FC2ブログ

2014-07

丸正自動車 ライラック CS28 其の弐拾六

ようやくピストンを組み込んで、
シリンダー、ヘッド、バルブ機構組み上がりました。
IMG_1466cs.jpg
あくまで仮組みなので、そんなにシビアには観ませんが、
タペットクリアランスも大雑把に調整しておきます。


こ・・・これは・・・何て事でしょう!
こんな不良箇所を見過ごしていました!!

IMG_1467cs.jpg
ココ、
左シリンダーのエキゾースト側ロッカーシャフト。
IMG_1468cs.jpg
IMG_1469cs.jpg
二つの画像を見比べてみたら解るでしょうか?
シャフトのガタがスゴイんです。
これではマトモなタペットクリアランスはとれません。
IMG_1470cs.jpg
解り難いかもしれませんが、ロッカーBOXのシャフト穴が縦長になっちゃってます。
こんな状態を見逃していたなんて・・・・
これだけ内燃機屋さんに送って、なんとか処置をしてもらわないと。。。。
時間のロスではありますが、このままにしておく訳にもいきませんから・・・・・
でも、送るのはちょっと待ちましょう。
もう少し作業を進めてからにします。

しかし、何故この一箇所だけ?
他の三箇所は全く問題無いんです。
単純な摩耗とは考え難いんですが????


とりあえず、先に進めます。
IMG_1471cs.jpg
クランクを手で回して、バルブとピストンがぶつからないか確認します。
プラグ穴から覗きながら、ゆっくりとクランクを回し、
う~ん、変な感触はしませんでした。
ヘッドを外してピストン、バルブを見ても、衝突した痕跡は有りません。
エンジンを高回転で回した場合、どうなるのか解りませんが、
そればかりは回してみないと解りませんからね。
寄せ集めの加工部品で組んでいますから、トライ&エラーです。

確認は出来ましたので、一旦腰上を分解、
ミッションを先に組みます。

部品を用意して、細かい部品が多いので組み残しが無いように・・・っと組んでいたんですが、
IMG_1472cs.jpg
組む順番も重要でした。
どんなエンジンもそうなんですが、
ミッションは考えながら組まないとダメですね。
数回のやり直しの後、
IMG_1473cs.jpg
これで大丈夫でしょう。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

何かご用命が有れば直接ご連絡下さい。
042-654-2115
090-2472-1837
xstx650@sirius.ocn.ne.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する