2013-09

XS250SP サクッと作業 後編

配線のメモが終わりましたので、
バシバシ配線を外してフロント周りを分解します。
・・・・組む時はチョットだけ手直しをしましょう。

IMG_02954a8.jpg
もうこの手の作業は何回もやっていますから、
時間はかかりますが、サクサクッと作業が進みます。
結構YAMAHA車にはこのステムベアリングのトラブルが多いんです。
おそらく、今の車両もそうじゃないでしょうか?
昔、普通のバイク屋さんに勤めていた時、
先輩がやたらとヤマハ車のステムベアリングを交換していましたし。

そのうち、この三つ又にハマっている、
ボトムレースを取り外す特殊工具を作っておきたいですね。
IMG_02984a8.jpg
毎回タガネ等で叩いて取り外すんですが、
外し難い車両も有りますからね。
そういう特工も売ってはいるんですが、メッチャ高いですから。

作業は順調に進み、
新しいレースを打ち込み、ステムを組み立ます。
ここで一旦作業中断。
部品待ちです。
IMG_03004a8.jpg
おそらく直ぐに来ると思うんですが、
コレ、
IMG_02994a8.jpg
ダストカバーが傷んでいるので、コイツを交換がてら、フォークオイルを交換します。
シールの方は以前オーナーさんが交換したらしいので、オイル漏れもしていませんし、
今回はオイルとダストカバーの交換のみで。

やっぱり、次の日には部品が届きまして。
IMG_03034a8.jpg
片方ずつ分解。
以前も紹介しましたでしょうか?
この車両、ちょっと面倒な構造になっていまして、、、
通常の車両では、フォークのトップキャップがネジ式になっているんですが、
コレの場合、ネジではないんです。
IMG_03044a8.jpg
これがトップキャップなんですが、ネジになってないでしょ。
コイツが”C”クリップで留まっているんです。
ですから、
IMG_03064a8.jpg
IMG_03054a8.jpg
こんなプレスを使う必要もないんですが、
画像を撮る為にはこうしないと撮れないので・・・・


要は、トップキャップを押し込みながら、”C”リングを外すんです。
しっかりとインナーチューブを固定出来れば、そんなに難しい作業ではないので、
この車両をお持ちの方で、やる気のある方は挑戦してみて下さい。

ちょっとした配線の修理をして、
灯かなかったヘッドライトの修理も終え、
これで全作業終了。
次は650の方のタイヤ交換ですね。
今度は上手く入庫のタイミングが合えばいいんですけど・・・・
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の八

シフターを単体で動かしていて気付きました。
シフターの動く量が少なくて、
4速から5速がスムーズに変速出来ないんです。

って事は、
シフターのストローク量を調整してあげれば解決?
IMG_9765yds2.jpg
このストッパーを調整して、もっと動くようにすれば・・・・
残念・・・最大ストロークにしてみてもまだ足りません。
ダメかぁ~


他に原因はないかとシフターを見ていると、
IMG_9766yds2.jpg
!!!
あ~ナルホドね。

今度こそ解りました。

シフターの裏を見れば解るんですが、
IMG_9772yds2.jpg
コレがニュートラルの時。

で、これが
IMG_9773yds2.jpg
5速の時。

各ギヤの間隔が徐々に広くなっているんです。

そして、この部品をよく見ると、、、、
IMG_9767yds2.jpg
この歯車、等間隔に見えて不等間隔なんです。

おそらく、以前の修理時にコレを組み間違えてしまったんでしょう。
正規の取り付け位置が解らないので、
何度か組み替えてみて、一番しっくり来る位置を探り、
IMG_9771yds2.jpg
実際に取り付けて動かしてみます。



おお、成果は上々ですね。
しかし、それまでよりは良くなりましたが、
イマイチ感は否めません。
これだけで済んでしまえば楽だったんですが、
やはりカウンターシャフトのガタを処理しないと、バッチリにはなりませんね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS250SP サクッと作業 前編

やっと入庫してもらえました。
依頼があったのはずいぶん前なんですが、
ウチもなかなか空きが出ないし、
オーナーさんも海外出張が多くて・・・・

まぁ、そんなこんなでやっとの入庫です。
IMG_02874a8.jpg
IMG_02884a8.jpg
XS250SPですね。
実はTX650も乗っている方で、そっちの方は何度か入庫した事があるんですが、
こっちはもしかすると初めてですかね。

作業内容は前後のタイヤ交換とステムベアリングの交換。
順調に行けば大した作業ではありません。
では、いってみましょうか。

交換するタイヤは既に入庫済み。
オーナーさんの要望で入れたタイヤなんですが・・・・
IMG_02894a8.jpg
ダンロップのK460
これ・・・いいんですか?
どちらかと言えばオフロード寄りのタイヤですが・・・・・・
使っている車両はホンダのAX-1位。
一応入庫前にオーナーさんに確認をとったんですが、
これで良かったみたい。
まぁ、取り付けしてみましょう。



IMG_02904a8.jpg
何だか意外とワイルドな感じになりましたね。
しかし、心配事が一つ。
実際のタイヤ幅が広い為、
IMG_02914a8.jpg
結構ギリギリ。
チェーンケース側の方がもっとギリギリでしたが・・・・
まぁ、高速走行をしなければ大丈夫でしょう。

次、フロントタイヤとステムベアリングの作業に移ります。
IMG_02924a8.jpg
フロント周りゴッソリ外さないといけませんので、
ガソリンタンクを外し、
ライト内の配線をメモを取りながら外していきます。
IMG_02934a8.jpg
なんやコレ、
ヘッドライトソケットが半壊しています。
よくこれで使っていましたね。
早々に交換して頂きましょう。
部品入荷の都合で今回はやりませんが、
これ位はオーナーさんでも交換出来ますから、出来る事は自分でやって頂きましょう。

それにしても・・・・・・
IMG_02944a8.jpg
配線がヨロシクありませんね、、、、
状態も良くはありませんが、追加で妙な配線もしてあって・・・
メモをとるのも一苦労。
まぁ、いつもの作業に比べれば大した苦労ではありませんけどね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の七

このYDSのシフター部分、大概部品が数点無くなっていたり、
代用品に変わっていたりするんですが、
ご多分に漏れずこのYDSもでした。
まぁ、そこまで重要な部品ではないので、特に問題はないんですけどね。
これ以上無くさないように、部品はしっかりと管理しておきましょう。

どんどん分解を進めます、
クランクのオイルシールなんですが、
IMG_9758yds2.jpg
IMG_9759yds2.jpg
ちょっと状態が良くないですね。
分解する都合上、オイルシールは全部新しく交換する予定でしたが、
裏側から破れてきているんですよね。
何があったんでしょうか?
普通の経年変化による損傷では無さそうなんですが、、、
そもそも、前回修理したというのは何年も前じゃないでしょう。
その時はオイルシール交換しなかったんですかねぇ。
まぁ、とりあえず交換してみましょう。

オイルシールは交換する事前提でしたが、
ベアリングはどうしますかねぇ~
なんて思いながら分解を進めていたんですが、
IMG_9761yds2.jpg IMG_9762yds2.jpg
ここのベアリングがゴリゴリですね・・・・
ついでなので全部交換しちゃいましょうか?
もちろんオーナーさんの許可は取りますケドね。

さぁ、一応全部分解が終わりまして、
いよいよミッションの状態を本格的に確かめます。
何処かが壊れているとかは無いので、やはりシムの選定、調整が問題なんだと思うんですが、
う~ん・・・・・・・・・・・・・
IMG_9760yds2.jpg
ちょっと気になったのは、このカウンターシャフトにガタが有った事、
ここら辺かなぁ?

シフターの可能性も・・・・・
IMG_9764yds2.jpg
あ!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

スズキ ジェンマ スクーターは面倒! 

忙しい時に限って、こんな面倒な車両が入って来るんですよね~。
ウチではほとんどやらないスクーター。
ラビットやシルバーピジョンなら話は別ですが、
この位のスクーターになると全く興味が持てないんですよね。。。。
IMG_0354j.jpg
スズキのジェンマ50 スーパーデラックスです。

何がスーパでデラックスなのかは解りませんが、
依頼主のお父さんの遺品らしく、
だいぶ放置されていたものを動くようにして欲しいと・・・・
一見さんなら即断るトコロですが・・・残念ながら知らない方ではないので・・・・
渋々お預かりし、「エンジンがかかるまで」という事で修理する事になりました。

もう、この辺のスクーターになると作業が面倒で仕方ないんですよ。
でも、何かトラブルがあって乗らなくなった訳ではないらしいので、
ガソリン入れ替えて、キャブを清掃、プラグ交換位で動くようになるかもしれません。

サクサクッと作業をしようと思っていたんですが、
プラグを外すにもサイドカバーを外さないといけない、
カバーはハメ込みなので、ツメが折れそうでコワイ、
キャブもどうやら難義なところに付いている・・・・・
うう・・・・・モチベーションの維持が・・・・

くそう、コレをやってしまえばお金が貰える!
頑張るんや、ワタシ!!

くじけそうな気持ちを奮い起こして、
まずはガソリンタンクを取り外して、古いガソリンを取り替えます。
IMG_0355j.jpg
おや、上からキャブにアクセス出来ると思っていたんですが、
コレでは全然無理ですね。
ちょっとヤリ難そうですが、やはり横からか。

IMG_0356j.jpg
これは・・・・外せるか?
IMG_0357j.jpg
メインフレームとエンジンに挟まれていますし、
キャブを留めているボルト・・・横から外せるか???







非常に苦労しましたが、何とか横から取り外し成功しました。
IMG_0358j.jpg
流石に汚れが酷いですね。
外している最中から思っていたんですが、
これって正式には、エンジンを降ろしてからキャブを外すんじゃないですかね?
そうじゃないとなかなか難しい感じにキャブが付いているんですよ。
若しくは、ちょっと変形のドライバーが必要とか。。。

キャブを分解して、汚れや詰りを落し、元通り組み上げます。
この時代のスクーターにしては、凝った造りをしていますね。
チョークなんか、
IMG_0359j.jpg
サーモスタット式ですよ。
同時代のスクーターがどうだったのか解りませんが、
結構革新的なんじゃないですかね?

まぁ、ベスパのPを意識した外観以外は、、、
エンジンパワーも非力でヤマハのベルーガ共々、
ホンダのリードに遠く及ばず、不人気車となった訳ですが、
今となってはそれも"味"の一部ですかね。

IMG_0360j.jpg
キレイにしたキャブを苦労して取り付け、
新しいガソリンを入れてエンジンをかけてみましょう。
そうそう、この車両、いっちょ前に安全装置が付いています。
IMG_0361j.jpg
今のスクーターのように電気式ではないのですが、
ブレーキを握らないとキックが噛み合わなくなっています。
ほら、ブレーキワイヤーの途中に変なレバーが付いているでしょ?
セル始動の時どうなのかは・・・・バッテリーが死んでいるので解りませんでした。

結果、無事にエンジンは始動しまして、
店の周りは走る事が出来ました。
これ以上は、依頼の範囲外なのでオーナーさんにお任せします。

特に面白い事はありませんでしたが、一応作業したので書いてみました。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の六

無事にエンジン降りました。
IMG_9704yds2.jpg
流石にあそこまで外す物を外してしまえば、降ろすのも楽でした。
IMG_9705yds2.jpg

前回やったYDS1では、色々と苦労しましたので、
その経験を踏まえまして、今回はエンジン台を作製します。
ミッションの不具合を直すんですから、組んだり分解したりの繰り返しでしょう。
エンジンを横にしたり、裏返したり、立てたり・・・・
その度に木片を組み替えて・・・・・大変だったんですよ前回。

不安定でもありましたしね、そんな訳で、今回は安全の為にもエンジン台を作ります。
まぁ、寄せ集めの部品と未熟な溶接技術で作りますので、
お粗末な出来にしかなりませんが、無いよりはマシです。

意外と時間がかかっちゃいましたが、どうにかスタンドが完成。
IMG_9706yds2.jpg
やっぱり安定して作業が出来ますね。
分解作業に入りましょう。

エンジン下部のカバーを開け、
IMG_9707yds2.jpg
特徴的なシフタープレートを外します。
面倒なので、分解せずに外せる所はわざわざ分解しません。
IMG_9708yds2.jpg
邪魔なガスケットを剥がしてみて、アレッて思いました。
IMG_9709yds2.jpg
ケースの合せ面がキレイですね。
前回やったYDS1も、その前にやったYDS3も、
ここがこんなにキレイにピッタリしていなくて、
明らかな段が付く位ズレていたんですが、
やっぱり本来はこういうモノですよね。
今までやって来た車両がおかしかったんでしょう。きっと。。。

よく見ると、若干のズレは有るものの、他の場所でもケースの合せ面がキレイです。
IMG_9710yds2.jpg
IMG_9711yds2.jpg
年式から考えて、完全な1つモノは難しいでしょう。
2個1や3個1は仕方有りません。
それで動くんならミックス車両もアリでしょう。

そこら辺、ウチはこだわる店ではないので、
何でも良いと言ったら語弊が有りますが、動く事優先です。

ココから細かい部品が多いので、気を付けて分解を進めます。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車に最適 KC125(B1) モノになるのか? 其の伍

ホント、手間かけちゃいました。
積算すると、サンドブラストの時間に一日分の作業時間がかかりました。
その割に・・・・機器がチープで消耗品をケチった為、
IMG_0135b1.jpg
IMG_0136b1.jpg
仕上がりがイマイチ。
仕方無い、消耗品を交換するお金も無いですし、ここまでにしておきましょう。

そうこうしていると、
クラッチ板が届きました。
IMG_0131b1.jpg
これでバッチリ調子良く走れます。



組む時間があればね。。。。

そうなんですよ、時間が無いんです。
この頃、時間のかかる(割にお金にならない)仕事ばかりが入って来て、
自分の車両をイジル暇なんて一秒も有りませんでした。

その中で、同じB1を整備する機会がありまして、
その車両はクランクのシール関係を交換しないといけませんでした。
それならついでに・・・って事で、クラッチも交換する事になりまして、
そのオーナーさんが入手したパーツリストで、ダメ元の部品注文をしたんです。
すると、クラッチ関係もシール関係も、ほとんど欲しいモノが手に入りました。
スバラシイ、カワサキ万歳!!

「なんや~、高いゼニ払ってクラッチ板張替えんでもよかったんちゃう?」
正直、失敗した~とは思いましたよ。
以前部品屋さんに調べてもらった時は出ないって言われたのに・・・・

しかし、送られてきたクラッチ板を見て???疑問が。
IMG_0132b1.jpg
一見、何も問題が無いように思えますが、
張替えして頂いたクラッチ板と比べてみます。
IMG_0133b1.jpg
左が純正部品で取り寄せた物、右が元のプレートを張り替えてもらった物です。
IMG_0134b1.jpg
この画像を見れば、おや?っと思う方は多いハズ。

一見して解るのは、取り寄せた方は"歯"の部分が分厚くなっています。
これは、きっと強化対策なんだろうと予想は付きます。
ただ、全体の厚さが薄い・・・
更に言うならば、"歯"の部分の厚みが3.5mm
摩擦材の張ってある部分の厚みが4.0mm
0.5mm分の摩擦材が擦り切れてしまったら、
クラッチが滑る、若しくは鉄プレートと"歯"の部分が接触し、異音が発生するという事です。

アカンやろ、これ。
因みに、張替えしてもらった方は、2.3mmの余裕があります。
やっぱり張替えに出してよかった!

あとは組む時間が取れれば・・・・
コレを公開している頃には・・・代車として活躍している・・・・ハズ・・です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の伍

ドライブチェーンを外し、ダイナモを外し、
エンジン右側はコレでOK。
左側のクラッチ系を外します。

まずキックペダルを外すんですが、
なかなか取り付けボルトが外れません。
なんとか外してボルトを見てみると、
IMG_9699yds2.jpg
メッチャ曲がってる!
画像ではチョット解り難いと思いますが、アカラサマに曲がっています。
どうしますかね、このボルト・・・・
まさかこのまま使う気にもなりませんし、
かと言って、修正出来る気もしません。
何でこんなに曲がっちゃったんでしょうねぇ~
対処法は後で考えましょう。

ケースカバーを外したところです。
IMG_9700yds2.jpg
流石にカバーの固着は有りませんでしたが、
これ・・・ガスケット交換したんでしょうか?
どうもガスケットが旧い気がするんですが・・・・
当時物のデッドストックでも使ったんですかね?
ゴム系とガスケット系、当時物はあまり有難くないですね。

まぁ、それはいいんです。
懸念していたクラッチですが、
IMG_9701yds2.jpg
YD2と同じ機構だとしたら、ちょっと減っていますね。
もしかしたら前回作業時に、新しい物に交換したか、張り替えたかしたのかもしれませんが、
オイル無しで走れば、あっという間に磨り減ってしまうのは経験済みです。
これはもう張り替えに出した方がいいでしょう。
一応オーナーさんには報告しておきます。

IMG_9702yds2.jpg
よし、ここまで外せば楽にエンジンを降ろせます。
YDS1の時に気になった箇所。
IMG_9703yds2.jpg
この部分って、元からこんな風になっているんですね。
なんだか割れちゃったような造りなので、YDS1の時はちょっと心配したんです。
まさか2台共同じように破損って事は・・・・・・・・無いよね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車に最適 KC125(B1) モノになるのか? 其の四

試乗して来ましたよ~
久しぶりにヒヤヒヤしながら帰って来ました。

初めは調子良かったんですけどね、
調子に乗ってチョイと仕入れがてら足を伸ばしたら・・・・
目的地に着いた時点でクラッチが絶不調。
張り付いてしまって、始動は出来るものの発進出来ず。

【一速に入れた途端エンスト】を繰り返し、
思い切って回転数を上げ、ガッチリブレーキをかけてガツンと一速に。。。
結構な衝撃と共に、一速に入ってもエンストせずに発進出来ました。
しかし・・・・・・・
100m位進む毎に、
1.クラッチを切って
2.エンジン空ぶかし
3.ガン!とブレーキを踏む

コレを繰り返しクラッチが切れる状態にしておかないと、
信号待ちでエンスト。
止まる直前でニュートラルに入れても、一速に入れた途端エンストしちゃいます。

何とか帰れましたが、これは完全にクラッチ板を張り替えですね。
エンジン自体は調子良く、プラグの焼けもバッチリ。
チャチャッと分解して、「目黒ライニング」さんに送っちゃいましょう。
IMG_0012b1.jpg
ギヤオイルは新しくしたばかりなので再利用します。
IMG_0013b1.jpg
オイルポンプのギヤがプラスチックですね。
嫌いなんですよ、このプラとかベークライトのギヤ・・・・
過去に嫌な思い出が有りますんでね。
IMG_0014b1.jpg
やっぱりフリクションディスクはカッチカチ。
部品が出ればいいんですが、
確か以前に頼んだ時には出なかったハズ。

クラッチの張替えでお金がかかってしまうので、
これ以上は何もやらないつもりだったんですが・・・・・・・・
悪い虫が騒ぎまして・・・・
IMG_0016b1.jpg
折角外したんだからケースカバーを綺麗にしようかな?・・・なんて。
雑に塗ってあった塗装を剥し、
イマイチな下地をサンドプラストで処理。

文で書けば直ぐですが、
・・・・手間かけちゃいましたね~。
クラッチが上がって来たら・・・・夜ツーリングにでも出ましょうか?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の四

衝撃の真実が発覚しましたが、
エンジンを降ろす準備を進めましょう。

ドライブチェーンを外します。
が・・・・・外れません。
クリップ式のジョイントなので、本来ならば簡単に取り外せるはず。。。なんですけどね。
IMG_9693yds2.jpg
錆び付いていたりして、外れない事は偶に有るんですが、
ポンチを当ててド突いてみても、全く外れません。
あまり強くド突くとスプロケットを壊してしまうかもしれませんし、



ちょっと荒ぽい方法ではありますが、タガネやら色々な道具を使って、
何とか外す事に成功。
取り外してからジョイントのみハメてみたんですが、
ダメですね、ハマリません!!
偶にこういう事も有るんですが、普通なら無理矢理ハメたりせずに、
ちょっと削ったりして辻褄を合わせて組むと思うんですが。。。。。
ウチでは以後の事を考え、
今のうちに辻褄を合わせておいて、組む時に苦労しないようにしておきます。

右のケースカバーを開けます。
IMG_9694yds2.jpg
おお!
なんと!!
これイイですね~
IMG_9695yds2.jpg
ちゃんと配線がスプロケットに巻き込まれない様に、
アルミのチューブで保護してあります。
結構危ない車両も有りますからねぇ~

配線をメモしながら外し、
スプロケットを外します。
YDS1は逆ネジでしたから、コレもきっとそうなんでしょうね。
IMG_9698yds2.jpg
????
アレ?
これ正ネジ??

・・・・・・・・前回が前回だっただけに、ちょっと躊躇します。

しかしまぁ、躊躇していては作業が進みません。
インパクトレンチのレベルを最弱にして、
ちょっとずつトルクをかけていきましょう。


やっぱり正ネジで正解でした。(ホッ、良かった)
YDS1とYDS2では細かく違うんでしょうかねぇ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車に最適 KC125(B1) モノになるのか? 其の参

フロントブレーキはこれでOKっと、

ガソリンコックを交換する為にタンクを外します。
もちろんこの年式ですから、左右のタンクを連結する為のホースが付いている訳ですが、
どうやらヘタなコーティングのお陰で、連結用の穴が塞がれてしまったようで、
ホースを外してもガソリンが流れて来ませんでした。
取り外すには都合が良いのですが、
普通に使っている場合、
コックの無い方にはガソリンがある程度残ってしまうって事で、
タンクの全容量が8.5Lですから・・・・
実質7L使えるかどうかって事になるんでしょうか?
連結ホースが使えない場合、どの位ガソリンは残ってしまうんでしょうね?


よし、タンクを外したついでです。
アクセルワイヤーも作り直しましょう。
クラッチも作り直そうと思ったんですが、残念ながら材料を切らしてしまい、
クラッチワイヤーまで作り直し出来ませんでした。


では、キャブの収まっている右のケースカバーを開けましょう。
そうそう、この車両の右ケースカバーを開ける時は、下にオイル受けを用意しておいて下さいね。
IMG_9995b1.jpg
結構ギヤオイルが漏れます。
この子はちょっとオイルを入れ過ぎていたのか?
IMG_9996b1.jpg
200~300ml位は漏れたんじゃないでしょうか?

おお!
これはちょっとヤバかったんじゃないですかね?
オイルポンプからインマニへ繋がるホースが・・・
IMG_9997b1.jpg IMG_0002b1.jpg
コレって・・・オイルちゃんと送れていたんですかね・・・・・
こうなるとオイルホースも交換ですな。
キャブも掃除して、、、、

ひょっとしてアクセルワイヤーもこの車両用ではなかったのかなぁ?
元はこんなんでした。
IMG_9999b1.jpg
アジャスターの上にアジャスターを重ねる状態。
IMG_0001b1.jpg
本来はこうですから、だいぶインナーの長さが違います。
ワイヤーが伸びたってレベルではないですよね。

しかし、この途中で一本引きが二本に分かれるタイプ・・・
ワイヤー作り難いなぁ~
何とかアクセルとオイルポンプのワイヤーを作り直し、
IMG_0009b1.jpg IMG_0010b1.jpg
オイルホースも交換。エア抜きをして・・・・
いよいよ試乗、、、あ、
まだ登録していませんでした。

自賠責のお金が・・・・出るかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の参

試乗の結果、
エンジンの調子は中々良かったですよ。
始動性も良好、加速も良いし、異音も無し。
ただ、オーナーさんの言う通りミッションが・・・・・
ニュートラルに入り難いのと、
4速から5速に変速する時に、ギヤ抜けというより、
間にニュートラルが有る感じ
なんですよ。
しっかりと上げ損なったのかと思い、
何度も試してみたんですが、100%の確率で4速から5速には一発で入りません。
ですから、それを見越して4速から5速に上げる時には、
クラッチを切って2回シフトペダルをかき上げます。
それで無事(?)にシフトアップ出来る訳ですが・・・・これではね・・・・

もうこれはミッション分解が必要ですよ。
それ以外で解決するとは思えません。
さっさとエンジンを降ろして分解しましょう。
IMG_9623yds2.jpg
まぁまぁ、2サイクルですからこの程度のお漏らしは仕方ありません。
IMG_9624yds2.jpg
ただし、エキパイフランジがしっかり締まっていても漏れるなら・・・・です!
緩んだって感じではないですね、締め忘れでしょう。
その代わり、漏れ防止用の液体ガスケットがコッテリ塗ってありましたが、
本末転倒!!

まぁ、そういう事も偶にはあるでしょう。
作業ミスは有ってはいけませんが、
人間がやる事ですから、100%無くす事は難しいですからね。

エンジン降ろします。
エンジンに繋がっている配線関係を外します。
おお!コレは・・・・危なかった。。。

IMG_9686yds2.jpg
IMG_9687yds2.jpg
プラグキャップにガソリンが!!!
何処から伝って来ているのかというと、
IMG_9688yds2.jpg
ガソリンタンク下部の左右連結パイプ。
ここからですねぇ。
ちょっとゾッとしましたよ。
いやぁ~、組み立る時は気を付けましょう。

エンジンを降ろす準備を進めます。
ギヤオイルを抜いておかないとね。
IMG_9690yds2.jpg
ドレンボルトを開けて・・・・・・・オイルが抜けませんね。
あ!
そうかそうか、オイルを入れ過ぎているんですね。
IMG_9692yds2.jpg
キャブを外してオイルの入口を開けます。
・・・・・どっちでしょう?
まぁいいや、両方開けましょう。
IMG_9691yds2.jpg
これでオイルがドバ~っと、、、、、、、、、、、、、
ギヤオイル入ってへん!!!!



今回、前任者のダメ出しをするような形になってしまいましたが、
これはもう・・・・流石にフォローのしようが無い。
ウチも気を引き締めていきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車に最適 KC125(B1) モノになるか? 其の弐

まずはタイヤ交換です。
タイヤサイズが 3.00-16 ですから、
選べるほどの種類は有りません。

今回選んだのはフロントがIRC、リヤをダンロップの物にしました。
分解してみて意外だったんですが、
フロントブレーキワイヤーの調整代が残り少なかったので、
きっとライニングが減っていると思っていたんですが、
IMG_9969b1.jpg
意外と減っていませんでした。
っと言う事は、ワイヤーが伸びちゃってるんですね。
後でブレーキワイヤーも作り直しましょう。

とりあえずタイヤを外しまして、
IMG_9989b1.jpg
予想通り、錆びの浮いているリムから出来るだけ錆を取り除き、
いつも通り錆止めを施しました。
IMG_9970b1.jpg
スポークも張り替えたいところなんですけどね、
そんな予算は有りませんので、ここは涙を飲んで・・・・

タイヤ交換を終え、
ブレーキワイヤーを作ります。
これがね、純正はワイヤーの途中にスイッチが有るんですが・・・
IMG_9990b1.jpg
スイッチの反応がイマイチなのと・・・・
ワイヤー作るのが面倒なので・・・・フロントブレーキスイッチは無しの方向で。。。

因みに、ブレーキスイッチの構造はこんな感じ、
IMG_9991b1.jpg
IMG_9992b1.jpg
2分割構造になっていまして、
片側にプラスとマイナスの配線が繋がっています。
この配線を導通させればブレーキランプが点灯するんですが、
どうやって導通させるのか・・・・

反対側のココ、
IMG_9993b1.jpg
金属製になっているので、2つの配線の接点がココに押し付けられれば、導通するようになっています。

スイッチがちゃんと生きていれば、使う気にもなったんですが、
イマイチな状態なんですよ。
だから、今回はスイッチ無しで作っちゃいました。
IMG_9994b1.jpg
これでブレーキの効きもバッチリ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YDS2 ミッション不良 其の弐

他の車両も並行してやっていますので、
スグに取り掛かれるという訳ではありません。
数日開きまして、そろそろ侵入したであろう水分も乾いたかな?
バッテリーも充電してありますし、
エンジンをかけてみましょう。


・・
・・・かかりませんな。

これはキャブまで侵入してしまいましたかね?
って事はキャブを開けないといけませんね。
キャブにドレンが付いていれば、そんな手間は要らないんですが、
残念ながらこのキャブにはドレンが付いていません。
ですから、キャブを外してフロート室を開けないといけないんですよねぇ。
IMG_9603yds2.jpg

ちょっと待って下さいよ。
圧縮は・・・・キックした感じからして大丈夫でしょう。
火花は・・・・飛んでいるのかな?
偶にポポンと来るので、飛んでいない事はないのかな?
一応プラグを外して点検。



飛んでませんね。
プラグは交換したばっかりで綺麗ですし、
バッテリーもOK。
ポイントですかねぇ。
ヤバイなぁ~雨で何か電装がツブレましたかねぇ。

とりあえずポイントですな。
ポイントカバーを開けてみましょう。
ポイントギャップは~~~~っと・・・・・
ん?
過ぎちゃったんでしょうか?
もう一回、ゆっくりとクランクを回して、
やっぱりこれ、、、、、ポイント開いてませんね。
IMG_9605yds2.jpg
コレが閉じた状態。
で、
IMG_9606yds2.jpg
コレが最大限に開いた状態。
ほぼ開いてません。
これでは火花も飛ばない訳です。
エンジン・・・・・本当にかかっていたんですよね・・・・
オーナーさんが後でイジッタんですかね?
もうこの際ですから、ポイント面の研磨もしてしまいましょう。
IMG_9618yds2.jpg
いつも通りキレイに磨いて、
ギャップ調整、
点火時期の調整。
IMG_9619yds2.jpg
これでエンジンかかるかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車に最適 KC125(B1) モノになるか? 其の壱

久しぶりにウチに代車が出来そうです。

元々ウチのお客さんの車両だったんですが、
色々と紆余曲折有りまして、ウチで代車として活躍してもらう事になりました。

ウチでも2度ほど修理をした事が有る車種です。
IMG_9963b1.jpg
IMG_9964b1.jpg

パッと見ボロではありますが、エンジンはかかります。
少々エンジンからの音が大きい気はしますが、
まぁ、この程度でしたらまずまずでしょう。
IMG_9965b1.jpg
オリジナルのガソリンコックがヨロシク無いようで、
フューエルラインの途中に第二のコックを取り付けています。
このままでも使用には問題有りませんが、少々使い難いので代用品を探しましょう。
根拠は有りませんが、きっと何とかなるでしょう。


欠品は左のサイドカバーだけなので、最悪、これは無くてもイイでしょう。
ちょっと心配なのはガソリンタンク。
IMG_9966b1.jpg IMG_9967b1.jpg
コーティングはしてあるんですが、ご覧の通りです。
錆を取らずにコーティングしてしまったのか?
状態が悪過ぎて錆取りも出来なかったのか?
タンクに穴が開いて修理した跡も有りますので、
後者の可能性が高いんですが・・・・・・大丈夫かな?

まっ、とりあえずタイヤ交換は必須です。
サイドウォールにクラックが入っていますから、代車としては交換しておかないとね。
あっ、
IMG_9968b1.jpg
チェーンケースが・・・・・・
これはいずれハーフタイプに交換しましょう。
その時はまた「ミヤシタモータース」さん行きかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する