り過ぎです。
これがシューの表面にまで付着していました。
言うまでも無く、問題外な事態。

最後は・・・・・説明が難しいんですが、
リーディングとトレーリングの組み方を間違えています。
IMG_1549a7.jpg
ベースプレートにのっている摩擦財が偏っているでしょ?
コレには訳がありまして、
正しい向きというか方向があります。
それを間違えています。

前回の作業をオーナーさんがやったのか?
それとも他の人がやったのかは知りませんが、
素人さんがやったのなら、、、、ある程度は仕方ない事かな?
業者の作業ではない事を願います。

ラビット S301 セルダイナモ不良 其の参

コレで終わりにしようと思ったんですが、
ついでのついで、、、
キックの機構も修理しておきます。

過去に何度か同じ作業をやっていますので、
ココで詳しくは書きません。
気になる人は過去記事を参照して下さい。

セルにばかり気を取られていて、キックでの始動を試していませんでしたが、
ワンウェイが効かない時も有ったんじゃないですかねぇ~
まずは、取り外したワンウェイギヤを綺麗に洗います。
s301 16
s301 17
このゴミみたいになっちゃったのが重要だったんですが、
ほぼ原型が残っていません。
本来がどんな材質で出来ていたのか解りませんが、
ホームセンターで売っているセルスポンジで代用。
作るのは簡単で安価なので、ダメになったらまた交換すればいいでしょう。
s301 18
完成はこんな感じ。
時計方向に回る時はロックして、
反時計方向に回る時はフリーになります。

コレで今度こそ終わり。
近所を走っても問題無かったのでスグに納車。



コレで終われば良かったんですけど。。。
s301 19
帰路の途中で止まってしまったみたいです。
コレは大変、代車を積んでスグに引き上げに行きました。

幸い、店からそんなに離れていなかったので、小1時間程で引き上げて来れました。
現地で状態を確認したところ、ヒューズ切れが直接の原因。
ただ、それが何故起きたのかが問題です。
現地で確認した時には、ちょっとアクセルを開けるだけで16V以上の充電量。
もっと上がりそうだったので、オーバーチャージが原因だと思いました。

このトルコンラビットのネック。
後輪が接地しているので、充電量確認の為にアクセルを開ける事が出来ない!
そこで、確認の為には後輪を持ち上げる必要があります。
s301 20
ちょっと不安定ですが、この方法しかありません。

この方法でアクセルを開けていくと、常に16.7V位発電しています。
ラビットは基本的に充電電力が高いらしいのですが、
常にこの高電圧は・・・・マズイのでは?
ブラシを新しくした為、発電量が大きくなり過ぎたのか?
s301 21
レギュレータの調整で直れば・・・いいなぁ~

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の伍

次の作業は・・・書くまでも無いんですけど、
オーナーさんの希望だったので、作業報告として一応書いておきます。
IMG_1538a7.jpg
プラグコードとキャップの交換です。
特に指定はありませんでしたので、
コードはメーター売りしている廉価物を。
でも、ちゃんと日本製の物です。
キャップはNGKの「LB05EP」、通常のレジスターキャップです。

次の作業。
実は、入庫時から気になっている事が有りまして・・・・
このA7、全っ然フロントブレーキが効かないんです。
IMG_1539a7.jpg
旧車なので、それなりに効かないのは解っているんですが、
こんなに効かない訳は無いんですよね。
ブレーキシューのアタリが悪いのではないかと思うんです。
ブレーキシューは交換したと言っていましたので、
新品部品故のアタリの悪さでしょう。
もしくは、ツーリーディングタイプなので調整で良くなるかも。

まずは分解しなくても済む方からやっていきましょう。
IMG_1540a7.jpg
フロントを持ち上げて、調整を試みてみます。
あ!!!
別の問題を発見してしまったようです。

ステムベアリング・・・・ダメかも?
試乗した際に引っかかった事ではあったんですが、
少々ステアリングダンパーが締めてあったんですよ。
恐らくその所為だと思っていたんですが・・・・・ステダンを緩々にしても・・・・・違和感有り。
・・・・・そういえば!
この車両にはもう一本ステダンが付いていました。
IMG_1541a7.jpg
コイツの所為かな?
取り外して改めてステアリングをチェック。



変わらないですね。
ステムベアリング要交換です。

まぁ、現状そんなに酷くはないので、今スグにという訳ではありませんが、
放っておいて良くなるモノでもありませんし、悪くなる一方ですから・・・・
ここはオーナーさんに相談ですね。

ラビット S301 セルダイナモ不良 其の弐

部品到着。
s301 11
いつも通り、「ラビットハウス」さんより部品をわけて頂きました。
s301 9
s301 10
フライホイールをプーラーを使って取り外し、
ブラシを4つ交換します。
取り外したブラシと、新品のブラシを比較してみましょう。
s301 12
コレだけ減っていれば、不具合が起きてもおかしくありませんね。

ついでなので、ポイントも磨いちゃいましょう。
ちょっと見た所・・・相当面が荒れています。
メンテナンスをサボリましたね、オーナーさん。
取り外してしっかりと磨いておきましょう。
s301 13
s301 14
予想以上にクレーターが大きいですね。
結構時間をかけて磨いたんですが、
s301 15
やはりクレーターは取りきれませんでした。
でも、前の状態よりはマシでしょう。

セルも問題無く回りましたし、
もう終わりかなぁ~

A7 アベンジャー 新車クオリティー 其の四

ガスケットも上手く切り出せましたし、
コレでオーバーフローは解決出来たでしょう。
そう思ってキャブを組んでいくと・・・・・
フロートチャンバーが歪んでいる事に気付きました。
これでは折角切り出したガスケットも意味が有りません。

定盤での面研が必要です。
が、このフロートチャンバー、、、、、真ん中にオーバーフローパイプが出ていて、
しっかりとした面研が出来ません。
ですが、やらない訳にはいかないので、
IMG_1533a7.jpg
定盤のヘリを使って、一辺づつ面研していくしかありません。
あまり良い方法ではありませんが、これしかない。。。



時間はかかりましたが、
IMG_1534a7.jpg
この位歪んでいたフロートチャンバーが、
IMG_1535a7.jpg
0.04mmのシックネスゲージが差し込めない位になりましたので、
おそらく・・・・大丈夫?

フロートチャンバーを綺麗に洗って、車体に取り付け。
IMG_1536a7.jpg
地味~に時間かかっちゃいましたからね、
これで終わってくれるとうれしいんですが・・・・
ガソリン漏れチェック!
IMG_1537a7.jpg
今の所は漏れ無し。
まだ完全に大丈夫とは言えませんが、
修理成功と仮定して次の作業に移りましょう。

ラビット S301 セルダイナモ不良・・・ 其の壱

はい、今回は皆様にお馴染みのラビット S301 です。
s301 7
すでに作業中の画像ではありますが、非常に綺麗な車体です。
修理内容はセル不良。
セルモーター・・・・セルダイナモなんですけど、
回りがイマイチらしいんですよね。

おそらくブラシが減っているんだろうってオーナーさんは言っていましたが、
ワタシも同意見。
まずはブラシから疑ってみましょう。
って事で、部品の手配も有りますのでチャチャッと確認しちゃいましょう。
s301 1
右側のカバーを開けて、パッセンジャー用のステップボードを取り外します。

ゴムシートを取り外して、ボードを取り付けているビスを外します。
s301 2
s301 3
ん?
プラスドライバーで外せるようですが・・・・何か詰まっていますね。
ピックアップツールで穿り出そうと思ったんですが、、、、、
ツールの方が曲がってしまいます。
ちょっと塗装を剥がしてみましょう。
s301 4
な・・・・何ですかコレ?
金属?
ナメちゃったんでしょうか?



いや、違いますね。
元がどうなっていたのか今思い出しました。
って事は・・・・・
やっぱり、プラスドライバーを使わなくても、裏のナットを外す事が出来ました。
あのプラスのボルト、溶接してあったんです。
下手な事をされない様に、ドライバーの溝を埋めてあったんですね。納得!

ポイント点検窓からブラシの残量を確認。
s301 5
やっぱり減ってますね。
よし、部品注文しましょう。

A7 アベンジャー 新車クオリティー 其の参

全文を表示 »

デュロコップ? 知っている人います? 其の四

全文を表示 »

A7 アベンジャー 新車クオリティー? 其の弐

全文を表示 »

デュロコップ? 知っている人います? 其の参

そうはいきませんよ。
そんな簡単に終わってしまっては、折角の珍しいバイクが勿体無い。


・・・・何が勿体無いのかはツッコまないでもらって、
エンジンをかけて灯火類の点検をしていた時、
”バチン”
おや?
今何か不吉な音が、、、、ヘッドライトも消えてるし、、、、
IMG_1411du.jpg
今までとは違う所が切れました。
また何処かがショートしているんでしょうか?
ヘッドライトのHi/Lo切り替えをした時に切れましたので、
これはまたスイッチでしょうか?
絶縁が甘かったですかねぇ。
二度手間ですが、もう一度ハンドルスイッチを開けてみましょう。



患部はスグに解り、処置をしました。
目論見通り、ヒューズは切れなくなりました。
ところが、、、ヘッドライトのLoが灯きません。
IMG_1412du.jpg
ライトバルブは切れていない、電気もちゃんと来ている。
って事は接点不良ですね。
よくある事ですので、修理して無事点灯。

これで今度こそ終わりか?
エンジン大丈夫、充電・・・まぁOK、灯火類オールOK。
ちょっと試乗してみますかね、
ナンバーが付いていないので、ちゃんと走る事は出来ないのですが、
店の周りをちょっと走ってみましょう。




うん・・・・まっすぐ走るのはイイですね。
乗車位置が高く、独特のポジションですが、
よく走りそうな加速感でした。
ただ、、、非常に曲がり難い
これは乗り物としては致命的です。
公道をまともに走れる気がしません。
なんなんでしょう?この曲がり難さは??

フロント周りを急遽点検。

まず思い付いたのがステムベアリングのガタ。
これだったら厄介ですね。
部品の心配がありますから。
しかし、これは大丈夫でした。
ホッと一安心。。。。。?!

妙な事に気付いてしまいました。

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する