2013-08

YDS2 ミッション不良 其の壱

この時期はYDS系が3台続いていまして、
このYDS2が最後にして最難関かもしれません。
でもね、パッと見外観はキレイなんです。
IMG_9600yds2.jpg IMG_9601yds2.jpg
IMG_9602yds2.jpg
ね?
でも、エンジンがねぇ~

今回の依頼内容ですが、
ミッションの具合が悪いらしいんです。
オーナーさんの話によると、
エンジンを焼き付かせてしまった時に、某バイク屋さんで修理をしてもらったようなんですが、
その後からミッションのギヤ抜け?
が起こるようになってしまい、乗るに乗れないという事なんです。

う~ん、、、ミッションですか。。。。。
まずエンジンは降ろさないとダメでしょうし、
ワッシャーやらスペーサーで調整されている部分ですから、
その調整がダメなのだとしたら・・・・・その調整にどれだけの時間がかかるんでしょう?

まぁ・・・・ボチボチやっていきましょうかね。

そうそう、まずはエンジンをかけないといけないんです。
ウチに来る時は軽トラに積んで来られたのですが、
その時雨が降っちゃったんですよね、
その所為なのか?
来る前まではエンジンはかかったと言っていたんですが、
ウチに着いてからエンジンをかけようとしたら、どうやってもエンジンがかからないんです。
大した事は無いと思うんですケドね。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 腰下分解 実はウィークポイント? 後編

組立時に気付いた事が他にも、
IMG_0029tx.jpg
このタコメーターギヤなんですが、
本来有るべきワッシャーが付いていませんでした。
だから、既製品のワッシャーの穴を大きくして、
IMG_0030tx.jpg
ちょっとイビツですが・・・・
これで代用します。


組み立てる準備をしていきましょう。
ケースカバーガスケットは部品が出たんですが、
セルモーターのギヤトレーンカバーガスケットは純正が出ませんでした。
だからウチで切り出すんですが、
少々面が歪んでいたので、定盤で修正。
IMG_0031tx.jpg
その後にガスケットを型取りして切り出し、
ついでなので、
IMG_0032tx.jpg
アンダーのオイルフィルターカバーガスケットも切り出しました。

オーナーさんからの要望で、
ウチでは何度も紹介していますが、
クラッチプッシュロッドのオイルシール交換と、ブッシュの交換もします。
IMG_0036tx.jpg
このシャフトの、
IMG_0038tx.jpg
ココにブッシュが圧入されています。
コレをドリルで削り取りまして・・・・
上手くいけばこんな感じに取れます。
IMG_0039tx.jpg IMG_0040tx.jpg
で、新しいブッシュを打ち込むんですが、
IMG_0041tx.jpg
やはり分解すると作業が楽です。
まぁ、この為だけにエンジンを開ける方がリスクが高いんですけど。

どんどん組立を進めていきまして、
IMG_0043tx.jpg
エンジンを組み終わり、最後にクラッチのプッシュロッドを挿入・・・・
???
IMG_0042tx.jpg
上が新しい部品で、下が元の部品ですが、持った感じに違和感が・・・・・・・・・・・
重量はほぼ同じ。
磁石を近づけてみると、、、、
新しい部品はくっつきません。
おやおや?新しい部品はステンレスですか。
必要かな?ステンレス??
どちらを使うかはオーナーさんにお任せしましょう。

これでウチがやる事は全部終わりまして、
あとは、、、オーナーさんが無事にエンジンを積む事が出来れば成果が解るんですが・・・
まぁ、誰か助っ人を一人頼めば、そんなに難しい事ではないでしょう。
健闘を祈ります!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 腰下分解 実はウィークポイント? 前編

久しぶりのTX650エンジンです。
ウチの混雑具合と、オーナーさんの懐具合の兼ね合いで、
エンジンはオーナーさんで積み降ろししてもらい、
エンジン自体の修理をワタシがやる事になりました。
まぁ、この方法にはメリットとデメリットが有りますので、
みなさんにオススメ出来る訳ではないのですが、
車両の入庫がキビシイこの時期には助かりました。

で、オーナーさんにエンジンを持って来てもらい、
サクッと分解してみようという事になったのですが、
オーナーさんが明日は休日だというので・・・・「一緒にやります?」
分解出来るまでお付き合い頂く事になりました。
(常連さんなので出来る事ですよ)
時間は夜の10:00頃。
今から始めれば、夜中の1時頃には終わるかな?

エンジンをやるといっても、今回は腰下のみ。
オーナーさんがオイル交換をした際に、ギヤの破片が出て来たらしく・・・・
ウチに有る部品取りエンジンからギヤを移植しようという算段です。
って事で、エンジンは2基分分解しないといけません。
ワタシが部品取りを分解している間に、オーナーさんには自分のエンジンを洗っておいてもらいましょう。

部品取りは順調に分解出来たんですが、
やはりオーナーさんのエンジンがね、今まで一度も分解していないんでしょう。
クランクケースが割れません。
新品のプラスチックハンマーが使い物にならない位ボロボロになり、
時間も夜中の3:00!!
やっとケースが割れました。
オーナーさんにもこの苦労が解って頂けたと思いますので、
多少工賃を高く請求しても、きっとご理解頂けるでしょう。

IMG_0020.jpg
作業台の上がごちゃごちゃですが、
エンジンを2基分解しているので、これは仕方ないでしょう。
問題のギヤがコレ!
IMG_0021.jpg IMG_0022.jpg
見事にドック部分が欠けています。
正常なのはコチラ。
IMG_0023.jpg

このギヤはカウンター側の5速ギヤです。
オーナーさんは良く高速を走るようで、普通の人に比べれば5速を使う事は多いんでしょうが・・・
そうそうギヤが欠けるなんて無いですよね。
原因が解らないので、コレを交換したトコロでもう大丈夫って保証はありませんが、
交換して様子をみてみるしかないでしょう。

シャフトごと交換してしまってもいいんですが、
出来るだけ元のモノを使わないと、故障の原因がうやむやになってしまうので、
IMG_0024.jpg
分解して5速ギヤだけ交換します。
IMG_0025.jpg
3本のドックのウチ2本ですからね~
あ、1本は今回欠けたんですが、もう1本はずいぶん前に欠けていたらしです。

ウチのエンジンからもシャフトを外し分解。
5速ギヤを外し、移植したんですが・・・
おや?
IMG_0026tx.jpg
このギヤのブッシュ、
IMG_0027tx.jpg
コレがウチのエンジンから外した物、
IMG_0028tx.jpg
コレがオーナーさんのエンジンの物、

これだけ突き出し量が違うと・・・クリアランスの問題が・・・・・
現に、このままオーナーさんのギヤを組み立てると、スムーズにギヤが回転しません。
これがギヤが欠けた原因ではないと思いますが、一応直しておきましょう。
プレスでブッシュを押し込み、スムーズに回転するようにクリアランスをとりました。
今まで不具合無かったのが不思議です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

YAMAHA YA6 雨にはご用心 

ちょいと縁がありまして、
いつもお世話になっている「スペシャル旋盤ニスト」さんの愛車を、
ウチのお客さんが引き継いで乗る事になりました。

暫くは調子良く乗っていたようなんですが、
ちょっと前からエンジンがかからないと・・・・
そんなに遠くではないので、とりあえずプラグだけでも交換してみようと思い、
夜にお伺いして新しいプラグに交換。
流石に、夜中に住宅街でエンジンをかける訳にはいかないので、
「朝エンジンかけてみて、ダメそうだったらまた連絡して下さい」
としか言えませんでした。

次の日、、、、どうやらバッテリーが上がっていたみたいです・・・・・
オーナーさんにバッテリーを持って来てもらい、ウチで充電。
しっかりと充電して、今度こそ大丈夫でしょう。



ダメだったみたい。
現状を聞いて、エンジンがかからなくなった時の状況も詳しく聞き、
「あ~、もしかしてアレかな?」
思い当たるフシが有ります。
それをやる為には引き上げてこないとダメですね。
・・・・・ウチにはもう・・・車両の置き場所が・・・・
まぁ、一日で終わらせて、その日に引き取ってもらえば・・・・何とかなりますかね?

って事で、車両を引き上げてきました。
IMG_0139ya6.jpg
IMG_0140ya6.jpg
このタイプで純正ダブルシートは珍しいかもしれませんね。
なかなかイイでしょ?

早速修理です。
現状、エンジンはかかるのですが、全くフケない。
エンジンがかからなくなったのは大雨のあとから。
この2点から考えられる原因は・・・・水の浸入。
キャブを開けてみましょう。
IMG_0141ya6.jpg
ロータリーディスクバルブなので、キャブは横に付いています。
キャブを開けてみると・・・・
IMG_0142ya6.jpg
ビンゴ!!
IMG_0143ya6.jpg
全体的に掃除しないとダメかな。



目出度く、調子も元に戻り、良くはなったんですが、
実は、今のセッティングが前オーナーさん仕様なんですよ。
ガンガンに回して乗る仕様といいますか。

でも今のオーナーさんが女性なんですよ。
しかも、初心者!!
始めにエンジンがかからなくなったって聞いた時、
やっぱりカブらせちゃったか。。。
って思ったんですよね。

結果今回は水の浸入が原因でしたが、
遅かれ早かれ、懸念していた事態に落ち入りそうなので、
このタイミングでリセッティングします。

あとコレ、コレ。
IMG_0144ya6.jpg
別のお客さんに教えてもらった部品なんですが、
クイックガスジョイントだったかな?
ワンタッチで燃料ホースの脱着が出来るんです。
IMG_0146ya6.jpg
こんな感じで。

ガソリンコックがちゃんと仕事をしてくれれば、この部品は要らないんですが、
ちょっと漏れるんですよね。
一日置いておくとキャブがオーバーフローしてしまうので、
今まではホースを外してもらうか、貸し出ししていたホースピンチャーで止めてもらっていたんです。
今度からはコレでバッチリ。

りセッティングの結果も、
IMG_0147ya6.jpg
イイ感じ。
これでもう懸念の種は有りませんので、
余程の事が無い限り大丈夫。



でも、、、、、もし、道端で困っているYA6オーナーの女性を見かけたら・・・・・
皆さん手を貸してあげて下さいね。
おそらく、そんな人はウチのお客さんしか居ないでしょうから。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

マッハ H1 やっぱり出た充電不良

久しぶりにH1です。
一時期マッハシリーズばっかりやっていましたが、
最近は全然やっていなかったんですよね。

今回入庫して来たのは、以前にも作業をした車両なんですが、
その時も若干兆候は有ったんですよね。
でもまぁ、その時はまだ大丈夫かな?って思い、
その時は納車したんですが・・・・・とうとう寿命かな?

今回の依頼内容は・・・・充電不良です。

IMG_9803h1.jpg
IMG_9804h1.jpg
一応、引き上げて来てからバッテリーをちゃんと充電し、
充電電圧を計測してみます。


11.6V
これじゃ全然ダメです。
全く発電していないって事ですよね。

現状確認が出来たところで、
原因究明の前にちょっと手直しをしましょう。
IMG_9805h1.jpg
IMG_9806h1.jpg
バッテリー端子がコレでは・・・・ダメでしょう。
出来る事なら配線を全部やり直したいトコロなんですが、、、、、、
端子を取り付けて、念の為にハンダも流し込んでおきます。
IMG_9899h1.jpg

さぁ、原因究明です。
まずはエンジンから発生している電気を計測してみます。


全然発生してませんね。
ACGの問題です。

ブラシから点検してみましょう。
IMG_9896h1.jpg
IMG_9897h1.jpg
ブラシの残量はまだまだ十分。
片方のブラシに電源がかかっていて、
もう一方はアースに落ちています。
ここまでは問題ありません。

っと言う事は、
ステータの点検・・・・問題無し。
ローターの点検・・・・問題有り。
原因はローターの断線でした。
これは「ガレージ310」さんに巻き直ししてもらわないといけません。

ローターを外して持っていかないといけませんが、合うプーラーが無い!!
仕方無い、二度手間になりますが、まずはプーラーを買いに「310」さんの所に行きます。
IMG_9901.jpg
普通のプーラーとは違って、先っぽが長いのが特徴です。
普通のプーラーではなかなか外れないかもしれませんね。

IMG_9900.jpg
専用プーラーのお陰で難無く取り外し出来まして、
既に巻き直ししてあるローターと交換してもらいます。
IMG_9907.jpg
念の為にレクチを調べてみましたが、レクチも問題ありません。
エンジンをかけてみて、充電電圧を測定。
ウン、大丈夫でしょう。

この危険なバイクにはあまり試乗したくありませんが、
チョロっと試乗してみて、、、、、高回転はイイですね。
低回転は・・・・正直イマイチかな?
まぁ、今回の依頼は充電だけでしたから、今回はこれで納車しましょう。
次回入庫するとすれば・・・・キャブかな?エンジンかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロSG 其の壱拾弐

オーナーさんに送って、磨き作業をしてもらっていたハブが帰って来ました。
意外と早く帰って来てビックリ。
そんなに急がなくてもよかったのに・・・・・

IMG_9902sg.jpg
スゴイ・・・・頑張りましたね。
IMG_9903sg.jpg
もうチョット雑な感じで帰って来ると思っていたんですが、予想外の出来です。

それでは、ホイールベアリングも入荷していますので、
チョット作業を進めましょう。
ベアリングを打ち込む前に、
このドラム内面を少しキレイにしましょう。
IMG_9904sg.jpg
まぁ、わざわざやらなくても、実際に走ってブレーキをかければ、
そのうちキレイになるんでしょうけどね。
一応、気分の問題です。
IMG_9905sg.jpg
サンドペーパーを使って、ザラザラが無くなる程度まで掃除しておきます。

その後、ホイールベアリングを打ち込んで、
IMG_9906sg.jpg
スポークが出来上がって来ればねぇ~
ガンガン作業が進むんですが・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

初イタリアン? モトモリーニ 125H 其の壱拾七

ウィンカーの件もありましたし、
自賠責が切れていた事もあり、
試乗しようと思っていた気持ちが一気にしぼんでしまいました。
もうタイヤ交換してからでいいや。

オーナーさんに連絡してタイヤの好みを聞きまして・・・・
どうやらIRCで希望の物が有ったようです。
IRCなら直ぐに入荷するでしょう。
注文を入れて、2~3日で来るでしょうから先にタイヤを外しちゃいます。

タイヤの溝はまだまだ有るんですけどね、
IMG_9951.jpg
乗っていないバイクのお約束。
サイドウォールにヒビが多数。

あ、
一応言っておきますが、
この車両、キャストホイールなんですがチューブレスではありません。
チューブ入りです。


タイヤが来るまで暫くは、、、、
IMG_9952.jpg
この状態で待機。
まぁ、スグですよ、
そう、スグ直ぐ・・・・




ちょっと遅いな・・・・



アレ、あとから頼んだ他の車両用のタイヤが先に来ちゃいました。



フロントは来ました。



やっと揃った!!
土、日を挟んだとは言え、10日ですか・・・・・・
国内メーカーにしては遅過ぎです。
そうそう使わないサイズなので、メーカー在庫も無かったんでしょうか?

入荷したタイヤがコレで~す。
IMG_9980.jpg
IMG_9979.jpg
タイヤ交換自体は何事も無く終え、
店の周りをチョロっと試乗。
なかなか良い調子ですよ。
自賠責が無いのでまだ公道は走れませんが、とりあえずオーナーさんに報告。
現状を見てもらい、今後どうするかを協議しましょう。

アレ?
もしかしてオーナーさん、乗って帰る気満々?
・・・・・・・大丈夫・・・・・かな?
とりあえず自賠責をかけて来ましょう。
オーナーさんに来て頂いて、試乗してもらいました。
調子はマズマズの様ですが、
修理したハズのウィンカーが灯きません。
オーナーさん立ち会いの下、ウィンカースイッチの再修理。
今回は、作った接点の相手側の接点をハンダで肉盛り。
これでウィンカーは今度こそバッチリ!!
そしてタイミング良く、
教えて頂いた電球が到着。
IMG_9981.jpg
これで灯かなくなっていたウィンカーのインジケータランプも無事点灯。

本気で乗って帰るのかな?オーナーさん。。。。
なにぶん自分がちゃんと試乗していないので不安なんですよ。


そんな不安を他所に、何事も無く無事にオーナーさんの自宅まで走破。
今後も何も無い事を祈りますが、もしなにか起こったら・・・・連絡下さい。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロSG 其の壱拾壱

フロントフォークのもう一方のインナーチューブ、
あれから色々と、、、、何度も試したんですが、、、、、ウチでは無理でした。
所詮、万力しか固定方法が無いので、どうしても大きな力をかけると動いちゃうんです。
そこで、今回も「ミヤシタモータース」さんのお力をお借りしました。
ミヤシタさんの所にあるデカイ旋盤なら、三方チャックでしっかりと固定出来ますからね。
期待通り、見事に取り外して頂けました。
まぁ、完全無傷とはいきませんが、多少のキズは仕方無いでしょう。
付いたキズは後でサンドペーパーを使って処理しておきます。

時間軸はズレますが、部品をメッキに出します。
当初の予定ではメッキは追々やるという事で、
今回は予算の都合上やらないハズだったんですが、
ここまでキちゃったら・・・・イってまえ~!!
って感じでしょうね。
オーナーさんからGOサインが出ました。
IMG_9779sg.jpg
とは言っても、そんなに多くはありません。
目立つ部品のみ今回はやります。
いつも通り「宇都宮機械製作所」さんにお願いしますので、
ご迷惑にならないように各部品を洗って、見積り用に簡単に絵を書いて発送。

そして、今回メッキに送らなかった部品を磨きます。
例えばコレ、
キックアームのボス。
IMG_9780sg.jpg
アーム部分はメッキに送りましたが、
これは・・・・以前メッキに出して失敗しましたので、送りませんでした。
以前、この部品をメッキに出した際、スプラインにもメッキがのってしまい、
一生懸命スプライン部分のメッキを削った経験があるんです。
ですから、今回は磨きにします。
IMG_9781sg.jpg
ほら、磨くだけでも結構綺麗になりました。
磨きついでに、キックボルトとハブカバーも磨きます。
IMG_9785sg.jpg

そして、以前から頼んでいた物が出来上がってきました。
IMG_9784sg.jpgIMG_9783sg.jpg
流石は「スペシャル旋盤ニスト」さんです。
寸法バッチリ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

臨時休業

急で申し訳ないんですが、
本日、8月14日から15日、16日と3日間お休みをいただきます。
個人的には休んでいる余裕はないんですが、
・・・・・家族持ちである以上、仕方ないんです・・・・・・
戻ったらまたガッツリ仕事します。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

初イタリアン? モトモリーニ 125H 其の壱拾六

ブレーキも治った事ですし、店の周りを走ってみましょう。
やはり、未だにアイドリングが安定しない感は有りますが、
走ってみれば、意外とイケルかも?

うん、イマイチでした。
ちょっとフロートレベルを上げてみましょうか?
セッティングって程の事でもないですが、試しにやってみましょう。
エアクリーナーをパワーフィルターにしているので、チョット薄い感があるんですよね。



おお!
イイ感じですよ。
試しに公道をちゃんと走ってみますか、
そう思って灯火類をチェックしていると、
ウィンカーが灯きません。
またスイッチか?
と思いましたが、どうやらそうではない・・・・・・・
IMG_9921mori.jpg
修理した反対側のウィンカーが・・・・・同じように剥がれてました。
なんじゃこりゃ~!!

前回と同じように銀ロウで修理して、、、、
あれ?そういえばこれ、、、自賠責が切れていました。。。。。。
公道デビューならず!!

え~~~~~、これじゃあ今回の記事が短くなっちゃうじゃないですか。
続きを書いちゃうと長くなっちゃうし・・・
ま、いいか。
ちょっと物足りませんが、今回はコレにて。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロSG 其の壱拾

塗装する部品を「ミヤシタモータース」さんに持って行って数日後、
野暮用が有って寄ってみたんですが、
何と何と・・・・問題が発生していました。

持ち込んだ部品をサンドブラストしてもらっていたんですが、
塗装が剥がれてみてビックリ!!
フロントフォークカバーが溶接で継ぎ足してあったんです!!!
なぁにぃ~~~~~~

やられたっっっ!
とは思いましたが、ようやくこれで違和感の謎が解けました。
車両を引き上げに行った時から、何だか違和感を覚えていたんです。
当初は、リヤサスをローダウンしているんだと思ったんです。
その根拠として、取り付け方法が違うサスを、無理矢理取り付けていましたので・・・
それに、SGのサス長がちょっと短い気がしたんです。
リヤフェンダーとタイヤの隙間も変でしたし。

しかし、ミヤシタさんに指摘されたんですが、フレームと足周りだけにして見た時、
ローダウンした様子が無いんです。
リヤサスだけローダウンすると、辻褄が合わなくなる事が有るんですが、
その形跡が有りません。
やっぱりワタシの勘違いだったんでしょうか?
違うサスを使っているのは確かですが、サス長までは変えていないんでしょうか?

そう思っていましたが、どうやらフロントも延長して、
きちんとチョッパースタイルにしていたようです。

あの妙に思っていたフロントフォークの構造も、これで合点がいきました。

一応オーナーさんに確認を取って、ノーマルスタイルに戻す事にします。
って事で、フロントのインナーチューブですよ。
IMG_9749sg.jpg IMG_9750sg.jpg
ココで延長しているんですね。
全く・・・・・こんなにちゃんと造りやがって・・・まんまと騙されました。
さて、外れるでしょうか?
IMG_9751sg.jpg
こういう時に活躍する便利工具も全く歯が立たず・・・
熱を加えてみてもムリ。
どーしたものか考えた結果、
延長部分に穴を開けちゃいます。
どーせこの部分は使いませんから、穴を開けても問題無し。
IMG_9752sg.jpg
焼きが入っていないか心配しましたが、流石にソコまではしていなかったみたいで、助かりました。
IMG_9753sg.jpg
こうやってシャフトを通せるようにしちゃえば、、、、、
IMG_9755sg.jpg IMG_9754sg.jpg
見事外れました。

比べてみると、
IMG_9756sg.jpg
これだけの差があります。
丁度10cmですね。
あの2段式になっていたフォークスプリングも不要という事です。
ど~りで継ぎ接ぎスプリングだった訳ですよ。

今回は作った人が見事でしたね。
キレイに一本取られた気がしました。


よし、もう一本のインナーチューブも外しちゃいましょう。





全っ然外れない、、、、、、、、、同じようにやってもコッチはビクともしません。。。。
ま、まぁ、、、塗装やスポークが上がってくるまで時間がありますし、
その間に何とか。。。。。。。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

初イタリアン? モトモリーニ 125H 其の壱拾伍

とりあえず、残るはフロントブレーキとタイヤです。
IMG_9914mori.jpg
IMG_9915mori.jpg
まずはブレーキをやって、走れるようにしましょう。

フロントブレーキがですね、固着している訳ではないんですが、
ブレーキレバーを握っても、戻って来ないんです。
どういう状態になっているのかは解りませんが、
オーバーホール?若しくは、他のブレーキシステムに交換?が必要です。

まぁ、順当にやるとすれば、オーバーホールからですかね。
ゴム関係がダメだった場合、リペアキットって有るんですかね?
無ければ、その時点で第2案である「他のブレーキシステムに交換」に路線変更します。
(今後の事を考えると、第2案にしちゃった方が楽かもね)

では、分解します。
今入っているブレーキフルードを吸い出して、
IMG_9916mori.jpg
マスター、キャリパーを取り外します。
ブレーキパッド自体の残量はまだ十分ありますね。

マスターからいきましょうかね。



どうやって分解するんでしょうか?
普通のマスターシリンダーの場合、
IMG_9917mori.jpg
ピストンが飛び出して来ないように、スナップリング等で止められているハズで、
それをとってあげれば分解出来るんですが・・・・・コレには無い!!
じゃぁ、普通のモノとは違う所にストッパーになるモノが有るんでしょうか?
IMG_9918mori.jpg
リザーブタンクを外してみても、裏を見ても何も無し。
そんなアホな・・・・ストッパー無しなの?

ちょっと悩みましたが、リターンポートを指で押さえ、
フルードの出口からエアを送ってみます。
何度かの試行の末、ヌルッとピストンが出てきました。
IMG_9919mori.jpg
本気でストッパーが無いんですね・・・・・・・・

気を取り直して掃除を進めましょう。
ピストンをパーツクリーナーで洗浄。
はは~ん、ピストンが戻らなかった理由はコレですね。
IMG_9920mori.jpg
リターンスプリングが二重になっていたんですが、
歪んでしまっています。
明らかに、後から取って付けたようなスプリング。
正規のスプリングを無くしてしまったのか?
使えない理由が有ったのか?
どちらにしろ、こんなスプリングをチョイスするのはダメですね。
ウチに代用品になるスプリングは有りますかねぇ。

・(捜索中)

バッチリとは言えませんが、使えそうな物を見つけました。
ダメ元で取り付けてみましょう。
ピストンに付いているゴム部品も、
明らかな損傷は無いので再利用してみます。

キャリパーの方は特に面白い事はありませんでしたね。
普通に分解して、こちらもゴム部品はまだ使えそうなので再利用。
これでブレーキが正常になれば、手間無くて済むんですが・・・・・・・・

結果は







正常に使えちゃいました。
ラッキー!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロSG 其の九

外装パーツは他にもありまして、
フロントフォークカバーも塗りに出しますので、
ちょいと汚れを落としておこうと思い、
保管している部品の中から取り出して来ました。

SGのフロントフォークを分解するのは初めてだったんですが、
なんと贅沢にも二段式のスプリングになっているんですね。
SG・・・・見くびっていました。
メグロの中では不人気な車両ですが、こんな所に手間をかけていたんですね。
そんな事を思いながらフォークカバーからスプリングを取り出すと・・・
IMG_9746sg.jpg
????????????
これは・・・修正でもしたんでしょうか?
IMG_9747sg.jpg
純正でこんな状態は無いでしょう?
複数のスプリングを溶接で繋いでいる様ですが・・・・・・・・・
????????????????????
???????????????
??????????
この疑問は後に解決します。
やられた!!って思いましたね~。


さて、そろそろメーター取り付け穴の金属パテも乾きましたかねぇ~。
IMG_9748sg.jpg
うん、多分大丈夫でしょう。
まずはドリルで下穴を開けまして、
6mmタップでネジを切っていきます。
IMG_9757sg.jpg
見た目はイマイチですが、おそらく使えると思います。
リコイルでも入れようかと思ったんですが、
それはコレがダメになった時用にしておいて、
とりあえずはコレで行ってみましょう。

さぁ、ブレーキドラムとハブをオーナーさんに送って、磨いてもらいましょう。
スポークが上がってくるまで1ヶ月はかかりますので、ゆっくりやって下さい。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

初イタリアン? モトモリーニ125H  其の壱拾四

おそらく、一番の難関である電装が無事に終わりまして。
もうチョットエンジンの調子を良くしたいですね。
残るはキャブ関係だと思っているんですが、
キャブ自体がダメだったらどうしましょう?

出来る事ならミクニ製に交換したいんですが、安い物でもありませんしね、
アクセルワイヤーも作り直さないといけないでしょうし、
キャブがダメな事が確定出来ないと、早々簡単には踏み出せません。

一度キャブの掃除はやったんですが、時間も経っていますし、
自分を納得させる為にも、もう一度掃除します。
エンジンをかけてみましたが・・・・変化無し。
安定感に欠けます。
回転の落ちが悪く、アイドリングが上下します。



この症状から考えると・・・・2次空気を吸っている?
そうなるとココでしょうね。
キャブのインマニ部分。
IMG_9910mori.jpg
新しいインマニゴムが欲しい所ですが、
そんな物が都合良く直ぐに手に入る訳もありませんので、
ビニールテープを巻いて、その上からインマニゴムを取り付けます。
IMG_9911mori.jpg
念の為、キャブ側にもテープを巻いて取り付けます。

これで症状が改善されれば・・・・・希望が見えますね。
さぁ、どうでしょう?
エンジン始動!! バルル~ン・・・・・・・

お!
かなりイイですよ。
でも、まだGASが薄いのかな?
フロートレベルを上げてみましょう。

・・・・・・・コレは、、、、キャブこのままでも大丈夫かな?
でも、セッティングの為のジェットやニードルが有りませんからねぇ~
オーナーさんと相談しましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

利益は出るのか? メグロSG 其の八

某オークションで出品はされていたんですけどね、フロントパネル。
それも中古ですから、状態が解らないじゃないですか、
それもネジ穴がツブレテいたら・・・・
出品者に質問しても返答無しって事は怪しいですよね。
修理する方向ですかねぇ。
あまり良い方法ではありませんが、いつも使っている金属パテで一旦ネジ穴を埋め、
パテが完全に効果した頃合を見計らって、ネジ穴を開け直すって工法でいってみましょう。
失敗したら・・・・その時考えましょう。
って事で、コレに関してはパテの乾燥待ちです。
どうか上手くいきますように。。。

「ミヤシタモータース」さんから部品を引き上げる時に、
外装の塗装をどうするかって話になりまして、
フレームを塗るんなら、外装もやっちゃえば?
っていう提案を受けまして、ダメ元でオーナーさんに予算追加を打診してみました。
すると、オーナーさんも結構すんなりGOサインを出してくれまして、
全塗装追加になりました。
そうなると、外装品を「ミヤシタモータース」さんに持って行って、
ブラストと多少の修正をしてもらわないといけません。
準備しないといけませんね。

IMG_9738sg.jpg
フロントフォークのボトムも塗りに出しますので、このタイミングで分解しないといけません。
このタイプのフロントフォークって、
IMG_9739sg.jpg
このメッキ部分がねじ込みになっているんですが、
緩み難かったりするんですよね・・・・・・あれ?素手で緩みました・・・・・ま、いいか。
フォークシールを外すのに苦労しましたが、無事に分解完了。
でも、このフォークって??????う~ん、こういう構造なんですかねぇ~。
スグにこの疑問は解決される事になるんですが、それはまた後日。

フェンダーもちょっとやる事が有ります。
初めは塗装しないんだから、これは外さなくていいやって思っていたんですが・・・
IMG_9742sg.jpg
IMG_9743sg.jpg
リヤフェンダーに付いている、当時はマッドガードを付けたのであろうボルト。
既にマッドガード自体は無くなっているんですが、これだけ残っているんです。
まぁね、、、、想像はつくと思いますが。
IMG_9744sg.jpg
コレはマトモには外れませんよ。
マイナス頭にこのナットですからね。
まだ六角頭のボルトなら、無理矢理回してねじ切っちゃうって手も有りますが、
マイナス頭ではそれも難しい・・・・

仕方有りません。
ナットを割りましょう。
そんな専用工具も有るんですよ、滅多に使いませんけどね。
IMG_9745sg.jpg
3つ有るうちの2つはこれでいけたんですが、
残りの1つが、場所の都合でこの工具が使えなくて、
苦戦しながらも何とかタガネとハンマーで叩き割りました。

こういう地味~な作業が意外と時間がかかるんですよ。
時間工賃は考えたくなくなりますね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

初イタリアン? モトモリーニ 125H 其の壱拾参

失敗しちゃいましたねぇ。
自分の迂闊さも有るんですが、
だって、
IMG_9820mori.jpg
コレが付いていたんだから、『半端整流』だと思うじゃないですか。
配線をちゃんと調べてみたら、『全波整流』だったんですよ。

いやぁ~困った。

説明が長くなるので、『半端整流』と、『全波整流』の違いまでは言及しませんが、
今までやった6Vは、みんな『半端整流』だったんですよ。
6Vの『全波整流器』なんて、、、、
何があるんでしょう?
一般に売っているんでしょうか?
おそらく、探し出すのは相当困難でしょう。
電気の知識が有れば自作も可能なんでしょうけど、
残念ながらワタシにそこまでの知識はありません。

勿体無いとは思いますが、『半端整流』にしてしまいましょう。
JAZZ用の整流器を新しく仕入れないと・・・
・・・・・充電量が足りればいいんですけど・・・・


電気系が終われば、ちょっと試乗(店の周りだけですが)をしてみたいと思いますので、
タンクのサビ取りをしてしまいましょう。
IMG_9893mori.jpg
流石に3番煎じ位のサビ取り液なので、ちょっと効果が薄いかもしれませんが、
一度やってみてダメだったら、新しくサビ取り液を仕入れて、もう一度やりましょう。

結果は予想通り、サビ取り効果がイマイチだった為、
新しいサビ取り液でもう一度やり直しまして、
もうサビの心配は要りません。
今まで使っていたフューエルフィルターも、
流量が減るだけなので、ガソリンホースを交換するついでに外してしまいましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する