2013-12

2014 年始の予定

本年も駄文を読んで頂いてありがとうございます。
本日12月29日をもちまして、本年の営業を終了いたします。

年始は4日頃からボチボチ始めようと思っていますので、
何か御用がありましたら宜しくお願い致します

正直、本年も経営的には負け越しの1年でした。
来年こそは・・・・・勝ち越しつつ・・・・・
お客様にも満足頂ける様に・・・・・・・


では、明るい来年に期待しつつ、良いお年を。。。。。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾伍

相変わらず、バッテリーを充電した直後ならば、
エンジンのかかり具合はとても良いです。

さぁさぁ、試乗に出てみましょう。
作業台から車両を降し、まずはチョロッと店の周りを・・・
問題が無ければそのまま2~3kmの試乗に出ましょう。

クラッチを切って一速に入れた途端、
ガッ!!
お、おう・・・・エンスト。
クラッチが張り付いていますね。

う~わ~・・・嫌な予感。
一応、、、、やってみましょう。
もう一度エンジンかけて、
エンジン回転数高めでリトライ!
ガッ!!
何度か試しましたが・・・・ダメですね。
仕方無い、最後に思い切ってもっと回転数を高めて試しましょう。



フロントブレーキはガッチリ効きますよね。
ウン、よし!
しっかりとブレーキをかけて、、、
4000~5000も上げれば十分でしょう。
クラッチ握って・・・一速!!
キョキョキョキョッ!!
おうおう、危ない危ない。
後輪がスライドしちゃいました。
意外とトルク有るんですね。
マッドマックスが出来ますよ。


って事で、クラッチ張替え決定~~
IMG_0467sg.jpg
オイルは交換したばっかりなので、綺麗な容器に入れて再利用。
ケースカバーを外す為に、ポイント部分を分解。
IMG_0468sg.jpg
おや~、
これはこれは・・・・
ポイントカムを位置決めしているウッドラフトキーが、、、
IMG_0469sg.jpg
なんじゃこりゃ。
よくこんなんで動いていましたね。
このまま使っていたら・・・・砕けるのも時間の問題か?
同時期にやっていたC115もそうでしたが、ウッドラフトキーを作り直さないと。
ヤバイ・・・どんどん予算が・・・・・
タダでさへマイナスなのに、これ以上は本当にマズイ。

ここでフラッシュバック。
以前やったSGで、クラッチがエラい事になっている車両がありましたね。
・・・・・・・・・・・・・・お願いだからクラッチ板の張り替えだけで済ませて!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の弐拾弐

結構期待していたんですが・・・・
こちらの期待は全く無視して頂いたようで、、、異音は止まりません。

あとは何処に不具合が有るって言うんでしょうね~

フロントスプロケット裏の、オイルシールが良くないんでしょうか?
オイルシールも、オーナーさんが用意してくれた物を使いましたので、
品質は解らないんですよね。
もう、ちょっとでも怪しいと思えば、やってみるしかないです。
エンジンオイルを抜いて、オイルシールを取り外し、
エンジン始動!
「キュ~~~~~~~~~~~~~」
やっぱダメか。

他の原因、他の原因・・・・・・・・
ベアリング?
打ち込む時、確かに緩かったような。



またエンジン分解か~

仕方有りません、やるしかありませんね。
もういい加減手馴れました。分解!!

IMG_0486c115.jpg
IMG_0487c115.jpg
こうやってベアリングの外輪とケースに合わせマークを書いておきます。
ベアリングが動いているようなら、この合わせマークがズレるはず。

かなり面倒ではありますが、もう一度組んで、少々走り、
もう一度分解してズレているかどうか確認をします。

今回・・・ちょっと自信があります。
改めてベアリングの嵌め合いを確認したら、確かに緩い。
大きな力がかかったら、動いたとしても不思議ではありません。
これ、、、決まるんじゃないですかね。

走るといっても、ナンバーがありませんので店の周りだけですが、
例の音は「キュ~~~~~~~~~~」と鳴いています。
よし!
分解じゃ~!!


IMG_0488c115.jpg
全っ然ズレてない!!
も~解らん!!!!!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾四

忘れていました。
まぁ、飾りなので後でもいいんですが、
「風切り」の取り付けも頼まれていました。

これも「ヨシカワオート」さんから譲って頂いた商品です。
IMG_0459sg.jpg
コレを取り付ける時って、毎回緊張はするんですが、
今回は綺麗に再塗装した後ですからね・・・・特に気を引き締めて、失敗は許されません。
それなのに・・・・・このフェンダー、、、、、
IMG_0458sg.jpg
センターリブが付いているので、穴が開け難い!!
やった事のある人は激しく賛同頂けると思うんですが、
リブが丸く浮き上がっているので、ドリルの刃が滑っちゃうんですよ。
でも、泣き言は言っていられませんので、思い切って慎重に穴を開けます!!!



IMG_0460sg.jpg
こんな感じでどうでしょう?


一つ、皆さんに相談なんですが・・・・・
「風切り」の向きって、どちらが正解だと思いますか?
直角に切り立っている方が前に来るか?
斜めに角度が付いている方が前か?

デザイン的には、角度の付いている方が前なんでしょうけど、
前の店の社長曰く、
「フロントが沈み込んだ時、ヘッドライトに当たらないように角度が付いている」
よって、直角に切り立っている方が前って事ですよね。
諸説あると思うんですが、一体何が正解なのか?
古い英車の写真等を見ても、どちらのパターンもあるんです。

まぁ、お時間のある方はご意見下さい。


まだ作業は終わっていません。
フェンダーの裏からナットで止める訳ですが、
ココでもリブが邪魔をします。
付属の普通のナットでは止める事が出来ません。
イメージして下さいね、
リブの有るフェンダーの断面は、凸状になっている訳ですから、
普通のナットなんて、ちゃんと締める事すら出来ません。
ですから、こんな形のナットを自作しました。
IMG_0462sg.jpg
こんな形でもないと、しっかりと締める事は出来ないでしょう。

IMG_0463sg.jpg
こんなモンでしょうかね。
いやぁ~時間かかった。。
でも、やっぱりリブの上では座りが悪いですね。
ガッチリとは止まりませんでした。

次こそは試乗しましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の弐拾壱

結局、異音は消えなかった訳ですが、、、、、
色々やってみた結果、解った事が有ります。

1、アイドリング時には異音は出ません。
2、ニュートラルでは、回転を上げても異音は出ません。
3、ギヤを入れて、回転を上げると異音が出ます。
4、3の補足になりますが、チェーンをかけて、後輪を回した時に限ります。
  つまり、エンジン単体ではギヤを入れて回転を上げても異音は出ません。


こうなると、やはり発生源はエンジン。
しかもミッションのカウンターシャフト側でしょう。

ちょっと危険ではありますが、
IMG_0483c115.jpg
右のケースカバーを外したままエンジンをかけてみましょう。
当然オイルは入っていませんので、短時間で確認を済ませないといけません。
ですが、これで特定出来るんじゃないですか?
こうなったら思い切った事をやってみないとね。
では、エンジンをかけてみましょう。


イイ考えだと思ったんですけどね・・・
異音以外のメカノイズがうるさくて、特定出来ませんでした。。。。。


でも・・・・・ミッションだよな~




もう一度エンジンを分解か?
しかし、前回なんの形跡も見つけられませんでしたからねぇ。
今回開けたところで、原因を見つける事が出来るのか?
いや、まだエンジン分解以前に確認する事があるんじゃないのか?




エンジン開けましょう。
発生要因がハッキリしましたので、
それを念頭に置いて、よく観察、考察してみます。

分解の部分は割愛しますよ。
よ~~~~くミッションを観察。
カウンターシャフト関係の部品だと思うんですが・・・・・・

これ!
IMG_0484c115.jpg
シフトフォークに極わずかではありますが、光っている部分が有ります。
ギヤに当っている部分なら当然なんですが、
当るハズの無い部分です。

この、わずかに当っているっぽいトコロも怪しいですよね。
キタかな?
とうとう原因を見つけちゃったかも?
ミッションを組んで動かしてみると、確かにクリアランスがギリギリで、
場合によっては当るかも?

って事で、削ってみます。
IMG_0485c115.jpg
貴重な部品に手を加えるのは気が引けますが、
やってみないと解りませんからね。
思い切って。

これで今度こそ問題解決するんじゃないの?
エンジン組んでみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾参

もう少しでエンジン再始動までいけるんですが・・・・
メインスタンドがイマイチよろしくありません。
IMG_0455sg.jpg
スタンドが直立し過ぎていて、ちょっと押し出すだけでスタンドが上がってしまいます。
このままではちょっと危険。

もげてしまった箇所は「ミヤシタモータース」さんに完璧に直してもらったんですが、
実は組み立てる時に気付いた事なんですけど、
部品が足りないんですよねぇ~。
本当はシャフトだけではなく、チューブが付属するんです。
でもまぁ・・・・・チューブ1本無い位・・・・大した事無いでしょう。

この問題も、ちょいと受け皿部分を削ってあげれば・・・解決するでしょう。
IMG_0456sg.jpg
折角パウダーコーティングしたのに勿体無いとは思いますが、
これも安定したメインスタンドを手に入れる為、仕方有りません。
後で自家塗装しておきましょう。

少しずつ削っては取り付けて確認し、削り過ぎないようにビビリながらやっていたので、
相当時間がかかってしまいましたが・・・・
まぁ・・・・以前より格段に良くなりましたが、やっぱりちょっと・・・・・
う~~~~~ん、、、、、、とりあえず先に進みましょう。

そろそろエンジンかけてみましょうか。
キックは出来るだけ使いたくないので、セルでエンジンをかけましょう。
チョット前にデコンプのソレノイドも作動し、
セルが回る事も確認していますので、大丈夫でしょう。
ガソリンOK、イグニッションONにして、
セルボタンON・・・
ヒュルン・・・ヒュルン・・・ヒュ・・・・・・・・・アレ???

バッテリー電圧は・・・12.5V
十分なハズですし、なんで??
色々調べた結果、デコンプソレノイドまでは正常ですから、
まさかソレノイドの不良?
って事で、
IMG_0457sg.jpg
分解してみます。
確かに、錆や汚れで作動がイマイチです。
だがコレだけの問題なのか?
まぁ、やるだけやってみましょう。
可能性を潰していかないとね。

汚れを取り除き、錆を落とし、ソレノイドの動きがスムーズになった所で、
もう一度始動チェック。
ヒュルルルル・・・・トトトト・・ダダダン・・ダン、ダン、ダン・・・・
やったね! 修理成功。
やっぱり機械的ロスは大きいんですね。
良かった良かった、無事に解決しました。
念の為にもう一度始動チェック。
ヒュルル・・・・ヒュル・・ヒュ・・・・
おいおい!
一体どうしたって言うんですか?

ど~してまた回らなくなってしまったのか?
解らん!!
残るはバッテリーの問題ですかねぇ~
実はユアサ製ではなく、ドコゾの安価バッテリーなんです。(それでも1~2万はしたそうですが)
もう一度充電をしてみましょう。
ワタシの考えが正しければ・・・・



ビンゴだったかもしれません。

充電直後はしっかりとセルが回ります。
しかし、ちょっとでもバッテリー電圧が下がると・・・セルが回らない、
いや、ソレノイドが作動しません。
圧縮さへ抜ければセルは回るんです。
ソレノイドが相当バッテリー電圧を消費するんでしょう。
それに耐えられるだけの性能がこのバッテリーには無い・・・・んじゃないかな?

それを確かめる為には・・・・新しいユアサ製のバッテリーが必要です。
でも、こんなにデカイバッテリー、普通に買ったら・・・・・無理無理!!
ただでさへ赤字なのに、これ以上の出費は不可能です。
ここから先はオーナーさんに任せましょう。
ウチにある間は、コマメに充電して凌ぐ以外に方法は有りません。。。。。残念ですが。

何にせよ、エンジンもかかりましたし、試乗をしてみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の弐拾

結局、改めて組んでみたものの、
異音は相変わらず出続け、
原因は特定出来ません。

ひょっとすると・・・・・・エンジンからではないのでは?

フレームがプレスバックボーンなので、空洞になっているんですが、
それが悪さをして、音の発生源が解らないんですよ。
耳だけを頼りに発生源を探すと、フレームの空洞部分から聞こえるんですよね。

回転物から出ているような異音だったので、
瞬間的に「エンジンだな」って思っちゃいましたが、
正直なところ確証が有った訳ではないんですよ。

ですから、今度は音の出処をちゃんと確かめようとしたんです。
でも、上記の理由でイマイチよく解りません。
IMG_0381c115.jpg
何だか、このスイングアームのピボット部分から出ているような????
そんな訳はないんですけどね、
でも、金属の棒をピボットに当てて、骨伝導で聞いてみると、確かにココから音がするんです。

チェーンでも当たっているのか?
何処にも当たった形跡は有りません。

・・・・・後輪かな?
そういえば、ハブのナットがナメていて、
後輪がしっかり締まっていないんですよね。
それかなぁ?

IMG_0382c115.jpg
ついでなので、スイングアームも外し、ピボット部分をグリスUP。
IMG_0383c115.jpg
イマイチ、スイングアームの動きがよくありませんね。
でも、これは異音には繋がりそうもありませんので、
とりあえず保留。

ちょっと怪しいので、ハブベアリングも交換しておきます。
IMG_0384c115.jpg

正式名称は「リヤアクスルスリーブ」と言うらしいのですが、
ナメていたこの部品も交換。
IMG_0482c115.jpg
IMG_0481c115.jpg
右が元々の物、左が交換した新品。
当然、当時のパーツナンバーでは部品が出ませんので、
イチかバチか、近年のカブの部品番号で注文。
合うのかどうか?
博打でしたが、問題無く適合しました。
ナットも新品をとってありますので、これで組んでみて、
音が消えたら嬉しいなぁ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾弐

エアクリーナーを作ります。
結構汚れている車両が多いのですが、
どこにもリプロがない為か、そのまま使っている人が大半です。

確かに手間ではあるんですが、折角ですからね・・・・・
元々付いていた物が・・・・あまり見た目も良くなかったので、
綺麗になった車両にこのエアクリーナーは無いやろ。
って事で、今回は作りますよ。

本来のエアクリーナーは、乾式の蛇腹濾紙を鉄板で挟み、
接着剤で貼り付けてしまうものだと思うんですが、
そうしてしまうと、今度交換時期が来た時に面倒なので、
今回は接着剤を使いません。

まずは、上下の鉄板に合わせてゴムシートをカット。
IMG_0442sg.jpg
このゴムシートは接着剤で付けてしまいましょう。
で、肝心の濾紙ですが、これは「ヨシカワオート」さんで売っていますのでそれをGet!
IMG_0443sg.jpg
コイツを切り出して、
IMG_0444sg.jpg
蛇腹状になるように、山折、谷折りを繰り返します。
IMG_0445sg.jpg
出来上がってから思ったんですが、もっと細かい蛇腹にした方が良かったですかね?
まぁ、これで何か問題が有る訳ではありませんので、今回はこれでいいでしょう。

コレを先程の鉄板で挟んで、
IMG_0446sg.jpg
ボルト止め。
こうしておけば、今度交換する時も楽でしょう。
長く乗る事を考えないとね。


次に、ステアリングダンパーの問題。
ほら、ステムベアリングを交換したじゃないですか、
純正とピッタリ同じ物が見つけられなかったので、ちょっと厚みが厚い物を使いました。
その弊害がココにも出ています。

ステアリングダンパーの長さがチョット足りません。
本来ならば、最後に割ピンかβピンを差し込むんですが、
ほんのチョット、、、、あとほんの少しだけ足りないんです。
ダンパーノブをもっとねじ込んでしまえばいいんですが、
そうすると、ステアリングが固くなり過ぎて、直進しなくなってしまいます。
見てくれよりも、そちらの方がよほど恐ろしいので、

今回は・・・・ちょっと細いのですが、針金を通して抜け防止にします。
IMG_0447sg.jpg
見た目がカッコ悪いなぁ・・・・・・・・
気にはなりますが、予算も出ないので涙を飲んで今回はコレで我慢します。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の壱拾九

エンジン降ろしてサッサと分解してみましょう。
あれだけの音がしているので、きっと患部には痕が残っているハズ。
IMG_0374c115.jpg

腰上を分解したら、一気にミッションまで開けてしまいます。
IMG_0375c115.jpg





何も痕跡がありません。


おかしいなぁ~、
絶対ミッションだと思ったんですけどね。
どーしましょ?



気になっていた箇所をやっておきましょうか・・・・・
自分で作成したシムなんですが、ちょっと平らではないんですよ、
何せ薄いシムですから、旋盤で作るにも限界があります。
これを出来るだけ平らに近付けます。

もう一度旋盤にかけてみたり、オイルストーンで研磨してみたり・・・・
だいぶマシな代物になりましたが、、、異音の原因、コレではないでしょうね。
他に原因になりそうな箇所も見つかりませんし。。。。。。。

もう少しエンジンを回してみないと、痕跡が残らないのでしょうか?
う~ん、確かに、そんな大きな音ではないんですよ。
ずっと音が出ている訳でもありませんし。
もう一度各部品を点検して、異常が無ければ組んでみましょう。

結局特に異常が無く、腰下を組み上げ、
腰上も組んじゃいます。
あ、そうそう、前回組む時にミスをしたんですが、
ちょっと、、、、「これかよ~~~」っていう事だったので書いておきます。

IMG_0376c115.jpg
ヘッドカバーを載せた時、
なんだか座りが悪くて、カタカタしていたんです。
てっきり、付いていなかった位置決めピンを自作したので、その作りが良くなかったのかと思ったのですが、
実はそうではありませんでした。
原因はナットでした。
IMG_0377c115.jpg IMG_0378c115.jpg
画像では解らないかもしれませんが、二つのナットのツバ部分、、、
大きさが違うのが解ります?
これの取り付け位置を間違えると、ツバ部分にヘッドカバーが乗ってしまって、座りが悪くなるんです。
これって元々2種類のナットを使っていたんでしょうか?
それとも後で換えられたものでしょうか?
元からだとしたら・・・・これから組み立てる人は気を付けて下さいね。

大方の組立が終わり、
ココ、オイル漏れがあったんですよ。
修正しておきましょう。
キャブへ繋がるオイルパイプのバンジョー。
ちゃんと確認すると、メッチャ変形していたんです。
IMG_0379c115.jpg
画像を拡大してもらうと解ると思うんですが、
ちょっとオイルストーンをかけてみたんですが、
ホント外周しか色が変わっていないでしょ?
どうやったらこんな風に変形するんだか・・・・・・
湾曲しているんですよ、完全に。

IMG_0380c115.jpg
一生懸命面を出そうと頑張ったんですが、、、、
完全に面を出そうとしたら、部品が無くなってしまいそうで。。。。。
途中で止めました。
これで漏れが止まればいいんですけど。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾壱

ワイヤーを作り直します。
フロントのブレーキワイヤーだけ、
「ヨシカワオート」さんから買いましたが、
クラッチワイヤーは、作り直してもらったアジャストスクリューが合うかどうか解らなかったので、、、、
アクセルワイヤーは予算を節約する為、自作します。

しかし、ここでミスをしました・・・・
ヨシカワさんから買ったSGのワイヤー、、、、アウターチューブが灰色なんですよ。
そうか・・・・純正では灰色なんですね。。。
まずい!!材料を仕入れていませんでした。
急遽仕入れを・・・・・・・・いや、もうそんな金銭的余裕はありません。
アクセルワイヤー分は灰色の材料が有りますので、
右ハンドルに付くワイヤーは灰色に、
左ハンドルに付くワイヤーは黒で、
スミマセンがこれで勘弁して下さい。

って事でクラッチワイヤーは黒で作らせてもらいました。
IMG_0437sg.jpg
続けてアクセルワイヤーを作成。
材料はギリギリなので、失敗は許されません。
気を引き締めていきましょう。
・・・・・・あれ?
IMG_0438sg.jpgIMG_0439sg.jpg
このアジャストスクリュー曲がっとるやんか。
お陰でこれ以上ネジでのアジャストが出来ません。
これを作る時の計算に入れておかないと、後でアジャスト出来るから~
何て考えていたら失敗してしまいます。

タイコ部分も丁度合う物が無かったので、
IMG_0440sg.jpg
大きめのタイコを旋盤で削り、
IMG_0441sg.jpg
アクセルワイヤーも完成。
取り付けましょう・・・・・フッ・・・・・
金具組み込み忘れた~~~~~~

まぁ、、、、インナーだけ作り直せば済むので、どうにもならない訳じゃないんですが、
あんなにミスはするまいと思っていたのに、、、、
まだまだケツが青い。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の壱拾八

とうとう試乗までこぎつけました。
エンジンもスグにかかりましたし、チョロっと店の周りを周ってみましょう。

エンジンかけて、クラッチ切って・・・・アレ?
クラッチが切れません・・・・・なんや?
調整不足でしょうか?



色々調整してみましたがダメですね・・・・
って事は組みミスですね。
何を間違えたんでしょう?
少々面倒ですが、ここは開けないといけませんね。。。

オイルを抜いてケースカバーを開け、
クラッチ点検・・・・
ん~~~何処がおかしかったんでしょうか?
・・・・・ああ、単純。
クラッチセンターがちゃんとハマっていませんでした。
失礼しました!!確認不足でした。

自業自得とは言え・・何て無駄な手間をかけてしまったんでしょう。

うう、作業時間だけではなく、
液体ガスケットが乾くまでオイルを入れられないので、待ち時間も無駄!
こういう事が積み重なると自分の首を絞めますからね。
以後気を付けましょう。

やっぱりちゃんと組むと、クラッチを握った時の感触が違いますね!
いや、おかしいとは思っていたんですよ・・・実は・・・・
ま、まぁ、これでクラッチはOK。
液体ガスケットが乾いてから再度試乗チャレンジ。


これで一発OKが出れば、
もう・・・・今までの苦労も忘れようというものです。
では、運命の試乗に・・・・・・再チャレンジ!
クラッチを切ってギヤを入れ、走り出した途端。
”キュ~~~~~~~ッ”
な、何や何や!この異音は!?

クラッチ?スベってる?・・・・いや、ちゃんとエンストするのでそれはないでしょう。
車輪?・・・・・手で回しても異音は無し。
ミッションか?・・・・この可能性が一番高いですね。思い当たる点が・・・・無くもない・・・・


もう一度エンジンか、、、、、、だいぶ気が重い。
でも、音の発生源がミッションでは無いような。
しかしニュートラルの時と、クラッチを切っていれば異音は出ません。
クラッチを繋いでミッションを回していると異音が出る。
って事はやっぱりミッションですか。。。。

覚悟決めてもう一丁やったりましょ!!

あれ、今回画像が一枚もありませんね。



何か無いかな・・・・・・
あ、
IMG_0363c115.jpg
よく有る質問で、フライホイールのプーラーは何を使ったのか?
なんてのがありますので、ここで書いておきましょう。
M27‐1,0 逆ネジ です。

いつか、誰かの、何かの役に立つ・・・といいな。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の弐拾

引き上げて来た時から思っていたんですが、
このメーター・・・・どうやって固定するんでしょう?
前回も使った画像でナンなんですが、
IMG_0431sg.jpg
固定するようなボルトも取っ掛りも無いでしょ?
一体何で固定するんでしょう?
まさかメーターワイヤで保持するだけって事は無いでしょう。

結果は解っているんですが、一応取り付けてみました。
やはり固定はされませんね。
メーターワイヤーが繋がっているので、外れる事は無いと思いますが、
グラグラしていて不安定この上ない。。。。。

某オークション等でSGのメーターを検索してみると、
やはりメーター本体から固定用のボルトが出ています。
ひょっとしてこのメーター・・・・違う車種のモノなのでしょうかねぇ。
まぁ、無い物ねだりしても仕方ありません。
メーターの交換なんて簡単ですから、気になるようだったらオーナーさんが自分でやるでしょう。

IMG_0432sg.jpg
配線を繋ぎます。
ココで長さを考えながらギボシを付けていきますので、
時間は非常にかかるんですが、気分がイイですね。
古いままの配線では、イマイチ気が乗らないんですよ。



IMG_0433sg.jpg
ヘッドライトのコレはどうしますかねぇ。
何故だかライトバルブをハンダ付けしちゃってます。
これは触らないでおきましょう。


大体の配線が終わりましたので、バッテリーを載せて点検します。
「ヨシカワオート」さんで買った高級ウィンカーも正常に点滅。
IMG_0434sg.jpg
その他も大丈夫。
残りはエンジンかけて充電のチェックのみ。
(実は一回配線間違えてヒューズ飛ばしました)

次の作業はコレ、
IMG_0435sg.jpg
オイルクーラー?オイルフィルターが入っている部分なんですが、
IMG_0436sg.jpg
オーナーさんはココの取り付けがズレているのが気になるようで、
別に買った部品を取り付けてくれとの事。
個人的にはそんなに変わらないと思いますし、
オイル漏れの心配も出てくるので、
出来るだけ問題の無い部分はハズしたくないんですが・・・・
オーナーさんの要望ですからね。

結果、取り付け部分は同じようにズレます。
でも、ちゃんと取り付けは出来ていますので、
当時の製造技術の問題ってだけですね。
オイル漏れ・・・してこなければいいんですけど・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の壱拾七

いや~、何だかんだありましたが、とりあえず完成?
IMG_0347c115.jpg
早速エンジンをかけてみたいところですが、
組み上がったのが夜だった為、楽しみは翌日にとっておきましょう。

夜でも出来る作業をします。
実は途中だった前輪の組立をしましょう。
タイヤ交換はオーナーさんがウチに来てやったんですが、
その際に、ブレーキシューが減っていたので、ついでなので交換しようという事になりました。
リヤはデッドストックだったカブのブレーキシューを使ったんですが、
フロントは部品取り寄せしなくてはいけなかったので、途中までしか組んでいなかったんです。
張替えに出そうかどうか考えたんですが、
IMG_0349c115.jpg
何とかカブの物が使えそうなので、とりあえずこれでいってみましょう。
仮組みして、不具合が無いか確認。
ちょっと引き摺っている感じがありますので、
再度分解して当たっている所をヤスリで削り、もう一度確認。
何度かこの作業を繰り返し、引き摺りも無くなったので本組します。


何かオカシイ!?
アクスルがしっかりと締まりません・・・・
ナメている感じではなく・・・・いつまでも締め込めるような・・・・
まぁ、ある程度締めると前輪が回らなくなってしまうので、
そこまで締め込む訳はない。
何か部品を忘れたか?
いや、余っている部品は有りません・・・・・・・・

もう一度前輪を外して確認してみると、
IMG_0350c115.jpg
アレ?
ココ、アクスルシャフトの径より大きいですね。
・・・・・もしかして・・・・・パーツリストを確認してみます。
IMG_0351c115.jpg
"18"の部品が有りませんね。

ホント・・・・この車両を組んだ人間はどういうつもりだったんでしょう?
嘆いていても仕方ありません。
これだけで部品は出て来ないでしょうし、
簡易的ではありますが、その場しのぎの物を作りましょう。
ちゃんとした部品は・・・・気長に出物を待って下さい。



IMG_0352c115.jpg
ヘタな旋盤使いで恥ずかしいのですが、何とか作りました。
外注に出すお金はもうないですからね、これで我慢して下さい。
IMG_0353c115.jpg

よし、これで今度こそエンジンかけるぞ!!
IMG_0362c115.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の壱拾九

メインスイッチからいきましょう。
IMG_0420sg.jpg
幸いにも、スイッチの機能自体は正常に作動しています。
でも配線自体も古いですし、何か不具合があったのでしょうか?
追加された配線がちょっと不細工。

IMG_0421sg.jpg
ハンダ付けされている配線を外し、
新しい配線を取り付けます。
IMG_0422sg.jpg
「言うは易し、行うは難し」で、腕がもう一本、、、もしくは人手が欲しい作業です。
導通点検をして、、、、、、OK!

次、メーター球の配線を作り直します。
IMG_0423sg.jpg
これまた面倒臭そうな・・・・・・・・
IMG_0424sg.jpg
メーター球ソケットのロック機構が何個か壊れています。
接着剤の様な物を使って取り付けないとダメみたいです。
でも、完全に接着してしまっては不味いので・・・・
靴修理に使うゴム質になる接着剤を使います。
・・・・多分・・・・・大丈夫・・・・・

先にプラス線を作ります。
IMG_0425sg.jpg
このプラスチックの台座に配線を通し、
IMG_0426sg.jpg
ハンダで留めて接点を作ります。
比較的順調に作業は進んでいたんですが、
元の配線を外す時に、この台座になるプラスチックの部品が一個・・・・割れちゃいました。



やっぱりこんな事にまで手を出しちゃダメでしたかね。
こんな部品作れませんしね。。。
要は絶縁物質で台座を作れればいいのですから・・・・・・・ベークライトのワッシャーを使って・・・



あまり見せられる出来ではないので、画像は無し!!
ちゃんと機能はするので勘弁して下さい。


次、アース線を作ります。
どうせ金属製のホルダーに直接ハンダ付けなんでしょ?
なんて思っていたら、
IMG_0427sg.jpg
へぇ~、こんな作りになっていたんですね。
確かに、一見手間に見えますが、この作りの方が配線作り易いですね。
グッジョブです。

IMG_0431sg.jpg
あ~、やっぱりやって良かった。
配線がキレイになるとイイですね。
・・・・・ゼニにはなりませんけど・・・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の壱拾六

クラッチの組立をします。
以前の回で書いたように、クラッチディスクの"歯”が、
クラッチハブの溝と合わない事が判明した為、
現状を見てもらう為にオーナーさんにご足労頂きました。

見てもらえば一目瞭然、コレはどっちらかを削らないとど~にもなりません。
IMG_0339c115.jpg
ちょっと悩みましたが、クラッチ板の方を削る事にしました。
大幅に違うのならグラインダーを使うんですが、
そんな大きな違いではないので、地道にヤスリを使って削っていきます。
IMG_0340c115.jpg
OK!
いい具合にハマるようになりました。
これでクラッチはOK。
目覚めは近いですよ。

ケースカバーもブラストしておけばよかったですかね・・・
IMG_0341c115.jpg
他の部品をキレイにしてしまったのでバランス悪いかも。。。。
まぁ、この辺りなら後で磨く事も出来ますからね、オーナーさんにお任せしましょう。
ケースカバーガスケットもしっかり切り出して、
IMG_0342c115.jpg
フタをしたら・・・いよいよエンジン搭載。
ローターとフライホイールは、重くなってしまうので搭載後に取り付けます。

おっといけない、
搭載してからでもいいんですが、やり難くなってしまうので今の内に。
エンジンから出ている配線のギボシを付け替えます。
もちろん、相手側のメインハーネスの方も付け替えますよ。
それが終わったら今度こそ、、、



IMG_0343c115.jpg IMG_0344c115.jpg
エンジン搭載完了、ハーネスも接続して、ドライブチェーンを張ります。
リヤアクスルスリーブを締め付けようと思ったら・・・グリンっ・・・・
IMG_0345c115.jpg
ナメてるじゃないですか・・・・・・・・
タイヤ交換をした時は、オーナーさんが作業していたので解りませんでしたが、
恐らく初めからでしょう。
カブの部品が合いそうなんですが、試してみないと解りませんね。
とりあえず適当に取り寄せて合わせてみましょう。

試乗に向けて、コックも修理しておかないといけません。
純正ではもちろん部品が出ませんので、
気は進みませんが外国製品を使います。
IMG_0324c115.jpg
ちょっと外径が大きかったのですが、なんとか詰め込みました。
・・・・嫌な予感がします。。。。。
IMG_0346c115.jpg
無事に機能を果たすかどうかは・・・近い内に解るでしょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロ SG 其の壱拾八

無事にエンジン搭載も完了し、
他の外装品等を取り付けていると・・・・

ん?・・・・・しくじった・・・・
IMG_0413sg.jpg
左サイドカバーの丁番部分が・・・・
IMG_0414sg.jpg
剥がれています。
スポット溶接が剥がれてしまったようです。
塗装をしてしまった今、もう一度スポット溶接なんて、、、無理じゃないですが、、、無理に近い。
どうするか・・・・・・・
まぁ、穴開けてボルト留めか、リベット留めしかないでしょう。

穴を開ける時に塗装が割れないか心配でしたが、
何とか大事に至らず、穴を開ける事が出来ました。
で、今回はボルト留めにします。
外す部分ではないので、リベットでもいいんですが、
リベットを打つ時、結構な力がかかりますので、安全な方を選びました。
塗装した部品は何かと気を使います。
IMG_0415sg.jpg
IMG_0416sg.jpg
見た目がナンですが、仕方ないでしょう。
問題解決!!

灯火類を取り付けます。
が・・・・まぁこれが大変でした。
こんなの気にしないで取り付けてしまえばいいんですが、
やっぱり気になるじゃないですか。
IMG_0417sg.jpg
配線を作り直すんです。
コレはテールライト用のソケット配線。

SGのテールって、ナンバー台と一体になっている為、
IMG_0418sg.jpg
IMG_0419sg.jpg
ソケットの中まで塗装されています。
これではアースがとれないので、ヤスリでシコシコ塗装を削り取ります。
こんな作業が多いんですよね~
こうやってしっかりと塗装とかをしてしまうと・・・・
まぁ、こんな所をマスキングして塗ってくれとは言えませんので、
この程度の作業は組立側の仕事の内でしょう。

後は・・・メーター球とメインスイッチの配線作り直しですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する