2011-03

意外と人気? メグロ SG 其の四

ワイヤーを交換します。
「ヨシカワオート」さんから出ていましたので、
コストパフォーマンスの関係上、それを使わせて頂きます。
IMG_6064.jpg
今回はクラッチとフロントブレーキを交換します。

IMG_6065.jpg
ブレーキは最重要ですから、少しでも怪しかったら対処しておきましょう。

クラッチワイヤーの交換ですが、
例の、クラッチを握ると「カタカタカタ・・・」という音が出る原因も一緒に探ります。
IMG_6066.jpg
こちら側から音が出ていると思うんですが・・・
Lケースカバーを外します。
IMG_6067.jpg
このレリーズが怪しい気がするのですが、確証が有りません。
まぁ、ダメだったところで、交換出来る替えの部品もありませんケド・・・
コレといった確証を得られないまま、他には特に異常もありませんし、
IMG_6068.jpg
クラッチワイヤーを交換してとりあえず閉めましょう。

一応、この段階でエンジンをかけてみて・・・クラッチを握りますと、
カタカタカタカタ・・・・・
心なしか音が小さくなっているような?
しかし、解決はしませんねぇ~
音はこちら側からだと思うのですが、念の為反対側も調べますか。

IMG_6073.jpg
右のケースカバーを開けるには、ポイントを外さないとけません。
IMG_6074.jpg
次いでガバナも外し、
あれ、ここのオイルシールから若干オイル漏れがあります。
工業規格の物で合う物が有りましたので、こちらは交換しておきましょう。

ネジを数本外し、がばちょんっとカバーを外します。
IMG_6075.jpg
ん!?
この白濁したモノは?
IMG_6076.jpg
何処かから水が侵入したんでしょうか?
オイルの注入口でしょうか?
だとするとチョット気を付けないといけませんね。

で、クラッチですが、
IMG_6077.jpg
残念な事に見た目では異常無さそうです。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ご苦労さまでした。 我が家のファミリーカー

今回は旧車でもなければ、バイクの話題でもありません。
興味の無い方はどうぞ飛ばして下さい。


ウチの長男が生まれてから、
約8年間、我が家のファミリーカーとして活躍してくれた、
ワーゲンバスモドキ!(サンバー)
IMG_6431.jpg
つい先日、とうとうエンジンがお亡くなりになり、
苦渋の判断の結果、お役御免となりました。
京都に住んでいた頃から酷使し続け、
ワタシが乗ってからメーター一回り、
前オーナーがどれだけ乗っていたのか知りませんが、
(ワタシが乗るようになってからワーゲンバスにしました)
買った時には既に10年落ちでしたから・・・・・

気に入っていたので、エンジン載せ替えも考えたのですが、
う~ん、、、、、あまり現実的ではないかな?

よりにもよって、このご時世にツブレんでも・・・・
ウチの経済的にはとても苦しいのですが、
嫁さんが仕事で使うので無い訳にはいきません。
乗り換えることにしました。

高速道路で止まったり、ブレーキが危ない状態だったり、
色々と楽しめました。
ご苦労さま!!ワーゲンバスモドキ!!!

次に乗るのは君と違って、きっとつまらない車だろうなぁ~
嫁さんの希望が多分に入りますからね。
A/Tの新古車、ムーブかなんかでしょうね。
「新車だから壊れない」って訳じゃないと思うんですけどね。
安い中古車で、程度がソコソコならそれでいいんじゃないの?
壊れたら壊れた時、トラブルを楽しめないものですかねぇ?
そういうマイナスも含めて思い出になると思うんですが。


っと、これは旧車の乗りの感性なんでしょうね。



話題は変わりますが、
チョットこれ見て!
IMG_6429.jpgIMG_6430.jpg
今日来た知り合いが持っていたんです。
ちゃんとデカイ受話器で話が出来ます。
こんなモン何処で売ってんねん!
て思ったんですが、受話器と携帯以外は自作だって!!
町中でコレで話してたら、、、チョット近寄り難いな。
痛い人かと思っちゃう。

でも、めっちゃオモロイ!!

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

意外とあるんですね アリエル 650 其の伍

やはり、日本製品のようにポン付けとはいきませんね。
またそこが面白いところなのですが、
商売としては美味しくないですね。
IMG_5799.jpg
しかし、12V用のアーマチュアのように、歯車の回り止めをしておかないで、
エンジンから回された時に、歯車が空回りしてしまう心配はしなかったんでしょうか?
当時の開発者はどう考えていたんでしょうねぇ。

依頼から数日、
出来上がってきました。
ウッドラフトキーは、ウチに丁度合いそうな物が有ったので、
これに合わせて溝を掘って頂きました。
IMG_5800.jpg
IMG_5801.jpg
文句無し、バッチリですよ。
今回の作業は、ちょいと特殊な方法でやって頂きました。
本来なら、焼きの入った物を切削する訳ですから、
一度焼き戻して溝を掘り、もう一度焼入れを施すという工程になるのですが、

今回の方法では、焼きの入ったまま溝を掘るという手法でやってもらったんです。
ワタシもあまり詳しくはないので、上手く説明出来ませんが、スゴイです!!
IMG_5802.jpg
これで回り止めの処置は万全。

せっかく分解しましたので、
ベアリングは新品に交換してしまいましょう。
IMG_5834.jpg
よかった・・・・日本の工業規格と同じものを使っていて。

その他の相違点としては、
IMG_5835.jpg IMG_5836.jpg
この部分にベアリングがハマるんですが、右の12Vの方は段が付いてないでしょ、
これが無いとベアリングが奥までいってしまって、上手く回転しません。
だから、
カラーを作成。
IMG_5837.jpg
問題点はまだ有るんですよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

久しぶりに HS90 復活

いや~、久しぶりに復活しましたよ。
まい まっし~ん HS90!

IMG_6405.jpg
実はね、ワタシは調子良く乗っていたんですが、
とある知り合いの高校生・・・もう大学生になるんですが、
その子が「大学に行くまでの足として、125cc位のバイクを探している」
って事だったので、
お父さんにはお世話になっているし、
ハスラーもRD125も乗らないといけないので、乗ってくれるなら貸してあげるよ。

という事で貸し出したんです。

しかし、やはり今の子にはちょっと扱いが難しかったのか?
スグに調子を悪くして帰って来たんです。
「そんなハズないんやけどなぁ~」
そう思って調べてみると、ガス欠と・・・インナーサイレンサー片方無いやん・・・
ガソリンを入れてエンジンをかけると、
ベロベロベロベロ・・・・ベベンベンベンベン・・ベベンベンベンベン
うっわぁ~コゾーみたい。

これでは恥ずかしくてとても走れる状態ではありません。
純正で頼んでも、当たり前ですが出て来ません。
造ってもらうしか無いですね。
色々なタイミングを見計らっているうちに、2ヶ月が経過・・・
先日やっと頼みに行ったんです。

作業をして頂いたのは、毎度お世話になっている「ミヤシタモータース」さんです。
いつも難しい作業を無理言ってお願いしているのですが、今回も頼んじゃいました。
IMG_6406.jpg
コレが片方残った純正のインナーサイレンサー
これの複製を頼んだんですが、
「こんなん出来るか!」
ってシバカレタので、「消音出来ればどんなんでもいいです」
って頼んで来たんです。
そしたら・・・・流石ですよ、「ミヤシタモータース」さん
IMG_6407.jpg
完璧じゃないですか。
特にこの部分、
IMG_6408.jpg
ワザワザ型を造って作成して頂いたようで、
IMG_6409.jpg
この取付用のネジの溶接なんか・・・ありがとうございます!!

それに、ここの補修も頼んじゃいました。
本来、マフラー側がこうなっているんですが、
IMG_6411.jpgIMG_6412.jpg
反対側のマフラーは、この切り欠き部分が折れちゃっていたんです。
ここも難しい溶接ですが、
IMG_6415.jpg
おお!バッチリです。

早く取り付けて、久しぶりにないすさうんどを聴きましょう。
IMG_6416.jpgIMG_6417.jpg
パイーン、パイーン・・・
これですよこれ、チョット試乗に行きたいところですが、
もうちょっと作業をしましょう。

IMG_6418.jpg
キャブのフロートチャンバーガスケットを交換します。
今までは自作の適当ガスケットを使っていたんですが、
良い物を見つけました。
IMG_6419.jpg
知っている人は知っていると思いますが、
群馬の「レストア家」さんの物です。
これでガソリン漏れからも脱出です。

出来る事なら、ハンドルも純正に戻したいんですけどね、
一文字は腰にキビシイ。
近いうちにどうにかしましょう。


そうそう、今回お世話になった「ミヤシタモータース」さんですが、
来月から本腰を入れて仕事をするようなので、
皆さん、何か有ったらよろしくお願いします。
マフラーの制作は絶品ですよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外と人気? メグロ SG 其の参

残念ながら、キャブからのガソリン漏れはバンジョーからだけではないようです。
そうなるとパッキンでしょうね。
オーバーホールキットを買わないとダメかな?

そう思ってキャブを外し、フロートチャンバーを開けてみると、
おや?パッキンは活きていそうです。
十分な弾力は有りますし、潰れきっている訳でもありません。
っていう事は、何故漏れる?
IMG_5925.jpg
定盤で確認しましょう。
IMG_5926.jpgIMG_5927.jpg
かなり歪んでます。
そりゃぁ歪むよなぁ~
通常このチャンバー部分は、ビス4本で留っているか、
クリップのような物で留っています。
ところがコイツ、ビス2本で留っているんですモン。
これじゃぁねぇ~

IMG_5928.jpg
シャコシャコシャコ・・・・・・・・
一生懸命面研をやります。
でも、もしかして、
IMG_5929.jpg
こっちも歪んでいたりしません?
こっち側はチャンバーの様に面研出来ませんからね。

IMG_5930.jpg
やっぱり歪んでいました。
こっち側は地道に砥石を当てるしかないですね。
シャッ、シャッ、シャッ、シャッ、シャッ、シャッ、・・・・
IMG_5931.jpg
こんなトコロですかね。
もちろん反対側もやりますよ。
苦労の成果や如何に?

そんな事をしているうちに、
シート屋さんからシートが出来上がってきました。
シートだけは時間がかかるので、先に出していたんですよ。
IMG_6063.jpg
流石、お見事です。
結構大変だったらしいですよ、
あのアールを出すのが。
「ラズルダズル」さん、またお願いしま~す。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外とあるんですね アリエル 650 其の四

IMG_5678.jpg
ダイナモ取り外しました。
このままでは6Vなので、中身のコイル、アーマチュアを交換して12Vにします。
それがねぇ~、海外製品ですから・・・・・すんなりとは行かないでしょうね。

まずは分解して交換する中身を取り出しましょう。
IMG_5679.jpg
いきなりこのギヤが外れません!
ウチに有るプーラーではサイズが合わず、全く歯が立ちません。
どうしようか悩んでいるところへ、オーナーさんが様子見に来てくれました。
「コレが外れないんですよね~」
なんて事情を説明すると、
「ウチに外せるプーラーが有ると思うから、外してくるよ」
いやぁ~助かります。
数時間後、
見事外して頂きました。

その後も、オーナーさんの工具を借りたりしながら、
IMG_5701.jpg
分解出来ました。
そして、コレが交換する12V化キットです。
IMG_5704.jpg
あとレギュレータも付いてました。

取り付けるにあたり、新旧双方を比べてみたのですが、
コイルの方は大丈夫です。
そのまま取付出来るでしょう。
アーマチュアが問題有りです。
なんだか違う所がチラホラ・・・
使えない訳ではないと思うんですけどね。

一番の問題が、
IMG_5705.jpg
この部分。
新しいアーマチュアにはご覧のようにキー溝が有るでしょ、
ところが、今までのアーマチュアには溝が無いんです。
当然、ここにハマるギヤにも有りません。
IMG_5706.jpg

このままでも使えますが・・・
きっとトラブルの元になると思うんですよね。
という事で、要改善!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外と人気? メグロ SG 其の弐

レギュレータの調整も必要かもしれません。
IMG_5915.jpg
左側のサイドカバーを開けると出てくるこの黒い箱、
この中に入っています。
IMG_5916.jpg
真ん中のヤツを調整します。
まぁ、バッテリーをちゃんとした奴に交換してからですね。

まずはキャブをやりましょうか。
ひょっとしたらニードルを作ってもらわないといけないかもしれませんし、
早めにやっておきましょう。
IMG_5917.jpg
どうやらフロートレベルも違いそうなんですよね。

このキャブにはティクラーというモノが付いています。
強制的にフロートを押下げて、オーバーフローさせるという代物ですが、
IMG_5918.jpg
       IMG_5919.jpg
届いてないんですよ。ティクラーの棒が・・・
これじゃぁティクラー使えないじゃないですか。
圧倒的に油面が低いんです。
正規の値は解りませんが、今までの経験上・・・こんなモンにしときましょう。

問題とされていたニードルですが、
IMG_5920.jpg
何だか大丈夫そうですよ。
「ニードルが痩せちゃっている」と聞いていましたが、
全くそんな事は無いですね。
よかった、これにかける予定だった予算を他に回せます。

あと、キャブでやっておく事は・・・・軽く洗浄はしましたし・・・
これ、ちょっとやっておかないとマズイかな?
IMG_5924.jpg
ガソリン漏れです。
IMG_5923.jpg
原因はこのバンジョー部分でしょうか?
ガスケットを新しい物に交換して・・・・どうでしょう?
・・・・・・・アカンか~バンジョーからも漏れていたんですが、
フロートチャンバーの合わせ面からも漏れています。
これは、、、、、直るかな?

キャブは時間がかかりそうなので、先にコチラを・・・
エンジンからのオイル漏れを検証しましょう。
灯油を使って、怪しげな所を洗っていきます。
ヘッドカバーからだと思うんですが、他からも漏れているかもしれませんからね。
まずはキレイにする所からです。
IMG_5922.jpg
バッチリ、キレイ。
古い汚れを落としましたので、新しく汚れればスグに解ります。
どうなりますかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外とあるんですね アリエル 650 其の参

他のワイヤー作成も、それなりに苦労はしているんですが、
まぁまぁ、いつもの事です。
なんとかワイヤーの作り替え作業は終了しました。

アクセルワイヤーの交換に際して、アクセルホルダーもウチに有った新品に交換。
したんですが、
IMG_5588.jpg
アクセルチューブのバリがヒドイんですよ。
海外製品ですからね。
リューターやヤスリでゴーリゴーリ削りまして、
これまた、お客さんの持っていたホンダ純正グリップに交換。

IMG_5667.jpg
ポイント・・・・・後回しにしましょう。
ただ、
IMG_5668.jpg
ピックアップが破損していましたので、コレは先に注文しておきましょう。

次に何をしましょうか?
一番不安なダイナモの12V化に着手しましょうかね。
これもお客さんが自分でやる予定で部品を取り寄せていたのですが、
ワタシがそのまま引き継ぐ事になりました。
果たして、無事に12V化出来るのでしょうか?

まずは、ダイナモを外す為に右クランクケースカバー(Yカバー)を外します。
折角なので、オイル交換もしてしまいましょう。
オイルタンクから伸びているホースを外してオイルを抜きます。
IMG_5669.jpg
クランクケース下のドレンからもオイルを抜いて、
IMG_5670.jpg
Yカバーを外します。
IMG_5671.jpg
おお!チョット安心。
以前やった500ccは難儀な所にオイルポンプが付いていましたが、
この650ccは何かあっても楽ですね。
IMG_5672.jpg
外し易い所に付いていました。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外と人気? メグロ SG 其の壱

二回目になりますね、メグロのSGをやるのは。
今回は、「多摩クラ」のメンバーの方から頂いたお仕事です。

某オークションにて買われたらしいのですが、
引き取りに行ってそのまま入庫となりました。
IMG_5900.jpg
状態はスゴクいいんですよ。
もうやる事無いんじゃない?って位です。
実際に走っていた車両らしいので、ホント・・・やる事が無いかも。

ヤバイ!!
ネタにならんやないかい!!!


ダメ出しをするとしたら、
IMG_5901.jpg
サイレンサーの錆。

IMG_5902.jpg
破れたシート。

IMG_5903.jpg
前オーナーさんから聞いただけで、確認はしていないのですが、
ニードルが痩せているらしい。

IMG_5904.jpg
ヘッド周りからのオイル漏れ。
IMG_5905.jpg
エキパイの方までいっちゃいそうですね。
ヘッドカバーからだけならいいんですけどね。

それと、持ってきてから気づいたのですが、
IMG_5906.jpg
エンジンかけてクラッチを握ると、「カタカタカタ」って音がするんですよ。
何でしょうねぇ~

バッテリーは出来れば交換したいですね。
IMG_5912.jpg
外国製の怪しげなバッテリーです。
IMG_5913.jpg
チャージランプが煌々と点灯するのも、
このバッテリーが関係しているかもしれませんしね。

とりあえずこの位でしょうか。

あっさりと終わってしまうのか?
思わぬ落とし穴が有るのか?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

意外とあるんですね アリエル 650 其の弐

色々と事情がありまして、
レバー関係も新しくしました。
幸い、ワタシが持っていた中古や、以前仕入れた新品で何とかなりました。

ハンドルもレバー類も交換したところで、各ワイヤーを新規作成しましょう。
・Fブレーキ
・クラッチ
・チョーク
・点火時期制御

ここまでやったんだから、ついでに・・・・という事で、
・Rブレーキ
以上のワイヤーを作成します。

中でも一番手古摺ったのは、Fブレーキワイヤーですね。
ブレーキは最重要保安部品ですから、作る時はいつも慎重に作るのですが、
それに加えオーナーさんの要望により、
「ブレーキのワイヤーは一番太いもので作ってくれ」
という注文でしたので・・・・簡単じゃないんですよ、ワイヤーを太くするのって。
インナーワイヤーを太くするなら、アウターも太くしないといけません。
アウターを太くすると、エンド金具もサイズが違ってきます。
そうなると、当然受け側も・・・・

うん、まぁ、面倒なんですよ。

さぁ、頑張ってやりましょう。
まずはアウターの金具に合うように、受け側を加工します。
IMG_5584.jpg
このアジャスター部分の穴をチョット大きくしました。
○じゃなくてCなので、結構やり難いんですよ。
肉厚は薄くなりますが、この位なら大丈夫でしょう。

インナーのエンド金具は結構特殊な形状なので、
磨いて再利用します。
コレはただ穴を大きくするだけでは済みませんよ!
ホント、こんな金具でよくブレーキワイヤーを作ろうと思いましたね、、、って作りなんです。
通常、インナーワイヤーのエンド金具には、半田の溜る部分が有るハズ、
そこにインナーワイヤーを広げて、半田を流し込んで固めるんですが、
全く有りません!!

ワイヤー通して、半田でチョロっと留めただけでした。
そんな作り方でブレーキワイヤーを作ったら、・・・・・自殺行為でしょう。
ですから、まず半田溜まりを作りましょう。
IMG_5583.jpg
旋盤でゴリゴリン♪ っと。
で、ワイヤーを通してこんな感じ。
IMG_5585.jpg
ワイヤー広げて、
IMG_5586.jpg
半田をじっくりと流し込みます。
IMG_5587.jpg
こうやって、下から半田が漏れてくる位しっかりと流し込みましょう。

他にも細かい加工があったんですが、いちいち書いていると長くなり過ぎるので、
後は省略します。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

カワサキ A7 アベンジャー 其の壱拾四

キャブキットを組み込んで、
試乗の準備が出来ました。
ステアリングダンパーの事を「310」さんに聞きに行かないといけませんので、
近くですが取り敢えずチョロっと走ってみましょう。

バリバリバリバリバリバリ・・・・・・・
インナーサイレンサーを付けてもウルサイのはウルサイですね。
エンジンが暖まったところでスローを調整し、
アイドリングは安定しています。
しかし・・・・白煙がスゴイですね。
それも左がスゴイ、右はそんなに出ていません。
ムムム、、、、これは・・・・・

心配していても始まりません。
ダメ元で走ってみましょうかね。

ギヤを一速に上げて、(このシリーズはボトムニュートラルです)
A7行きま~す!

ん?何だかかぶったような感じでフケが・・・・
そう思ってすぐの登りの直線、
ズバーーーーーーーーン!!
おお、唐突にフケるようになりました。
その後は見違えるように低速からよく回ります。
エンジン始動時にちょっとカブリ気味になるんですかね?

何個かのコーナーを曲がってみましたが、
やっぱりフロントがおかしい。
妙に安定しないというか、不安な感じなんです。
やっぱりステアリングダンパーがおかしいんじゃないかなぁ。

「310」さんに相談した処、
やはり、このダンパーも他の車種同様の造りだそうで、
と言う事は・・・・要修理です。

早速帰って取り掛かりましょう。

他の車種と同じ構造と言う事は、
ノブ部分が取れちゃマズイんです。
ノブは、ステムを貫通しているシャフトと繋がっていて、
ボトムにあるナットを締める事でフリクションが発生します。
たぶん、そのボトムのナットとシャフトが固着してしまっているんでしょう。

分解開始。
IMG_5826.jpg
本来なら、シャフトごと下に抜く物ではないので、
フェンダーが邪魔で抜けません。
フェンダーとフロントホイールを外してから抜き出します。

IMG_5827.jpgIMG_5828.jpg
やはり、固着しています。
チョットやソットじゃ外れません。
IMG_5829.jpg

コレは油漬けにして持久戦かな?
・・・・・と、思いましたが、
バーナーでガンガンに暖めて、冷やして、暖めて、冷やして、暖めて、
回したところ、ギキュ・・・
お、イケルんじゃないですか?
潤滑剤を塗布しながら、ギュ・・ギュ・・キュ・・キュ・キュ・キュキュキュ
IMG_5830.jpg
やりました!

IMG_5948.jpg
その後は、ひたすらキャブのセッティングに時間を費やしました。
フロント周りの不安定な感じも、ステムをちゃんとやってからはしっかりした物になりましたので、
安心して乗れる感じです。
ただ、
IMG_5949.jpgIMG_5950.jpg
左側だけやたらと白煙が多いんですよ。
オイルの飛び散る量も段違いです。

これでもプラグがかぶって片肺になる事は無いので、
大丈夫じゃないかな?
(左の方が、P/Cクリアランスが大きいので、
 きっとその影響ですね。)

今回結構時間がかかってしまったので、
早く納車して次の修理車両を持ってきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

以外とあるんですね アリエル 650 其の壱

これも預かったのはだいぶ前なんです。
去年の9月頃でしたかね。

以前やったアリエルは500ccでしたが、
今回のは650ccで、『FH』『Huntmaster』と呼ばれているみたいです。
IMG_5558.jpg
               IMG_5559.jpg
IMG_5560.jpg
なかなかカッコイイカラーリングでしょ。
実はこのオーナーさん、地元では有名な旧車マニア。
わざわざワタシがやらなくても、ご自分でなにかと出来てしまうと思うんです。
健康ならね。
生憎、ちょいと体調を崩しまして、縁あってワタシがやらせて頂く事になったんです。
「コイツだけはどうしても乗りたい!」
という事なので、何とか微力ながらお手伝いいたしましょう。

作業内容ですが、
1.当たり前ですが調子良く。
2.6V電源を12Vに。
3.メインスイッチ取り付け。
4.ハンドル交換、それに伴うワイヤー交換。

まぁ・・・・・ね?
これだけで済む訳ないのはご承知の通り。
どーなっちゃうんでしょうねぇ~。

オーナーさんは、購入時にエンジンはかかったと言っていましたので、
エンジンは大丈夫だと思うんですけどね。


まずはオーナーさんが見つけてきたハンドルを交換します。
IMG_5561.jpg
元々付いていたハンドルが低いんですよ。
ですから、ワイヤーに無理な取り回しをしなくてはいけないんです。
IMG_5562.jpg
こんな風にね。

オーナーさんが自分の倉庫を探し、ホンダの純正らしいですが、
よさげなハンドルを持って来てくれましたので、
早速交換です。
IMG_5564.jpg
これだけ高さがあれば、ワイヤーの取り回しも楽になります。
その代り、ワイヤーはオリジナルで作り直さないといけませんけど。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

カワサキ A7 アベンジャー 其の壱拾参

戻ってきましたキャブレター。
あんど、オーバーホールキット。
IMG_59371.jpg
IMG_59381.jpg
A7 初期型 専用品です。
こんなの作ったって需要が無いでしょうね。
よくこんな物作ってくれましたよね。
感謝感謝「岸田精密工業」さん。

多分ですが、初期型のキャブには、
フランジ部分にこんな刻印があるハズです。
IMG_59391.jpg
何を意味するのか解りませんが、”の”と刻印されています。
もう片方には”ね”と刻印されています。
「310」さんの所で見た後期のA1キャブには、
”JIS”と刻印されていました。
メーカーに確認した訳でも、識者に確認した訳でもありませんので、
あくまでワタシの予想ですケドね。

さぁ、オーバーホールキットを組んでしまいましょう。
・・・・ちょっと待て、
丁度定盤が出ています。
まだ書いていませんが、メグロのSGをやった時にキャブが歪んでいて、
面研をしたんです。
これも一応調べておいたほうが良いのでは・・・・

IMG_59401.jpgIMG_59411.jpg
めっちゃ歪んどるわ。
面研が必要です。
ところが、このフロートチャンバー、
真ん中にオーバーフローパイプが突き出ていて、
ちょっと面倒です。
でもやらない訳にはいきません。
これだけ歪んでいたら、新しいガスケットも意味がありません。

一辺ずつ・・・シャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコシャコ・・・・・
むぅ~時間がかかる。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 理不尽な障害 其の壱拾四

っと、一通り文句を言い終わったところで、
本筋に戻りましょう。

でも、もう終わりなんですけどね。
無事に車検も取れましたので、晴れて公道デビュー、
キャブの調整を少々やって、
あとコレ、
IMG_5653.jpg
XS充電系のキモ、ACGローターの交換。
まだ充電はしているのですが、遅かれ早かれダメになる部品なので、
この機会に交換しておきます。

まぁ、近くにお住いならダメになるまで使ってもらう所ですが、
福岡ではね・・・・無理でしょ?
あちらでよいバイク屋さんが見つかれば、ソコでやってもらえばいいんですけど、
ワタシもオーナーさんも当てがないので・・・・


これで充電もバッチリ!
エンジンも調子良い!
外観も、
IMG_5654.jpg
磨きましたよ、リム。

あとはオーナーさんが取りに来るのを待つだけ。



え?取りに来れない?
バイク運送で送ってくれ?
まぁ、その方が良いでしょうね。
了解、運送屋さんのデポまでの足代はかかりますが、発送しますよ。

ん?運送屋さんのBASさんの最寄りのデポは・・・・厚木?
この間行った相模原の車検場の更に先・・・・・
メッチャ時間かかるやんか。


早朝に出発しましょう。
AM5:00起きです。
道が混まないうちに到着して、
向こうで待つ位にしましょう。


到着!
IMG_5708.jpg IMG_5709.jpg
あの倉庫群の隣にBASさんの事務所があります。
一応この場でエンジンをかけてみて、
調子が良い事を確認してから引渡します。

はぁ~、これにてお役御免です。
思わぬトラブルに見舞われた為、
きっと忘れられない車両になりますね。

ちょっと遠くへ行ってしまいますが、
彼の地で達者に暮らせよ!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

カワサキ A7 アベンジャー 其の壱拾弐

次いきますよ、次。
燃料ホースの問題を処理しましょう。
何が問題なのかというと、
IMG_5793.jpg
この社外品のガソリンコックが原因です。

マッハ用等として市場に出回っているんですが、
本来のモノより出口が太いんですよ。
キャブへの入り口はそのままですから、
燃料ホースが合いません。
ガソリンコック側に合わせてホースを選択すると、
キャブの入り口がガバガバで、クランプを使えば何とかなるかな?
なんて考えたんですが、どんなに締めてもガソリンが漏れます。
逆にすれば、当たり前ですがコックに取り付け出来ません。

じゃぁどうするか?
アダプターを取り付けます。
市販品でそんな物が有ったと思うのですが、
注文しても来るのは遅いし、
近くに部品の量販店も無いので、作成しましょう。
出来るかな~
今まで複雑な物は作った事が無いですからね。
ハッキリ言ってね、作ってみたいんですよ!

IMG_5795.jpg
IMG_5791.jpgIMG_5792.jpg

こんなモンですかね。
上出来、上出来。
IMG_5794.jpg
これで内径の違うホースを接続出来ました。
問題解決!!


ステムもおかしいんです。
動きが渋いんですが、これはスグに解決します。
ステアリングダンパーの締め過ぎでしょう。
IMG_5797.jpg
結構、「これは締めておかないといけない」と思っている人がいるみたいで、
よく有る事なんです。
トップブリッジに有るダンパーノブをキュキュキュッと緩め・・・



ノブだけが取れましたよ。
コレってダミーなの?
違いますよね?
?????????
どーなってんでしょう。

ステアリングはまだ渋いままです。
どーにかしないと走るのは怖いですからね、
IMG_5798.jpg
ステムナットを緩めてみましょう。

・・
・・・スムーズにはなったんですが、
IMG_5824.jpg IMG_5825.jpg
こんなんなれへんやろ、絶対おかしいわ。
ナットがトップブリッジから浮くなんて有り得へん。
下手な事する前に「310」さんに聞きましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する