2010-03

ウチでいいんですか? 500SS 其の九

来ましたよ、ベアリングプーラーが。
早速使ってみました。
IMG_4309.jpg
これでやっと磨きに出す事が出来ます。

フロントのベアリングも同じ様に取り外して、
予め注文しておいた新しいベアリングを打ち込みます。
そして、折れていたスナップリングですが・・・・
在庫部品を探した所、何とドンピシャ!
IMG_4312.jpg
丁度良い物が有りました。
以前、CL125のフロントフォークをオーバーホールした時、
同じ様にリングが折れていて、純正部品も欠品、
出入りの業者さんに頼んで探して貰った物です。
やはり一つ二つでは頼めないので、
20個位まとめて頼んだんですが、
仕方ないとは言え、きっと今後使う機会は・・・・・
なんて思っていたんですが、
思わぬ所で役立ちました。
「備えあれば・・・」ってヤツですね。

IMG_4314.jpg
忘れちゃいけない、メーターギヤ内も古いグリスを取り除いて、
新しいグリスをしっかり入れておきます。

IMG_4317.jpgIMG_4318.jpg
やっぱりスポークがキレイだと見栄えが違います。
リヤもやり終えたらきっと・・・

オーナーさんが送ってくれた部品の中に、
追加作業の部品が入っていました。
それがクラッチレリーズなんですが、
特に今付いている物が不具合が有ると言う訳ではないので、
きっと改良版なんでしょう。
まずは今付いている物を外します。
IMG_4315.jpg
フロントのスプロケは外さないといけない様です。
IMG_4316.jpg

新旧を比べてみましょう。
IMG_4319.jpgIMG_4320.jpg
IMG_4321.jpgIMG_4322.jpg
果たしてどんな効果があるのか?

IMG_4324.jpg
軽くなるんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ウチでいいんですか? 500SS 其の八

「ハスコー」等の高級品は買えませんが、
以前の会社でも使った事が有り、
必要十分な性能と、お買い得な値段のベアリングプーラーを注文しました。

工具が来るまでの間、フロントの方をやってしまいましょう。
IMG_4300.jpg
アクスルシャフトごと外すタイプなんですね。
シャフトを外すにはっと・・・
IMG_4301.jpg
こっちじゃないですね。
IMG_4303.jpgIMG_4304.jpg
こっち側ですね、
コレがナットになっているんでしょう。
IMG_4305.jpg
シャフトをバイスでしっかりと固定して、
始めはちゃんとしたスパナを使っていたんですが、
固くて全く動かなかったので、ゴツイモンキーレンチで再チャレンジ、
おりゃ~
固いなぁ~、全然動きませんねぇ。
まぁ、よくある事なのでじっくりと持久戦です。



OK、OK時間はかかりましたが無事に外れました。
あれ?
ホイールベアリングを留めているスナップリングが・・・・・
IMG_4306.jpg
折れてる、、、、、

厄介ですねぇ、
以前もこんな事が有りましたが、外し難いんですよ、こうなってしまうと・・・
部品も有るのかなぁ。

苦心の末何とか外しました。
ベアリングも交換ですね、チョット動きがスムーズではありません。
後輪と同じ様に、スポークは何の問題も無く全て外れたんですけどね。
折角なのでリムも磨いて、
スポークの交換に入ります。

まずは内掛けを軽くリムに組みます。
IMG_4308.jpg
組めたら振れ取り台にセットして、外掛けを組んでいきます。
IMG_4310.jpg
じれったいとは思いますが、ここで焦ってはダメです。
少しずつ、少しずつニップルを締めていきます。
全体的に締まってきたら、いよいよ振れ取りです。
地味ぃ~な作業ですが、大切な作業です。
IMG_4311.jpg
よっしゃ、スポークOK!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ウチでいいんですか? 500SS 其の七

一応エンジン関係の問題が解決したので、
足周りにいきましょう。

始めはリヤのハブをバフ掛けしたいと言っていたのですが、
IMG_4283.jpg
「ハブがキレイでも、スポークが光ってないと見栄えも半減しちゃいますよ。」
という話から、
「折角後ろをキレイにしたんなら、前もどうです?」
なんて話になり、
結局最終的には『前後スポーク交換、リヤハブを磨きに出す』
という事になりました。

早速リヤを分解して、ミガキに出すモノは出してしまいましょう。
IMG_4286.jpg
後ろの場合はハブと、
IMG_4290.jpg
スプロケットの付いていたボス部分、
IMG_4291.jpg
それにブレーキパネルの三点を磨きに出す事になります。
専門の磨き屋さんに出すと、結構な値段になってしまうんでしょうね。

ここで追加交換部品が判明しました。
IMG_4285.jpg
リヤスプロケット、使えない訳では有りませんが、コレは交換しておいた方がいいでしょう。
きっと部品は「アファム」さん辺りで有るでしょう。

IMG_4292.jpg
まずはタイヤを外します。
流石マッハですね。
オフ車でもないのにビードストッパーが二つも付いています。
コレが有ると結構面倒臭いんですよねぇ。
若かりし頃は組むのに大苦戦しましたよ。

IMG_4294.jpg
タイヤを外したら、振れ取り台にセットしてスポークをバラしていきます。
なんと一本も固着していませんでした!!
保管場所が良かったんでしょうね。
みんなこうなら楽なんですけど。

IMG_4299.jpg
さぁ、磨きに出すに当り、付属品は全て外さないといけません。
ベアリングを外そうと思ったんですが・・・・・
いつもの様に裏から「ど突いて」外す事が出来ません。
いつか来るとは思っていたんですが・・・・とうとうこの時が来ましたね。
ベアリングプーラーを買う時が!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ウチでいいんですか? 500SS 其の六

エアクリーナー装着完了。
IMG_4097.jpg
コレで吸気側は問題ない筈ですから、
次に問題になるのは排気側、
IMG_4098.jpg
チョット走っただけで、
IMG_4099.jpgタイヤにこんな跡が付く位、未燃焼オイルが飛び散ります。
ちょいとコレは危険では?
マッハだとこんなモンなんでしょうか?

まず確認しないといけない事は、
オイル量の調整。
IMG_4101.jpg
多目に出る様に調整しているのかと思ったんですが、
どうやら正規の調整をしているようです。

そうなると、マフラー内に溜まっているんでしょうねぇ、
やらないとダメでしょう、マフラーの掃除を。
IMG_4275.jpg
まず心配だったのは、インナーサイレンサーがスンナリと抜けてくれるのか?
状態は悪くないので大丈夫だと思うのですが、

・・
・・・
一安心、3本とも無事に抜けてくれました。
IMG_4287.jpg
途中で腐り落ちてもいませんし、
灯油で洗浄し、仕上げはバーナーで焼いていきます。
IMG_4289.jpg
全てのカーボンが取り除けるという訳ではないですが、
それでもだいぶキレイになります。
もちろん、本体の方も同じ様に掃除をします。

そうこうしている内に2日程経ち、錆び取りをしていたタンクも出来上がった頃でしょう。
では、成果を見てみましょうかねぇ~
液を抜いてみましょう。






え~、もう1日待ってみようかな・・・・



何ですかコレは!?
IMG_4107.jpg
オカシイ!!
普通錆び取りをしたら、
IMG_4109.jpg
こういう地肌になる筈なんです。
今までずっとそうだったんですが、今回はアレでしょ、
錆び取りの効果もイマイチですし・・・・・
きっと何かしらの処理がしてあったのではないか・・・と。
困りましたねぇ~

しかしまぁ、
大きな錆びは取れたので、普通に使用するには問題ないでしょう。
ちょっと納得出来ませんが。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ウチでいいんですか? 500SS 其の伍

後日、「ガレージ310」さんの所へ行って、
キャブのチャンバーガスケットを譲ってもらってきました。
IMG_4075.jpg
他の物と違って、310さんの物はゴム製になっていますので、
ビスの締め過ぎには注意して下さい。

買いに行ったついでに色々と聞いてきたのですが、
キャブのスライドピストンにロッドが付いているのですが、
コレを曲げてしまう人が多いそうです。
コレが曲がってしまうと、ピストンがスムーズに動かなくなり、
最悪の場合、開いたまま閉じなくなってしまうかもしれません。
それは・・・・・危険です!!
IMG_4076.jpg
早速再度分解して点検してみましょう。
IMG_4077.jpg
コレですね、
目視ですが大丈夫そうですね。
ヨカッタヨカッタ。


そんなに酷い状態ではないんですが、
万全を期す為にはコレもやっておかないといけません。
IMG_4090.jpg
ガソリンタンクの錆び取り。
上手く写りませんでしたが、底の方にサビが出ているんですよ。
何時それが剥がれてワルさをするとも限らないので、
処理しておきましょう。
IMG_4094.jpg
IMG_4093.jpgIMG_4095.jpg
口一杯までしっかりと入れて、1日、2日安静に・・・

そうこうしている間に、オーナーさんから荷物が届きました。
その中の一つ、
IMG_4096.jpg
新品エアクリーナー、
本当にフジツボみたいですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

珍しく現行車 ブロンコ 其の弐

出来る事ならキャリパーもオーバーホールしたい所ですが、
IMG_4371.jpg
流石にソコまではなぁ~
動きも渋い訳ではありませんし、
IMG_4372.jpg
ピストンをブラシで磨いてキレイにする程度で十分でしょう。
ブレーキフルードはキレイだったので、きっと交換したばかりだと思います。

新品のフロントフェンダーです。
IMG_4373.jpg
やっぱりコレが無いと締まりませんね。
ワタシはそう思うんですが・・・

フロントのタイヤを正規の物にしたので、
リヤも合わせたいですよね。
トレッドパターンが前後で全く違いますので、
乗り味がおかしくなってしまうかもしれませんしねぇ。
ただ、ちょっと値段がね、でもまぁ折角ですから、
少々ワタシの利益を削れば・・・・
タイヤ交換と一緒に、ブレーキドラムも清掃と給油。
当たり前ですけど、
IMG_4370.jpg

IMG_4374.jpg
コレも当たり前ですが、エンジンオイルとオイルフィルターは交換。

バッテリーも、
IMG_4375.jpg
ヘンテコな物が付いていたので、(サイズも違うし)正規の物へ交換。
IMG_4376.jpg
これが思った以上に痛い出費になってしまいました。
最近バッテリーの値段が高過ぎる!

気になっていたキャブもやってしまいましょう。
IMG_4378.jpg
ついでにコレも交換。
IMG_4379.jpg
内側まで達するような亀裂は有りませんでしたが、こんな状態では不安が残るでしょ。
IMG_4380.jpg
インマニを交換する時は、一緒にバンドも交換する事をオススメします。
バンドが伸びてしまって、しっかりと締まらない可能性が有るからです。

キャブの方は、主要なOリング、パッキンを交換して、
念の為にフロートバルブも交換・・・・したいんですが、
IMG_4381.jpg
フロートピンが抜けない!!
くそ~!現行車のくせにこんな事で手こずらせないでくれよ。


・・
・・・
色々と手をつくし、何とか抜けました。
IMG_4382.jpg


楽に納車できると思っていたんですが、なんだかんだで色々とやってしまい、
結局費用もかかってしまいました。
お客さんから聞いている上限金額を越える訳にはいきませんので、
やればやるだけウチの利益が・・・・
しかし、やらずにはおけないんですよ。
折角安く仕入れて貰ったのにゴメンナサイ。
今回も薄利です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

珍しく現行車 ブロンコ 其の壱

チョット前に、酷い事になっていたセローが有ったじゃないですか、
そのオーナーさんの次のバイクが見つかりました。

同じセローのエンジンを積んだブロンコです。
IMG_4331.jpg
IMG_4332.jpg
武蔵村山にある「AZミヤザキ商会」さんに探してもらったんですが、
ご好意によってだいぶ安く譲って頂きました。謝謝

コレならウチに結構な利益が!
と期待していたのですが、、、、、、悪い虫が騒ぎ出しまして・・・・・

納車するにあたり多少整備はするのですが、やり過ぎた。
まずはフロントフェンダー
IMG_4333.jpg
本来の物より太いタイヤを履いている為、
フロントフェンダーを取り外してしまったんでしょうね。
タイヤも交換しないとフェンダーは付きそうも有りません。
まぁ、それ位交換しても十分利益は出ますので、
全く問題ナッシング。

あと、オイルはもちろん交換でしょ。
それに、エアクリーナーは・・・
IMG_4334.jpg
セローと同じなんですね、
つまみ出してみようとすると、
IMG_4337.jpg
あかん、コレは交換決定。
エアクリーナーがこんな状態という事は、キャブに吸い込んでいるかも・・・・
一応エンジンは好調なんですが・・・・・

フロントのブレーキパッドも交換時期です。
ん!?ディスクもちょっと・・・・
IMG_4336.jpg
結構な値段する事は解っているんですが、折角パッドを新品にするんですから、
ディスクがコレでは・・・・・


注文していたタイヤが届きました。
早速交換しましょう。
IMG_4369.jpg
純正のタイヤと比べると、コレだけ太さが違います。
まるでフロントタイヤとリヤタイヤですね。
IMG_4367.jpg
切れたリムバンドをガムテープで貼り付けてあります。
きっと予定外に切れてしまって、苦肉の策だったんでしょう。
ウチも予定外でしたが、幸いな事に在庫が有りましたので、
ここは交換しておきましょう。
幾らでも有りませんしね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 移植手術 其の六

ちょいと試乗してきましたが、なかなか良い感じです。
今まで消えなかった異音も今の所は出て来ません。
これならきっとプラグの焼け具合も・・・・
IMG_4269.jpg
チッ、
やっぱりそんなに上手くは行きませんか。

でもこうなると、原因はエンジンの可能性が高いですよね。
まぁ、プラグの焼けがどうであろうと、実際に走って調子が良ければ、
それでもいいのでは?
と思いますが、何となく気分は良くないですよね。

とりあえず調子は良いので、
問題のバタフライバルブのカシメをどうにかしましょう。
色々考えたんですが、こんなのドウデショウ?
IMG_4270.jpg
ハンダで留めてみました。
コレもコレでやり難かったのですが、
どうにか出来ました。
コレで多分取れないでしょう。
ダメだった時は・・・・・その時です。


もう一つ、手直しが必要な所があります。
IMG_4271.jpg
ガソリンホースの取り回し、
これがね、今までは一つのキャブから1本づつ入り口になるホースが出ていたのですが、
このキャブでは二つのキャブの真ん中から1本出ているだけなので、
それをガソリンタンクの二つのコックに繋ごうと思うと、結構無理がかかるんですよ。
ガソリンの流入がスムーズではないので、消費量が多い走り方をすると、
ガス欠の様な症状になるかもしれません。

IMG_4273.jpg
そこで、コレを買ってきました。
T型のコネクタを使っていたんですが上手くいきませんので、
このY字でやってみます。
IMG_4274.jpg
だいぶ良くなったんですが、コレでもまだスムーズではありません。
何か良い手は有りませんかねぇ~




そういえば、
以前ガソリンコックをリプロ品に交換した時に、
一緒に付いてきた物が有りました。
IMG_4276.jpg
これこれ、その時は使う必要が無かったのですが、とっておいてよかった。
IMG_4281.jpg
コレでバッチリ!

コレで暫く乗っていてもらいましょう。
時期をみて、次はいよいよエンジンに着手?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 移植手術 其の伍

このキャブを付けるに当り、
オーナーさんが気にしていた事があります。
それが、『ノーマルのエアクリーナーが付くのかどうか?』
ダメならパワーフィルターでもいいと言っていたのですが、
出来る事ならノーマルを付けられた方がいいですよね。

パッと見、何とかなりそうな気はしたんですが、
IMG_4262.jpg
何とか付きます。
ただし、
IMG_4263.jpg
こんな感じ、
本来は付いているハズのコレを外せばね。
IMG_4264.jpg
このゴムのインシュレータが有ると、径がチョット小さくなってしまって付かないんですよ。

一応付く事は付くので、
このままでもいいのかもしれませんが・・・
折角だからもう少し工夫をしてみましょう。
IMG_4265.jpg
小学生の工作みたいですが、薄いゴムのシートを巻いてみました。
取り付けてみると、
コレが思った以上に上手くいきました。

IMG_4268.jpg
付ける物を付けてみて、
IMG_4267.jpg
とりあえず試乗してみましょうか。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

二足の草鞋生活・・・一旦終了

2年チョイになりますかねぇ~
本業とコンビニバイトの二重生活。

今朝の勤務を最後に、アルバイトの方は一旦終了します。
コレで本業に専念出来ます。
が・・・・・
決して儲かっているから辞めた訳では有りません。

時間のかかる修理が増えて、一台を消化するのに非常に時間がかかり、
とてもではないけれど、二重生活をしている余裕が無くなったからです。

これから大変です。
本業のみでアルバイト分の稼ぎを捻り出さないといけないからです。
今回心底思ったんですが、
雇われの身って、不自由だけど気が楽。

でも、ここで頑張らないといけませんからね!
また二足の草鞋生活に戻らないようにしないと!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

HT1 フロントタイヤ

以前ウチで電気系のトラブルを修理したHT1なのですが、
タイヤの交換を頼まれたんです。
なにせ、一体何時のタイヤなの?って言う位ヒビ割れが酷いんです。
安全の為にも早く交換してもらう様に言っていたんですが、
いざ交換しようと思ったら・・・・・


フロントタイヤが無い!!
正確に言うと、同サイズでオフロードタイプのタイヤが無いんです。
純正サイズは『2.75-18』というサイズなのですが、
ダンロップ、ブリジストン、IRC、ミシュラン、メッツラー、無いっス。
まさかこんな事でつまづくなんて・・・・・・・

後ろは有るんです。
後ろのサイズは『3.00-18』
コイツなら純正の様なブロックパターンのタイヤが有るんですがねぇ~

純正タイヤを作っていたのはヨコハマタイヤ、
既に二輪のタイヤを作らなくなってから相当経ちますので、
もう在庫も無いでしょう。

こうなったらもうロードタイヤを履くしかないですよね。
ロードタイプならフロントも有るんですよ。
う~ん・・・・でもなぁ~
あの車体にロードタイヤは無いやろ~

どうにかオフロードで行きたいなぁ。



ひょっとして、、、、やる価値は有るかな?



そして注文したのは「ダンロップのトレールユニバーサル 3.00-18」
コイツを一本だけ注文しました。
試しにフロントに付けてみようと思ったんです。
<ダメで元々、当ればラッキー>
やってみましょう。
ダメなら又その時に対策を考えましょう。


・・
・・・
IMG_4383.jpg
付いちゃいました。
IMG_4384.jpg
バッチリです。
フロントが少し太くなった分、操縦性がどうなるかは解りませんが、
とりあえず取り付けは問題無く済みました。
いや~何事もやってみるモンですねぇ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 移植手術 其の四

さて、コレで一番の問題はクリアしましたので、
後は細々とした辻褄合わせです。

IMG_4252.jpg
とりあえず、アクセルワイヤーを造るんですが、
その前に始動チェックしておきましょう。
いつもの様に別タンクからガソリンを供給して、
アクセルのリンクを直接手で操作します。

ココでエンジンがかからなかったら泣いちゃうよなぁ。
チョークを引いて、
キックを1回・・・・2回、
ドドン!!
ダダッ、ダダッ、ダダッ・・・・
よっしゃ~!!

いいですねぇ、
異音も今の所出ていないし、調子もソコソコです。
コレで一安心です。

では、造る物を造ってしまいましょう。
IMG_4253.jpg
アウターの長さは大して変化しませんので、
今まで使っていた物を使用します。
インナーだけ、もう少し長く造ってあげるだけです。
ワイヤーエンドのタイコは、英車用の物ではちょっと大きかったので、
旋盤で少々外周を削ります。
IMG_4254.jpg
コレでOK。

あとはアウターの受け部分、
IMG_4257.jpg
これでは一応引っ掛かっているだけで、外れない保障は有りません。
どうしようかなぁ~、
何か使える部品でも転がっていませんかね?

・・
・・・
・・・・
コレいいんじゃない?
IMG_4256.jpg
これなら後で微調整も出来ます。
準備は整いましたので、インナーワイヤーを作成します。
作り方は以前も書いたので省略。

コレでバッチリ、順調ですよ。
・・・・と、思ったんですが、
いざエンジンに取り付けてみると、
IMG_4259.jpg
うわ!アカンやん!!
このブリーザー邪魔やなぁ~
仕方ない、出来れば調整出来る様にしたかったんですが、
ナットを外しましょう。
IMG_4261.jpg
調整は効きませんが、コレなら問題なく取り付け出来ます。

たしか、トランジスタ点火になった80年以降のモデルって、
このブリーザーパイプが1本になっていたと思うんですが、
それが有れば邪魔されずにアクセルワイヤーを取り回し出来るんですが・・・・・
今後の課題ですね。
オーナーさんにはオークションをこまめに見てもらい、
もし有ったら落札しておいてもらいましょう。
IMG_4262.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 移植手術 其の参

やるしかないッスよねぇ~
やらないと動かないんですから。
問題の部分を1度切り離してから反対側に溶接します。

じゃぁ、まずは分解しますか、
問題の部分だけにしたいので・・・・
ほぼバラバラにしないといけません。
IMG_4239.jpg
問題なのは左のキャブだけなので、右は置いておきます。
IMG_4240.jpg
こいつねぇ、
何が問題って、例の部分がバタフライバルブを取り付けているシャフトと一体なので、
IMG_4241.jpg
このバタフライバルブを外さないといけません。
ですが、コイツを留めているビスがカシメてあるんですよ、
この様に、
IMG_4242.jpg
外す事は出来ます、
が、問題は取り付け・・・
ビスを締めこんだ後、この様にカシメる事が出来ません。
もしこのビスが緩んで脱落してしまったら・・・・・・・確実にエンジンはオシャカです。
そんな事にならない様に、なんとか緩み止めの処置をしておきたいんですが、
・・・後で考えましょう。


このカシメてあるビスは、ドライバーで確実に回せば取り外す事が出来ます。
IMG_4243.jpg
バタフライを外したら、シャフトの端に有るキャップを外します。
すると、Eクリップで留めてある部分が現れますので、
IMG_4244.jpg
こいつを外すと、見事シャフトを引き抜く事が出来ます。
IMG_4245.jpg
シャフトを傷付けないようにしっかりとカバーして、
問題部分をサンダーで切り取ります。
そして、反対側に溶接。
IMG_4247.jpg
簡単な様でナカナカ・・・・・
(因みに、シャフト部分には要らないピストンピンを被せています)

出来ればこの後、ユニクロでもクロメートでもいいので、表面処理をしたい所なのですが、
クリア塗装で勘弁して下さい。
塗装が乾いたら組み立てていきます。
いやぁ~上手く行くかなぁ~
加速ポンプのロッドもチョット長い物に作り直して、
いざ、エンジンに仮付け!
IMG_4248.jpg
バッチリじゃないですか!!!
OK!OK!
二つのキャブをちゃんと連結させて、
IMG_4251.jpg
スバラシイ出来です。
センサーは・・・・・要らないですね。
無駄な物を付けるとトラブルの元です。
シンプルイズベスト。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 移植手術 其の弐

絶対、コレが簡単に付く様なら、
こっちに換えてしまった方がいいですよね。
キャブなんて消耗品なんですから、
いくらオーバーホールをした所で、減った金属は元には戻りませんし、
部品がいくらでも出て来る訳では有りませんから。
まぁ、純正にコダワリが無ければの話ですが・・・・

よし、早速実車に取り付けてみましょう。
この車両は78年式のSPなのですが、
このままのインマニでは大きいので、一回り小さいヤツに交換しなければなりません。
それも、「アールプロジェクツ」さんに売っているので、
既に用意済み。
IMG_4230.jpg
この金属のカバーの様な物も、取り付けの際に邪魔になるので付けません。
というより、インマニを小さい物に交換したんだから付く訳無いですね。

インマニの交換も終わって、
いざキャブを付けようと思ったんですが、
IMG_4228.jpg
この二つのキャブを連結しているバーが、フレームに干渉してしまう為、
取り付け出来ません。
それなら外してしまいましょう。
IMG_4229.jpg
連結しているバーはもう1本有るので、きっと問題無いでしょう。

これでどうだ!
IMG_4231.jpg
おお、見事に付きました。
バッチリじゃないですか・・・・
ただ一つの大きな問題点を除いて、、、、、、
IMG_4236.jpg
解りますかねぇ~
インマニを留めているボルトに、加速ポンプのアームがジャストミートしているんです。

やっぱりそんなに上手くいくモンじゃないですね。
IMG_4237.jpg
ココ、ココ、コイツさへクリア出来ればいいんですけどね。
IMG_4238.jpg
この加速ポンプのロッドが、今は右へ向いていますが、
クルッと180度回転して、左向きに付く様に出来ればなぁ~

こういう時は、前任者の足跡を辿ってみましょう。
・・・・・・ネット検索中・・・・・・・
何々、やっぱりコレが問題ですよね。
え~っと、この方はどうやったのかな?



アームを切り離して半田付け・・・・それで強度は大丈夫なの?


自分のだったらダメ元でやりますが、
お客さんのですからね・・・・どうしましょ・・・・
っていっても、方法は一つしかないんですけど。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

アリエル 車検・・・だけで済む分けない 其の伍

まずはドラム内をキレイにしましょう。
IMG_4173.jpg
振れ取り台にセットして、サンドペーパーでシャーーーーーっとね。
IMG_4178.jpg
まぁ、こんなモンでしょう。
あまりやり過ぎもよくないので、汚れが取れる位で止めておきます。
本来なら、大きな旋盤で一皮剥いて上げた方がよりいいのでしょうけど、
ウチにはそんな大きな旋盤はありませんので・・・・

当たり前ですが、こちらもキレイにしてグリスUPしましたよ。
IMG_4179.jpg

IMG_4180.jpg
前輪も似た様な物ですね。
IMG_4181.jpg
こちらもだいぶブレーキダストが溜まっています。
同じ様にしてサンドペーパーをかけていきます。

IMG_4182.jpg
大丈夫だと解っていても、両輪の無いこの状態で長時間放置したくないですね。
という事で、サクサクッとタイヤを付けてしまいましょう。
取り付けるタイヤはオーナーさんが取り寄せてくれていました。
IMG_4184.jpg
高い高いAVONのタイヤです。
ハッキリ言って、曲がるタイヤでは有りません。
平ぺったいタイヤなので、直線を走るには安定していていいのかもしれませんが・・・

でも、こんなトレッドパターンのタイヤって他に無いんですよね。
IMG_4183.jpg
英車には合うんですよ、このパターンが。
背に腹は換えられないと言う事でしょうか、
倍の値段するのに、性能は良くない、
それでもこのタイヤにしたい!
英車乗りにはそういう人が多いです。
まぁ、車体の性能が大した事無いので、タイヤ以前の問題が有るんですが。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

一時営業中止?

いや~、困った困った「こまどり姉妹」!

なんて島木譲二さんのギャグを引用してしまう位困りました。
最悪一時営業中止になるかも!

事が起こったのは昨日の早朝AM2:00、
いつもの様に、アルバイトへ行く準備をしようと、
1階の店に降りて行った所・・・・何故か部屋の片隅が水浸し、
「なんやこれ?」
窓でも開けっ放しにしていて、雨でも入ったんか?
と思いましたが、窓はしっかり閉まっていて、カギまでかけてあります。
??????????????????
おかしいなぁ、でも、尋常ではない水の量です。
窓枠の辺りから来ているようなんですが・・・
??????????????????
とりあえず、こんな時間ではどうしようもないので、
水をせっせと拭き取り、アルバイトへと出かけました。

AM6:00、帰って来て見てみると異常は有りません。
疑問に思いつつも、掃除と子供の世話が有るので2階へ上がり、
それらをこなしてから1階へ降りてみると・・・・・
水が・・・・・ひどいよ・・・
おかげでラジカセがつぶれてしまい、音楽どころかラジオも聞けなくなってしまいました。
一体原因は何でしょう?



ああ!お風呂だ!!
そう、ウチは洗濯の排水をお風呂の排水と一緒に流しているんですが、
夜洗濯をしました。
そして朝、残っていたお風呂のお湯を排水しました。
丁度ココの上はお風呂です。
配水管でも外れたんでしょうか?
このままではお風呂が使えません。
大家さんに連絡です。

スグに業者さんを手配してくれたんですが、
どうやら天井を剥さないと詳しい事は解らないという事で、
明日、改めて作業を・・・という事になりました。

そして今日、
IMG_4329.jpg
天井の一部を剥して見てもらったんですが・・・・・
配管ではなく、お風呂の床がダメらしい事が解りました。

2階のお風呂の改修だけで済めばいいんですが、
ただでさへ弱いウチの天井及び壁、水を吸って更に脆くなっている筈、
1階の天井と壁はこのままで大丈夫なのか?
もし、1階も改修が必要になったら、暫く営業中止せざるをえないですよね。




非常~にキビシィ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する