2011-07

意外とあるんですね アリエル 650 其の弐拾七

いやぁ~、この一件は流石に凹みましたよ。
しかし、凹んでいても事態は好転しません。
手当たり次第心当りを探してみます。

まずは、いつもお世話になっている英車の部品屋さんへ、
パーツリストの手配をお願いします。
以前やった500ccと同じじゃないかとも思ったんですが、
(500ccの方ならパーツリスト有るんですけど)
確証が有りませんので、ここは確実にいきましょう。



一週間程して、パーツリストが届きました。
早速あの部品の番号を調べてみると、

[10568-54 Auto-advance unit(Lucas)]

よしよしコイツやな、早速これで注文を・・・・って、またんかい!
なんやコレ?
おーとあどばんすぅ???
コレって自動進角って事やろ?
チャウチャウ、そんなんいらんねん。
手動進角やから、ただのギヤでエエねん。


500ccのパーツリストを見てみると、

[K151Z-48 Magneto driving gear with control assembly]

どうやら部品は違うようですね。
しかし、これは一体どういう事でしょう。
このまま部品を頼んでも、同じ物が来る可能性は低いですね。
まぁ、使えるのかもしれませんが、、、、解りませんなぁ。

ひょっとするとエンジンの中身が変わっているんでしょうか?
本来は自動進角の車両なのかもしれません。
くっ・・・何たる事・・・どうしますか・・・・・・・


ちょっと相談に行きましょう。
いつもお世話になっている旋盤屋さん兼加工屋さんなんですが、
この方、旧い英車や伊車、自転車等に詳しい方なんです。
部品として買えなければ、そのまま作成を依頼してしまいましょう。



相談の結果、
まずは色々な所を探してみて、
あのベークライトのギヤだけ売っていないか探してみる。
それでも無ければ、単品制作!


ううぅ、、、単品制作は高くつくだろうなぁ・・・
でも仕方ありません。
部品が見つかる事を祈って・・・・
・・・・という帰り道。

「e‐bayに同じような物が有ったよ」
「GETして下さい。」

迷わず即決、値段もそんなに大した金額ではありませんでしたので、速攻です。
何と言うベリーナイスタイミング!!
ワタシってついてるぅ~・・・・ん?違った、不幸中の幸い?

まぁ、ナニハトモアレ、
「果報は寝て待て」
部品が来るのを楽しみに待ちましょう。




首を長くして待つ事、一週間チョイ。
キタ━(゚∀゚)━!
IMG_6432.jpg
バッチリ同じ物です。
コレでやっと終われる・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の壱拾四

キャブはこんな状態ですので、
後回しにしましょう。

電気いきましょう。
チョットね、プラグに飛ぶ火花が弱いかな?
と思っていたんですよ。
この火の弱さが止まる原因かもしれません。

調べましょう。
IMG_6387.jpg
このスパークテスタを使えば、エンジンをかけている時の火花の状態がおおまかに解ります。
よし、エンジンをかけましょう。
キック、、、キック、、、キック、、、


おかしいな、エンジンかかりませんね。
もしかして・・・スパークテスタが抵抗になっていたりして・・・
そんな訳無いか・・・・・・・・
でも、もしかしてって事もありますからね、スパークテスタを外してみましょう。
タタタタタン・・タン・タン・タン・タン・・・・・
おや?

って事は火ですかね。
マグネトーからピックアップごとハイテンションコードを外します。
IMG_6388.jpg
ハイテンションコードが古くてカチカチになっていましたし、
芯線がだいぶ腐食していましたので、新しい物に交換です。
ついでにプラグキャップも新しい物に交換。

アレアレ?
コ・レ・は・どういう事?

ピックアップ部分なんですけど、
IMG_6390.jpg
マグネトーとの接点がスプリングだけ?
そりゃ~、、、無いよね?
とある中古のカーボンブラシを、切って削って、
IMG_6391.jpg
ブラシを作りました。
これで良くなったんじゃない?

よし、走ってみましょう。
何時止まってもいいように、近所をグルグル走る事30分。
止まる事は無くなりましたし、
IMG_6397.jpg
ちょっとススケてますが、まぁまぁでしょう。
IMG_6398.jpg
後はオーナーさんに乗って頂いて、乗りながらアクを出してもらいましょう。
幸い近所ですからね、何かあったら呼んで下さい。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の壱拾参

バッテリーが原因ではないとしたら、
ダイナモ本体か?カットオフリレーか?配線の問題か?

お手軽にリレーからいきましょうか。
IMG_6381.jpg
このカットオフリレー、全く作動しないんです。
ワタシの認識が正しければ、
このリレーはその名の通り、充電電圧よりバッテリー電圧が高くなった時に、
回路をカットして、ダイナモへの逆流を防ぐはず。
全く作動しないとなると、これが原因かと思ったんですが、
強制的に回路を閉じても全く電圧は上がりませんでした。

そうなると、ダイナモか配線か。
ダイナモの発電量が足りない・・・
ブラシを点検しましたが、まだ十分残量は有ります。



終了。
これ以上は予算の都合上出来ません!
昼間乗るのなら何とかなるでしょう。
オーナーさんも夜は乗らないからそのままで、、、という返答でしたし。


それより、エンジンが止まってしまう原因ですよ。
残り少ない予算で、何とか出来そうな事と言ったら・・・キャブでしょうか。
でもなぁ、ジェット持ってないし、
そもそも現行のジェットって使えるの?
旧規格じゃないんでしょうか?
そう思いつつも、同じ形で圧倒的に番数が大きい物を付けてみると、
ちゃんと付くじゃないですか。

こりゃどういう事?
と思いながらも、早速ジェットを注文、
某オークションで格安のジェットセットが販売されていたので、コレを取り寄せました。

商品が届き、早速取り付けてみると、
付きません。
何故?
ジェットは6個入っていましたが、一番大きい番手と、その次位は取り付けできました。
しかし、残り4個はネジピッチが雑!!
使えへんやないかい!!

やはり安物は安物です。
おまけに、
IMG_6386.jpg
今刺さっているのが送られて来たジェットの#112
その右に黒いマークしてあるのが、ウチにあった#175

で、こちらも同じリーマーに刺さってるんですが、
IMG_6383.jpg
今回買ったジェットの#95と、
ウチにあった#175、なんかおかしいでしょ。
どうやらミクニの正規品とは互換性が無いようです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

長期連載 YA2 其の壱拾参

さぁ~て~、
バラすモノはバラしましたので、
外注に出すものを出してしまいましょう。

まずは、各リンク部分のブッシュやカラーを作製して頂きましょう。
先に書きましたが、フロントサスペンションのリンク部分がメインですね。
やって頂くのは知り合いのスペシャル旋盤ニスト(?)
今までも色々とお世話になっているんですが、
旧いバイクの事も、ワタシなんか足元にも及ばない位よく知っているので、
色々な面でお世話になっている方です。

               IMG_5077.jpg
       IMG_5078.jpgIMG_5079.jpg
               IMG_5080.jpg

完璧です。
ブッシュの作製どころか、ネジ穴の修正、ボルトの作製まで、ありがとうございます。

ドラムブレーキのトルクロッドもガタガタだったので、
同じように修理してもらい、
IMG_5081.jpg
       IMG_5082.jpg
コレもそうですね、センタースタンドのピボット、
IMG_5083.jpg
IMG_5084.jpg
もぉ、ブッシュを使っている所はことごとく作り直しでしたね。

でも、スペシャル旋盤ニストさん曰く、
「ブッシュ1つとっても、今じゃ考えられない位手間をかけて作っている」
らしいです。
やはり昔の物はイイですね!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の壱拾弐

オーナーさん曰く、
S3の出だしはあんな風になるんだそうで、
発進時のクラッチの使い方が難しいのだそうです。

へぇ~、でもこのS3のはチョットヒドイんじゃないですか?
って聞いたら、「今まで乗った事のあるS3で、一番マトモ」だそうな。

なんだかそう言われると、クラッチの作業やり難いですね・・・・
まぁいいや、ダメ元、自分のスキルUPの為にやってみましょう。
(大して成果が上がらなければ、工賃を貰い難いですからね。)

ワタシが考えるに、
あの“ガクガク”の原因は、クラッチの滑りが大きな要因だと思います。
根本的には、カチカチのフェーシングを張り替えするべきなのでしょうけど、
上記の理由から、なるべく外注は避けたい!
そうなると、この方法しかありません。
以前から度々やっている方法ですが、
スペーサーを入れて、スプリングのテンションを高くします。
IMG_6377.jpg
旋盤を使って2mmのアルミスペーサーを作り、
とりあえずこれで試してみます。
IMG_6378.jpg
こうすれば回り止メのワイヤーも入れる事が出来ますからね。
さぁ、一発OKなるかな?

クラッチの切れ、繋がりを確かめて、プライマリーカバーを閉め、
エンジンをかけます。
一速にギヤを入れて、(相変わらず、入ったんだか入ってないんだか・・・)
ソロっとクラッチを繋いでみます。
スルッと滑らかに発進・・・・とは到底いきませんが、
以前よりも断然スムーズに発進出来るようになりました。
良かった、、、これだけ良くなればお金貰ってもいいよね。

では、公道に出て少々走ってみましょう。



う~ん、何故か止まりますね、プラグを見ると黒くススケてます。
火が弱いのか?点火時期か?混合気が薄いのか?
なんでしょうねぇ、今後の課題ですなぁ~


作業は変りますが、
この車両はマグネット点火なので、エンジンの調子には関係ありませんが、
灯火類が付いていますので、一応充電系も調べておきましょう。
IMG_6379.jpg
まずはこの怪しい外国バッテリーを充電します。
・・・・・・・一応充電は出来るようです。
満充電したバッテリーを接続して、エンジンをかけます。
充電量を計ると、12,5V付近から上がりません。
ヘッドライトを灯けると、徐々に下がって・・・エンジン回転を上げても変化無し。
充電不良ですね。

ワタシはどうしてもこの手の外国産バッテリーが信用ならないんです。
ですから、YUASAバッテリーに交換・・・・・
したいトコロですが、予算の都合上、それは無理!!

しかし、タイミングですよね。
丁度CB125JXの修理をしていまして、バッテリーを新品に交換したばっかりだったんです。
ちょっと拝借。
結果は変化無し、原因はバッテリーではありませんでした。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

長期連載 YA2 其の壱拾弐

よし、フロントの次はリヤにいきましょう。
IMG_4022.jpg
さぁ、これは一体どうやって分解するのでしょう?
見たところ、ネジも、ピンも、割りワッシャーも有りません。

デジャビューを感じますね。
そう、以前にもこんな事がありました。
ウチのHS90をやった時ですよ。
その時の教訓が・・・・・
活かされません!
だって、これやったのHS90と同時期だもん。
はっはっは、実はそんな以前にやった作業なんですねぇ~
どんだけ更新してへんねん!!

まぁ、HS90をやっていたからといって、それが参考にはなりませんでしたけどね。
全く違う機構でしたから。

悩みに悩み、自分一人での限界を悟りましたので、
「ガレージ310」さんに相談に行きました。

やはり年の功でしょうか、
IMG_4023.jpg
「こうもダメで、あれもダメで、一体どうしたら・・・・・・」
なんて経緯を説明したトコロ、
「じゃぁ、こうなってんじゃないの?」
なんて、アッサリこの難問を解いてしまいました。
流石です。

早速帰って、もう片方も分解しましょう。
IMG_4024.jpg
各部品をキレイに洗って、
コレが構成部品です。
IMG_4025.jpg
因みに、このサスペンションにはOILが入っていません。
グリスとフリクションによる減衰ってところでしょうか。

さぁ、もしかしたら他にもYA2をレストアしている人がいて、
このサスの分解で困っているかもしれませんので、
お教えいたしましょう。(他人のマワシでエラそうに!!)
コレを見て下さい。
IMG_4026.jpg
サスの下の部分ですね、本来はメッキのカバーに隠れていますが、
こう、螺旋状のモノが見えるでしょ、
で、
IMG_4027.jpg
コレ、サスのスプリング。
IMG_4028.jpg
こういう事です。
ワタシはホントに『目から鱗』でしたよ。
上の部分も同じようになっていて、
要はスプリング自体がネジになっていたんですねぇ~
良く考えましたね、こんな事。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の壱拾壱

クラッチワイヤーを作り直し、
キックの噛み込みが無いか確認・・・すこぶる良好です。
コレでスムーズに始動が出来ますね。

と、言う事でもう一度試乗してみましょう。
ガクガクガク・・・
ダメですね、殆ど変わりませんな。
早くクラッチをやってしまいたいところですが、
ブログを書く為の個人的事情により、
コチラを先にやります。

IMG_6367.jpg
ハンドルマウントのゴムが磨耗していて、ガタガタなんです。
大して難しい作業でもありませんので、サクサクっと、
IMG_6368.jpg
ハンドルを外し、
「ヨシカワオート」さんで販売されているリプロ品に交換します。
IMG_6369.jpg
これにてバッチリOK!

ウィンカーの点滅も怪しいんですよね。
IMG_6370.jpg
例のごとく、配線が適当な事になっているので、
コレを修理する為にライトケースを開けますと・・・

ヘッドライトソケットのアース線・・・・・
IMG_6371.jpg
これじゃアカンやろ!!
振動でアースしたりしなかったり、、、、絶対するでしょう。
何でこんな事したんでしょう?
半田を使ってしっかりと配線を付けて、ウィンカーの配線も修理。

さぁ、次回はクラッチですよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

長期連載 YA2 其の壱拾壱

では、フロントサスを分解・・・・いや、リンク部分を分解します。
サス自体は分解出来ませんので。

IMG_4007.jpg
まぁね、同じサスペンション機構を採用しているカブにも有る事なので、
そんなに驚きは有りませんでしたが、
いかんせん、酷使し過ぎです。

この機構、リンクのブッシュ部分がヘタリ易いんです。
IMG_4009.jpg
ここがダメになった時点で、このブッシュを交換すれば良かったんですが、
きっとガタガタなまま使い続けたんでしょう。
サスペンション本体側の、このリンクが継る部分。
IMG_4010.jpg
こっちも傷めてしまいました。
もちろんボルトもダメ、

その上、このガタが大きくなってしまった為に、
IMG_4008.jpg
リンク部分とサス本体が擦れてしまったようです。

ど~しましょうかね、コレ・・・・
まぁ、他にもこんな場所が有るでしょうから、まとめてあの方に頼みましょう。

さぁ次。
走った限り、今の所問題はありませんでしたが、
ココは交換しておいた方がいいでしょう。
ステムベアリング。
アッパーとフレームに打ち込まれている物は、
いつも通り難なく外れたんですが、
IMG_4011.jpg
ロアーのコイツが・・・
IMG_4012.jpg
まぁ、やり難い事。
色々と道具を駆使して外しはしましたが、
コレは打ち込む時も一苦労ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

長期連載 YA2 其の壱拾

今考えても仕方ありませんので、
とりあえず先に進みます。

IMG_3991.jpg
ライトケースを取り外すとC100系みたいですね。
IMG_3992.jpg

オールペイントもしますので、全部バラバラに分解しますよ。
IMG_3995.jpg
リヤ側から外して、
ハンドル外し、
IMG_3996.jpg
IMG_3997.jpg
ハンドルカバーに隠れていた部分は、まだ新品の様なメッキでした。
当時物の良いメッキです。

フロントサスを分解していきますよ。
カブのような機構のサスなので、チョイト面倒です。
IMG_3998.jpg
ボルト、ナットも錆び付いていて、タダでさへ外すのに苦労するのに、
IMG_3999.jpg
割りピンまで固着していると・・・・泣きたくなります。

何とか下のリンク部分が外れましたので、
後はサスを留めているナットを外して引き抜くだけです。
IMG_4000.jpg
?????
何でしょう?調整に使いそうなマイナスネジが、サスの頭部に有ったので、
一応動かさないように押さえながら、
IMG_4001.jpg
サスマウントのナットを外します。
マイナスネジを押さえているのは自作工具です・・・・・工具と呼べるようなものではありませんが・・・・・

サスはコレで取り外せましたので、
フロントフォーク自体を外しましょう。
ステムナットを外せばいいだけの話なんですが、
IMG_4003.jpg
いや・・・・え?・・これ・・・・工具使われへんし。
上のロックナットはいいんです、工具使えますから。
問題は下の調整用ナットです。
画像で解りますかねぇ、ナットの周りを囲うようにフロントフォークの一部が・・・。
スパナもメガネもソケットも入りません。
まぁ、調整用なので、そんなに高トルクでは締まっていないでしょうけど、
試しにロックナットを外すと、下の調整ナットも緩みましたので、
あとは素手で外す事が出来ました。
しかし、組み立てる時は、、、素手で締めるだけでいいの?

IMG_4004.jpg
IMG_4005.jpgIMG_4006.jpg
フレーム分解完了。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の壱拾

ギヤBOXを閉めるに当たり、オイルシールを交換しようと思います。
折角外したんですから、今やっておいた方がいいでしょう。
いつも頼んでいるオイルシール屋さんに頼もうとしたんですが、
同じサイズの物が現工業規格の中には無いようで、
カタログに載っていません。

ご心配なく、
「ヨシカワオートクリニック」さんの所に有りますので、
他の部品と一緒に注文です。
IMG_6358.jpg

オイルシールも打ち替え、
フタをして閉めました。
後はクラッチワイヤーを繋ぐだけ、
IMG_6361.jpg



ブツン!



なんやねん、ワイヤー切れよった~
IMG_6362.jpg
ん!?
チョイ待ち!
何処が切れたんや?
IMG_6363.jpg
先端でしょうか?
タイコは?
IMG_6364.jpg
あれ?
もしかして、スッポ抜けたの?

やっぱり、このワイヤーの作成方法では抜けるリスクが高いですね。
IMG_6365.jpg
画像ではチョット解り難いですかねぇ。
まぁ、コレも歴としたワイヤー作成方法の1つなのですが・・・・

ウチに有ったジャンクワイヤーで、この方法の物が有りましたので、
コチラで説明しましょう。
IMG_6545.jpg
これはもう半田を流し込んであるのですが、
真ん中に溝が掘られていて、そこに半田を流し込んであります。
半田を溶かしてみますと、
IMG_6546.jpg
こうなっていまして、
タイコの溝に沿ってワイヤーを左右に分け、
そこに半田を流し込んで固定する。

という方法です。
作成の難易度は、いつもワタシがやっている方法よりも低く、
初心者でも作成は容易です。
ただし、今回の様に抜ける可能性が高い・・・と、個人的には思ってます。
ですからワタシはこの方法は使いませんが、
60年代以前の車両には、メーカー純正で使われていたようです。
しっかり作れば大丈夫なのかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

長期連載 YA2 其の九

え~、一年と数カ月ぶりの更新になります。
YA2、覚えていますでしょうか?
前回はエンジンを降ろす所までいったのですが、
作業はもう少し進んでいたんですよ、ただ更新していなかっただけで・・・・・
まぁ・・・・・・・ちょっと進んで大幅に時間が空きましたけど。


とりあえずいってみましょう。

メインハーネスを取り外します。
IMG_3984.jpg
何処が何だか解らなくならないように、メモをとりながら外していきます。
IMG_3985.jpg
後々コレも新しく作り直す予定なのですが、
配線が太いんですよね。
ウチにあるのはチョット細いのですが、それで作ってしまうか?
同じ太さの物で作るか?
悩み処です。

太い物を仕入れてしまっても、今後使う予定が・・・・無い訳で。
きっと当時の技術レベルでは、この太さが必要だったのでしょう。
今のモノを使えば、多少細くなっても・・・・・大丈夫じゃなかろうか?


メーターは比較的綺麗なんですよ。
IMG_3987.jpg
IMG_3986.jpg
ウブい!!

IMG_3989.jpg
レストアしたら、このくすんだウィンカーレンズもどうにかしたいですね。
新品なんて無いでしょうから、何か流用出来る物とか・・・・・
難しいよな・・・まぁ、そのまま使う事になっても仕方ありませんね。
IMG_3990.jpg
って、割れとるがな!!
プラスチックではこの長い年月に耐えられなかったみたいですね。
4つ共ボロボロです。
再利用不可。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の九

限られた予算の中で、どれだけの事が出来るか?
予算が決まっている修理の場合、優先順位を付けてやっていくのですが、
おおよその修理箇所が判明した今回の場合、
まず必ずやりたいのは、
キックの噛み込みの修理ですかね。

ほんと、毎回と言っても過言では無い位、
噛み込みが発生します。
その度にミッション入れて、ガコガコ後輪を動かし、
キックを踏んでみて噛み込みが外れたか確認し、
その状態をなんとか保ったままキック!


いちいちこんな事やってられるか~
ですよ。
折角ミッションオイルを入れたばかりですが、
オイルは再利用する事にして、
IMG_6349.jpg
ギヤBOXの一枚目を開けます。
イヤ~
ナニコレ。
IMG_6350.jpg
キックシャフトの受け部分ですが、バッキリ割れてます
画像では解りませんが、ギヤケースまで割れてます。
これはちょっと重症です。
完璧にミッションを降ろさないとどうにも出来ません。

キックギヤの方は、
IMG_6347.jpgIMG_6348.jpg
一枚歯が折れてます、
ここで噛み込んでしまうのでしょう。

オーナーさんとの相談の結果、
「ミッションはソックリそのまま交換した方が安く上がるだろう」
という事で、おいおい部品を見つけてやるそうなので、
とりあえず、現状何とかキックが快適に踏めるように、
折れかけの歯を一本、サンダーで飛ばしてしまいます。

もちろん、キックの引っかかりは浅くなりますが、
このS3は幸いにも始動性が良好なので、
少々ストロークが少なくなっても全く問題なし!!

ギヤBOX内で出来る事はここまでですね。
お約束ですが、
IMG_6351.jpg
ガスケットを切り出して、フタをしてしまいましょう。
ギヤオイルは再利用。


余談ですが、
IMG_6352.jpg
キックシャフトにもメグロマークが!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 どうなる? 出来るか? 車検取得!

問題の車両が来てしまいました。

正確に言うと、車検が問題だという事なのですが・・・・
これだけで解りますよね?
車検が問題な車両と言えば、

そう、TX650です。
IMG_6427.jpg
ねぇ~、、、、前回は相当イケズされましたからね。
今回ももちろん、
IMG_6428.jpg
純正のアルミリムです!!
引っかかるかなぁ~。

おかしな話ですよね、純正なのに「引っかかるかも」って心配するなんて・・・
まぁ、心配しても仕方ありませんし、
他の検査場に行くのも、負けた気がして気ぃワルイので、
堂々と正面突破します。
何も悪い事していないんですから、子曰く「千万人といえども我行かん」ですよ。

早速検査の予約を取りましょう。
実際コレをやっていた時期は、年度末の3月最終週。
混んでいるだろうとは思っていたんですが、
やっと取れた予約は一週間後の4月4日。
マジっすか!?
いつもなら、何とか2~3日中には取れるハズなのに。
計画停電の影響でしょうか?

車検がこれだけ先になるのなら、
先に他の作業をしてしまいましょう。

そんなにやる事も無いのですが、
IMG_6457.jpg
ガソリン漏れが有ります。
この車両、センタースタンドを外してしまっているので、
常にサイドスタンドです。
よって、左側に負担がかかってしまう為、漏れるのも左だけ。
まぁ、パッキンを交換すれば治ると思うんですけど、
長期的に見れば、また左側から漏れてきてしまう可能性はです。
そういう点でも、センタースタンドは大事です。

まずはガソリンを抜きましょう。
このお客さん、いつも修理に出す時はガソリンを満タンにしてくれるのですが、
普段はありがたいです。
キャブの調整をする時なんかは助かります。
(たまにスッカラカンで来る人がいるのですが、ガソリン代どうしよう?って思うんですよね。)
(もちろん、その分請求しても問題は無いと思うんですが、なんか・・・・・ね。)

しかし、この時ばかりは面倒です。
常備している携行缶もイッパイだったので、携行缶のガソリンを店車両のタンクに移してから、
手動ポンプで吸い出して、
IMG_6458.jpg
どうしても少量は残るので、タンクを斜めにしながらコックを外します。
IMG_6459.jpg
よく見ると、液体パッキンがコッテリ塗ってありました。
オーナーさんが修理したんでしょうか?
IMG_6460.jpg
こりゃぁ、完全にパッキンが潰れて真っ平ですね。
漏れても仕方ありません。

それと、
IMG_6461.jpg
取り付ける側もコレではいけません。
塗装を剥がして、オイルストーンで均しておきましょう。
IMG_6462.jpg

コック本体のパッキンを交換します。
ちょっと前まで純正では出ない部品もあったハズですが、
最近復刻したのでしょうか?
欲しい部品は全部出ましたね。(流石ヤマハ!!)
しかし!!
IMG_6463.jpg
結構ゴミが溜まってます。
フィルターを付けているので大きい物は行かないでしょうが、
フィルターでは取りきれない物はキャブに行ってしまいますからね。
オーナーさんが言っていたキャブからのオーバーフローも、
ここら辺のゴミが元凶なのではないでしょうか?

キャブのドレンを開けると、案の定ゴミが結構入っています。
これは・・・タンク内の清掃、酷い時はコーティングが必要ですね。
オーナーさん、まずはそっちをやらないと本末転倒です。

とりあえず、コックの掃除をしてパッキンを交換し、
取り付けましたが、
コレもやばそうですね。
IMG_6464.jpg
インマニのメクラですが、ゴムの質が悪いのか?
スグにダメになっちゃうんですよね。
同じ物に交換しても一年も持ちませんので、
他車種の純正品を流用しましょう。
IMG_6466.jpg
これなら数年・・・ひょっとすると10年以上持ちます。

あと、クラッチを少々イジリまして、
ニュートラルが全く入らないんですよ、エンジンがかかっていると・・・
原因は、以前交換したクラッチレリーズ、
クラッチがあまりにも重いので、
軽くする為に交換したんですが、
IMG_6468.jpgIMG_6469.jpg
軽くはなりますが、その分作動範囲を大きく取らないといけないので、
残念ながら切りきれていませんでした。
元の位置に戻して、ワイヤーへの注油でどうにか正常レベルまで復帰。
その後試乗したんですがどうもイマイチな調子です。
以前乗った時より確実に調子が悪い!

多分キャブを一度やらないとダメでしょうが、
それには大元のタンクを先にやる必要が有ります。
オーナーさんに連絡すると、
自分でやるそうなので、ウチではこれ以上何も出来ません。

車検をとってお渡ししましょう。

え?車検はどうなったかって?
全く問題無く、一発で通りました。
新年度になって検査官も変わりましたからね。
しかし、今後も油断は禁物!!
旧い車両を排除しようとする動きは変わらず有るのでしょうから・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

お待たせの大御所 メグロ S3 其の八

次はクラッチでしょうか?
あのクラッチが断続的に繋がる感じ、
きっとクラッチに何かしらの不具合が有るのではないでしょうか?

このS3の場合、クラッチは乾式ですし、
プライマリーを開けるのもカンタンです。
IMG_6341.jpg
おっと!
いきなり発見!!

IMG_6342.jpg
クラッチハウジングの歯が1本欠けてる!!!
まぁ、良くは無い!良くは無いけど、
早急にどうにかしないと・・・って訳ではないので、
予算の都合上スル~。

見た感じ、他には特に異常は無さそうですが、
分解してみましょう。
IMG_6343.jpg
               IMG_6344.jpg
やっぱり、これといって異常は有りません。
しかし、ぶ厚いクラッチ板ですよね。
IMG_6345.jpg
一枚が7.5mm位有りますよ。

結局、クラッチ板を少々掃除して、
元に戻すしかありませんでした。
IMG_6346.jpg
ワイヤリングをする関係上、もっとナットを締めてみたかったのですが、
それも叶いませんで・・・これでもダメだったら、
今度はココをチョイトいじくりましょう。

プライマリのフタをして、
チョロっと試乗してみましょう。


う~ん、走れないレベルではないのですが、良好とは程遠いですね。

これ位で改善してくれれば、もっと他に予算を回せるんですが、
ダメみたいです。
やっぱり出来る事は限られてしまいますね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トーハツ ランペットCA2 序章 引き上げ篇

6月30日 午前1:00
IMG_6786.jpg
準備万端、これから三重県に向けて出発します。
前前日頃から準備を始め、
軽トラのメンテナンス、掃除、オーディオの充実。
買取金額の準備に、お土産の用意。
もうバッチリです。

さぁ、出発しましょうかね。
嫁さんの見送りもなく、
たまに餌をあげている野良猫にだけ見送られ、
八王子西ICから中央高速へ、

まずは談合坂SAにて休憩をとり、軽トラの状態チェック、
なにぶん十何年前の軽トラです。
うちに来る前にもガス屋さんの足として活躍し、
うちに来てからも酷使されていますので、
果たしてこの長い道のりを走破出来るのか?
今の所調子は良さそうですが・・・・・
IMG_6789.jpg
いつも思うんですが、中央道って暗いんですよね。

軽トラに無理はさせられませんので、60~70kmくらいで巡航。
AM3:30 諏訪SA着
IMG_6792.jpg
この時期夜が明けるのが早いですからね、
30分程休憩している間に、
IMG_6794.jpgIMG_6795.jpg
IMG_6797.jpgIMG_6796.jpg
空が明るくなってきました。
前日の天気予報では、あまり良い天気ではないような事を言っていましたが、
イイ天気になりそうじゃないですか!
さぁ、軽トラ君に水を補給して、AM4:10出発

なんだかトラックが多いですね。
中央道ってこんなにトラック走ってましたっけ?
東名はトラックが多い事は知っていましたが、
7~8年前に出産後の嫁さんを迎えに行った時、
京都から東京に出て来た時、こんなにトラックは走っていなかったような?
気の所為かな?
トラックに煽られ過ぎたから被害妄想でしょうか?
遅いのは仕方がないでしょ!!
左端走ってんねんから、抜かして行けばエエやん。
わざわざ後ろにピッタリくっつくこと無いやろ。
マジでカマ掘られるのかと思ったわ。


っとまぁ、危険を感じながらも、
次の休憩ポイント、阿智PAにAM5:30到着。
IMG_6799.jpg
       IMG_6798.jpg
チョイト早めの朝食をとり、AM6:00出発。
そろそろ眠気が襲ってくるかと思ったんですが、まだまだ全然元気。
ヘルニアの悪化を抑える為に、休憩毎にストレッチを入念にやっていますが、
それが功を奏したのか?
動けなくなる程の痛みはまだありません。
行けるうちにガンガン行きましょう。

ひたすら走り、岐阜県を抜けAM7:00愛知県入り。
阿智を出てから下りが続いていますが、「行きはヨイヨイ帰りはコワイ」
帰りの上りは辛そうですね~。

AM7:30鞍ヶ池PA着
IMG_6800.jpg
愛知県に入ったとたん気温が全然違うんですよね。
暑いアツイ。
ここでお客さんにTELして、愛知に入った事を連絡、
このペースで行くと10時~11時には到着出来そうだ、という事を連絡し、
AM8:00に出発

やはり愛知といえばトヨタですよ。
日本じゃ滅多に見ないような、
でかいランクルを積んだトラックがばんばん走ってましたね。
IMG_6801.jpgIMG_6802.jpg
IMG_6805.jpg
ここら辺が有名な中京工業地帯なんでしょうね。
地元の京葉工業地帯を思い出します。
おや、前方に見えるのは・・・・・
IMG_6806.jpg
IMG_6808.jpgIMG_6809.jpg
これがナガシマスパーランドでしょうか?
エラいジェットコースターのレールですね。
こんなん乗りたないわぁ~

AM9:00御在所SA到着
IMG_6810.jpgIMG_6811.jpg
早い時間からなかなかの混み具合です。
ヘルニアの痛みが出てきましたので、少々多めに休憩をとり、
AM9:45出発

愛知を抜け、目的地の三重県に入りました。
とたんに車の台数が激減。
AM10:15最後の休憩ポイント安納PAにて小休止。
そしてついに、AM10:35
津ICに到着!
IMG_6815.jpg
やっと半分や!!

ここからお客さんの所まではそんなに時間はかかりません。
無事に積み込みを完了させ、
車両代を払い、お昼をごちそうになりながら色々とお話をさせて頂きました。
やはり当時の話を聞くのは楽しいですね。
その時代に生まれていたかったとよく思いますよ。

お客さんと別れて、
PM13:30車体をもう一度縛り直し、
津ICを出発
さぁ、後半戦です。
IMG_6814.jpg


行きと同じようなのんびりペースで、休憩を取りながら帰ったのですが、
ホント暑い、しかもお腹がイッパイになった事で眠気が・・・・
IMG_6816.jpgIMG_6817.jpg
上手く撮れませんでしたが、もう夏の雲ですよ。

仮眠を少々とり、鞍ヶ池位でようやく日も落ち、気温も涼しくなりました。
ここで発見、
IMG_6819.jpgIMG_6820.jpg
トヨタ鞍ヶ池記念館なるものが!
いやぁ~行ってみたいですね~。
今度機会があったら・・・・・・・・・

その後も休憩、仮眠をはさみつつ、AM2:30無事帰還いたしました。
はっきりとシンドい・・・・ヘルニア痛い・・・・・
でも、軽トラ君が機嫌を損ねる事がなかったから良かった。

さぁ、CA2どこまでやりますかね?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

無事帰還

今さっき、無事に帰還いたしました。

流石にほぼ日帰り日程は・・・・エッライしんどいっス。

今日(?)はもう寝ます。
詳細は後日。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する