2009-06

RD125 マフラー清掃

久しぶりに乗ったRD125
なんだかチョット調子がイマイチ。

う~ん、折角今度のツーリングはコイツで行こうと思っていたのに・・・
やっぱり今回もHS90かなぁ、ウチの中では一番調子良いし。
そんな事を考えながらも、タイヤの空気圧を診て、チェーンの張りを調整していて、
フッと思いました。
「マフラーの掃除ってやった事無いよな」
この際だからチョットやっておきましょう。

IMG_3308.jpg
まぁ、今回はインナーサイレンサーを掃除してあげる位に留めておいて、
今度本格的にやる機会が有ったら、マフラー本体を掃除しましょう。
そんな気持ちでインナーサイレンサーをグリッと回転させたら、
『ボギン!!』
くわぁ~~~~!!!!中で折れちゃった!!!!!
うう、、、、やっぱりそっとしておいた方が良かったかも。

やってしまった物は仕方ありません、引き抜いてみて
IMG_3309.jpg
ナンじゃこりゃ!ガッツリ詰まっとるやないかい。
全部引き抜いてみました。
IMG_3311.jpg
初めは全部カーボンの固まりかと思いましたが、流石にそれはないっすね。
どうやらグラスウールが巻かれていた様で・・・・
しかし・・・・オイルでぐっちょり。
良くこんな状態で走れていたなぁ、
だって、ほとんど排気の通れる穴が開いていないもの・・・・・・・・
もう片方も引き抜いて、グラスウールを切開除去。
キレイに灯油で洗った後、バーナーで焼き入れ。
IMG_3312.jpg
途中で折れちゃった分、左側が短いのですが、まぁ大丈夫でしょう。

いや~、こんな事になっているとは、やっておいて正解でした。
グラスウールはとりあえず付けずに走ってみましょう。
不具合が有ったら取り付ければ良いでしょう。
さぁ、取り付けてエンジンかけてみましょう。
一体どんな音になっているのか楽しみです。

取り付けの為にマフラーを覗いてみて、またもや!!!!
何と、マフラーの出口ギリギリにまでオイル?(ドロドロになってヘドロの様ですが)
が溜まっちゃってるじゃないですか。
コレはもうやるしかないですね。
アレを見ちゃったら、もう見なかった事には出来ませんから。

マフラーを外して、逆さにして振ってみてもなかなか出てきません。
こうなったら掻き出すしかないですね。
IMG_3313.jpg
まぁ出るわ出るわ、ヘドロの山。(これで1/3位)
大方取り出し終わったら、一番ナンギな作業が待っています。
折れたインナーサイレンサーの取り出し。
IMG_3315.jpg
コレがまた取れないんですよね。
よく古いバイクで、サイレンサーの中からカラカラ音がする物がありますが、
十中八九コレでしょう。
これ取り出すのに丸一日以上かかっちゃいましたよ。
でも取れてよかった。
IMG_3314.jpg

後はインナーサイレンサーと同じ様に、灯油で少し洗ってから焼入れです。
IMG_3317.jpg
IMG_3318.jpg
薄いメッキだとこんな事は出来ないかもしれませんね。
純正メッキだと思うのですが、なかなか良いメッキです。
IMG_3319.jpg
ケムリもくもく、近所迷惑甚だしい。
ご近所の皆様、毎度毎度申し訳ありません。
プラハンでコツコツ叩くと、カリカリに焼けたカーボンがパラパラ、まだオイル状がデローン
何度か繰り返し、オイル状の物が少なくなって来たら止めておきます
幾らやってもキリが無いですから。

IMG_3320.jpg
両方ともお掃除完了。
さぁ、どんな音になっているか?



意外と変わらないかも・・・・チョット音が太くなった様な・・気が・・しないでもない・・
まぁ、調子は良くなったので、来週のツーリングはコイツかな?
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

珍しく モンキーやってみました 其の伍

これでクラッチの問題は終了!



って思ってたんですが、ダメなんです。
そのままではあの貰ってきたクラッチは付かなかったんです。
ショック!!
よく見てみると、いろんな所が違うんですね。
クラッチ板も、
IMG_3086.jpg
新しい物は一枚目と三枚目が片面で、真ん中が両面張りなのですが、
旧バージョンでは、
IMG_3087.jpg
真ん中はフェーシング無しの鉄板で、一枚目と三枚目が両面張りだったり、
まぁ、この程度では付かない事は無いのですが、

何故付かなかったのかと言うと、
クラッチボスにはまる、ピニオンギヤの大きさが違ったんです。
仕方ないので、旧タイプと新タイプの混合でやるしかないですね。
細かい事は書ききれないので省略。

因みに、新タイプの遠心クラッチはこうなっています。
IMG_3088.jpg
この四つの錘が勾玉みたいな形をしていて、
その穴に回転出来る様に軸が通っています。
遠心力によって重い方が外側へ向かおうと回転し、
その回転によってクラッチ板が押されて、動力が伝わります。
多分こんな感じ・・・だったハズ

きっと旧タイプのローラー型は、
今回の様な磨耗の問題が有ったので使われなくなったのではないでしょうか?
新タイプの方が磨耗する部品が少ないですから。


新旧混合クラッチを組み付けて、
IMG_3105.jpg
やっと完成ですよ。
いやぁ~意外と時間がかかってしまった。

オイルを入れて試乗してみましたが問題ないっス!
バッチリクラッチも切れますね。

ああ、そうそう、ヘッドライトとテール球が切れてたんだ。
交換しておきましょう。
・・・・・・またぁ~、、、テールはいいんですけどね、
ヘッドライト球がシングル球かいな、
こんなん無いっちゅうねん!!


ホンダに注文してみると、何とか手に入るようです。
まぁ、電球なんかはホンダが作っている訳じゃないしね。

ヘッドライト球が来るまでにテール球を交換して、
一応充電電圧を測っておきましょう。
アイドリングで・・・・・・6Vチョイ
ちょっと回転を上げると・・・・・6.5V・・7V・・7.5V・・8V・・
パツン・・・・テールが切れました。
オーバーチャージじゃないですか!
エ~~~ココまで来てまた問題発生?
IMG_3107.jpg

調べましたが特に異常は有りません。
またレギュレータを付けないといけませんかねぇ。
・・・あれ・・・ちょい待ち、
IMG_3106.jpg
今ヘッドライトが付いていないから、電気負荷が少ない?
そうですよね、、、きっとそうや!
そうに違いない!!!

ビンゴ~♪
ヘッドライト球を付けたら正常な充電電圧になりました。
無駄な苦労をしてしまった・・・

さぁオーナーさん、コレでバッチリ走れますよ。
なかなか時間が無くて大変かもしれませんが、
折角直したんだから出来るだけ乗ってあげてくださいね。
IMG_3109.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

珍しく モンキーやってみました 其の四

ガンはコイツでした。
IMG_3056.jpg
コレはクランクに直接繋がっていて、
エンジンと一緒に回転しています。
で、コイツの溝部分に円筒形のローラーが入って、
エンジン回転が上がると、遠心力によってローラーが外側に押し出されます。
こんな感じに、
IMG_3058.jpg

エンジン回転が低い時=クラッチが切れている時はこうなっています。
IMG_3059.jpg
この作用によってクラッチ板を押して、切れたり繋がったりをする訳なのですが、

この溝が磨耗してしまって、
ご覧の様に
IMG_3057.jpg
なっています。
このお陰で、ローラーが1度外側に押し出されると、
この磨耗してしまった部分にハマッテしまい、クラッチが切れなくなってしまっていたのです。

原因は解りました。
こうなるとコイツを交換するしか無いでしょう。
ホンダに部品を頼んでみると・・・・・欠品
なんやと~!?

ココまでやったのにどないせいっちゅ~んじゃい!!
ローラーは有ったのですが、こんなんローラーだけ換えてもしゃーないし、
減った部分を肉盛り、成形・・・・そんなゼニ無い。

仕方ない、近所のベテランバイク屋さん「シミズサイクル」さんに相談です。
ひょっとしたらモンキー好きなので、部品を持っているかもしれません。



残念ながら部品は持っていませんでしたが、
カブエンジンのクラッチが移植出来るとの事で、
早速部品取りエンジンを探してみましょう。
持っていそうな知り合いを何件かあたり、ようやく見つけました。
IMG_3080.jpg
しかも、エンジンごと買わないといけないと覚悟していたんですが、
運良く外してあったクラッチのみを発見。
ラッキー!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

月一「蔵」ツー 決定事項 

え~、無謀にも月一ツーリングを言い出してしまったので、
とりあえず決定事項をお伝えします。

開催日は毎月第一土曜日、
集合はAM9:00(変更あり)
ルートはその時々で変更しますので、特に決めません。
だいたい1時間から2時間で返って来れるようなショートコースです。
雨天は中止(疑いの有る時も)
都合により私が行けない時もあります。

決まっているのはこの位でしょうか。
早速来月からやってみたいと思いますので、
みなさん適当に参加して下さい。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

HS90 クラッチワイヤー作成

前回のツーリングに参加して下さった「QP」さんの依頼で、
HS90のクラッチワイヤーの作成を頼まれました。

ワイヤー関係を作るのはいつもの事なので、
<楽勝>なんてタカをくくっていたんですが・・・
意外な・・・いや・・冷静に考えればスグに解った事なんですが、落とし穴が有ったんですねぇ。
IMG_3231.jpg

左のケースカバーを開けてスグに気が付きました。
IMG_3232.jpg
このワイヤーがケースへ入る所のちょっと曲がったガイドの金具・・・
コレが抜けないんですよ!!
しまった~~って感じです。
これでは作成計画を練り直さないといけません。
う~ん、



色々と考えた結果、どうしてもこの金具か、
コレに代わる物が必要です。

同じ物を作るのが一番いいのですが、それは流石に・・・・
幾らのワイヤーになってしまう事やら。
で、色々と代わりになる物が無いか探していたんですが、
捜索の甲斐あって発見しました。
IMG_3272.jpg
エヘ、一体コレは何の部品でしょうか?
まぁ解りますよね。

裏のタイコはコレを使ってみました。
IMG_3233.jpgIMG_3234.jpg
ネジでロックするタイプのタイコ、
お手軽で、伸びたらまた引っ張ればいいのでとても便利、
しかし、ワイヤーがすっぽ抜ける可能性は大きい。
あくまで応急処置として使う方が賢明か?

ちゃんと半田付けの作り方も出来ますが、
結構凝った造りをしないといけないので、お値段が倍位します。

「QP」さんはどちらが希望ですか?
もし見ていたら変事を下さいな。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売? 画像

本日、件の車両の画像を撮ってきましたのでUPします。
どうぞご検討下さい。

まずはC72から。
IMG_3249.jpgIMG_3250.jpg
IMG_3252.jpg
IMG_3251.jpg
IMG_3253.jpg
IMG_3254.jpgIMG_3255.jpg
リヤのBOXは取り外します。タンデムシート有り。


つぎ、CL72
IMG_3256.jpgIMG_3257.jpg
  IMG_3258.jpgIMG_3259.jpg
    IMG_3260.jpg
IMG_3261.jpg
ハンドルが汎用品に交換されています。
錆びていても良ければ純正も有り。


お早めにどうぞ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

委託販売?

以前も車両を譲ってもらった事の有るお客さんから、
CL72C72を手放したいのだけど・・・・
と言うお話がありました。
どちらも実働で、チョコチョコと乗っているので悪くは無いはず。

結構自分でやる方で、私が作業した事は有りませんので、
詳しい事は解りませんが・・・・

もし欲しい方がいたら早めに連絡して下さい。
他にも声をかけているので何時まで有るか解りません。

価格は今の所30~40万位、
これからまた手を掛けるかもしれないので、そうなったら値段は上がります。
画像は時間がとれたらUPします。

因みに、C72はパイプハンです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

珍しく モンキーやってみました 其の参

第一段階の「エンジンがかかるまで」は無事終了。
オーナーさんが見に来るのを待つ間、
ちょっと走ってみましょうかね。

タンクはあんな状態なので使えませんから、
試験用のタンクをぶら下げながら、店の周りを一周り。
PoPoPoPoPoPoPo
エンジンは調子良さそうにアイドリングしています。
ギヤを一速に入れて・・・・・・
恐れていたクラッチの張り付きによる飛び出しはありません。
「あら?意外と問題無く終わっちゃう?」
遠心クラッチなので、回転を徐々に上げて走り出してみます。
二速・・・三速・・・・
「なんや、あとタンクをやったら終いやないかい」
そう思って止まったら・・・・プスン・・・・
あら?
もう一度・・・・プスン
止まり方がナンだかクラッチ不良っぽいな~
1度つながると切れなくなってしまう様です。


オーナーさんに状況を説明。
資金的に厳しい所はありますが、
これからちゃんと乗ってくれるという約束で、作業続行!!


まずタンクをやってしまいましょう。
IMG_3042.jpg
何時もの様に、ボルト、ナットでガッサガッサ!
IMG_3041.jpg
取れるは取れるは、錆び・さび・サビ
結構な状態だった割には、
IMG_3044.jpg
大分綺麗になりました。
この位のタンクなら、腰に負担がかからなくて楽なんですが・・・
今度大きいのをやる時には、サビ取り剤を使ってみましょうかね。
で、お馴染みの『POR15』でコーティング。
コレでタンクはバッチリ!!


問題のクラッチ部分に取り掛かりましょう。
IMG_3046.jpg
運良く、ちょっとした事で直ればいいんですけどね。
分解して原因を探ってみましょう。
IMG_3048.jpg
クラッチをやるならココ、遠心式のオイルフィルター?を掃除しておきましょう。
コイツも結構溜まってますねぇ、中心付近に有る黒い部分がゴミですよ。
IMG_3054.jpg
クラッチ部分の分解完了。
さ~て、何処が悪いのかなぁ~
IMG_3055.jpg
何とまぁ・・・これはこれは。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

高額修理!? CL125K3 其の四

IMG_3175.jpg
インナーチューブが出来上がって来ました。
相変らずスバラシイ出来です。
IMG_3176.jpg
アレだけのダメージが有ったのに全く解りません、正に新品同様!!
いや、新品よりもキレイかも。

早速組み付け開始。
まずはインナーチューブに付いていた部品を取り付け、
ダンパーやらサークリップやらで7点の部品を、
組み付け順向き等に注意しながら取り付けます。
取り外してからスグに付けるのなら覚えていられるのですが、
こうやって外注に出して、最低でも3週間は帰って来ない様な場合、
確実に忘れます・・・
ですから、こういうときは古典的ですが「お絵かき」しておくのがGOODです。
今回も「お絵かき」のお陰で、問題無く組み付ける事が出来ました。

で、その他の部品も組み付けて、オイルシールを圧入
IMG_3177.jpg
インナーチューブを有る程度押し縮めた状態にしておかないといけないので、
プレスを利用してインナーチューブを押したまま、オイルシールを圧入します。
[ハスコー]のフォークシールドライバーが使い易そうなのですが、
とても手の届かない高嶺の花。
無名メーカーの安物工具で我慢です。
使い難いんですよねぇ~、まぁ値段なりですかね。


ちょっと焦り過ぎた・・・・
オイルシールの圧入に失敗してしまいました。
IMG_3178.jpg
片方は成功したのですが、、、
確認不足でした。
IMG_3180.jpg
アウターが変形していたんですねぇ。
早くやろうと思って返って時間を喰う事になってしまいました。
『急がばまわれ』ですね。
このオイルシールはもう使い物にならないので、
新しいオイルシールを取り寄せないと・・・・・・・




アウターの変形をヤスリで修正して、
新しいオイルシールを無事に圧入。
最後に、取り寄せたサークリップをはめて終了・・ん・・おや?
ちょっとそのままでは合わない様ですなぁ。
合わない部分をグラインダーで削ります。
IMG_3179.jpg
上の状態の物を、下の様に削れば使用可能です。
この程度の加工で付くのなら御の字です。

オーナーさんの所へは宅急便で送るので、オイルは入れません。
この位は自分でやる方なので。

後日、オーナーさんが画像を送ってくれました。
P6100003.jpg
P6100004.jpgP6100006.jpg
メッチャキレイ!
いいなぁ~欲しい~
是非とも、何時か月一ツーリングに参加して下さいね。
きっとみんな見たがりますよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

高額修理!? CL125K3 其の参

残念な事に、高額修理予定二束三文修理になってしまった為、
何か他で稼がなければなりません。

と言う事で、フロントフォークの再メッキ&オーバーホールです。
車両は邪魔なのでサッサとお引き取り願って、
フロントフォークのみの持込です。
オーナーさんが持っていたサービスマニュアルを見ても、
どうやって分解するのか書いてなかったので、カンでやるしかないっス。
XSみたいな構造だったら面倒やなぁ~

オイルシールの抜け止めの為のスナップリングを外して、
IMG_3082.jpg
アウターの底に有る+ネジを外しておきます。
何で+ネジかなぁ~、ナメそうで嫌や。
ココを外すのは念の為、多分後からでも大丈夫。

後は、アウターをしっかりと固定して、
ガッツンガッツン引っ張れば抜けると思うのですが・・・



抜けました。
で、中身を分解。
IMG_3083.jpg
インナーチューブに付いているダンパーバルブや、ガイドパイプも全て取り外し、
洗浄

インナーチューブはダメージが酷いので、お馴染みの「東洋硬化」さんへお願いします。
IMG_3084.jpg
結構エグレちゃってるんですよね。

インナーチューブを待っている間に、
オイルシール止めのサークリップを探しましょう。
ひとつがサビで壊れちゃってるんですよ。
オイルシールは純正が出るのに、サークリップが出ないとは?
どういう事?

多分何か流用できる物が有ると思うのですが、
それを探すのが大変!!
きっと規格物だと思うので、出入りの業者さんに頼んで探してもらいましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

只今ツーリング?より帰りました。

AM10:30早目の帰宅です。
いい天気なのになぁ~
もったいない!!


IMG_3184.jpg
         IMG_3185.jpg
予定集合時間より20分位早く集まったので、
余裕をもっての出発。
遠方から来てくださった「650cc」さんにはちょっと辛かったかな?

陣馬山を登ってから、奥多摩方面へ向かい、桧原村を通って帰るルートに決定。
折角早く集まったのだから、早めに出ましょうと言う事で、9:00には出発しました。
途中の<夕焼け小焼けの里>で途中帰還の「DucaEnfi」さんと別れ、
一気に山登り開始、
相変らずHS君には辛い山道です。
もう一台のHS君も結構辛そうです。

しかし、この急勾配の山道を、自転車で登っている人の多い事多い事・・・・
いやぁ~よくやりますねぇ~
まさかこんなにいるなんてね。


一足先に休憩ポイントの山の頂上に到着したので、HSを停めて待っていると・・・・
パイーン・・・・トトトトン・・・・ビィーン・・・・ドドドン・・・・
おーい!・・・あれ・・・・行っちゃったよ・・・・・
・・・・・・・・・仕方ない、追いかけますか。

びぃ~ん・・・・
え~ん、一体何処まで行っちゃったんだよ~
とうとう山を下りきってしまいました。
合流出来たのは甲州街道へ下るか、奥多摩に出るかの分かれ道。
IMG_3188.jpg IMG_3187.jpg
合流出来たのはいいのですが、残念ながら私は時間切れです。
子供達の待つ家へ帰らねばなりません。

私は甲州街道へ下りてそのまま帰りますが、
他の皆さんは奥多摩方面へ、
無事に帰ってきてくださいねぇ。

と言う事で、私のレポートはここまでです。
なんだか不完全燃焼・・・・
次こそは!!!

テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

明日の事

本日予定していたツーリングですが、
残念な事に雨天の為、明日に延期となりました。

明日は天候の方は何とかなりそうですが・・・・・
私がダメっぽいです。
 ごめんなさいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!

子供を預ける所が無いんですぅ~
嫁さんは仕事やし、実家も色々な事情でダメになってしまって・・・
途中までは一緒に行けると思うのですが、
あ”~~~~マサカの主催者不在!!
申し訳ないです。

なんとか陣馬山の天辺位までは一緒に行ける・・・・といいんですが?
こんな展開になってしまいましたが、それでも参加して頂ける方、ヨロシクデス。

テーマ:バイク屋さん日記 - ジャンル:車・バイク

明日は雨・・・明後日は?

残念ながら、明日のツーリングはダメな様ですね。
予備日の日曜日も怪しい感じですし・・・・

やはり六月にやろうと言うのが無謀でしたか、、、、
それとも、参加メンバーの中に「雨男」が居る?
う~ん、私か?思い当たるフシがいくつかありますなぁ~
誰か強烈な「晴れ男」を連れて来てくれい!

折角「多摩クラッシック」の方にも2人ほど参加頂く予定だったのに・・残念!!

日曜日は、朝雨が降っていなければ一応行ってみようと思います。
ですが、少しでも雨が降っていたら中止です。
なにぶん山へ向かう訳ですから、天候には慎重になった方がいいでしょう。

微妙な時はTELして下さい。

この機会を逃すと次回は秋頃ですかね。
夏場に行くなら、極ショートツーリングにしないと車両がもちません。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

珍しく モンキーやってみました 其の弐

まだオーナーさんが何処までお金を出してくれるか解らないので、
とりあえず、エンジンがかかるトコまでですね。

IMG_3026.jpg
相当酸化しているであろう、エンジンオイルを抜いて、
一応プラグホールからオイルを数滴注入。
(シリンダーが寝ているエンジンって、あまり効果無さそうなんですよね)
バルブ周りも給油しておきましょう。

次はキャブ、
IMG_3018.jpg
コレをやっている時、丁度世間はゴールデンウィーク!
メーカーからは部品が入りませんので、
ネット通販で部品を注文、
(これだからゴールデンウィークってキライなんですよ)

IMG_3019.jpg
キャブを開けてみると、意外とキレイ・・・・
しかし、この黒い粉は何でしょう?

IMG_3020.jpg
フロートが崩れて・・・・
って事も無さそうなんですが。
まぁ、とりあえずお掃除をしましょう。

しつこい汚れも無かったので、
穴を全て通してキャブは終了。

IMG_3022.jpg
ポイントいってみましょう。
IMG_3023.jpg
調整だけならココからやるのですが、
研きを入れないとダメでしょうから、
フライホイールを外します。
IMG_3024.jpg
いつもの様にポイントを分解して研き&脱脂&給脂

普段ならココで簡易的に点火時期を調整するのですが、
その為にはバッテリーが必要です。
適当なバッテリーが無いのでアキラメマス。
ポイントの隙間だけ調整して、後は適当に野となれ山となれ・・・・
最終的にはタイミングライトで確認するので、現段階ではエンジンがかかればOK!!

IMG_3027.jpg
エンジンオイルを入れて、
ガソリンタンクが使えないので別タンクより補給、
キック一発、
POPOPOPOPOPO・・・・・・・
流石はカブエンジン!!
長年眠っていても、やる事やれば簡単に目を覚まします。
ここら辺はホンダのスゴイトコロですよね。

IMG_3028.jpg
適当に合わせただけなのに、奇跡的に点火時期はドンピシャ!!
よ~し、オーナーさんに連絡だ~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する