2014-01

不幸なCB125 幸福への道 其の参

やっぱり時間がかかりますよね~
IMG_0699b125.jpg
こんな状態ですから・・・・

クランクケースからシリンダーを剥がすのはスグだったんですが、
シリンダーからピストンが抜けない!!
下手に熱を加えたくはないので、出来る限り叩き出しでいきたいんですが、
最終、どうしようもなくなったら、、、、バーナーでシリンダーを暖めて叩き出すしかないですね。

無理にガンガン叩いても、絶対シリンダーを傷付けてしまいますからね。
それなりに加減しつつ・・・・ひたすら叩く。。。
時間はかかりますが、ジワジワとピストンが抜けていき、
少し浮くようになったら、
IMG_0701b125.jpg
ゲタを噛ませて、更に叩く。
叩き始めて30分位でしょうか?
意外と早目に決着が着きました。

IMG_0703b125.jpg IMG_0704b125.jpg
ひどいなぁ~このピストン。
部品探さないとなぁ~
シリンダーの痛みも激しいので、オーバーサイズのピストンを探すにしても、
0.25 O/S では足りないかも・・・・0.5かな?0.75かな?
海外製なら有りそうですが、やっぱりちょっとねぇ~

簡単に外れたとは言え、ヘッドもヒドイですよ。
IMG_0702b125.jpg
果してバルブは使えるのか?

でも、一番心配していたクランクは無事でした。
ピストンを取り外してクランクのガタを点検しましたが、全く問題ありません。
IMG_0705b125.jpg
クランクまでダメだったら・・・・予算オーバーなのでそこでアウトでしたが、
これなら何とか予算内に収まりそうです。

内燃機屋さんに出す為の準備をしましょう。
IMG_0706b125.jpg
ヘッドを分解して、内燃機屋さんに失礼がないように洗浄。
バルブが・・・・使えるかどうか微妙なところでしたが、
一応使い回しする前提でいきますので、付着しているサビ、カーボンを削り落します。
IMG_0707b125.jpg

さぁ、ピストンが見つかり次第「三留兄弟製作所」さんにお願いしにいきます。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

汚名返上? チャンス到来? CL125 其の伍

アイドリングスクリューは6mmのピッチが0.75。
こんなタップを置いている店はなかなか有りません。
インターネットで調べて・・・・・・
タップ・ダイスの専門店から取り寄せます。
IMG_0575cl.jpg
おそらく、、、、、これが済んだら暫くは使う機会はないでしょうね。
それでも、無ければここから進む事は出来ないので、
仕方ないといえば仕方ないんですが・・・・痛い出費です。
お客様の物を扱うので、三流メーカーの物を使う訳にも行かず・・・・・・
一流メーカーのタップ・ダイスを買いました。
値段は倍以上違います!!

IMG_0576cl.jpg
しっかりとタップを通し、
IMG_0577cl.jpg
紛失してしまったと思っていたアジャストスクリューは、
奇跡的にもクランクケースの上に落ちていました。
セ~~~~~~フ
よかった、同じ物はもう持っていませんでしたから、
本当に紛失していたらピンチでした。

IMG_0578cl.jpg
今度は緩み止めのスプリングも取り付けましたから、バッチリなはずです。

丁度注文していたドライブチェーンも届きましたし、
IMG_0579cl.jpg
リフレッシュして最後の試乗に行ってきます。

IMG_0580cl.jpg
IMG_0581cl.jpg
なかなかにイイ調子ですよ。
プラグの焼けも・・・・
IMG_0582cl.jpg
まぁまぁでしょう。

前回とは違って、今回は安心して納車出来ます。
毎回こうやって安心納車出来るといいんですけどね。
なかなか難しいんですよ。。。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

不幸なCB125 幸福への道 其の弐

オーナーさんもビックリでしょうねぇ~
まさかエンジン内があんな事になっているなんて・・・・・
でも・・・・オーナーさんはあの状況を見なくて良かったのかも。
もし見ていたら、、、、諦めていたかもしれませんね、復活を。

って事で、作業は継続になりました。
但し、予算内でって条件付きですけどね。

早速エンジンを降ろして分解してしまいましょう。
IMG_0687b125.jpg
クランクを回す事が出来ないので、何かと分解するには不便なんですが、
多分何とか分解は出来るでしょう。
では、いってみましょう!

ヘッドカバーを開けて、
IMG_0688b125.jpg
張り付いたガスケットを除去。
カムシャフトが酷い事になっていないか心配でしたが、
IMG_0693b125.jpg
大丈夫そうですね。

ここでクランクが回るのであれば、バルブタイミングを確認するトコロなんですが、
確認出来ませんからね、外しちゃいましょう。
IMG_0689b125.jpg
このカムギヤを取り外したいんですが、
カムチェーンを緩めます。
IMG_0690b125.jpg IMG_0692b125.jpg
これがアジャスターになっていますので、コイツを緩め・・・いや、締め込んで緩めます。

ちょっと手古摺りましたが、カムギヤを外し、
次にロッカーアームを外します。
IMG_0694b125.jpg
タペットスクリューも外してしまった方が取り外しは楽です。
IMG_0695b125.jpg
ロッカーアームも幸い固着していませんでした。
ロッカーシャフトを引き抜いて、アームを外し、
カムシャフトを取り出します。
IMG_0696b125.jpg

カムチェーンのリンク部分を探して外さないといけないんですが・・・・・
クランク回らないですからね、、、、でも大丈夫。
カムギヤを外してあるので、何とかカムチェーンだけ回してリンクを探し、
IMG_0697b125.jpg
リンクを外します。
この時にカムチェーンが落ちてしまわないように、何か詰め物をしておく事をオススメします。

これで目出度くヘッドまで外れた訳ですが・・・・
ここからが大変です。
IMG_0698b125.jpg
錆び付いたシリンダーは外れませんよ~
潤滑剤浸けにしてしばらく放置しておきましょう。

さぁ、シリンダー外すのに何時間かかりますか・・・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

汚名挽回?チャンス到来? CL125 其の四

メインジェットなんですけどねぇ~
形は同じ物が有るんですが、ネジピッチが合わないんです。
辛うじて2個だけ合う物がありましたが、
番手が揃いません。
#96#95

まぁ、1番違いなら大した違いは無いでしょう。
マニュアルに記載されていた番手も#92でしたから、
とりあえずこれで走ってみましょう。



あれ?
こんなんじゃないよな・・・・出だしは良くなったんですが、
上が全っ然回らなくなっちゃいました。
濃いって事ですねぇ。



どうしましょう?
薄いって言うんならジェットの穴を広げればいいんですが、、、
元々付いていた#85のジェットを広げますか?

まだリスク大きいなぁ。
広げ過ぎちゃったら元には戻らないし、代わりも有りません。
ムムムムムム・・・・・・・・・

悩みましたが、借りましょう。
実は、この時期修理車両としてCB125もお預かりしていたんです。
ほぼエンジンもキャブも同じなので、一旦この車両からジェットをお借りします。
#88が付いていたので、試してみるにはイイでしょう。



しまった・・・・外観は同じようなキャブなので、てっきりジェットも合うと思っていたんですが、
またしてもネジピッチが違う。。。。
しかし、思い付きました。
ニードルホルダーごと交換出来れば問題無いのでは?
メインジェットはニードルホルダーにネジ止めされていますからね。
狙いは当たりまして、ニードルホルダーごと移植完了。

試乗してみて、なかなか良い走りだったんですが、
ニードル段数を変えてみたり、フロートレベルを変えてみたり、色々と試して・・・・

これがベストかな?
というセッティングを見つけました。
最後に一走りと思い、緩くて長い上り坂で全開走行をしてみた後、
絶不調!!
ヤバイ!やっちゃったか・・・・・・・
何とか店まで戻り、点検してみると、、、アイドリングスクリューが無くなっていました。。。。
やっぱり緩み止めのスプリングを取り付けないとダメですね・・・・・
考えましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

不幸なCB125 幸福への道 其の壱

なかなかスタイルの良いバイクが入庫してきました。
IMG_0386b125.jpg
パッと見、CR?って思っちゃいますが、
実際はCB125の改造車です。
IMG_0387b125.jpg
IMG_0388b125.jpg
IMG_0389b125.jpg

まずは、このバイクの入庫経緯をお話しましょう。
現オーナーさんの知人が元々の所有者だったんですが、
この元オーナーさんが乗っている時、調子が悪くなり、とあるバイク屋に預けた所から不幸が始まります。

いきなりですが、何も作業しないまま4年程放置だったそうで・・・・・
元オーナーさんも催促しなかったんですかねぇ。

見かねた現オーナーさんが、直りそうなら引き取るという事になり、
そのバイク屋に下見に行ったようです。
その時、当たり前ですがエンジンはかからなかったそうなんですが、
キックは降りたそうです。

それならば・・・という事で、しばらくしてから現オーナーさんが引き取り、
キックをしてみたところ・・・・・・・・・ビクとも動かない。。。。

この段階でウチに依頼を頂いたのですが、
ど~なりますかねぇ~


まぁ、いきなりキックが降りなくなるほどエンジンが壊れるなんて・・・
無理にエンジンを回した訳でもないですし、そもそもエンジンがかかっていないんですから、
壊れる要素なんて無いでしょう。
恐らく、キックの機構がトラブルを起こしているだけではなかろうか?
そう甘くみていました。

引き上げて来て、まず何処を見るか?
とりあえずキックを踏んでみます。
やはり、どうやってもビクともしません。
次にプラグを外してキックしてみます。
右を外し、、、左を外し、、、、、、、、、、、、、

右は真っ黒ではありましたが、特に問題有りません。
問題は左。
IMG_0390b125.jpg
エンジン終了のお知らせです。
何でこんなにサビてるんですか!!!
プラグホールからシリンダーを覗いてみても、、、最早言うまでもないでしょう。
これではキックが降りる訳ありません。

一体どんな扱いを受けていたんでしょうか?このCB125は。
オーナーさんに報告して、今後どうするか方針を決めましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

汚名挽回?チャンス到来? CL125 其の参

本題であるキャブの調整をしましょう。
まずはアイドリングスクリューを何とかしないと・・・・

前回の記事を読んで頂ければ何が悪いのか解るんですが、
一応軽く説明しておきます。
IMG_0571cl.jpg
このキャブはインマニにボルト止めなんですが、
元々のネジ穴をナメて潰してしまったんでしょう。
ココまではよくある事で、しっかりと処置をすれば問題無かったんです。
しかし、、、、前任者がやっちゃったんです。

対策として行ったのが、貫通していなかったネジ穴を貫通させ、
新しくネジ山を切り、本来より長めのボルトを使って止める。
という方法です。

方法としては良い方法なんですが、
ドリルかタップかは解りませんが、どちらかを通しすぎちゃいましたね。
IMG_0572cl.jpg
アイドリングアジャストスクリューの穴まで傷付けちゃったんです。
その為、アジャストスクリューが使えなくなっちゃいました。

おそらく、ここら辺も不調の原因でしょう。

まずはこのアジャストスクリューを取り付けたいですね。
幸いにも同型のアジャストスクリューを予備部品として持っていましたので、
試しに取り付け。
IMG_0574cl.jpg
例のキズのお陰で、緩み止めのスプリングは付けられませんでしたが、
スクリューだけなら、何とか取り付け出来ました。
とりあえずこれでセッティングをしていきましょう。

とは言っても・・・・合うジェットが手持ちの中に有るかどうか?

これに合うジェットって何処かで売ってますかねぇ~
先にジェット探しからですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾九

6ヶ月ほどお預かりしたこのSGも、そろそろ終盤です。
クラッチを組み上げてから一晩待ち、
液体ガスケットが乾いてからオイルを注入。

ポイントの確認、充電の確認をしてから試乗をしてみましょう。
まずは店の周りを、
次いで2~3kmの試乗。
まぁまぁ、何とか走れるレベルですね。
では、ちょいと長目の試乗に出かけましょう。
数種類の工具、プラグ、ヒューズを持って、
20~30分行って来ましょう。




まぁまぁでしょう。
万全とは言い難いですが、途中止まったりする事も無く、
無事に店まで帰って来る事が出来ました。
この先の事をやるにしても、予算的にはもう限界ですし、
オーナーさんも何も出来ない人という訳ではありません。
後はご自分でも十分に出来る範囲でしょう。

って事で、納車の日取りを決めようとオーナーさんに連絡。



追加予算が降りましたので、
キャブまでやりま~す。


まずは毎度お馴染み、「岸田精密工業」さんから燃調キットを取り寄せ。
IMG_0595sg.jpg

しかし、折角取り寄せた燃調キットも、
まずはコレをどうにかしないと調整ウンヌンは出来ません。
IMG_0596sg.jpg
この手のキャブのウィークポイントなんですが、
取り付け部分が歪んでしまうんですよ。
このSGも例外ではありませんでした。
試乗の最中も、この歪みからエアを吸ってしまい、
エンジン回転が上がったり、回転の落ちが悪くなったりしていました。
ですから、まずはココ。
IMG_0597sg.jpg
定盤で地道に平に均します。
IMG_0598sg.jpg
休み休み30~40分はやりましたかね?
IMG_0599sg.jpg
こんなモンでしょう。

折角定盤を出したんですから、こっちもやっておきましょう。
IMG_0602sg.jpg
SGの場合、フロートチャンバーも歪みます。
これはもう設計ミスとしか言えない原因なので、
おそらく歪んでいない物は無いでしょう。
それに、ここで歪みを取り除いたとしても、、、、また数年経てば歪んでしまうでしょう。
ですが、短い間だとしても、ガソリン駄々漏れが緩和されるのであれば。。。。

取り付け部分の2次エア吸入を無くした為か、
エンジンがかかってしまえば、調子はすこぶる快調。
IMG_0603sg.jpg
長時間の試乗をしても何のトラブルもありません。
プラグの焼け具合も良好です。

ただ・・・・エンジンがかかれば・・・・なんですがね。
以前に書きましたが、バッテリー充電後ならセルで一発始動なんです。
でも、その後は急激にバッテリーの力が弱くなって、セルでは始動出来なくなります。
キックが使えればまだ何とかなるんですが、ギヤの滅損の為にそんなにアテに出来ません。

恐らく、バッテリーをユアサ製の信頼出来るモノに交換すれば・・・大丈夫だと思うんです。
仮にダメだったとしても、一番の不安要素が無くなりますので、
次の手が打てるハズです。



流石にもう、ここから先は次回という事で・・・
一旦納めさせて頂きます。
乗る前にはバッテリーを充電しておいて下さいね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

汚名挽回?チャンス到来? CL125 其の弐

ヘルニア爆弾を抱えつつ・・・・
タンク内の清掃。
ガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサ
ガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサ
ガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサ
ガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサ
ガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサガッサ・・・・・


そんなに長くはやっていませんでしたが、、、しんどい、、、
まだまだ時間はお昼近くですが、今日の仕事はこれで終わりかな。。。
明日動けなかったらどうしましょう?

なんて、軟弱な事を言っている余裕はウチにはございません。
やはり完全に除去は出来ませんでしたが、
これだけやって剥がれなければ、当分剥がれないでしょう。
中性洗剤で洗浄後、「花咲かG」を入れて錆取り開始。
2~3日放置します。

放置期間中に、
スタンドストッパーを取り付けます。
前回材料が揃わなかったので、簡単な処置をしておいたんですが、
案の定外れてしまったみたい。
IMG_0548cl.jpg
この状態で走ったらスタンドが無くなるか、チェーンが擦り切れちゃいます。
スタンドストッパーの取り付け部分は歪んでしまっていますので、
仮に純正部品が出ても取り付けは難義でしょう。
汎用のクッションゴムを使ってボルト留めします。
オーナーさん、たまに増し締めして下さいね。
IMG_0549cl.jpg
これでOK。

しかし、、、、これじゃない?
実は、車両を押して歩いた時、重かったんですよ。
もっと軽く動かせるはずなんです。
てっきりスタンドがチェーンに当たっている所為だと思っていたんですが、
それを解消しても未だに重い!!

タイヤのエア圧はちゃんと調整しましたし・・・・・
IMG_0550cl.jpg
コレか!
もうこれは交換ですね。
428の114Lか・・・このチェーンならそんなに高い物でもありません。
ノンシールのクリップジョイントタイプで・・・・・よし、注文。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾八

折角「スペシャル旋盤ニスト」さんに仕事を頼むので、
ついでと言ってはナンですが、センタースタンドのカラーも作ってもらっちゃいました。
IMG_0559sg.jpg
やはり、どんなに小手先の誤魔化しをやろうとも、付いているべき部品が付いていないと、
正常には動いてくれないものです。
・・・・カラーが無いだけでここまで倒れ易いとは・・・・・

ちょっと解り難いかもしれませんが、
IMG_0560sg.jpg
薄いカラーが入っています。
これでシャフトを入れてもガタガタしません。
IMG_0561sg.jpg

このスタンドカラーを作るには苦労が有りまして・・・・まぁ、ワタシがやった訳ではありませんけどね・・・

通常、この手のカラーとなると、長い一本のカラーがズドンと通っているだけです。
本来ならばこのSGもそういう仕様です。
ところが、、、、今回の場合はそう簡単にはいきませんでした。
旧い車両ではよく有る事なんですが、
スタンド自体が歪んでいるんですよ。
オマケに、シャフトの通る穴も変形しているし。。。
そんなスタンドに、一本のカラーを通すなんて・・・・・・・・・無理でしょ?

では、どうするか?
カラーを二分割にしました。
それも、真ん中部分は無し、入口と出口4~5cm分のカラーを作ってもらいました。
シャフトもちょっと改造、カラーの都合上真っ直ぐなシャフトでは通らないので、
若干テーパー形状にしています。
どれもこれも、部品が正常な状態なら全く要らない作業なんですが、
新品部品が出ない以上、このように今有る部品に合わせるしかありません。

この他にも、作った人にしか解らない苦労も色々とあったんでしょうケド、
文句も言わずに作業してくれた「スペシャル旋盤ニスト」さん、ありがとうございました!!


では、クラッチを組ます。
IMG_0563sg.jpg
新規作成のスタッドは、ネジロック剤を使ってしっかり締めました。
クラッチの張り替えも上がって来ました。
IMG_0564sg.jpg
ちょっと荒れていたクラッチプレートも定盤で研磨。
IMG_0565sg.jpg
幸い、歪みは無いみたいです。

通常通り、クラッチを組み上げ、仕上げのワイヤリング。
経験のある方は解ると思いますが、斜面にドリルで穴を開けるのはなかなか難しいんです、
以前も紹介しましたが、ストレートツールさんから出ている便利工具。
IMG_0566sg.jpg IMG_0567sg.jpg
なかなか使えます。
お陰でちゃんとワイヤリング出来ました。
IMG_0568sg.jpg
贅沢を言えば、もっと太いワイヤーを通せればより安心なんですが・・・まぁ、良しとしましょう。
ガスケットはもちろん切り出し。
IMG_0569sg.jpg
これでクラッチ問題は解決!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

汚名挽回?チャンス到来? CL125 其の壱

待ってました、汚名挽回の機会。
・・・・・まぁ、汚名はちょっと違うか。。。

前回入庫時には、予算不足の為キャブの調整まで手が回らなかったんです。
今回はちゃんと予算貰いましたからね、
ちゃんと調子出しますよ。

IMG_0527cl.jpg
IMG_0528cl.jpg
このシートカバー、解る人には解る60年代センス。
オーナーさんはまだ若いんですが、こんなセンスが有ったとは・・・・
唯でさえCLなんて車種、オジさんホイホイなのに、
このシートカバーの所為で更にオジさん?お爺さん?が寄って来るみたいです。

前回納車してから、調子がイマイチながらも、
ソコソコに走って頂いたみたいで、
出だしだけ気を付ければ良く走った。
という事で、ワタシが試乗した時と状況は変わりませんね・・・当たり前ですが。

一応、現状のプラグの状態を確認しておきましょう。
右はちょっと黒い感じですが、まぁ、こんなモンでしょう。
左が・・・・・・
IMG_0532cl.jpg
IMG_0533cl.jpg
なんやコレ、、、、、よ~こんな状態で走ったなぁ~

プラグを交換して、ちょっと弱っていたバッテリーを充電。
そうそう、このブログで何回も書いていますが、
開放型バッテリーはちゃんと補水して下さいね。
危うく干上がるところでした。

改めまして、エンジンをかけて走ってみましたが、
やはり出だしに難有りですね。
ちょっとラフにアクセルを開けると、止まりそうになってしまいます。

キャブを開けてみましょう。
IMG_0526cl.jpg
・・・・ゴミが多いですね。
IMG_0535cl.jpg
コックのリザーブも効かないと言っていましたし、
今回はまずタンク内の清掃からやっていきます。

IMG_0538cl.jpg
リザーブのパイプはやはり詰まっていました。
コックのゴム部品もついでに交換したいですね、部品は出るかな?

このタンク・・・ただ錆びているのなら大した事無いんですが、
誰かがやった下手なコーティングが剥がれて来ているんです。
出来るだけこのコーティングを剥がしてから、錆取りをしたいんですが・・・・
切開手術をしない限り、完全に取り除くのは不可能。
そんな予算はありませんので、古典的方法で出来るだけ取り除いて・・・・
とりあえずやってみましょう。
IMG_0539cl.jpg
ワタシのガラスの腰は耐えてくれるでしょうか?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾七

もう、今の予算では無理です。
出来る限り追加予算の請求はしたくないんですが、
他の業者さんも絡むからには、それなりの金額を業者さんに支払わなければいけません。
逆立ちしてもそんな金額今のワタシには出せません。
オーナーさんから追加予算をいただかないと・・・・・・
ホント・・・・こういう連絡ってしたくないんですよねぇ~。。。。
でも仕方有りません。
こればかりは不可抗力といいますか、開けてみないと解らない事ですからね!
そう自分に言い聞かせて、
オーナーさんに追加予算の請求をしました。



「案ずるより・・・」って諺もありますが、
理解の有るオーナーさんで助かりました。
追加予算の承認が降りました~。
これで心置き無く業者さんにお金を払えます。

では、作り直して頂いたクラッチをお披露目しましょう。
今回、只単に作り直すのではなく、
これだけトラブルの起こるクラッチですから、対策も施しました。
SGをお持ちで、今度クラッチ周りの整備を考えている方、
念の為にこんな対策をしてみては?

まず、この
IMG_0480sg.jpg
回り止めは廃止します。
これだけしっかりと回り止めを施しても緩んでしまうんですから、
これをやっても全然安心は出来ません。
むしろネジを痛めてしまうだけです。

ネジロックを使うのと、
スタッドを強化します。
IMG_0554sg.jpg
右が旧タイプ、
左が新規作成品。
何が違うのかといいますと・・・・

このアングルからなら解り易いですかね、
IMG_0555sg.jpg
若干ではありますが、ツバ?座面?を作りました。
これによって面圧がかかりますので、しっかりと締める事が出来ますし、緩み難くもなります。
なぜこんな所を普通のスタッドボルトのような造りにしたのか?
製作者の意図が解りませんが、何か理由があったんでしょうかねぇ~??

当たり前ではありますが、
座面を設けた分だけスタッドが太くなっていますので、
関連する部品も加工が必要です。
このクラッチスプリングの収まるカップ?
これもスタッドが通りますので、穴の拡張が必要です。
IMG_0557sg.jpg IMG_0558sg.jpg

そして、ナットを大きくします。
何故かと言いますと、最後にワイヤリングをするんですが、
見て下さいな、
IMG_0556sg.jpg
右が元のナットなんですが、肉厚が無いのでワイヤリングをするだけの余裕が・・・・・
出来なくはないと思いますが、余裕を持ってね。
これだけ対策をすれば安心でしょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の弐拾四

お待ちかねの試乗の時間です。
まずは真っ直ぐ行って帰って来ましょうか。

相変わらず、始動性はなかなか良いです。
アイドリングも安定。
走り出しもいい感じですよ。
「慣らし」をやらないといけないので、そんなに回転を上げられない為、
早めのシフトUPで回転の上昇を抑えます。

が、
100mも走ると、スグに異変に気付きました。
フロント周りがグラグラで、真っ直ぐ走るのも怖い!!
ヤバイヤバイ、こんな状態では試乗なんて出来ません。
スグに引き返し点検します。
IMG_0583c115.jpg
原因はスグに判明。
ステムベアリングが締まっていませんでした。

そういえば、車両を引き上げる時、
「色々な所が仮止めになっている」と言われているのを思い出しました。
急遽各部の増し締め点検を・・・・・っと思いましたが、
エンジンマウント関係、フロント・リヤタイヤ関係、スイングアーム周り、
この辺りはもう作業済みですので、必要無し。
って事は、残りはステム周り、ハンドル周りだけですね。

増し締めを済ませて、改めて試乗。
なかなかイイですよ、快調快調。
では、本格的な試乗に出ましょう。

暫くは調子良く走っていたんですが、5~6km走った位ですかねぇ。
エンジンが止まってしまいました。
焼き付いたような止まり方ではなかったので、恐らく大した事は無いと思うんですが。。。。



ああ、これか。
IMG_0644c115.jpg
タンクキャップ。
察しの良い方はもうお分かりでしょう。
キャップのエア抜き穴が塞がっていました。
このキャップゴムがいけないんですね。
IMG_0645c115.jpg
これがエア抜き穴。
IMG_0646c115.jpg
ホラ、この通りしっかり塞いじゃってます。

コルク板か、ゴム板で適当に切り出そうと思っていたんですが、
丁度ある方から部品を買う予定がありまして、その方がキャップパッキンも持っているとの事。
値段もそんなに高いものではありませんでしたので、一緒に購入しちゃいました。
IMG_0647c115.jpg
やぱりこんな感じですよね。

ついでのついで、
IMG_0643c115.jpg
付いていなかったマフラーの消音器も買っちゃいました。

何度かの試乗と調整を重ね、
相変わらず異音は消えないんですが、
走り自体は問題無く走るようになりましたので、
一旦これで納めさせて頂こうと思います。
IMG_0650c115.jpg
いやぁ~、想定外の事が色々起きた車両でしたが、、、正直、、、楽しめました。
最後まで異音が消えなかったのが心残りですが、
ネタとしては、ごちそうさまでした!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか?  メグロ SG 其の弐拾六

クランクケースカバーを開けます。
IMG_0470sg.jpg
ホッと一安心。
以前の様な惨事にはなっていませんでした。

しかし、ちょっと怪しいな、、、このボルト。
IMG_0471sg.jpg
でも、まぁ、外してみるしかないですね。
対角線に少しずつ緩めていって、、、
ん?・・・・・感触がおかしい・・・・
ヤバイ気はしますが、ここまで来たらもうやるしかない!

・・・・・・・・一応外れましたが。
IMG_0472sg.jpg
IMG_0473sg.jpg
この一本を残して、三本のスタッドがナットごと抜けちゃいました。
IMG_0474sg.jpg
スタッドには本来、抜けないように回り止めがしてあるんですけど、
IMG_0475sg.jpg
回り止めが効いてないですね。

クラッチ板はどうかというと、
完全にプレートと張り付いちゃってまして、
はがす時には「バキッ!!」って音が・・・
IMG_0477sg.jpg
これは使い物になりません。
あわよくば、表面だけちょっと削って使おうかと思っていましたが、
一部虫食いの様にはがれてしまいました。

これでもう張替えは確定、
コチラをどうしますか。。。
IMG_0478sg.jpg
効いていなかったとは言え、回り止めを施したスタッドを抜いた訳ですから、
ネジ穴は相当傷付いています。
タップを立てれば済むのか?ヘリサートを施さないといけないのか?
ダメ元でタップを立ててネジ穴を修正してみます。




ちょっと緩い気もしますが、何とかなるかな・・・・
あとはこのスタッド。
これは流石にもう使えません。
IMG_0479sg.jpg
あの方にお願いしましょう。
ワタシの信頼する3大お助け業者さんの一人、「スペシャル旋盤ニスト」さん。
宜しくお願いします!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の弐拾参

今回、何度エンジンを分解したんでしょう・・・・・・
その甲斐も無く。
異音の原因は掴めず。。。。。

ホント、困りました。
もう流石にお手上げです。
ですが件のベアリング、緩い事は緩いので、ネジロック剤を付けて組み込んでおきます。
念の為に合いマークも新たに付けておきましょう。
IMG_0540c115.jpg

こうなったら・・・・最後の手段です!
何度も書きますが、「異音はすれど傷痕無し」なので、
スグに壊れてしまうような異常ではないと判断。
ナンバーを取得して、とりあえず走ってみようと思います。
って事で、エンジンはこのまま組ます。

走る準備をしましょう。
こちらも、タイヤ交換の時には部品が揃っていなくて出来なかったのですが、
フロントホイールのベアリングを交換します。
IMG_0541c115.jpg
リアよりもフロントが酷かったんですよね、ゴリゴリで。
IMG_0542c115.jpg
プーラーを使って引っこ抜いてみると、
IMG_0543c115.jpg
センターカラーがエラく錆びています。
センターカラーがこんな状態ですから、ベアリング自体も知れたもの。

このままベアリングだけ交換してもいいんですけど、
センターカラーの錆を落としておきましょう。
センターカラーの外側が錆ていようと、性能には何の問題も無いんですが、
気分的にイヤですからね。
IMG_0544c115.jpg

傷んでいるのはベアリングだけかと思いきや、
IMG_0546c115.jpg
ベアリングのハウジングも傷んでいるようで、
ベアリングを嵌めると言っても、軽く叩くだけでスコンッと入ってしまいました。
いくら何でも、これはユル過ぎます。
と言っても、ハブごと交換するわけにも行きませんので、
エンジンの時と同様、ネジロック剤を塗って対処しておきます。
果たして成果が有るかどうかは解りませんけど。
IMG_0547c115.jpg

バッチリとは言えませんが、これでフロントホイールはOK。
バッテリーの問題に取り掛かりましょう。

この車両、バッテリーの取付金具が欠品していまして。
何処かで調達するか、作らないといけません。
調達するにも、余分に持っている方も居ないでしょうし、
某オークションをチョコチョコ見てみても中々出てきません。
バッテリーも、正規の物は既に廃盤。
今有るバッテリーで代用するしかなく、寸法がちょっと違います。



総合的に判断すると、調達したバッテリーに合わせて、作ってしまった方が早い。

って事で、簡易版ですが作ってみました。
IMG_0551c115.jpg
IMG_0552c115.jpg
手曲げレベルではこんなモンでしょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する