2009-10

欲しい!! HT1 電気トラブル 其の壱

いいなぁ~
この車両ほしい!
でも残念な事に修理車両なんです。

偶に来てくれるお爺さんのバイクなんですけど、
DT1の90cc版、HT1です。
IMG_3606.jpg
修理内容は、ヘッドライトを灯けるとエンジンがフケなくなる。
というものです。
こりゃ~充電系だなぁ。
面倒な事にならなければいいけど。

何となく悪い予感が・・・・

まず、基本となるバッテリー、これは最近新しい物に交換して貰ったので問題無し。
電圧もちゃんとしています。
充電電圧を測ってみると、ライトを灯けなければ問題無し。
ライトを灯けると・・・・・あれ?エンジンが上手くフケないので絶対とは言い切れませんが、
大丈夫じゃない?
何だか充電不足の可能性が薄まってきました。

一応、セレンを違う物に交換してみたんですが、変化は有りませんでした。
他に充電系で怪しい所となると、コイルですかね。
エンジンから出てきている線を調べてみます。
IMG_3608.jpg
配線図を持っていないので予想ですが、
薄い水色・・・ニュートラルランプ
・・・アース
黄色・・・夜用回路
・・・昼用回路
白/・・・????
なんだ?白/って?
ちょっと解らないので、この問題は置いておいて先に進みます。
緑の電圧を測ってみると、やっぱりライトONでダメですね。
オルタネータの中ですかね問題は。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

あぁ、我がHS90よ永遠に・・・・ 其の弐

目に付く範囲で損傷部品を外していったのはいいんですケド、
修正の効かない部品は交換しか無いですからね。

早速オークションで物色しまして、
なかなかHS90若しくはHS1の部品は出ていませんでしたが、
こんなのを見つけました。
RD90ヘッドライト&ステー
画像で見た感じ良さそうですし、値段も手頃。
多分同じ90ccなんやから・・・・いけるんちゃう?
という事で落札。

部品が届いて速攻比べてみました。



しまった!
うっかり見落としていた。

IMG_3769.jpg
RD90ってフォークブーツ付いていないから、ステーの下部分が広がってないんですよね。
IMG_3770.jpg
ありゃりゃ、

一応付けてみましょう。
IMG_3772.jpg
遠目で見れば・・・・・
IMG_3773.jpg
やっぱり変か。
う~ん、このリフレクターのカバー部分無くてもいいかな?
ちょっと考えましょう。

修正できる所をやってしまいましょう。
ステップバーを直します。
多分コイツが犠牲になってくれたお陰で、
タンクやサイドカバーに大きな損傷が無かったんでしょう。
現在の物の様に、転倒した時に折り畳める様にはなっていないので、
頑張ってツッパッテくれたんですね。
修正前の画像を撮り忘れたので、
いきなり修正後です。
IMG_3810.jpg
酸素で温めながらギュ~っと曲げ直しました。
ステップゴムはまだ純正が出るかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

戻ってきちゃった・・・ トーハツ PK 其の弐

う~ん、何でダメなんやろ?
やっぱりエンジン本体?
またクランクのシールが抜けていたりして!?

まぁ、4サイクル程面倒ではないですから、
分解するのはスグですけど、
交換したばっかりなのに、もう抜けてしまうとなると・・・・むぅ~

エンジンをやり始める前にもう1度点検しておきましょう。
圧縮は・・・・有ります。
ガソリンは・・・・プラグは濡れますね。って事はエンジンOK?
火花は飛んでいた筈ですが・・・・あれ?もう一回・・・・・え~っと、プラグがダメになったかな?
交換しても飛びません・・・・プラグコードだけにして・・・・全っ然アカンわ。

おっかしいなぁ~飛んでたんやけどなぁ~
飛んだり飛ばなかったりって事は、配線の断線?





その後色々調べましたが、原因不明。
再び火花が飛ぶ事は有りませんでした。

こうなると、以前に巻き直ししたコイルの不良か、フライホイールの磁力低下。
コイルで済めばいいんですけど、磁力の低下となると・・・絶望的です。
着磁が出来る業者さんって無いんですよね。
とりあえず、コイルを巻き直しして貰った業者さんに持ち込んで、調べて貰いましょう。

返事待ちの間、エンジンの点検をやっておきましょう。
IMG_3420.jpg
腰上を分解すれば大体解りますから。
IMG_3421.jpg
ピストン、シリンダー共に、致命的な傷は有りません。
IMG_3422.jpg
クランクの方も問題は無さそうです。
良かった、エンジンの問題ではなくて。

今回エンジンを分解した時に、ヘッドとシリンダーの間から圧縮漏れの後を発見したので、
アルミ板でヘッドガスケットを作成して取り付けてみました。
一番初めに分解した時、ガスケットは何も入っていなかったので、
え~!!ガスケット無いの??
と思いつつ、まずは余計な事をしないでそのまま同じ様に組んだんです。
やっぱりガスケット無しなんてオカシイよなぁ。
今回のガスケット追加がと出る事を祈って。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

戻ってきちゃった・・・ トーハツ PK 其の壱

今をさかのぼる事、3ヶ月ほど前。




あちゃぁ~
戻ってきちゃいましたよ、トーハツのPK。
症状は以前と同じ、火が飛ばなくなってしまったみたいです。
IMG_3410.jpg
7月に「多摩クラシック」のツーリングに参加して、その道中止まってしまったんだそうで。
参ったなぁ~
エンジンがイッテいなければいいんですけど・・・・
キックした感じは大丈夫そうですが、一応開けてみないといけませんね。
問題の火花の方は・・・っと、
ん?なんや?飛ぶやんか。
っちゅう事は、エンジン本体の問題!?
やばいなぁ、組む時に何かミスったかなぁ~

それとも、前から気になっていたキャブ?
だとしたら何か合う物を探さないとなぁ~有るかなぁ~

怪しい所だらけやなぁ。
とりあえず、スベリ気味なクラッチをもう一度やり直しましょう。
IMG_3411.jpg
何故だか油まみれになってしまうベルト、やはりカバーが無いのがいけないのか?
IMG_3412.jpg
コルクを傷めません様にと願いつつ、脱脂剤でサラッと掃除します。
IMG_3413.jpg
プレッシャープレートも忘れずに。
よしよし、これでクラッチはスベらない様になりました。

次にやる所としたら・・・・キャブですね。
IMG_3414.jpg
もう本当にダメなんですよ、このキャブが!
タラタラとガソリンは漏れるし、スライドピストンは減ってるし、
今回これが原因ではなくっても、代替品を探しておいた方がいいですね。絶対!!

IMG_3415.jpg
一応分解して掃除はしたのですが、フランジ部分が歪んでいるんですよ。
IMG_3416.jpg
解ります?弓なりに反り返っているのが。
IMG_3418.jpg
これの方が解るかな?
W1なんかも多いらしいですケド。
これじゃぁ2次エアを吸ってしまいますからね。
ピタッとつくように、出っ張った部分をヤスリで修正。
仕上げに砥石でシャコシャコ面を出して、
これで解決すれば嬉しいんですケド。

やっぱりダメだ、
ウンともスンともいいません。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託なSL250S 其の四

これでクラッチはOKです。
キックの踏み応えもしっかりしました。

ココまで来ちゃったら、タンクのサビ取りもやってしまいましょうかね。
いつも通りボルトとナットを入れて、ガッサガッサやっていたのですが、
どうしてもこれでは取れない所が有るんですよね。
通常であればこの後コーティングしてしまうので、
大雑把にサビが取れればOKなのですが、
今回の場合・・・・・ちょっと悩みますねぇ~

何故かと言うと、タンクが凹んでいるから。
もしこの車両を買ったお客さんが、タンクの凹みを直したいと思った時、
コーティングをしてしまうと、
内側からの修正後にコーティングが剥がれてしまう可能性が・・・・
外側からパテ盛りするのなら問題は有りませんけど。

そういう訳で、今回は以前から同業者さんにも薦められている、
『花咲かG』を使ってみようと思います。
特に説明はいらないと思いますが、有名なサビ取り剤です。
良いという噂は以前から聞いていたのですが、なかなか使う機会がなかったんですよ。
サビ取りだけしっかりやっておけば、凹みを直した後コーティングするなり何なりと出来ますからね。
使ってみた感想は、「Good!!」
IMG_3555.jpg IMG_3554.jpg
なかなか綺麗になるもんですなぁ。
噂以上の性能です。
これで若干のコーティング作用の様なモノもあるらしいです。

なんだかなぁ~
結構な手間とお金がかかってますね。
委託販売だって言うのに・・・・・ココまでやらなくていいんですよ、普通は。



気を取り直して、、、アイドリングが続きません。
原因は何でしょう?
キャブ?エンジン?電気?
プラグがスゴく「くすぶる」んですよね。
点火時期が早過ぎるのでしょうか?
そういえば、簡易的に合わせただけで、タイミングライトでは見ていないんですよね。
そんなにズレテはいないと思いますが、一応確認しておきましょうか?
その為にはまず作らないといけない物があります。
以前にも似た物を造りましたが、透明のアクリルでタイミングカバーを作ります
IMG_3583.jpg
こうしないとオイルが吹き出て大変な事態になってしまいます。
きっと合わせマークはこれでしょう。
IMG_3582.jpg
・・・・・ズレています。
おかしいなぁ、こんなに違っちゃいますかねぇ。
これではガバナの不良も考えられますなぁ。
エンジンが回り出すと、アイドリングでガバナが作用してしまうのでしょうか?
とりあえず、キチンとタイミングを合わせて・・・・
これでアイドリングも問題無く続く様になりました。

まだまだ手を掛けたい所はいっぱいあるのですが、
もしこの車両が売れても、既にウチには利益が有りません。
これ以上やると確実にマイナスになってしまう・・・・・・・・
涙を呑んで、ココから先は買ってくれるお客さんに任せましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託なSL250S 其の参

キャブのオーバーホールとポイントミガキで、
エンジンはかかるようになったのですが、
アイドリングが続かないんですよね。

そんな状況で何度かキックしているうちに・・・・
にゅるん~!? この感触は、、、
ヤバイ!!クラッチが滑りだした。
何かの間違いであってくれ!
一縷の願いを込めてクラッチの調整を試みたのですが、
ダメな物はダメなんです。

はぁ~、
諦めて部品注文しましょう。
ガスケットとクラッチ板、一応クラッチスプリングも注文しておきましょう。

IMG_3536.jpg
部品が来るまでの間、分解出来る所はやっておきましょう。
ケースカバーを開けるのに苦戦するかと思ったのですが、
呆気なく開いちゃいました。
どうやらココは開けた経験が有るようですね。

折角開けたので、オイルフィルターを掃除しようと思ったのですが、
IMG_3537.jpg
必要ありませんでした。
薄っすらとしかゴミは溜まっていません。
きっとココの掃除をしたんですね。
メーターが合っているとしたら2万7千Kmを越えていますので、
掃除をしていなければこんなモンじゃない筈ですから。

IMG_3547.jpg
部品が入りました。
ダメかと思っていたクラッチスプリングは出たのですが、
ガスケットが出ませんでした。
え~~!!

面倒ですが切り出すしかありません。
IMG_3538.jpg
手間かかるなぁ~この子は。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託なSL250S 其の弐

とりあえず、エンジンがかかるようにしましょう。
持ち主の話だと、「エンジンは調子良さそうにかかっていた」
との事なので、それから何ヶ月経っているか解りませんが、
キャブのオーバーホール位でイケそうです。

早速キャブを外してご開帳!
IMG_3510.jpg
うん、大丈夫そうですね。
サクサクッとお掃除してしまいましょう。
キャブのオーバーホールキットも探してあるので、
IMG_3548.jpg
これで安心・・・・と、思いきや。
やっぱりスンナリとはいかないんですね。
ナメネジ発見!正確にはネジ穴ですが。
IMG_3511.jpg
フロートチャンバーのネジ穴が1本バカになっていて、
修正してもダメ、ひとつサイズの大きいネジで切りなおそうとしたのですが、
ガスケットの入る溝が近くに有るので、穴を大きくしたらヤバイ?
それでも他に方法が無く、見なかった事にも出来ないので、

IMG_3512.jpg
うっわー、めっちゃギリギリ!
でもまぁ、何とかなりました。メデタシメデタシ。

そうそう、エアクリーナーエレメントも無いんですよね。
キャブのオーバーホールキットを売っている所で、エレメントも有ったのですが、
「これは作ればいいや」と思ったので買いませんでした。
IMG_3509.jpg
う~ん、残りが少なくなってきましたね。
このデイトナ製のフィルター、結構使えるのでまた買っておかないとなぁ。
いつもの様に<切って・貼って>エレメント作成。
IMG_3516.jpg
装着してみるとこんな感じ。
IMG_3517.jpg
上出来!
欲を言えば、もう少し厚みが薄い方がいいのかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託なSL250S 其の壱

全然ダメですね。
全く誰からも声がかかりません。
IMG_3478.jpg
いいバイクだと思うんですけどねぇ~
やはり短命に終わっただけあって、一般ウケしないんでしょうか?

それとも、マイナス面が目立っているのでしょうか?
確かに、カギは今現在有りません。
作ってもらうと¥6000前後かかる様です。
IMG_3503.jpg

シートは純正ではなく、後に出されたXL230の物かな?が付いています。
純正は横開きですが、コチラはボルト止めです。

IMG_3505.jpg
テールライトステーが違うのも、

IMG_3506.jpg
フロントフェンダーが本来より長い物が付いていて、
エキパイに接触して溶けていようと、

少々タンクに凹みがあろうと、
IMG_3507.jpg

オマケにタンク内が錆びていようと、
IMG_3508.jpg

フロントフォークのシールが抜けていてオイル漏れしていても、
タイヤがボウズでも・・・・etc

些細な事じゃないですか!
何故売れない!!


委託販売なので、売れてもウチとしては大して美味しくないですけど。

やはり、ちょっと手を加えないとダメなのかな。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP メインハーネス交換他 其の参

これで配線のトラブルは90%位無くなるでしょう。
後はメインハーネスから先の配線ですが、
どうしましょうかねぇ~。
まぁ、オーナーさんも少し気にしていたので、ココだけやっておきましょう。

IMG_3562.jpg
このエンジンから出てきている、6ピンカプラーの線。
ACジェネレータと、ニュートラルスイッチの線なのですが、
ニュートラルスイッチは丸々交換出来るのですが、
ACジェネレータの方は、ステータという部品に直接繋がっている為、
丸々交換しようとすると、そのステータごと交換しないといけません。
ですから、旧い配線を途中で切断、新しい線に繋ぎ直すという作業になります。
ちょっとスマートではありませんが、これしか方法がありません。
オーナーさんも了承してくれましたので、この方法でいきましょう。

IMG_3563.jpg
繋ぎ直す新しい配線を作ってはみたのですが、配線の色が足りない・・・・ダブっちゃいますが、
ここら辺はご愛嬌、目をつぶってもらいましょう。
で、
予定通り旧い配線を途中でチョッキン!
ギボシで繋いで、
IMG_3564.jpg
配線テープで巻き巻き。
完全とは言えませんが、やらないよりは大幅に安心感は増します。

これで配線は終了しましたので、エンジンをかけてみましょう。
灯火類、充電電圧、全て正常に作動しています。
よしよし、OK、OK。
例の異音は?
きゅきゅきゅきゅっ・・・・・
ダ、ダメですかぁ~
何なんでしょうねぇ。
実は他の所から音が出ているのでは?
と疑いもしたんですが、明らかにインマニからなんですよね。
その証拠に、インマニを押さえたり、バンドを緩めたりすると音が変化するんですよ。
はぁ~、謎です。

エンジンの調子もイマイチなんですよね。
アフターファイアが結構出るんです。
キャブは以前散々調整して、それでも消えなかったんですよね。
う~ん、難問が解決していかないなぁ。
まぁ、もう5万キロ越えていますから、エンジン本体の問題が有るんですけどね。

その時、フッと思い付いたんです。
「イグニッションコイルって交換してないよな?」
コイルを触ってみると、右側だけ妙に発熱しています。
IMG_3566.jpg
これは!!
早速部品注文、オーナーさんにも連絡して、交換の了解を取ります。
結構な値段しますが、純正がまだ出ます。(一個¥7000!!!)


残念ながら不調の解決には至りませんでしたが、
遅かれ早かれ交換しておいて損の無い部品ですし、
アレだけ発熱していれば、これから何かの不調を引き起こしてもおかしくは有りません。
うん、良しとしましょう。。。。。。(汗)

この後、キャブを交換したり、インマニの鉄製カバーを外してみたり、
再度インマニを交換したり、ガスケットを変えてみたり・・・・
色々やってみたんですが、解った事が一つ、
キャブがダメです。
ウチのXSのキャブを付けると、アフターファイアはピタリと収まりました。
キャブの何処からかエアを吸っていたんですね、きっと。
中古の良品キャブを探さないとなぁ。

一方、インマニからの音なんですけど、結果から言うと今回解決は出来ませんでした。
インマニのバンドを中古の純正品に交換して収まり、
よし!解決した!!
と思ったのですが、納車の時にまた鳴り始めてしまって、、、、
次回に持越しです。チクショ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

あぁ、我がHS90よ永遠に・・・・ 其の壱 

事故現場より引き上げてきた我がHS90です。
IMG_3634.jpg
改めて見ると凹みます。

不幸中の幸い、大きな事故ではなかったので、部品さへ有れば復活出来ると思うのですが・・・
キビシイなぁ、余り玉数の有る車両ではないし、有っても車両丸ごとでしょう?
気長にオークションを覗いてみるしかないですね。
直ったとしても販売車両には出来ないので、完全に私の車両決定です。

損傷箇所をチェックしてみましょう。
フロントからガツンとぶつかった訳ではなく、横っ腹をどつかれたので、
そんなに激しく損傷している訳ではありません。
でも、右にあるオイルタンクは凹んでしまい、
IMG_3635.jpg
奥に入り込んでしまった為、エアクリーナーケースを左側へ押し出してしまっています。
IMG_3637.jpg
IMG_3636.jpg
お陰でエアクリーナーケースのマウント部分が曲がってしまい、
修正するとポキン!と折れそうです。
こりゃぁ、溶接をしてやり直さないとダメですね。
それに、エアクリーナーが外れた状態で砂利道に転倒してしまったので、
腰上を一応開けてみないと、怖くてキックも踏めません。

とりあえず、損傷している部品を取り外しましょう。
IMG_3768.jpg
もう私の車両なので、オリジナルにはこだわらず、
何とか合いそうな部品を見繕って直していきましょう。
IMG_3774.jpg
このオイルポンプカバーも凹んじゃいましたね。
以前オークションに出ていたのになぁ~
あの時買っておけば良かった・・・・
外そうと思いましたが、ネジが歪んでいて・・・外れない。
ネジは壊れてもいいんですが、ネジ穴を壊さない様に・・・徐々に徐々に・・・・
外れはしましたが、ネジ穴は、、、、たぶん修正すれば大丈夫。。。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP メインハーネス交換他 其の弐

それでは、メインハーネスを分解していきましょう。
まさかココまでする事になるとは・・・・
IMG_3556.jpg
狭い作業台のスペースをいっぱいに使って、深夜作業です。
(何故深夜かと言うと、邪魔が入らず集中してのんびり出来るからです)
(あと、ラジオの深夜放送も聴けるし)

IMG_3557.jpg
配線テープを全て剥し、配線チューブにはカッターで切込みを入れて切開します。
ここまでやったので、ついでに要らない配線を排除してシンプルにしましょう。
そもそも、ライティングディバイスとか、セーフティーリレーなんて無駄です。
役に立った事は一度も無く、誤作動して害を及ぼされた経験しか有りません。
(開発した人には申し訳ありませんが・・・・)

1本1本配線を追いかけていって、必要な配線と不必要な配線を見極めていきます。
で、これが不必要な配線。
IMG_3558.jpg
結構有るでしょ?
必要な配線にチョイト手を加えて、この車両に合わせた仕様にします。
IMG_3559.jpg
こんなもんですかね。

車両に取り付けてみて動作の確認。
IMG_3560.jpg
よしよし、各部異常無し。
それではまたハーネスを外して、
今度は本格的に配線チューブと配線テープでまとめていきます。

どうだ!!
完成!!!

IMG_3561.jpg
いや~時間かかったなぁ~、
オールナイトニッポンを聴きながらのんびりやっていたら、
3~4時間かかってしまった。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP メインハーネス交換他 其の壱

今回は配線の張替えです。
IMG_3539.jpg
流石に30年も経っていれば配線も抵抗を持ち始めます。
妙なトラブルにならない内に、新しい物に交換してしまいましょう。
体感出来る違いが有るかは解りませんが、気分的にサッパリする・・・・かな?

幸いな事に、このXS650SPには豊富なリプロパーツが有り、
その中にメインハーネスも有るんです。
やっぱり部品が有るっていいですね。

それと、以前からの持病であるインマニからの異音・・・・
キュキュキュキュ・・・・・という音なんですが、多分エアを吸っている音なんですよね。
インマニを新品のリプロ品に交換しても直らなかったので、
「次は純正の良品に交換してみよう」という事になったのですが、
果たしてそれで直るのか?

まぁ、やってみないと解りませんからね。
作業を進めていきましょう。
IMG_3540.jpg
素人補修発見、こういうのがトラブルの原因だったりするんですよね。
IMG_3541.jpg
メインハーネスを交換なので、邪魔なシート、タンク、サイドカバー、キャブを外します。

折角キャブも外したので、ここでインマニを交換してしまいましょう。
丁度ウチに同型の車両が有ったので、そちらから移植します。
ウチのXSは特に異音はしていませんでしたが、
念の為もう1度エンジンをかけて、異音が出ない事を確認。
IMG_3546.jpg
見た目はボロイですが、中まで達している亀裂は無いので、まだ使えるでしょう。
液体ガスケットを塗って、しっかりと取り付けます。

で、ハーネスに戻ります。
やっぱり長年使っていると、
IMG_3543.jpg
こんな風に潰れたり、擦り切れそうになっている線が1本や2本出てきます。
こういうのを見ると、やって正解って思いますね。

新しいハーネスと見比べながら、旧いハーネスを外していきます。
IMG_3551.jpg
はい、取れた。
でも何だか新しいハーネスと大分違うんですよね。

以前にTX650でハーネス交換をやった事が有るのですが、
その時は結構楽だったんですけど、今回は・・・・・・・嫌な予感。
IMG_3549.jpg
ヘッドライトケースの中に電源の線が来ていないんですけど・・・・
IMG_3552.jpg
こんな車体後方から持って来ないといけません。

輸出仕様の物とはいえ、国内仕様とここまで違うんでしょうか?
これは1度ハーネスをバラして線を張り直さないと、
大分不細工な事になりそうです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

秋ツーリングの件 参

明日はダメみたいですね。
明後日も何だか怪しい天気。
月初めは雨が多いのでしょうか?
それとも・・・・雨男の祟り?

明日は十中八九雨だと思いますが、
朝雨が降っていたら中止です。
その後晴れても行きません。
明後日も同じ、
明後日はラビットの会の方達も同じ場所を目指す様で、
もし行く事になれば、現地で鉢合わせかもしれませんね。
まぁ、それはそれで・・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トライアンフ TR6R カスタム? 其の参

ハンドルポストを交換した為、今まで付いていたメーターステーが付かなくなってしまい、
メーターステーも自作する事になったのですが、
それはひとまず置いておいて・・・

先にメーターギヤを交換しましょう。
コイツがダメになってしまったお陰で、メーターが長い事動いてないんですよ。
結構な値段がする物なので、先延ばしにしていたのですが、
この機会に交換してしまいましょう。

IMG_3489.jpg
Rタイヤを外して、
IMG_3490.jpg
このメーターギヤを交換します。
作業自体は簡単、Rタイヤを外す手間はありますが、大して時間は掛かりません。
交換を終え、Rタイヤを回転させてみて
「?」
おかしいな、異常に回転が重い・・・
こんな筈ではないんですけど、、、
アクスルを締め過ぎてしまったのか?
ベアリングが壊れたのか?
色々見直してみましたが、どれも違いました。

メーターギヤを交換する前は、こんなではなかったと思うんですが。
・・・・という事はメーターギヤの不良?
ありがちです。
何せ海外製品ですから、ポン付け出来ると思ってはいけません。
メーターギヤを外して点検したところ、何となくギヤの回転がスムーズではない様な・・・
念の為に元々付いていたメーターギヤを取り付けて、
Rタイヤを回してみると、やっぱりスムーズに回転します。

アレ?もしかして。
IMG_3491.jpg
チョット解り難いかもしれませんが、
メーターギヤ本体に嵌っているリングが水平になっていません。(右上がり)
これか!原因は!!
プラハンで水平になる様に嵌め直してあげて、
よし、これで問題解決、
そう思って取り付けてみたのですが・・・・・・・・変わんねぇし。

原因は他ですか、
新旧二つのメーターギヤを見比べてみました。
!!!!!
わかった~~~
なんて事でしょう。
こんなにも解り易い違いが有るとは・・・・・・・・「灯台元暗し」ですね。

IMG_3492.jpg
外せる所は外して、
原因は、やはりこのリングでした。
IMG_3493.jpg
めっちゃバリが有るのも問題ですが、
IMG_3494.jpg
右が今回取り寄せたメーターギヤの物、
左が今まで付いていた物、
加工精度が悪過ぎです。
旋盤で削って元々付いていた物と大きさを揃えます。

IMG_3495.jpg
これでバッチリ!
みなさん、海外製品には気を付けましょう。

で、メーターですが、本来はタコメーターも付いているのですが、
シンプルにしたいというオーナーさんの意向で、スピードだけにしました。
IMG_3496.jpg
ステーは完全オリジナル。
う~ん、振動に耐えられるでしょうか?

まぁ、ダメになった時はその時で。
とりあえず以上で作業は終了です。
この車両はまだまだカスタムしていく予定らしいので、
何時になるか解りませんが、次回へ続く、ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する