2009-05

珍しく モンキーやってみました。 其の壱

近くに得意なお店が有るので、あまりウチではやらない車種なのですが、
偶にはやってみようかなぁ。
と思って、修理依頼を受けてみました。

IMG_3012.jpg
1975年式、Z50JⅡです。
十何年間倉庫保存という、正に箱入り娘です。
さぁどうなりますやら、お楽しみですね。
因みに、タンク内の状態です。
IMG_3013.jpgIMG_3014.jpg
やっぱり、この日本でバイクを保存するのは難しいですよ。
バイクは走らせてナンボ!!

IMG_3015.jpg
何処から始めましょうか?
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ツーリング準備

そろそろツーリングの準備をしなければ・・・
あと一週間チョイですからね。

多分HS90で行く事になるでしょうから、
チョコッと整備をしておきましょう。

以前フレームを塗った時に大体の事はやったので、大してやる事も無いのですが、
ツーリング下見に行った時にブレーキがマズイ!!
と言う事が露見したので、
そこと、あえて手を入れていなかったポイントをやっておこうと思います。

Rブレーキシューが大分減っていたので、まずは部品注文。
純正品は既に無くなっていたので、社外品を注文しました。
部品が来るまでの間にポイントをやってしまいましょう。

IMG_3115.jpg
今調子がイイので、下手にイジラナイ方が賢いのかもしれませんが、
なんかスッキリしないので・・・・

結構ポイントが減っちゃってるんですよね。
IMG_3116.jpg
でも、表面が結構荒れているので気にはなっていたんです。
点火時期が許容範囲内で納まるかどうか不安ですが、
やってみましょう。
ダメだったら社外品で部品は有りますから。

いつもの様に鏡の様に磨いてから、点火時期を診てみると、
意外とイケそうです。ヨッシャー!!

コレで調子が変わらなければ良いんですけど・・・・・


ブレーキシューが届きました。
絶版ブレーキの強い味方、「Vesrah」 助かります。
IMG_3147.jpg

カーブ等でちょっと強めにRブレーキをかけると、『カツン』と、
底当りする様な感じ。
IMG_3146.jpg
これだけロッドを引っ張っていて、尚且つ、
IMG_3148.jpg
ブレーキカムを一コマ分ずらしているんですから、相当減っています。
安全の為に交換しておきましょう。


コレで車両の方はとりあえずOK!
一張羅の皮パンツとジャケットも、ミンクオイルを塗って準備万端。
あとは天気参加者数が気になる所ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

高額修理!? CL125K3 其の弐

疑問は残りますが、とりあえず点検を続けましょう。

タペットクリアランスでも診てみましょうかねぇ~
オーナーさんが診ている様なので、
問題は無いと思いますが、



問題無いッス。
クリアランスを多目に取っているので、ちょいと音はすると思いますが、
調子を優先するなら正解です。(限度はありますよ)

次、ココも大丈夫だと思いますが、
ポイント、点火時期の点検。
IMG_3033.jpg
ポイントの状態は・・OK

点火時期は・・若干のズレはありますが、問題無いでしょう。

ガバナの状態・・
IMG_3034.jpg
テンションは十分ですね。
ここら辺が原因だったら、修理も楽なんですが、、、
あ、それじゃアカンわ、
ゼニにならへん!




チョイ待ち!!
何やオカシイで、
IMG_3035.jpgIMG_3036.jpg
スプリングの線径が違いますけど・・・
コレで張力が同じとは思えませんが、
アイドリングをしない原因ではないでしょう。
と言う事で、とりあえずスル~

一応、若干ズレテいた点火時期を調整して、
もう1度エンジン始動、
バルルン・・・・・
やっぱりダメだ。

ではキャブにいってみますか。
ここも一応オーナーさんがオーバーホールしたと言う事なのですが、
念の為ですよ、念の為。

まずはスライドピストンを外します。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・幾ら貰ったらエエんやろ?
アイドリングしなかった原因は、
IMG_3037.jpg
『スライドピストンが逆に付いていた』
というオチでした。
本来の向きはコチラ、
IMG_3040.jpg

ただ前後を逆にしただけでは、ガイドピンの都合で逆には付かないのですが、
左右を逆にすると、この様に逆向きにしか付かないんです。
現オーナーさんはココは外していないと言う事なので、
前オーナーさんの仕業でしょう。
ハメラレましたね。

ちくしょ~
ちゃんと付けたら問題無くアイドリングするじゃないですか。
高額修理の予定がぁ~~~

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

高額修理!? CL125 K3 其の壱 

このブログが切っ掛けで修理依頼を頂きました。
CL125 K3 

聞く限りでは、どうやらエンジンをO/Hしないといけなさそうなので、
久しぶりに高額修理の予感!

ふっふっふっ、がっぽり稼がせて貰いましょう。
ケツの毛1本だって残しませんよ!

オーナーさんが自分で運んで来てくれると言う事なので、
テグスネ引いて待っていると、
IMG_3029.jpg
IMG_3030.jpg
外装は塗装に出していると言う事なので付いていませんが、
スゴク程度が良いです。
一体幾らで買ったのでしょうか?
この程度だったら結構なお値段だったのではないでしょうか?

私も以前から欲しくて探しているんですが、先立つ物が無く・・・・
いいな、いいなぁ。
この修理が終われば何とかボロを買う事が出来るかな?


と言う事で、作業を開始しましょう。
状況は大体聞いているのですが、念の為に自分でも確認してみましょう。
エンジンはかかるし、無理やり走らせれば走らない事は無いのですが、
アイドリングをしないと言う事でしたが。


まず圧縮を測ってみると、確かに少々低いですね。
でもこれ位あればパワー感は無いでしょうけど、アイドリングしない事は無いと思うんですが・・・?

試しにエンジンをかけてみましょう。
別タンクよりガソリンを供給して、キックを1回、二回と、突然
ブワァーーーーーーーーーーーーーー
いきなりの全開状態、急いでエンジンを切ります。
び、びっくりした・・・・

アクセルワイヤーが引っかかっているのでしょうか?
いや、それは無さそうです。
アイドルスクリューは?
・・・締め過ぎでしょう。
これじゃ全開に近いですよ。
あんな風になっても仕方ありません。
適度に緩めて再度エンジン始動、
バラバラバラン・・・・・・
バラバラバラ・・・・・・
う~ん、ダメっすねぇ~
確かにアイドリングしませんなぁ。

でも、何かおかしいんだよなぁ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

第二回<バイク工房「蔵」のツーリングでも行っちゃう?>のご案内

表題の通り、
ツーリングのお誘いです。

もう近いですが、
6月6日(土)
集合場所はもちろんウチ
集合時間はAM9:00頃
雨天の場合7日に延期
7日も雨の場合は中止


今の所決定しているのはその位、
ルートは陣馬山を登って、その後は未定。
集まってから決めましょう。

遠方の方は、前日に寝袋を持ってお泊りも可♪

出来れば地図を持って来る事をオススメします。

他に何か不明な点が有れば質問して下さい。
(不明な点が多過ぎるって質問は受け付けません!)

それでは皆さんのご参加をお待ちしています。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

山梨のXS650SP 其の四

消えな~い!!
アフターファイヤが一向に消えません。
こんなにやっているのに・・・・一体何がいけないんでしょう?
セッティングどうこうの問題ではないのでしょうか??????

う~~~~ん。
ちょっと他の可能性も探ってみますか、

で、思い当たったのが、
「エキパイの接続部分からエアを吸い込んでしまうのでは?」と言う事。
ガスケットを交換するのが一番いいのですが、
手持ちが無かったので、とりあえずマフラーパテを使った応急処置をしてみましょう。

左右が連結されているからチョイト面倒なんですが、
まずは右から・・・・・・あれ、連結部分が外れません。
何でこんなにハマリ込んでるんでしょう?
プラハンでドツイテみたり、ガンガン引っ張ってみたり、
格闘する事20分程、

どりゃ~
ずぽん!はぁはぁ、やっと外れてくれた・・・・
IMG_2977.jpg
全く何でこんな事で苦労せにゃならんの!
連結部分を確かめてみると、そこには驚きの事実が!!




IMG_2984.jpg  IMG_2978.jpg
え~っと・・・・・確かココって左右を連結しているんですよね?
がっつり!詰め物がしてありますが?
一体なんですかコレ????????????
マイナスドライバーでホジホジしてみると、ボロボロ崩れていきますなぁ。
まさかカーボンがココまで堆積したのでしょうか?
そんな事ありえないでしょうけど。

ガツガツ掘り進んでいくと、
何やら布切れが・・・・・・
コレは確実に人為的な物ですね。
どうするのコレ?
全部取り出そうとすると相当難儀ですよ。
アフターファイアの原因では無さそうですが、
今更見なかった事にも出来ません。
オーナーさんに連絡して、追加料金の了承を得てから作業再開。





丸1日、いろんな形状の道具を駆使しながら、何とか取り出せたかな?
IMG_2985.jpg
まさかこんな事が有るなんてね、
ネタとしては面白い!
ゼニにはなりませんが!!


結局、やっぱりアフターは消えず、
この後もキャブを中心に色々やったんですが、
結果は同じ、
ここまでやってダメと言う事は、原因はエンジンですね。
オイル漏れも激しいし、何処からかエアを吸っているのでしょう。
まぁ、始める前からそうじゃないかと思っていたんですが、
確証が無かったですからね。
でも、ここまでやったら原因はエンジンと言ってもいいでしょう。

一応フロートレベルを少々濃い目にセッティングして、
不完全ながら終了です。

まぁ、その後調子良く愛知県まで行って帰ってきたようなので、
暫くは問題無く走行出来るでしょう。
今度はエンジンオーバーホールですかね?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ツーリング下見

先ほどツーリングの下見から帰ってきました。
時間の制約も有ったので、
陣馬街道~和田峠~甲州街道で帰ってきました。
大体1時間半位でしょうか?

ちょっとこのルートでは物足り無いっすねぇ。

しかし、和田峠はHSだと結構厳しいなぁ。
IMG_3089.jpg IMG_3092.jpg
道幅が狭いのは何て事有りませんが、
この勾配はシンドイ!
2サイクルの90ccツインでは、回転が落ちると全然走らないですからね。
「あ~、エルシノアが有ればなぁ~」
って思っちゃいました。
やっぱりパリダカで行こうかな?
タンクも大きいし・・・・・

だって和田峠を抜けたらガス欠になっちゃって・・・・
財布を確認したら¥300しか無い!!
ヤバイ!!!
こんな所でガソリンスタンドが有る訳も無く、甲州街道まで降りないと有りません。
その前にどこかお金をおろせる所・・・
ヒィ~、リザーブでどれ位走れるの?
節約しながら山を降りていくと・・・・有った!!
IMG_3098.jpg
何か民家の様な郵便局ですが、どうにかお金はGET!
郵便局の人に最短ルートでのガソリンスタンドの位置を聞いて、



間に合った・・・・・
危ないアブナイ。

本番はちゃんとガソリンを満タンにして出なければ。
IMG_3095.jpg

でもこの燃費では、奥多摩湖へ出るルートは無理!?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

山梨のXS650SP 其の参

それではキャブの方を少し調整してみましょう。
アフターファイアの出る条件がスローの領域なので、
スローの番手を上げてみます。

いや、上げる前にこれを試してみましょう。
IMG_2972.jpg
同じ番手のジェットでも、横に穴が開いているタイプと、
穴が開いていないタイプがあります。
付いていたのは穴が開いているタイプなので、
開いていない方を試してみます。


変わりません。



まぁ、あまりこれは期待していなかったので、サッサと次ぎいきましょう。
ノーマルが#27.5で、ウチに有るオーバーサイズが#30と#35。
どちらかで決まるでしょう。



どちらも変化ナシ!
おや~、もっと濃くしろって事?
いくらなんでもノーマルエンジンでそれは無いでしょう。
エアクリーナーだってノーマルなんやから。

と言う事で、左からしかアフターが出ないので、
右と左の条件を変えてみます。
まず、
IMG_2973.jpg IMG_2974.jpg
ポイントの左右を交換、


変化ナシ

コンデンサーの左右を交換
IMG_2975.jpg
それでも変化無いので、一応ウチに有る中古と交換してみます。
エンジンハンガーに付いているので交換は面倒ですが仕方ありません。
さぁ、どうや!!


変化ナシ

こうなるともっと濃くしてみるしか有りませんネェ~
疑問は残りますが、フロートレベルを調整してもっと濃くしてみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

再来?

「再来」と言うんでしょうか?
今年も燕さんが飛来する時期になりました。

去年は、巣だけ作って何処かへ消えてしまった燕さんですが、
今年は室内にでも作るつもりだったのでしょうか?
店の中に襲来。
IMG_3063.jpg
           IMG_3064.jpg
去年は何の幸運も訪れませんでしたが・・・・
今年はドウデショウネェ~

やっぱり、巣を作ってヒナが巣立って行かないとご利益は無いのでしょうか?

この燕さんはウン〇をする前に早々にご退場願いました。
と、思ったら既にされていました・・・・ウンが付いた?・・・・って事???



話は変わりますが、今度の「蔵ツー第二弾」ですが、
5月末頃か6月初め頃を予定しています。
陣馬街道を登って行って、甲州街道で戻るか、
そのまま奥多摩へ行くか?皆さんのご予定とご希望は如何に?
今回も排気量制限は設けませんが、
陣馬街道は大型車ではシンドイかも?
レンタルしますよ、RD125!!
私はHS90で行きます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

山梨のXS650SP 其の弐

もう既にコメントに結果が出ていますが、
ソコに至るまでは大変だったんです。



IMG_2957.jpg
まずはプラグの状態を見てみましょう。
ちょっと薄いかなぁ~ってトコですね。
それより、
プラグの締め込みが甘いです。
ガスケットが潰れていません。
IMG_2959.jpg
新品のプラグを締め込んでみました。
IMG_2960.jpg
解り難いかもしれませんが、この位絞め込んだ方が良いと思います。
しっかりアース、しっかり放熱
大袈裟な事を言うと、燃焼室内での火炎中心も若干ズレルでしょうし、
(そんなに問題は無いと思いますけどね)

私は使った事が有りませんが、イリジウムプラグって良いんですかね?
イリジウムって磨けないからなぁ。

プラグを交換して、もう一度エンジンをかけてみます。
IMG_2962.jpg
変化は無いですね。
念の為に、点火時期を確認。
ちょいと修正しましょうかね。
IMG_2974.jpg
面の修正までは必要無さそうなので、
ガバナとギャップ、時期の調整。

おお!少し良くなった様な気がします。
でもマダマダデス。

カムチェーンもタペットも問題は無かったので、
後はやっぱりキャブですかね。
IMG_2963.jpg
まずは各ジェット類、穴をエアで掃除します。
フロートレベルも標準位に合わせて・・・・
もう1度エンジン始動。
同調をとって試乗してみます。

・・・・・・・・う~ん、やっぱりイマイチ。
どうしても左からのアフターファイヤーが消えません。

もう少し濃い目のセッティングにすれば消えるかな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

どうなる? XS650SP 其の四

気にして頂いていた皆様にご報告が・・・・・

残念!!!な結果に至りました。

やっぱりね、
不安要素がこれだけ有ると、誰でも思い切れないよなぁ~
こちらとしても、この状態の車両を「ナンボで修理出来る?」
と聞かれたら、大分多目に見積っておかないと危険ですし、
中途半端に直してもお互いに良い事は有りませんからね。



あう~、高額修理を期待していたのに・・・・
非常に残念です!!

IMG_3049.jpg       IMG_3050.jpg
           IMG_3051.jpg

と言う事で、急募。
この車両を引き継いでくれる人。
年齢、性別問いません!
あ、出来れば若くてキレイなおネェちゃんがいいな。
・・・・・・・・・いやいや、情熱ですよ、情熱。
・・・うん、情熱が一番・・・かな?

気になる人が居たら、是非ご一報を。
出来れば某オークションには流したくないので。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

山梨のXS650SP 其の壱

さぁて、書く順番が大分後になってしまいましたが、
KC125Aの持ち主さんのXSをやってしまいましょう。

あ、そうそう、XSと入れ替えでKCを乗って帰ったのですが、
何とか無事に帰れたようですよ。ヨカッタヨカッタ。
しかし、今までまともに走った事も無い車両で帰ろうとするなんて・・・・
根性が座っているというか、無謀というか・・・・

で、XSなんですが、乗って来ている位なのでそんなに致命的な修理箇所がある訳ではなく、
「近々愛知県まで行く用事が有るので、それにXSで行きたい!」
って事なので各部の調整ですね。
IMG_2947.jpgIMG_2948.jpg

エンジンをかけてみると、左右で調子のバラツキがあります。
フロートがパンクして、自分で交換してから調子がイマイチ、
と言っていましたので、十中八九そこら辺でしょう。
サクサクッと2~3日で仕上げて、次の車両に取り掛かりましょう・・・・・・



なんて、考えが甘いんですよね。
一筋縄ではいかないんだコレが。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

HS90 其の七

外装は大体取り付けOK。
ハーネスは、商売抜きで考えたら作り直したい所ですが、
ココまで既に結構な手間がかかってしまっているので、
とりあえず今の所不具合は無いのでそのまま使います。

幸いな事に、ガソリンコックはまだ生きているのですが、
ホースを抜いた際に一緒にパイプまで取れてしまったので、
それだけ直しておきます。
IMG_2876.jpg
接着剤を使って取り付ければOKッス。

動いていたのだから大丈夫だと思うのですが、
一応サラッと洗浄だけしておこうと思ったキャブレータ、
落とし穴が・・・・・・・



IMG_2880.jpg
まぁ、外観はこんなモンです。
開けてみると、
IMG_2881.jpg
ガスケットが破れている所がありましたので、これは新しく切り出しですね。
その他は動いていただけあって大丈夫そうです。
フロートはキレイだし、ジェット類もちゃんと穴は通っています。
フロートバルブの段付きも酷い物では有りません。
十分に使用に耐えられるものです。・・・・・ん?
こっ・・・・これは!・・・・・
IMG_2882.jpg
スプリングが利いてないじゃありませんか!
フロートバルブが片方リジットになっている!!

油を注してみても、シバイテみても、暖めてみても、全く動きません。

部品は出ません。
何か流用出来る物を探しましょう。
50ccなら合う物も有るでしょう。
その間にガスケットを切り出します。
0.8mmとはいえ硬い・・・指痛いよ~
IMG_2890.jpg
どうですか?この苦心の作。
左の破れていたガスケットから型を取って、右が切り出したモノです。
なかなか頑張ったでしょ!
良いコルク材が有ると楽なんですけどね。

IMG_2971.jpg
見つかりました。
流用可能なフロートバルブSet、
これでバッチリです。
IMG_2883.jpg

オイルポンプのエア抜きが終わったら、
ひたすらキック。
IMG_2884.jpg
オイルが上がって来るまでタダひたすらにキックです!

IMG_2886.jpg
ご近所迷惑ですが、マフラーも焼きます。
何処ぞのお父さんの様に、こってりコレストロールが溜まっていますので、
入り口と出口だけでもキレイにしておきましょう。
夏場はやりたくないなぁ~

さぁ、完成間近。
マフラーを取り付けます。
おっと、その前にちょっとピストンの状態を見ておきますかね。



世の中には「知らぬがホトケ」という有り難いお言葉が有ります。
実際に今現在走れているのですから、早急に解決を要する問題ではないと思います。
うん、大丈夫!大丈夫!!
今度のツーリングでそれを証明して見せましょう。
乞うご期待。
IMG_2891.jpgIMG_2892.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する