2009-11

戻ってきちゃった・・・ トーハツ PK 其の伍

あれから、何度かキックしてみたのですが、
全くかかりません。
火はちゃんと飛んでいるので、他の要因だと思うのですが、
??????
圧縮は高いとはいえませんが、こんなもんでしょう。
ガソリンも来ている。
何故かからない?

やはり圧縮が抜けてしまっているのでしょうか?
それにしては、かかる気配も全く無くなってしまったんですよね。
まぁ、原因であるにせよ、違うにせよ、このままにはしておけないので、
圧縮漏れから直していきましょう。

今回は0.2mmのアルミ板でガスケットを作ったのですが、
次はもうちょっと厚めの銅板で作ってみようと思います。
と思って銅板を探したのですが、ホームセンターで売っていたのはコレだけ。
IMG_3593.jpg
0.5mmとちょっと厚い。
オマケに高い。
うう、でも仕方ありません。
こいつで作りましょう。

IMG_3594.jpg
まずは四隅のボルト穴を開けます。
0.5mmだと流石に硬いですね。
一箇所穴を開ける毎にポンチを砥がなければなりません。

次にメインの穴を開けていきましょう。
ここで小さな金切りバサミが有ると便利なのですが、残念ながら持っていません。
使い難い大きな金切りバサミと、
ハンマー、タガネを駆使してどうにか作りました。
IMG_3595.jpg
どこかに売ってないかな?小さい金切りバサミ。

結構無理やり切ったので、歪みが出てしまっています。
これを修正して・・・
IMG_3596.jpg
こんなもんですかね。
最後の仕上げにバーナーで軽く炙って、
ヘッドガスケットの完成!

ヘッドガスケットが完成したので、
サクッと組み付けてしまいましょう。
液体ガスケットも塗ってシッカリと圧縮漏れの無いように・・・
ヘッドのボルトをキュキュッと・・・グリン!?

・・
・・・い・・・・いやぁ~な感触・・・・・・

まだそんなに強く締めてないから、オーバートルクではない筈、、、、、
でも、、、、幾ら締めても締まる気配無し!

恐る恐るボルトを抜いてみると・・・・・やっぱり折れてる~(泣)
IMG_3597.jpg
こんな旧規格のボルト、そうそう手に入らないですよ。
折角終わりそうだったのに~
大ショック!!!
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

戻ってきちゃった・・・ トーハツ PK 其の四

やった~!!!!
火が飛びましたよ、それも結構良い火が!

よしよし、これできっとエンジンもかかることでしょう。
逸る気を押さえて、プラグをエンジンに取り付けます。
万感の思いを込めてキック・・・・

   いや~、一時はもう諦めムードだったんですが、
   思わぬ方向から光明が差してきました。
   まぁ、これでヘッドライトは使えなくなってしまいますが、
   エンジンのかからない置物になるより百倍マシでしょう。

一回目のキックではかかりませんでしたが、かかりそうな気配は十分にあります。
二回目・・・バスバス・・・・
三回目・・・バババン、バン、バン、バン・・・
かかった~!!!!
OK!OK! 早速試乗してみましょう。

近所を数百メートル走って帰ってきました。
うん、走っている間は快調です。
あとはアイドリングが安定すればOKでしょう。
帰ってきたらエンジンが止まってしまいましたが、
調整でどうにかなるかな?

それと、ヘッドから圧縮漏れが少し有ります。
ちょっと気になるのでどうにかしましょう。
もしかしたらこれが原因で止まったのかもしれませんし。

もう少しで終わるぞー
ガンバロー

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

八王子市クラシックカーパレード (いちょう祭り)

すっかり忘れていました。
もう『いちょう祭り』の時期じゃないですか。
今朝嫁さんに言われて気付きましたよ。

実は昨日の11月21日からやっているんですが、
メインイベント(私にとっての)であるクラシックカーパレードは今日なんです。
これは行っておかなければなるまい!


寒!!!
しかも微妙な雨付き。
昨日は良い天気だったのに、何故に今日はこんなに寒いの?
何だか、天気の良い日に当る確立が少ないよね、このイベント・・・・

今回は『いちょう祭り』の記念すべき30回目らしく、
結構力を入れているようで、あちこちで色んな事をやっています。
他の地域でもやっているので、もう発祥地が何処なのかどうでもよくなってしまった「よさこい」
IMG_3935.jpg
大小を合わせると数箇所でやっていたようです。
IMG_3947.jpg IMG_3948.jpg
何時の間にこんなに流行したんですかね。
何処の祭りに行ってもやっているような?

お約束の音楽ライブもやっているようです。
向こう側から音楽が聞こえます。
出店も結構な数が出ていますし、
IMG_3945.jpg
学生主体のイベントや、プロレスのリングまで有りましたね。

さぁ、メインイベント(私的には)ですよ。
エントリーした車が全て走れば、300台近い数になりますが、
果たしてこの天気で何台走ってくるのか?
IMG_3936.jpgIMG_3937.jpg
このボンネットバス毎年来ているのかな?
バスガイドさんも当時者ですか?(失言?!)
IMG_3938.jpgIMG_3939.jpg
       IMG_3940.jpgIMG_3941.jpg
IMG_3942.jpgIMG_3943.jpgIMG_3944.jpg
あれ、もう撮れないぞ!
しまった、出る時バタバタしていたから、容量が小さいメディアを入れたままや。

残念!

そのうち、4輪に混ざって2輪も走れるようになると面白いんだけど・・・
走っちゃダメ!という事は無いんでしょう?
今度主催側に聞いてみましょうかね?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

戻ってきちゃった・・・ トーハツ PK 其の参

お客さんに連絡をとった所、
「少し考えさせてくれ」
「スグにまた連絡するよ」

と言う返事をもらってから、一体何日経ちましたかねぇ~
数週間は経ったのですが・・・

音沙汰ねぇし!!
まぁ、ウチも色々と立て込んでいたので、好都合と言えば好都合だったんですが・・・

返事待ちの間も色々と考えてはいましたし、
オークションを見ては良い出物が無いかチェックしていたのですが、
・・・・無いなぁ・・・・・

面倒事も片付いたので、もう一回やってみようかな?
ひょっとしたら治ってるかも♪
・・・・んな事が有る訳無いのですが、
そんなありえない奇跡に頼りたい今日この頃。
望みをかけてキックをした所!
これが!
何と!





何も起こりませ~ん。当たり前やっちゅうねん!!

はぁ、、、、、どぉしましょ。
IMG_3600.jpg
眺めていても解決しないんですが、他に出来る事も無いし・・・

そういえば・・・
IMG_3598.jpg
コンデンサーから1本出ている線、
これ、何処にも繋がっていないんですよね。
前から気になってはいたんですが、
何も繋がっていなくてもエンジンは快調だったので、
そのままにしてあったんですよ。

・・
・・・
・・・・灯火コイルに繋げて、
点火コイル+灯火コイルで、電力増加!
なんて事出来るかなぁ ハッハッハッ!
ここまで来たらダメ元!!やってみよう!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CB250RS 色々交換 其の弐

IMG_3922.jpg
外したパットですが、まだ使えましたね。
まぁ、お客さんがこの機会に交換して欲しいと言うのだから、
言われた通りに交換しておきましょう。
パットはまだ純正が出ます。
ただし、高いです!!
IMG_3923.jpg
一枚で4000円近くします。
それが2枚必要・・・なんでこんなに高いのでしょう?

以前も書いたかもしれませんが、
油圧ブレーキのメンテナンスで、結構間違った認識がされています。
それは、『リザーブタンクの液が減ったら補給しろ』というもの。
IMG_3925.jpg
減らないから、普通は。
まぁ、絶対に減らないと言う訳ではないのですが、
正常に使っていれば、そうそう減りません。
ブレーキパットが減って、
その分キャリパー側に流れただけですから、
ここで補給してしまうと、新品のパットを入れた時に溢れてしまいます。
このRSも残念ながら補給されていた様で、
少しフルードを抜いてあげないといけませんでした。
現オーナーはやっていないと言うので、前オーナーの仕業でしょうか?

IMG_3926.jpg
未だにウチにはエンドレスチェーン用の専用工具が有りません。
だって、必要ないんだモ~ン!
エンドレスチェーンを付けて欲しいと言われたら断るし、
外すにはサンダーとポンチが有れば十分。
コイツもジョイントチェーンに交換です。

IMG_3916.jpg
本当はスプロケットも交換する予定だったんですが、
部品が出ません。
後期型のRS-Zなら有るんですが、それでは合わないらしいし・・・(確認はしていませんけど)
とりあえず、まだ使えるので今回はそのままで、
それより、
IMG_3917.jpg
スプロケットの取り付けボルトが2本緩んでいましたよ。
手で回る位・・・危ない、アブナイ。

ドライブチェーンを外したら、リヤホイールを外してブレーキのメンテ。
IMG_3927.jpg
IMG_3928.jpg
ブレーキのカムですが、油っ気全く無し!
よく固くならずに動いていたなぁ~
シッカリとグリスを塗って組み付けます。
因みに、リヤブレーキシューもホンダからは部品が出ません。
ですが、旧車の味方「ベスラ」さんのトコロで入手可能です。
相変らず助かります。

最後の作業。
エアクリーナーの交換です。
IMG_3929.jpg
全然見た事も無いというので、大体予想はしていましたが、
IMG_3930.jpg
おお!ヒドイね。
スポンジがグズグズで、摘む事も出来ません。
かき出して新しい物と交換します。
エアクリーナー(もう用を成していませんが・・・)がこの状態では、
きっとキャブの方にも・・・・・そう言えば調子がイマイチって言っていたなぁ。
まぁ、今回はお金も時間も無いので、次回に持ち越しっス。
IMG_3931.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CB250RS 色々と交換 其の壱

ウチではあまりやらない80年代物です。
・・・とは言っても、80年か81年ですけど、
セルモーターが付いたRS-Zの前のモデル、
併売もしていたのかもしれませんが、CB250RSです。
IMG_3912.jpg
エンジンは、XL250Sのエンジンを5馬力UPして積んでいるそうです。
ということで、このエンジンの持病であるオイル漏れはシッカリとあります。
IMG_3913.jpg IMG_3914.jpg
シッカリと、というか・・・結構酷いッス。
ヘッドからクランクケースまでベッタリ。
これさへ無ければ良いエンジンなんですけどね。

お客さんは近くの人なので一旦お帰り頂いて、
今回の作業はバッテリー交換、
フロントブレーキパットの交換、
リヤブレーキシューの交換、
ドライブチェーンの交換、
エアクリーナー交換、

以上になります。
部品は既に入荷済み、ボチボチ作業に入りましょう。

バッテリーはYB9-B、初期充電中。
高いよなぁ~バッテリー、定価で17300円ですよ。
入り値も結構な値段します。

フロントのブレーキからやっていきましょう。
IMG_3915.jpg
ハァ~、油圧か~、ヤダなぁ~。
何だか毎回言っていますね。
IMG_3919.jpg
単純にパットの交換なら、キャリパー背中のカバーを外して、
固定のピンを2本抜けば簡単に交換出来ます。
IMG_3920.jpg IMG_3921.jpg
こんな感じで。
某大型バイク店ならこれだけの作業なのでしょうけど、
ウチの様な町のバイク屋さんはそうは行きません。
ちゃんと分解できる所は分解して、
動く部分はグリスUP。
もちろんブレーキダストは出来る限り除去。
IMG_3924.jpg
このキャリパーは2分割なのですが、
キャリパーが付いている状態で、コチラからボルトを緩めるとやり易いですね。
長い工具が必要になりますけど。


う~ん、何だか長くなっちゃいましたね。
一回で終わらせる予定だったんですが・・・
次回に続く。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

欲しい!! HT1 電気トラブル 其の伍

素直にフライホイールが外れてくれれば、
こんな事もやらなかったんでしょうけど。

浸け置きしている間暇ですからね。
まぁ、暇潰しの様なものです。

電気は正常に発生していると仮定して、
ヘッドライトの接続を切ってエンジンをかけてみます。


ダメですね。


メーター球の接続を切って・・・・


ダメ


テールの接続を切って・・・


やっぱアカンわ


これで、メインキー(ライトスイッチ)から各ライトまでの問題ではありません。

そこで、メインキーを通さずに直結してエンジンをかけてみます。


・・・・・・・これで決定。
フライホイール内の不具合です。


さぁ、どうにか外さないとなぁ~
仕方ない、エンジンを降ろしましょう。
IMG_3629.jpg IMG_3627.jpg
フレームにエンジンが乗った状態のままでは、
潤滑剤がフライホイールとシャフトの間に、ちゃんと浸透していきませんから、
こうやってゴロンとエンジンを横に寝かせればバッチリ!!

これでシッカリと浸透させれば外れるでしょう。
IMG_3628.jpg
しかし、あまりにも叩き過ぎて、シャフトが変形しないかな?
するよなぁ~、でも仕方ないじゃない?
他に外し方無いもん。

もどってきちゃった・・・・ トーハツ PK 其の弐点伍

アウトーって感じですね。
コイルには異常が無かったみたいです。
って事は、フライホイールの磁力低下・・・・

大枚はたいて着磁の機械を作るか?
部品取りのエンジンを探すか?

当時このタイプのエンジンは沢山作られていた様なので、
何とか中古を探せない事は無いと思うのですが・・・・

お客さんに相談ですね。

まぁ、「着磁の機械を作る」は無いでしょう。
部品を探すか、諦めてディスプレイにするか・・・・
何とかエンジンはかかるようにしたいなぁ~

どうなりますか、乞うご期待。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

欲しい!! HT1 電気トラブル 其の四

フライホイールが外れないまま、2日経ちました。
その間ずっと、という訳では有りませんが、外す努力はしてきました。
それでもダメなんです。
ココまでは順調に行っていたのになぁ~

ココまで外れないと、外し方が違うんじゃないか?
なんて思ってしまいます。
いや、でも構造上この外し方で合っている筈なんです!
でも・・・・うん・・・・・・純正のプーラーを使ってみようかな、、、、、

で、別件で用が有って「ガレージ310」さんに行ったのですが、
そこでこの話をすると、運良くその純正プーラーを持っていて、
ラッキー!借りる事が出来ました。

早速帰って使ってみました。
IMG_3625.jpg
これで見事外れれば、流石は純正工具って事になるんですけど。
さてさて、どうでしょうかねぇ~




全っ全ダメ!!
儚い期待でした。

あ”~あ”~あ”~
コツコツやっていれば何時か外れるのでしょうか?
それが明日か?一週間後か?一ヵ月後か?
外れた挙句、ココは異常無しなんてオチは嫌ですよ!

そんな不安に駆られ、
フライホイールを潤滑剤漬けにしている間に確証を得ましょう。
もう以前調べた段階で十中八九というトコロなのですが、
念には念を。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

欲しい!! HT1 電気トラブル 其の参

まぁ、ココまでは大体予想どおりの展開。
そういえば、フライホイールを外すプーラー有ったかな?
無いと作業が中断してしまいますね。
他の事をやっている間に準備しておくべきだった。

ダメ元で汎用品のプーラーを使ってみましょう・・・・
IMG_3872.jpg
おお!ラッキー!!
イケますね。
いいですね、順調な流れですよ。
この調子でいけば、サクサクッと終わるかもしれませんね♪

因みに、説明不要の人が多数だと思いますが、
知らない人の為にプーラーの使い方を説明します。
まず、先端に付いているタルの様なネジを、フライホイールに捻じ込みます。
この時に、シッカリとフライホイールに捻じ込めればいいんですが、
素手で押さえているだけでは限界があります。
まぁ、それでも普通は問題ないはずなんですけど・・・
次に、このタルの中心には雌ネジが切ってあるので、
そこへ十字型のネジを締め込んでいきます。
そして、この十字型のネジがクランクシャフトを押して、
テンションが掛かったトコロで、ハンマーの一撃!
これで見事フライホイールが外れる訳です。


甘い考えの中、フライホイールを外す作業をしていたのですが、
・・・・・外れません。
う~ん、結構ハマリ込んでしまっている様ですね。
IMG_3613.jpg
プーラーをもっとしっかりと取り付けましょう。
取り付けの際に、フライホイールが回転してしまわない様にする為の、
フライホイールホルダーを作成しました。
作成の工程は、画像を撮るのを忘れてしまったので省略しますが、
一つの部品を外す為の工具から造らないといけない。
更に言えば、その工具を造る為の治具から造って・・・・・・
儲かる訳無いよなぁ~
 シミジミ
IMG_3612.jpg
これでガッチリシッカリ取り付け出来ます。
もうこれで外れるでしょう。





ダメですか?
これでも?
もちろん潤滑剤は使いましたが全く。

あまり電装系に使いたくはありませんでしたが、バーナーで炙ってみても効きません。

これは持久戦ですね。
コツコツマメにやっていくしか無さそうです。


プーラーを換えてみましょう。
これもあまり使いたくないのですが、
二本の爪で引っ掛けて取るヤツ、
これを使ってみましょう。
IMG_3614.jpg
あまり使いたくない理由は、フライホイールを壊してしまう可能性が有るから。
IMG_3615.jpg
このフライホイールは、中心部分がリベットでとめて有るので大丈夫だと思うのですが、
何もしていないヤツの場合、中心部分がクランクにハマッタまま、
周りだけが抜けてしまう事があるからです。
そうなってしまったら、そのフライホイールはアウトです。

こんな事にならない様に、祈りながらハンマーでコツコツ叩き、
偶には強烈な一撃を浴びせ・・・
それでもダメだ。

仕方ない、潤滑剤をたっぷり塗って一晩置きましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

欲しい!! HT1 電気トラブル 其の弐

オルタネータを開けようと思ったのですが、
その前に、
確か持ち主のお爺さんが言っていました。
「これを譲ってくれた〇〇さんは、配線をイジルと直ると言っていたが・・・」

もしそれが本当なら、何処かで配線が断線しているのか?
それとも、要らん所でアースしてしまっているのか?
先にそっちを調べましょう。

IMG_3610.jpg
そうなると、ライトケース内が一番怪しいですよね。
切れかかっている配線は無いか?
ギボシが緩い所は無いか?
ギボシを1度抜いて、もう一度しっかりと繋いでエンジンをかけてみる。
・・・・・etc
どうやらこの中ではなさそうです。

次に疑う所・・・
ライトスイッチですかね?
IMG_3611.jpg
外してみて、導通、アース調べましたが問題無し。

後は・・・ヒューズは大丈夫でしたし・・・メインスイッチは?
IMG_3607.jpg
大体兄貴分のDT1と同じ配線ですね。
DT1のマニュアルもどきに書いてあった接続表で見る限り、、、、
異常無し。

途中の配線も点検しましたが、多分大丈夫だと思うんですよね。

やっぱりオルタネータの中が怪しい。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する