2011-09

実はチョット欲しい! ラビット S211 其の壱

前も出したかな?
近所のS211 ラビット ハイスーパーです。
IMG_6884.jpg
今回の依頼内容は、
IMG_6885.jpg
前後のタイヤ交換とブレーキシューの張替えです。
タイヤの方はお客さんが用意するという事なので、
交換したタイヤもお持ち帰り頂きます。

では、作業に入ります。
まずはフロントからいきましょうかね。
パパパッと分解し、ドラムパネルからシューを外します。
IMG_6886.jpgIMG_6887.jpg
外したシューは「目黒ライニング」さんに送って張替えをしてもらいます。
パネルの方はキレイに洗って、グリスUPをしておきます。

タイヤ交換は特に書く事も無いでしょう。
IMG_6888.jpg
本来は301と同じようにチューブレスなんでしょうけど、チューブタイプにしておきました。
その方が安心です。

ブレーキシューは有りませんが、Fホイールを取り付けてリヤに移りましょう。

なんかね、ブレーキの感覚がおかしいんですよ。
元々そんなに効くブレーキではありませんが、これはチョット、、、、効かな過ぎます。
リンク部分を見てみると、
IMG_6889.jpg
もう、限界までロッドを引っ張っているんですね。
もしかしてシュー部分がもう無かったりしてね。
そう思いながらブレーキペダルを踏むと、
!!
そうか、こういう事だったんですね。

通常の状態がコレ、
IMG_6890.jpg

プレーキを踏むと、
IMG_6891.jpg IMG_6892.jpg
不完全にブレーキが効いた状態で、ストッパーがかかった状態です。
完全に効かせるにはもうチョット踏み込まないといけないんですが、
これ以上は踏み込めるハズもありません。
IMG_6893.jpg
当たっていた痕もしっかりと残っています。


こりゃぁ相当シューが減ってますよ。
分解してみると、
IMG_6894.jpg
おお、やっぱり相当減ってますね。
IMG_6895.jpg
もう残りほんの少しです。
アブナカッタ!!

これは考え方を変えると、大事にならずに済んだって事でもあります。
もしブレーキペダルをもっと踏み込む事が出来ていたとして、
完全にシューが無くなり、ベースのプレートでガリガリドラム内壁を削っていたかもしれません。
そうなると、ドラムは元よりベースプレートも交換しないといけなかったかも。
ここまで使い込む前に処置せ~よ!って事ですな。

惨事になる事を未然に防いでいましたので、ドラムも綺麗で何もする必要がありませんし、
フロント同様、清掃とグリスUPだけして、タイヤ交換後に元へ戻し果報を待ちましょう。

スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

長期連載 YA2 其の壱拾四

メッキ第一弾を出さないと、次の段階に進めないのですが、
色々と事情がありまして、ナカナカ出せないでいました。

その中、車体色が正式に決定いたしました。
オーナーさんと色々協議した結果、車体色は当初の予定通り単色ですが、
プレスフレームの為、単色だと印象が重くなってしまうので、
ちょいとアクセントを入れる事にしました。

絵で書いて想像はしてみたんですが、
実際に出来上がってくるとどうなるんでしょうかね?
楽しみでもあり・・・・不安でもあり・・・・ワタシが提案しただけに。。。。。


よし、メッキ第一弾を送りましょう。
まずは車体色と同色でペイントをしないといけないガソリンタンク、
それにタンクキャップと、
塗り予定だったこの部品、サイドパネルの三点です。
このサイドパネルがワンポイントアクセントになるんですが、
どうですかねぇ~

数週間後、上がってきました。
IMG_6135.jpg IMG_6136.jpg
素晴らしい仕上がりです。
あんなにボロだったので、もっとボコボコな仕上がりになると思っていたんですが、
とても美しく仕上がってきました。
IMG_6137.jpg
ペイントに出す前にサビ取りをしましょうね。

IMG_6138.jpg IMG_6139.jpg
残りも素晴らしいです。
ありがとうございます、「宇都宮機械製作所」さん。
またこの後のメッキ部品も宜しくお願いします。

では、タンクのサビ取りを、
IMG_6193.jpg
最近はサビ取りのみで、コーティングまではいかないですね。
よほど酷ければコーティングもしますが、サビ取りだけでキレイになるなら、
そこまでしなくても大丈夫でしょう。
浸け置きして二日後、
IMG_6203.jpg
これだけキレイになればOKです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売・・・でした。 SL250S 其の壱拾八

なんででしょう?
どうしても調子が出ません。
相も変わらず、非常に排気がガソリン臭い。

走りの方も、とりあえずは動きます。
って位で、実際に走ってみると上が全く伸びません。
完全に薄い状態です。
しかしアイドリングでは非常に濃い。

キャブのジェットは、パーツリストに載っているSTDと同じ番数です。
油面を上げれば全くアイドリングしませんし、
油面をここまで下げても、
IMG_6952sl.jpg
アイドリングは数分と持ちません。
走りは上記の通り。

二回目エンジンを開ける前と何ら変わりがありません。
プラグの火花は強く出ていますし、
点火時期もオイルまみれになりながらチェックしましたので、
適正な事は折り紙付きです。

わっかんないなぁ~

もう諦めてオークションに流しちゃおうか・・・・
あまりこれにばかり構っていられないんですよね、正直。


・・・・・・・・・ちょっとエンジンの調子から頭を離しましょう。

チョロっと乗ってみて気付いた事をやりましょう。
以前スポークを張り替えた時に、大丈夫だと思ってスルーしたんですが、
やっぱりリヤのブレーキシューダメでした。
IMG_6950sl.jpg
減り過ぎていて、踏み込んだ時にストッパーまで当ってしまいました。
部品は有るんですかねぇ、
無ければ「目黒ライニング」さんに送って張替えです。
ますます安売り出来なくなりますね。



アレ?在庫してたっけ?
以前注文したかな?何処かで見たような気が・・・・・ゴソゴソゴソ
出て来るには出て来たんですが、チョット違いますね。
IMG_6951sl.jpg
出て来たブレーキシューは、こんな風にリターンスプリングがカシメてありません。
いたって普通のブレーキシューです。
違う車両のヤツでしょうか?
しかし、パーツリストを見てみると、カシメタイプではなく、
普通の物が使われているようです。
・・・・・・・・まぁ、使えれば何でもOK!
ちゃんと組み込んでみて使えましたので、細かい事は気にしません。


さぁ、エンジンですよ。
こうなると、ひょっとして、ジェットの穴が大きくなっているのでは?
何て事を考えまして、ホンダに注文した所、見事欠品!!
やっぱりね。
ホンダだもん。
それならば、「岸田精密工業」さんにお願いします。

一からの作成なので、少々時間がかかりましたが、
IMG_7171sl.jpg IMG_7172sl.jpg
バッチリっす!!
予想通り、ジェットの穴が大きくなっていたみたいで、
特にスロージェットについては、作ってもらった物と比べるとだいぶ大きくなっていました。

この燃調キットを組み込んで、
油面を適当に合わせて、
キック一発、スゴク好調です。
今までの不調が嘘のようです。

まぁまぁ、まだ眠っていた分の灰汁が出て来るでしょうから、
しばらくは自分で乗って灰汁を出しますが、
、、、、、どなたかいかがですか?
手間の割には安くしときますよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売・・・でした。 SL250S 其の壱拾七

もう、気になって仕方ないので、もう一度エンジン開けましょう。
サクサクッとエンジンを降ろしまして、
IMG_6942sl.jpg
ヘッドカバーを開けます。
幸い、このエンジンの場合ヘッドカバーを開けても、シリンダーとヘッドは緩みません。
ヘッドカバーから下は、また別のボルトで固定されていますので。

で、ヘッドカバーを開けてエンジンの左側から見たカムギヤです。
IMG_6944sl.jpg
そして、コレがそのままの状態で右側から見たカムギヤ。
IMG_6945sl.jpg
刻印がどうしてもズレるんですよ。

今までの経験から考えると、
クランクの上死点マークを見ながら合わせられるように造っているハズなので、
コレで合っているハズなんです。
でも・・・・・いや・・・・そんな事は無いでしょう。。。。。多分・・・・・

でもでも、仮に右から見るのが合っているのだとして、
カムギヤの裏表を逆に取り付けたとしたら・・・・・・・1コマ分ズレるんじゃぁ・・・・
どちらが裏で、どちらが表かの区別はありませんから、
そうですよね、ズレますよね、、、、イヤ、ズレないか、、、、、
エ、でも、この状態が逆になると、こうなるからこうするでしょ、
そうなると・・・・・やっぱりズレるのか?


何だか考えれば考える程、解らなくなってきました。
実際に裏表を逆にして取り付けてみて、(外すのも取り付けるのも知恵の輪です)
バルブがド突かないか、様子を見ながらそっとクランクを回します。
ウン、大丈夫。
って事は変わらない、変化無しって事でしょうか?
ぬぬぬぬぬ・・・

やってみるしかありませんね。
もしもの時は、、、、、その時考えましょう。

ついでに、ココ。
IMG_6947sl.jpg
カムのオイルプール部分。
ここに十分なオイルが溜まっていれば、
焼き付く事はそうそう無いでしょう。
それが焼けたということは、溜まっている量が少なかったのでしょうか?
それとも、やはりあの時・・・・・・・
詳しくは書けませんが、ちょいと心当りが有るんです。

でも、可能性としてはオイルプールの容量か、送油量が少ない可能性が有りますので、
チョット細工。
IMG_6948sl.jpg
このカムの支持部分。
オイルが逃げるように溝が切ってあるでしょ、
コレを埋めます。
ただ、完全に埋めてしまっては具合が良くないので、
この上に被さるヘッドカバー部分、
IMG_6949sl.jpg
こちらにも浅く溝が切ってあります。
こちら側を埋めます。
流出し難ければ、、、、、あるいは。。。。。

どうなるかなぁ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売・・・でした。 SL250S 其の壱拾六

いつもならば、
2台の車両の記事を交互にUPしているのですが、
今回は売り物を早く世に出したいので、
集中してSLをUPします。




なんでや?

まぁまぁ、一発で決まるなんて思っていませんでしたよ。
しかしね、いくらセッティングをやり直しても全く調子が出ません!!

ただ、
以前のような、エンジンが焼けている独特の異音は無くなりました。
でも、、、、、、調子が出ません。
排気がどうもガソリン臭いんですよ。
アイドリングも続かないし。




ここでどうしても気になる事があるんですよ。
エンジンを組む時に気になったんですが。


カムギヤがですね、
IMG_6939sl.jpgIMG_6941sl.jpg
裏と表でこんな感じなんです。
解る人は解ると思いますが、
説明をしますと、

4サイクルエンジンの場合、バルブタイミングを揃えないといけません。
その為には、
クランクの方は一般的に上死点を出し、
カムの方はカム山と、このカムギヤを合わせるんですが、
その合わせ方が、
ヘッドの上面と、カムギヤに刻印されているマークを合わせるんです。

それが、上の画像の様に裏と表に刻印が有って、
さらにズレていたら、、、、、どっちで合わせたらいいの?


一般的には・・・・・・という常識でとりあえず組みましたが、
幸いバルブがド突く事も無く、エンジンはかかります。
しかし、バルブタイミングがひとコマズレているとしたら、
調子が出る訳ありません。

もしかして、ここが間違っていたのかなぁ~
なんて、頭の片隅で常に疑問がありました。












もう一回エンジン開けましょうかね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売・・・でした。 SL250S 其の壱拾伍

腰上が組み上がったところで、ココをやりましょう。
IMG_6930sl.jpg
放置していた時から気になっていたんですが、
オイル漏れが結構あるんですよ。
原因はここです。
IMG_6931sl.jpg
このシフトシャフトのオイルシールです。
妙な入り方しているでしょ、
エンジンを積んからでも出来るのですが、
積んだ状態だとやり難い事もありますので、今やってしまいましょう。
エンジンをゴロンと寝かせてしまって、
Lケースカバーを外します。
IMG_6932sl.jpg
オイルシールを取り外し、キレイに洗おうと思ったんですが、
こっ、、、、これは・・・・・
IMG_6933sl.jpg
ここにクラッチを操作するアームが付いているのですが、
ここの支持って特に何もないと思っていたんです。
・・・・・ところが、
IMG_6934sl.jpg
ニードルローラーが入っていました・・・・しかも錆びていて要交換な状態です。
しまった~見落としていました。
当然部品なんて用意していません、代用出来る物も無いし。



ま、いいか。
どうせウチの子ですから、
グリスをたっぷり塗って再利用します。


さぁ、残っているガスケットを綺麗に取り除き、
IMG_6935sl.jpg
オイルシールを打ち換えて閉じてしまいましょう。
幸い、ここのガスケットはまだ出ましたので、
面倒な切り出しも必要ありません。
IMG_6936sl.jpg
パコッと閉めて終了です。

よ~し、エンジンを積みますよ。
ヘルニアという爆弾を抱えた腰を、労わりながらエンジン搭載。
IMG_6937sl.jpg
新生SL250Sはどうでしょうかねぇ~。
問題無く終わってくれるといいんですけどね、
これ以上お金は掛けたくありませんよ。
他の部品も取り付けて、
IMG_6938sl.jpg
久しぶりに完成型を見ましたよ。
さぁ、エンジンをかけてみましょうかね。
ドキドキ!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

またもやSG ウチではプチブーム 其の七

ケースカバーを閉めまして、
タペットの調整、ポイントの調整、
IMG_6583.jpg
を済ませたら、マフラーを取り付けてエンジンをかけてみましょう。

今回、キャブの方はノータッチでいければ、ノータッチでいきます。
色々と金額がかさんでしまいましたからね。
今問題が無い所は、とりあえずスルーです。
IMG_6596.jpg

さぁ、エンジンをかけましょう。
あの前回エンジンをかけた時の、破滅的な音がフッと頭をよぎりますが、
大丈夫!しっかりとやる事はやったんですから!!

一発始動とはいきませんでしたが、
数回のキックの末、何事も無く正常にエンジンは始動いたしました。
マフラーを交換しているお陰で、
前回やったSGよりも派手なサウンドを奏でますが、
そこまで下品な音ではなく、(ご近所の方はどう思っているか解りませんけど・・・)
OHVシングル独特の良い音です。
そうそう、ウチのルーキーである高校生SG乗りの子も、
マフラーをキャブトンにしていてこんな音でした。
彼の場合はキャブも何か別のモノに交換してありましたけどね。

ひと回り試乗して帰って来て、
うん、キャブはいじらなくてもよさそうです。
コレで無事に納車出来そうですよ。

何て思っていたら、、、あれ?
オイルが下に垂れていますね・・・・・どこや?!

IMG_6597.jpg
右のケースカバーの合せ面・・・
やり直しやんか。。。。。。。。。。。。。
くっそぉ~、
自分のミスですから、やるしかありません。

おかしいなぁ~、ちゃんとガスケットは新しく切り出しましたし、
液体ガスケットも塗って、念の為に乾くまで一晩待ってからやったんですけどね。
何がいけなかったんでしょうか?



!!!!!!!
迂闊でした。
あれだけの惨事だったんですから、
ケースカバーが歪んでいてもおかしくはありませんよね。



ビンゴ!!
・・・・・・・ちっとも嬉しくありませんけど!!
IMG_6601.jpg
定盤を使って面研、面研。
物がデカイだけに、時間がかかります。
シャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コ
シャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コ
シャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コシャ~コ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真夜中にこの作業をやっていましたので、
音だけ聞いた人はさぞや不気味だった事でしょう。


IMG_6614.jpg
苦労の甲斐あって、見事オイル漏れは止まりまして、
その他に問題も出てきませんでしたので、晴れて納車と相成りました。

果たして、このオーナーさんの5台目は一体何が来るんでしょうか?
増殖中毒にかかり気味ですよね。
まぁ、このブログ見ている人のほとんどは、もうかかっているか、
潜在的にウイルスに感染しているが、今は辛うじて理性が勝っているだけの人でしょうから、
こうやって実現出来る方は羨ましいですよね。
褒め言葉ですからね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売・・・でした。 SL250S 其の壱拾四

落ちた。
よかった、無事にGET出来ましたよ。

で、発送されて来たのがコレ、
IMG_6922sl.jpg
この他にもシリンダーとピストン、ヘッドも有りましたが、今回は使いませんので保管しておきます。
状態を確認してみましょう。
IMG_6923sl.jpg IMG_6924sl.jpg
まぁ、全然問題ない、使えるレベルだとは思うんですが、
やはりIN側がチョット傷んでいるような・・・・・・持病なんですかね?
しっかりとオイルの通路を確認して組みましょう。
場合によっては少々の改造も・・・

このロッカーアームを外し、すでにサンドプラストを終えたヘッドカバーに取り付けます。
ヘッドを組むのですが、心配だったのはバルブステムシールが出るのか?という事。
IMG_6925sl.jpg
よかった~、その他にも、出来るだけ純正で出るガスケットやシール類は交換します。
で、先に書いたようにヘッドのオイルラインを入念に確認します。
IMG_6926sl.jpg
下から上がって来たオイルが、カムの支持部分と、
真ん中にある四角いプール部分に出て来るんですが、
エアを入念に通します。
IMG_6928sl.jpg
ヘッドを組み終わったら、各ブロックを組んでいきますよ。

ピストンに付着しているカーボンも取り除き、
IMG_6927sl.jpg
一応各クリアランスを測定して、使用限界には達していませんでしたので、そのまま組みます。

いつもの様に、組んでいる間は画像を撮っている暇はありませんので、
IMG_6929sl.jpg
完成です。

実は、組む時に悩んだ事があるのですが、それはまた次の機会に。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

またもやSG ウチではプチブーム 其の六

コレ、どうしようかなぁ~
と、悩んでいるモノがあるのですが、
IMG_6566.jpg
ドライブチェーンなんですけどね。

オイル漏れの修理をする時に外して判明したんですけど、
IMG_6567.jpg
               IMG_6568.jpg
この様に、ジョイント部分のピンが反対側に抜けてしまうんですよ。
まぁ、ちゃんとクリップを付けておけば、抜けてしまう事はないと思うんですが、
気分的にあまり良いモノではありません。
ジョイント部分だけでも交換・・・・・・いや、どうせならこの際、全部交換・・・・・



え~い!!この際だ!全部交換してしまいましょう。

その方がスッキリするでしょう。


と、このような事をやり終え、
もうしばらく待ちましたところ・・・・・・来ました。
IMG_6581.jpg
しっかりと張り替えられたフリクションプレート。
コレでやっと組み上げる事が出来ますね。(ワタシの所為なんですけど)

流石にこんな事がありましたので、
ただ普通に組むだけではチョイト不安が残ります。
二度とこんな事がないように、クラッチスプリングナットにワイヤリングを施しましょう。
IMG_6582.jpg
カワサキのWなんかもこうしていますよね。
下手な上にワイヤーが細いのですが、言い訳しますと・・・・・・・・・

元々この様に施工するように造られていませんので、
プッシュプレートから飛び出しているナットの頭が浅いんです。
そこに加え、クラッチを握れば当然プッシュプレートは飛び出して来る訳で、
そのままではワイヤリングをする余裕はありませんでした。

その為、あまりクラッチが重くならない程度に、
旋盤でスペーサーを作製して、ナットに噛ませて底上げをしました。
これで若干の余裕が出来ましたので、ワイヤーを通せる様にはなったのですが、
太いワイヤーはキビシイ!!
本来なら、もう一回り太いワイヤーでやりたかったのですが、
これ以上は無理です。
仕方なくこの細いワイヤーでの施工となりました。

まぁ、何も無いよりは、はるかに安全性は高いと思いますので、
こんなトコロで今回は終わりにしておきましょう。

(旋盤難しい!! 今回も突っ切りで何度も失敗して、バイトを折ってしまいました。
 暇な時に練習しないと・・・・暇なんてないよ・・・・・・泣)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

新旧揃いました。

記事を書くのはまだ先になりますが、
こんな機会滅多に無いので、先にお知らせ。

IMG_7219.jpg

新旧エンフィールドが揃いました。
新しい方はお馴染みですが、
旧い方は50年代だと思うんですが、
モデルGという、こちらも350ccの単気筒です。

見比べたい方はどうぞ見に来て下さい。
新しい方は車検なので、意外と早く出ていくかもしれません。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

平成23年 9月の「多摩クラッシック」

今日も二回分UPしていますので、下の記事もヨロシクです。



今日、9月11日「多摩クラ」の日です。
いつもの様に顔出しだけですが行ってきました。
最近は節電目的で、平日休みの企業が増えた為、
行きたくてもいけない人も多いのではないか・・・・と愚考し、
そんな人達の為に、ワタシが画像だけでも撮ってこよう!
・・・・・・・・・と、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・努力はしたんですよ。


前日はAM3:00まで色々とやっていたんですが、
いつもより早く起きて、掃除、洗濯を済ませ、
急いで集合場所へ。
おかげで10番以内には到着したはず。

「よし、これから来る人達に片っ端から声をかけて、
バシバシ画像を撮ろう!!」

(以前も書きましたが、人が増えてくるとこの車両のオーナーさんは誰?
 ってなっちゃいますので、画像が撮れないんです。)


結果は、、、、全然撮れませんでした。
イヤ、ね、何かと有りますやん?
ああいう場で、ひたすら黙々と画像を撮り続ける事は出来ない訳で・・・・
それが今後の仕事にも結びつきますし、ワタシも嫌いではありませんから・・・・・・・・・・・・・・。







何はトモアレ、少しですが撮った画像をどうぞ!


IMG_7197.jpg
スズキのT20かな?T21かな?
ワタシの欲しいバイクでもあります。
鋭い排気音してました。

IMG_7198.jpg
ウチでやったSL90の初期型。
調子はまぁまぁ、
チョイトオイル漏れが出てきましたので、後日再入庫してもらいます。
オーナーさんは最長老じゃないですかね?
もうそろそろ90歳のはず、とても元気に走られます。

IMG_7199.jpg
IMG_7200.jpgIMG_7201.jpg
CB125・・・・のカスタム・・・かな?
カッコイイ!
でも、もう私は乗れない、腰痛くて。

IMG_7202.jpg
IMG_7203.jpgIMG_7204.jpg
元は何だろう?
エンジンはFTだそうで、その他も色々寄せ集めらしいです。
しかも押しがけONLY!
イイ音してました。

IMG_7205.jpg
IMG_7207.jpgIMG_7206.jpg
まだ書いていませんが、ウチでYDS‐2をやらせて頂いた方の別車両です。
伝説の村山モータースが輸入した、第一号イタリアンバイクらしいですよ。

IMG_7211.jpg IMG_7212.jpg
今日は二台来ていましたね、YDS‐3。
これも良い音でしたが、YDSとYDS‐2は、また違う音らしいですよ。

画像は以上です。



今回もBMWが数台来ていましたが、
それよりもCB72、CL72、CB77が多かったですね。
10台位来ていたかもしれません。
どなたかが言っていましたが、
ココへ来るとCB72って、、、、珍しくないですね。
それだけ良いバイクだ、という事でしょう。

因みに、ワタシはSL250Sで行きました。
今の所調子イイです。(まだブログ上では出来上がっていませんが)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売・・・でした。 SL250S 其の壱拾参

実際はね、一年近く中古エンジンを探したんです。
でも、車両が車両なだけになかなか出て来ません。
出て来ても高いし、カムとロッカーアームが欲しいだけなので、
エンジン丸ごとでは勿体無いですし。

仕方無い、多少値段は張りますが、とある方に聞いた業者さんに出して、
傷付いたカムとロッカーアームを直してもらいましょう。

・・・・・・・・・と、決意してから8ヶ月ほど。
お金が無かったんだから仕方ないでしょ!!
いつもの様に某オークションサイトで、色々と部品を探していると、
有った・・・・・しかも腰上だけの出品、おまけに・・・・安い!

速攻入札、オークションの終了を待ちます。

こうなったら俄然張切っちゃいます。
IMG_6896sl.jpg
まずはフレームをキレイにしましょう。
いつもの様に深夜にコッソリ、灯油でゴシゴシ。

シリンダーは元の物が良い状態なので、それを使いますが、
外観がイマイチ。
IMG_6897sl.jpg IMG_6898sl.jpg
ちょっとやそっと、洗った位ではキレイになりそうもありません。
面倒ですがブラストしてしまいましょう。
IMG_6899sl.jpg
マスキングしてブラストファイヤ~!!
(マ・ジ・ン・ガ~~~~Z~~~~!!)

ヘッドもやっちゃいましょう。
そういえば、まだヘッドは分解していませんでした。
IMG_6902sl.jpg
バルブを外し、堆積したカーボンを除去します。
燃焼室はもちろん、
バルブもだいぶカーボンが堆積していますからね、
IMG_6903sl.jpg
旋盤に銜えて、サンドペーパーを当ててカーボンを削っていきます。
IMG_6920sl.jpgIMG_6921sl.jpg
すごい溜まってましたね。
今までで一番ではないでしょうか?
鼻の中が真っ黒になっちゃいましたよ。マジで。

腰下も、部品待ちの間にだいぶ埃が溜まってますので、
中に灯油が入らないように気を付けながら、
IMG_6900sl.jpg
落せる汚れは落しておきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

試しに入れてみました。

今日は二つUPしていますからね、
下の記事も読んで下さいよ。


唐突ですが、新しいOILを入れてみました。
今まではアマリのみだったのですが、
新境地開拓!!
幸い、仕入先は同じトコロなので、何の気兼ねもありません。

新しく入れたオイルは、
「広島高潤」クラッシック15W-50
と、2サイクルオイルの ノンスモーク2T です。
IMG_6878.jpg

今までは鉱物油にこだわっていたので、アマリONLYだったのですが、
他のオイルも試してみようかな・・・・と、思っていたところに、
『純国産』
『旧車にも良い』
『2サイクルの煙軽減』

・・・・イイかも。

って事で入れちゃいました。
今、数人の方にインプレをお願いしていますので、
評判が良ければ取り扱いを継続します。
チョット高いんですケドね。

もちろん私も使ってみますが、
・・・・・・ワタシあまりバイク乗らないからな・・・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

またもやSG ウチではプチブーム 其の伍

クラッチ回りの部品が出来上がってきました。
いつもの事ですが、素晴らしい出来です。
請け負ってくれたW氏、ありがとうございました。

IMG_6553.jpg
プレッシャープレートは新規作成。

IMG_6554.jpg
このスタッドも新規作製。

IMG_6555.jpg
スプリングも新規作成で、スリーブは使い物にならない3個を新規作製。

IMG_6556.jpgIMG_6557.jpg
一枚だけ歪んでいたクラッチプレートですが、
叩いて大方修正し、その後は定盤でひたすらスリスリしました。

ここでチョット失敗しました。
フリクションディスクが結構減っています。
傷みも見られますので、出来れば張替えに出した方がよさそうです。
一応オーナーさんに連絡をした所、快く快諾してくれましたので、
「目黒ライニング」さんにお願いしました。
帰って来るまで、もうしばらくクラッチは組めませんね・・・・
段取り失敗です。

でも、まだ他にやる事は有りますので、そちらを進めましょう。
IMG_6558.jpg IMG_6559.jpg
さぁ、コレは一体何をやっている所でしょうか?

正解は、マフラーのインナーサイレンサーを外している所です。
マフラーの中でサラサラと音がすると言う事なので、
多分ススの塊か、サイレンサーの中身(グラスウールとか)が剥れた物だと思います。
インナーサイレンサーさへ外れれば、何もナンギな事は無いんですが、
まぁ、そうそう簡単に外れる訳有りません。
インナーサイレンサーと同じ位の径の物を探し、ド突いて叩き出します。
少々の格闘の末、インナーサイレンサーの取り外しに成功。
やはりススの塊が無数に出て来ました。
一応ワイヤーブラシで、インナーサイレンサーと、届く範囲でマフラー内部を掃除して、
今度取り外しし易いように、削る所は削り、しっかりとボルトで固定。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外とあるんですね アリエル 650 其の参拾六

エンジンの問題が解決・・・・・したよな・・・・今度こそ・・・・・

解決したはずなので、
ちょっと前に話した問題点を解決しましょう。
そう、ガソリンタンクのサビ取りです。
オーナーさんを説得して、何とかサビ取りの費用も出して貰えるようになりましたので、
IMG_6549.jpg
この状態ですから、フィルター無しでは流石にリスクが大きいです。

ガソリンコックを外して、
IMG_6548.jpg
あれ?書きましたっけ?元付いていたコックから変更しました。
だいぶ前に、コレはカワサキ用のコックですね。
結構汎用性があって、使えるコックです。
IMG_6551.jpg
やはり結構ゴミが溜まってました。

いつも通り、嫁さんが居ない間にお風呂場でタンク内を洗浄。
その後『花咲かG』で錆落としです。
IMG_6552.jpg
もちろん、熱帯魚用のヒーターで液温を保ちながら、
およそ二日位漬けておいたでしょうか?
IMG_6562.jpg
強い水圧で中を洗浄した後です。
バッチリっす。
楽そうに書きますが、洗浄にだいぶ時間を取られますので、
意外と手間はかかります。

あともう一つ、
IMG_6573.jpg
ステムベアリングに若干のガタが有るようなので、ちょっとステムナットを締めておきましょう。



無理ちゃう?
IMG_6574.jpg
コレがステムナット、すでに締め込んでイイ具合にしてあるのですが、
ステムナットの上、隙間があるでしょ、
その上がナセルケース、締め込んだ分、ナセルケースを降ろしてこないといけない訳で、
でもナセルケースって位置が決まっていますので、取り付けの穴を長穴にでも加工しない限り、
降りては来ません。
う~ん、今からナセルケースを外すのは・・・・・・・・メンドクサイ。
オーナーさんにも話しましたが、ここはとりあえずそのままという事で。
緩みのチェックだけはしておいて下さい。

最後の試乗です。
これで調子悪かったらどうしよう・・・・
過去に何度も裏切られた経験から、マイナス思考に陥りましたが、
IMG_6578.jpg
バッチリ問題無く試乗を終える事が出来ました。
これでホントウニ終わりじゃ~
今までで一番の迷宮を脱しました。

後はオーナーさんが乗ってくれれば・・・?


長々とお付き合い頂きありがとうございました。



テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

またもやSG ウチではプチブーム 其の四

さて、作成して頂いている間に、
その他の出来る部分をやっていきます。

まず、オイル漏れですね。
場所は前回と同じです。
前回は失敗しましたので、今回は注意してやりましょう。
IMG_6516.jpg
コレね、ニュートラルスイッチ部分。
ここだけじゃなくて、ドライブシャフトのOILシールも一緒に交換しておきます。
部品は前回余計にとっておいたので、
スグに交換出来ます。
IMG_6522.jpg

まずはお掃除ですね。
IMG_6527.jpg
OK。

さぁ、スイッチ部分はどうしましょうかね。
色々と考えたんですが、
強く締め付ける事が出来ない・・・・というのは・・・・・キビシイですね。
最終的には作り直すしか無いと思うんですが、
まずは、厚みがあって、弾力性の有るガスケット材を試してみましょう。

候補に挙がったのはコレ、
IMG_6533.jpg
コルク。
旧いバイクでは結構使われていましたので、意外とイケルんじゃないかな・・・と。
IMG_6534.jpg
結果はどうでしょうかね。


もう一つ、
フロントブレーキワイヤーを作成します。
もう伸び伸びで、このまま使い続けるのは危険でしたからね。
IMG_6541.jpg
折角作成しますので、
ちょっと改良をしました。
IMG_6542.jpg
インナーワイヤーを太くしました。
比べてみましょう。
IMG_6543.jpg
純正は1.7mmでしたが、2.4mmにグレードアップ(?)

これで見た目も性能も安心です。
ですがね、苦労したんですよ。
先にやったアリエルの時もそうでしたが、
インナーワイヤーを太くすると、アウターも太くなり、金具も太くなり、その受け側も・・・・
太くする必要があったのか?
と言われると・・・・・・・まぁ、自己満足です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外とあるんですね アリエル 650 其の参拾伍

本当に、、、、、ホントウニ、、、、、ほんとうに!!
大変な車両でした。

いつもの事ですが、終わってみれば何でこんな事に気付かなかったのだろう。
あの時に踏み切っていれば・・・・・
っていう反省でいっぱいです。
いつになったら上手く出来るようになるのやら・・・・・・・


では、解決編のスタートです。

ここ一ヶ月ほど、色々な方法を試し、色々なセッティングを試し、
多い日は50回、平均しても一日に30回以上は確実にキックをしていた結果、
椎間板ヘルニア再発!!
意外とね、キック始動って腰にキマス。(当たり前です)

それでもこのままにする訳にはいきませんので、痛みをこらえながら試乗。
その結果、二つの解答に行き着きました。
一つは、
IMG_6535.jpg
やっぱりウィンカー操作し難い。
遠いんですよねスイッチが、
でも、進角レバーの操作性の方が重要だろうという事で、このレイアウトになったのですが、
セッティングが決まるにつれて、あまり操作しないな・・・

という事で、レイアウト変更。
IMG_6536.jpg
コレの方がワタシにとっては正解ですね。

そしてもう一つ、
やっぱりキャブがおかしいです。
以前付いていたというW1のキャブに交換します。
その為に、
IMG_6544.jpg
「岸田精密工業」さんよりW1用のキャブセッティングキットを購入。
もうね、コレが抜群に効きました。
コレを使わなかったら、後2~3ヶ月苦しんだかもしれません。
それでも、セッティングを煮詰めるのに数日?数週間?かかりましたが。
IMG_6547.jpg
なかなか良い焼け具合です。
30分程試乗した後のプラグです。
両方共こんな感じ。
(ヘルニアの影響により、これ以上の試乗は無理です!!)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

またもやSG ウチではプチブーム 其の参

まぁ、あの音を聞けばだいたい予想は付く事でしたけど、
また・・・・・盛大にやっちまいましたね。

IMG_6510.jpg
落ちてきたナットはココのでしょう。
IMG_6511.jpg

クラッチのスプリングナットが、緩んで飛び出して来てしまったんですね。
プレッシャープレートもひしゃげちゃってますし、
他のナットも何個か使い物にならなくなってますね。
ああ、スプリングも・・・・・ガイドのスリーブも・・・・・スタッドも・・・・・

こりゃぁ・・・・・・・・・・・・どうしましょうかね。

クラッチプレートはどうでしょう?
IMG_6514.jpg
フリクションディスクの方は全部大丈夫です。
でも、スチールディスクの方は、一番外側の一枚だけ、
IMG_6515.jpg
歪んでしまっています。
まぁ、これ位ならどうにか修正出来るでしょうが、
他の部品ですよね。

ケースカバーの方はどうだったんでしょう?
IMG_6513.jpg
削れたアルミの破片だらけですが、何とか使えそうです。

道は二つ、
部品取りを探すか、
作り直してもらうか。
オーナーさんとの協議の結果、



作り直します!!
最近お世話になりっぱなしなあの方の元へ・・・・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する