2013-10

カワサキ B1 2サイクル特有の・・・ 其の弐

まずは部品が出るかどうかっていうのが心配だったんですが、
東南アジアでは未だに乗られているらしく、
(タイカワサキ辺りで造っているんでしょうか?)
欲しい部品は全部出ました。

おかしいな?以前部品屋さんに頼んでクラッチ関係の部品を取ってもらったんですが、
その時に出ないと言われた部品までちゃんと出ましたよ・・・・・・
あの時はパーツリストが手元に無く、部品番号の検索までお任せしましたからね・・・・
・・・・・・・部品屋さん・・・・・手ぇ抜きましたね・・・・・・・

なんて知りたくもない事実を知ってしまいましたが、
仕方無い、ウチのような小口の取引相手では仕方ないでしょう。

部品の心配が無くなりましたので、
数点バックオーダーは有りますが作業に取り掛かりましょう。
一気にケースカバーを開けた所までいっちゃいますが、
IMG_0148b1.jpg
あれ?・・・・・部品が足りない・・・・・・
丁度一緒の時期に、ウチの代車候補となるKC125をやっていまして、
クラッチの張替えで同じ所まで分解していたんです。
だからパッと見て解ったんですが、
IMG_0149b1.jpg
ココの・・・・
IMG_0150b1.jpg
2ストオイルを供給するパイプ部分、
ココにOリングが入るハズなんですよ。
もしやと思って、ケースカバー側も見たんですが、
IMG_0152b1.jpg
付いていません。

ケースカバーを外した時に、何処かへ紛失してしまったのかもしれませんが・・・・
おそらくは元から付いていなかったのではないかと。


ひょっとして、これが原因か?
とも思いましたが、クランクシールまで部品を取り寄せていますし、
位置が高いじゃないですか、ココからギヤオイルを吸いますかねぇ。

万全を期して、Oリング、オイルシール関係は交換しましょう。
作業を進めますよ。
IMG_0156b1.jpg
???????
ココのギヤを外さないと先に進めないようなんですが・・・・・・
ひょっとして特殊工具が必要ですか?
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の七

内燃機屋さんからクランクが帰って来るまで、
ミッションの問題を考えましょう。

まずは、組み立てる時に苦労しないように、
ネジ穴にタップをたてます。
IMG_0045c115.jpg
毎度面倒なんですが、コレをやっておかないとね。
後々苦労するのは自分ですから。
タップをたて終わったらベアリングを交換します。
IMG_0044c115.jpg

経験上、このミッションには軸方向のガタが多い気がします。
パーツリストを見てみると、有るハズのワッシャーが有りません。
どの位の厚みのワッシャーかは解りませんが、
トライ&エラーやってみるしかありません。
まずはウチに有る様々なワッシャーを試してみます。



とは言っても、内径がピッタリな物なんて・・・そうそう有るもんじゃありません。
っというか、一枚も無いじゃないですか!!

既存のワッシャーを加工して試してみるしかありませんね。
しかし、ワタシの技術ではそんなに薄いワッシャーは作れません。
作れる範囲のワッシャーで治ればいいんですけどね。

IMG_0046c115.jpg
組んでは削り、組んでは削り。。。。。。
アレ?これ一枚足りないだけちゃうなぁ~



一体、何処にどれ位のワッシャーを咬ませたらいいのやら・・・
ワッシャーを作っては試し、作っては試し、、、、、
IMG_0081c115.jpg
IMG_0082c115.jpg
とんでもない時間を浪費してしまいました。
これでシャフトのガタは許容範囲位にはなりました。
でも・・・・・まだ全然ギヤの入りが良くありません。
あとは何がいけないんでしょうかねぇ~
先はまだまだ長そうです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

カワサキ B1  2サイクル特有の・・・ 其の壱

委託で販売した車両なんですが、
ちょっと不具合が出まして、緊急入庫しました。
IMG_0085b1.jpg
前オーナーさんもチョコチョコ乗っていたみたいですし、
現オーナーさんになってからも調子良さそうに乗っていたんですけどね?
一体何が起こったというのでしょうか?

オーナーさん曰く、ギヤオイルを交換してから白煙がヒドイと・・・・・
しかも、抜いた時にはほとんどギヤオイルは入っていなかった・・・・
ああ、、、、じゃぁ・・・アレですかね・・・・・・・

まずは現状を確認しましょう。
[広告] VPS

おお、確かにこれは多いですね。

まずはギヤオイルを抜いてエンジンをかけてみましょう。
シールが抜けて、ギヤオイルを吸っているのなら、
これで白煙は収まるはず。
この可能性が一番高いんですよね。



若干少なくなったようですが、そんなに・・・・変わらないかな・・・・

次、オイルポンプがつぶれているかもしれませんので、
オイルポンプを殺して、混合ガソリンでエンジンをかけてみます。
IMG_0087b1.jpg
これもそんなに変化はありませんね。

????????
おや~このどちらかだと思ったんですがねぇ~
プラグも焼け具合が良く無くて、カブる感じですから・・・・・
可能性は低いんですが、マフラーの詰りも確認しておきましょう。
IMG_0088b1.jpg
固着している場合が多いインナーサイレンサーですが、
この車両はすんなりと抜けました。
IMG_0089b1.jpg
日中は滅多にやらないんですが、チョイト急ぎなのでやっちゃいます。
ガストーチを使って焼きます。
もちろん、この後エキパイとサイレンサーも焼いて、
カーボンを出来る限り掻き出しました。
おそらく、前オーナーさんもやっていなかったんでしょう。
結構な量のカーボンが取れましたよ。
期待はしていませんでしたが、これだけ詰まっていればひょっとして・・・・・

ちょっと期待してエンジンをかけてみましたが、



やっぱり出ますね。

こうなったら、一度走ってみましょう。
まずはギヤオイルを入れて、オイルポンプも活かした状態で!
車の往来が少ない時を見計らって、思いっ切り高回転まで回して走ってみました。
風の強い日で助かりました。
非常に煙い。。。。。
回転の上がりも悪いですし、
これは全然ダメですね。


次に、ギヤオイルを抜いて走ってみます。
良くはないですが、回転の上がり方もマシになりました。
白煙も、通常レベル。


オーナーさん。
エンジンやらないとダメそうです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の六

う~~~~ん、おそらく・・・・C110と同じ・・・かな?
ネットの情報では、大端部の幅が違う物が有るとか、、、、
(前回記事のコメントで頂いたような違いもあるみたいです)




内燃機屋さんに任せちゃいましょう!
以前、GT380のクランクをやってもらった時に、
部品を揃えて内燃機屋さんにお願いしたんですが、
「なんだ、そんな部品ウチに有ったのに」
って言われたんですよね。
もしかしたら、長年やっている内燃機屋さんですから、
ここら辺の部品は持っているかもしれません。
うん、下手な事をしないで任せるに限ります。

クランクを送る準備をしましょう。
出来るだけ部品を外しておかないとね、
クランクに付いているギヤを外そうと思ったんですが、
ギヤプーラーが入りません。
手持ちのプーラーを色々試したんですが、どれも使えない・・・・
マジか・・・・専用プーラーが必要?
いやいや、
IMG_9961c115.jpg
IMG_9962c115.jpg
適当な端材とボルトを使って何とか外せました。
専用工具はエライとは思いますが、届くまでの時間が惜しい!!
ベアリングは一緒に交換してもらうので、付いたままでいいかな?
・・・・本当は、先のギヤの位置決めピンがクランクから抜けないので、ベアリング外れないんです・・・・
ゴメンなさい!「三留兄弟製作所」さん、あとは宜しく!!

クランクと一緒にヘッドも送ります。
腰上はやってあると思っていたんですが、ヘッドは手付かずのようですから。
ちょっとお金はかかりますけどね、
ここまで来てヘッドをやらないって事は無いでしょう。
ヘッドを分解します。
IMG_9982c115.jpg
一度全部取り外してから、バルブだけ戻して、
IMG_9983c115.jpg
燃焼室内を掃除します。
IMG_9984c115.jpg
大体のカーボンが落ちたら、バルブも出来る限りカーボンを落し、

折角なんでね・・・・ここでも余計な心情が商売の邪魔をします。
IMG_9985c115.jpg
手間暇かけてマスキング。
サンドブラストでキレイにしておきます。
IMG_9986c115.jpg
IMG_9988c115.jpg

クランクと共に、宜しくお願いしま~す。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の壱拾四

いや~、今回は待ったね。
非常に待ちました。
その間の車両保管代を何処かから頂きたい位。

IMG_0279yds2.jpg
キャブO/Hキットが完成しました。
コレを「岸田精密工業」さんが商品化するかは解りませんが、
とりあえず出来上がって来ました。
オーナーさんも相当お待ちかねなので、やりかけの仕事を切り止めて、
早速作業に取り掛かります。
IMG_0280yds2.jpg
分解してキットを組み込みます。
こうやって無い部品を作って頂けるのは非常にありがたいですが・・・・・
いや、全然使えない訳ではないのでいいんですけどね。
あくまでリプロ部品という事ですかね。

キャブの調整なんてものは、一朝一夕には出来るものではありません。
それは、たとえ新しい部品を入れたからといっても同じ事。
このYDSも同じですよ。
まぁ、悩みました。
走り自体は何も問題は無いんです。
長めの試乗をしても特に問題も無い。
でも、プラグの焼けが左右で違うんです。
左は丁度良いのですが、右が常にベタベタなんです。
右が薄くなるように調整しているんですが、どうも上手くいかない・・・・・・・

「もうこれは調整云々ではないな」
そう思って、キャブを左右交換してみました。
すると、、、、見事に症状が左右逆転。
これでちょっと頭の隅に有った、「ひょっとして左右気筒の調子が違うのでは?」
という疑問が無くなりました。
完全にキャブ本体の問題です。

その後色々検証しまして、
IMG_0296yds2.jpg
IMG_0297yds2.jpg
このニードルジェット、問題の右キャブ側が荒れているんですよ。
これか!!
もう絶対これや、やっと見つけた!!
そう思ったんですけどね・・・

ニードルジェットを左右交換してみても、変化は有りませんでした。
コレだと思ったんですけどねぇ~
IMG_0301yds2.jpg
スライドピストンも疑ってみたんですが、これもハズレ。






エアを通して確認してあるので、
今までは大丈夫だろうと候補から外していたんですが、
もうこれしかないですね。
IMG_0302yds2.jpg
チョークバルブの不良を疑う以外にありません。
全部元に戻して、チョークバルブだけ交換してみましょう。



アイドリングから変わってきました。
実際走って来ると、左右のプラグの焼け具合が逆転。
今度こそ・・・・・コレだったのか!!

原因は解りました。
しかし、どうしますかね?
交換出来る部品はありませんし・・・・
対策を施すにしても。。。

・・・・・・こうしましょう!
もう右のチョークは使わない。
そして、チョークの穴は塞いでしまいましょう。
プランジャー式のチョークなので、
耐ガソリンゴムのシートをポンチで打ち出して、
IMG_0307yds2.jpg
これをプランジャーの穴に詰めて栓をしてしまいます。

これで30分程の試乗。
この車両はウィンカーが付いていなくて、
今時の公道を走るにはリスクがデカ過ぎますので、
一直線に走って帰って来れる道を選んで試乗します。
IMG_0308yds2.jpg
IMG_0309yds2.jpg
まぁ、いつもの山登りコースなんですけど。

走りは問題無し。
さぁ、プラグの焼け具合は・・・・どうでしょう?
       IMG_0310yds2.jpg
IMG_0311yds2.jpg IMG_0312yds2.jpg

目出度く納車出来ます!!
お待たせしましたオーナーさん。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です C115 其の伍

クランクケース内の部品を全部取り出し、
う~ん、、、このケースどうしましょうか。
IMG_9956c115.jpg
せっかくエンジンをやるんですから、キレイにしておきたいですよね。
一番イイのはウェットブラストに出す事ですが、
予算的に無理!!
ウチでサンドブラストですかねぇ。
正直言うと、そんな工賃が出る程の予算も無いんですが、
このまま組むのは・・・・・プライドの問題です。
IMG_9957c115.jpg
ウチのサンドブラストは、ほぼ手作りみたいな物なので、
これだけの部品をやるにしても相当時間がかかりますし、
仕上がりも、ちゃんとしたブラストを使った物には劣ります。
でもまぁ、
IMG_9958c115.jpg
この位キレイになればOKでしょう。

問題のあったクラッチ、
何が問題でクラッチが切れなかったのか?
IMG_9959c115.jpg
部品の構成、組み方には問題無さそうなんですが、
とりあえず、
IMG_9960c115.jpg
このカッチカチのクラッチ板を張り替えに出しましょう。
いつも通り「目黒ライニング」さんに送ります。

次にクランク。
これは部品出るんでしょうか?
いや、ホンダからは出ないのは解っているんですが、
何処かに部品有るかな?
C110何かと同じじゃないかと思うんですが・・・・
わずか5ccの違いですからね、クランクは共用じゃないのかな?
ちょっと情報収集しましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の壱拾参

クラッチ問題が解決しません。
チラッと、
ロックワッシャーが付いているんだから、多少ナットが緩くても・・・・
なんて考えも過りましたが、
流石にそれは出来ません。

何とか解明しなければ、、、、

・組んでバラして、

・組んでバラして、

・組んでバラして、

・組んでバラして、

わから~~~~ん!!


IMG_9795yds2.jpg IMG_9797yds2.jpg
ひょっとして、張り直したクラッチ板が厚過ぎたのか?
マニュアルに書いてある基準値よりも、若干薄く張ってあるんですが・・・
他に可能性も無いし・・・・
いや、でも、折角張り直したのに。。。。。



削りますか。

サンドペーパーを定盤の上に敷いて、その上でクラッチ板をスリスリ・・・・
張り替える前よりは厚みがありますが、
これでは「張り替えました!」なんて言って代金を貰う事は出来ません。
張替えの代金はウチ持ちですね。。。。。

この大決断の成果も虚しく、
未だにクランクが動きません。
かくなる上は、、、構造から考えると、
クラッチの中のワッシャーを一枚抜けばイイはず・・・・
試しにやってみましょう。

すると・・・あら不思議、何の問題も無くなりました。

何なの?これ??

相当の戸惑いや葛藤はありましたが、
これ以外に方法がありません。
パーツリスト上は有っていい部品ですが、
実は厚みが違うとか、他の部品が違う年式の物で、そのままでは使えないとか・・・・
可能性はいくらでも有りますが、どれも確証がありません。
ただ一つ、この状態でも特に問題無く、
40~50kmの試乗も問題無く走れました。

とりあえずこれで納めましょうか?
オーナーさんに連絡を入れると、
追加でキャブの調整もやって欲しいとの事、
ここは「岸田精密工業」さんにまたお世話になりましょう。
いつも通りに行けば、1ヶ月チョイでO/Hキットが出来上がって来るでしょう。

はぁ~~何かスッキリしませんね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の四

腰下がアレですからね~
腰上はどうなっている事やら・・・・

では、ヘッドカバーオープン!
IMG_9946c115.jpg
ここまでは全然問題なし。
プッシュロッドの長さが違うので、間違えないように。

ヘッドオープン!
IMG_9947c115.jpg
おや?
とてもキレイですね。
使用感があまりありません。
IMG_9948c115.jpg
既に0.5オーバーサイズのピストンが使われています。
ピストンとシリンダーの隙間も、ほぼO/H直後みたい。
腰上はO/Hしたんでしょうね、きっと。
ヘッドは一応内燃機屋さんに出すかもしれませんが、
シリンダーに関しては問題無しですね。
やはり問題は腰下か。。。。

クランクケースを割ります。
結構固着していて固いので、2サイクルに使うセパレータ工具を使って割ります。
IMG_9949c115.jpg
IMG_9950c115.jpg
残念ですが・・・・・・・・・・もう・・・・・これは・・・・決定的でしょう。
このエンジン、水没車じゃないですかね。
水没はしないまでも、エンジンに水が入ってしまったのだと思います。
そうでもなければ、オイルで満たされているクランクケース内が、こんな状態になる訳ありません。


もう一度オーナーさんに現状を見て頂いて、今後の方針を話し合いました。
折角手に入れたC115ですから、
「多少お金がかかっても、エンジンをしっかりやりましょう」
という事で、やっぱりダメだったクランク(大端部に縦方向のガタが出ていました)はもちろん、全部やる事はやります。

さぁ、オーナーさん!
大金を用意していて下さい!!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の壱拾弐

どうやら組みミスが有ったようです。
エンジンをかけた時は良かったんですが、
アクセルを煽った途端、ニュートラルなのにギヤが入っている様に後輪が回転。
それと同時に『キーーーッ』
緊急停止!!
なんや?あの異音。。。
ちょっとヤバイかな?
これは・・・もう一度開けないといけないでしょう。

徹夜覚悟で一気に分解。
一番心配だったのは、何か部品が壊れているんじゃないかって事、
点検しながら分解していったんですが、
幸いにも壊れている部品、キズ付いた部品は有りませんでした。
そうなると、、、、何処が?何が原因だったんでしょう?

おそらく、ミッションに問題が有ると思います。
後輪が回転を始めてから異音が出ましたので・・・・・




調べた結果、ニュートラルの時にフリーになるギヤがフリーにならない。
これが原因ですね。
とあるギヤのブッシュに、適度なクリアランスが無いみたいです。
1,500番のサンドペーパーで、サラッとブッシュ内径を研き、
確実にフリーになる事を確認。

これで今度こそ大丈夫でしょう。
完全に画像を撮る余裕がありませんでした。
文字ばかりでスミマセン。。。。

再度組み立てる訳ですが、
そうそう簡単にはいきません。
まずは塗った液体ガスケットを剥がさないといけません。
これがねぇ、変な液体ガスケットなら簡単ですが、
実績の有るしっかりした液体ガスケットを使っていますので、
剥がれ難いんですよ。
この作業だけで2時間以上。
シンナーを使って剥がすんですが、、、、、中毒になりそう、、、、、換気は大事です。

いよっしゃ~~~、徹夜でも何でも一気に組み立てます。

明け方頃には大体完成。
IMG_9799yds2.jpg
あとはクラッチ側だけ。
IMG_9800yds2.jpg
クラッチのセンターナットを締めて、
クラッチ本体を掴んでクランクを回してみたトコロ、
・・・・・回らない・・・・・何で?
センターナットを緩めると・・・・回ります。
なんやコレ、、、エッ、、、何処かミスった?
クラッチを分解したり、色々調べたんですが原因不明。
そういえば、一番初めに分解する時、センターナットが簡単に外れたんですよね・・・
前回の組立時には確認しませんでしたからねぇ~
いつからこうなっちゃったんでしょう?

そして・・・こんな時に限って睡魔が・・・・・・・
アカン、考えられん、、、、作業していても途中の記憶が、、、、、
仕方有りません、ちょっと寝ましょう。
2時間程睡眠を取ってから再開します。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の参

雲行きが・・・・・・メッチャ怪しくなって来ました。
こんなに内部が錆びている時点で、既に赤信号なんですが、
クランクにガタが!

まぁ、ガタと言っても軸方向なので、
正常なエンジンでも多少は有るものですが、
ちょっと大き過ぎる。
オマケに、カウンターシャフトも軸方向に相当ガタが有る。
コレはもう・・・・・・・・エンジン全バラ決定!

そうと決まれば、エンジンをさっさと降ろしてしまいましょう。
確か、以前カブエンジン(OHC)をやった時にエンジン台を作りましたので、
それが使えるかな?



そのままでは使えませんでした。
新しく穴を追加しまして、
IMG_9941c115.jpg
カラーも作成する必要が有りましたが、ちょっとそれは後回し、
取り敢えず木の板でお尻を支えて、何とかエンジン台に固定。

クラッチを外し、反対側のジェネレータも外します。
IMG_9942c115.jpg
こっち側はそんなにサビは目立ちませんね。
IMG_9943c115.jpg
あ、
このウッドラフトキー、ダメですね。
IMG_9944c115.jpg IMG_9945c115.jpg
画像で解るんでしょうか?
角が取れてしまっています。
もっとしっかり角張っていて欲しいんですが、出来る事なら交換ですね。

この時点で丁度オーナーさんがご来店されましたので、
現状をお話して、エンジンをやらないとダメそうだという旨を伝えました。
クランク・・・・無事だといいんですが。。。。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の壱拾壱

軽いのでエンジン搭載が楽です。
IMG_9790yds2.jpg

クランク右のダイナモ、ポイントカム等を組み付けて、
クランクを回せるようにしてから腰上を組みます。
毎度の事ながら、エンジン組立中は画像を撮っている暇がありませんのであしからず。
IMG_9791yds2.jpg
ここまで来ると終りが間近ですね。

クラッチを取り付けます。
先にクラッチは組み立てありますので、本体に取り付けるだけです。
IMG_9792yds2.jpg
特に難しい事もありませんので、パパッと組み立て。
(ここでの確認不足がぁぁぁぁぁぁ!!!!)

クラッチを組んでケースカバーを閉めて、マフラー取り付け。
よ~し、順調に終りが近づいてきましたよ~
(この時、今後待ち受ける苦難を、この時のワタシは知る由もありませんでした・・・・)

ギヤオイルをマニュアルの指定通り、1.1L入れて、
いよいよエンジンをかけてみます。
抜いていたガソリンを注入・・・・・じゃなかった。
その前に、ガソリン漏れを直さないと。

IMG_9793yds2.jpg
これこれ、ガソリンタンクの左右を繋ぐパイプ。
ココから漏れていましたからね。
IMG_9794yds2.jpg
このパキパキのガスケットを新しいガスケットに交換。
これでもう大丈夫でしょう。
心置きなく混合ガソリン注入!!

これで終わりや~
エンジン始動!!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

大事なのは・・・中身です。 C115 其の弐

多分、これで合っていると思うんですが、
クラッチワイヤーの取り回し、
IMG_9928c115.jpg
曲がりの角度がキビシイですねぇ。
でも、コレが原因ではないでしょうし・・・
エンジンかけてみましょう。

IMG_9930c115.jpg
タンク内の状態もイマイチなので、念の為に別タンクで始動させてみます。
オーナーさんが言っていた通り、エンジンはすんなりとかかり、
目立った異音もありません。
このエンジンがかかった状態で、、、、クラッチも切れませんが、、、、
ギヤが入るかどうか試してみましょう。
エンジンが回っている方が、入り易かったりしますからね。



全然ダメですね。
入りそうな気配もありません。

一体どうなっちゃってるんですかねぇ。

クラッチ側のケースカバーを開けました。
IMG_9931c115.jpg





アレ?
何だか良くない感じがしますよ。
IMG_9932c115.jpg
レリーズベアリングがどうしてこんなにサビているんでしょう。
IMG_9933c115.jpg
IMG_9934c115.jpg
外したケース側も、点々とサビの跡、
底にはヘドロのようなモノも溜まっています。

これはまず、オーナーさんにも見てもらった方がいいですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の壱拾

ベアリングが入荷したという連絡がありましたので、早速取りに行きます。

ベアリング屋さんがもっと近くにあるといいんですけどね、
通販という手もあるんですが、このベアリング屋さんとも長い付き合いです。
ウチ程度の注文では大した売上の貢献は出来ませんが、
そんなウチでも相手をしてくれる業者さんなんです。
多少足代がかかっても、乗り換えは考えられません。


さぁて、
組立の準備です。
よく有る事なんですが、ネジ穴の状態が良くなかったりしますからね。
手間ではありますが、今後の組立の為にもやっておきましょう。
IMG_9787yds2.jpg
タップとダイスでネジ穴とスタッドボルトをさらっておきます。
ホント、地味に時間が掛かって面倒ですが、
コレをやっておかないで失敗した経験がありますので、
「急がば回れ」です。

新しいベアリングをケースに打ち込み、
IMG_9788yds2.jpg
クランクのベアリングも交換。
IMG_9770yds2.jpg

ここから一気に組み立てますよ~
クランク挿入工具を使って、まずはクランクをケースに挿入。
もちろん、クランクのセンターシールなんて部品は出ませんので、
液体ガスケットを塗って再利用。
ミッションも組み付けて、反対のケースを被せてとりあえずOK。
車体に搭載です。

大事なのは・・・中身です。 C115 其の壱

とうとう来ました。
一度はやってみたかった車両です。
IMG_9922c115.jpg
IMG_9923c115.jpg
スポーツカブ C115 前期型 です。

やっぱりねぇ~、小排気量好きとしては、一度は通っておかないといけないでしょう。
出来れば自分で所有したいところですが、
メッチャ高いんですよ、とてもじゃないですが買えません。
ですから、修理で入ってくるのを待っていたんです。

C110は50ccですが、こちらのC115は55ccでして、
公認で二人乗りが出来ます。
・・・・・まぁ、実際に二人乗ったら走らないでしょうけどね。。。。。
イイんです。
走りはどうでも、カッコイイから!!


随分綺麗な車体なんですが、
オーナーさんの話によると、最近オークションで購入。
エンジンはかかるが、ミッションが入らない。
クラッチもなんだかおかしい。
って事です。
前オーナーさんがずいぶん前に外装に手を入れたそうですが、
エンジンまでは・・・・手が回らなかったんですかねぇ。

まずは現状確認からいきましょう。
確かに、エンジンは問題無くかかります。
目立った異音も有りません。
電装は・・・・確認出来ませんでした。
バッテリー積んでなかったんですよ。
バッテリーって、ケースみたいな物に収まっているんじゃないんですかね?
何にも無いんですよ、ただフレームに穴が空いているだけ、
その中に適当に放り込んでおけばいい・・・・何て事は無いでしょう。
欠品・・・・・ですかね。

それと、テールランプの球が有りません。
IMG_9924c115.jpg
一番心配していたのは、マクラ球のダブルフィラメント
ランペットはコレだったんですが、無いんですよこの電球。
幸い、それではなかったんですが、
IMG_9925c115.jpg
マクラ球と、、、、、おそらくヒューズ管のような電球?
ベスパで使っていたような物だと思うんですが、どうなんでしょうね?
今後の事を考えると、ただ電球を取り寄せるより、、、ちょっと考えた方がいいかも。

ミッションは、オーナーさんの言う通り、
ニュートラルから他のギヤに入る気配がありません。
クラッチも、
IMG_9926c115.jpg
全然手応えが無い。
レリーズの調整不足でしょうか?
IMG_9927c115.jpg
う~ん、
違うな、
これはエンジンを開けないとダメそうです。

なんだか・・・・大事になる予感。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の九


ベアリングは注文してあるんですが、まだ入荷の連絡は有りません。
待ちの間に他の車両をやろうとも思ったんですが、
同時期にオールペイントのメグロSGもやっていましたので、
店の中がこの二台の部品で飽和状態です。
これ以上他の車両に手を出すと、絶対に収集が付かなくなってしまうでしょう。
ですから、計測の為に外した元のベアリングを、
IMG_9768yds2.jpg
もう一度ケースに嵌め、
ミッションのシム選定を開始します。

IMG_9769yds2.jpg
え~っと、、、、
この苦労をどうやって説明したらいいものか・・・・・
何処に何mmのシムを挟むのが良いのか?
現状付いているシムだけで足りるのか?
作成しないといけないのでは?

組み換えてはケースに収め、
ケースをひっくり返してシフターを取り付け、
ドライブシャフトを回しながらガッチョンがっちょんシフトチェンジ。
イマイチならもう一度分解、組み直し・・・・・

・・・・・・・一体何度繰り返したんでしょう。
メッチャ!!時間かかりました。
エンジンをかけて走ってみないと、本当にこれが正解か解りませんが、
とりあえずはコレじゃないかな?
っていう組み合わせが出来ました。
一発正解である事を祈ります。。。。

クラッチが先に出来上がって来ました。
IMG_9774yds2.jpg
先にクラッチを組んでしまいましょう。
おや?
IMG_9776yds2.jpg
大した事では無いんですが、
プレッシャープレートのこのキズ、
IMG_9778yds2.jpg
エラく人工的ですね。
まぁ、何か問題が有る訳ではないんですが、
5箇所のスプリングがハマる凹み、全てに不均等に付いているものですから・・・・
仕上げ工程は人がやっていたという事なんでしょうか?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する