2008-11

トラ TR6R ソロシート取り付け 其の弐

イメージの結果、
問題点の一つ、バッテリーに関しては、
新しくバッテリーケースを作る事にしました。
もう少し深いケースを作ってやれば解決しそうです。
幸いな事にその為のスペースは空いている様ですからね。

一番簡単なのは、もう少し小さいバッテリーにしてしまえばいいんですが、
この車両は私の嫌いなトランジスター点火に変更している為、
あまりバッテリーを小さくするのはオススメ出来ません。

少々手間ですが、時間も有る事ですしボチボチやっていきましょう。
まずは材料の入手ですね。





なんて、悠長に他の車両と平行してやっていた所、
「今週末にツーリングに行きたいんだけど・・・」
コラコラ!
無理です。暫くは使わないからゆっくりやっていいって言うたやん。
まだ何も出来てへんし。

とは言っても、何とかお客さんの要望に応えようとする健気なワタシ。
計画の変更です。
バッテリーケースなんて作っている暇はありません。
気は進みませんが、小さいバッテリーを積んでしまいましょう。
発電はしっかりしているので多分大丈夫なハズ・・・

OILの給油口は・・・・・とりあえず先送りにしてシートを取り付けてから考えましょう。
何せ時間が無い。

IMG_2387.jpg
6mmの鉄板をブッタ切ってステーを作成します。
IMG_2388.jpg
こんな感じ、
これに溶接で板を継ぎ足して、
IMG_2391.jpgIMG_2389.jpg
こんなステーにします。

シートの前方はこれで大体OK
後ろはどうやったってフレームに鉄板を溶接するしかありません。
IMG_2392.jpg
こんな感じに。
本来ならばガソリンタンク、キャブ、OILタンク、フェンダーを外してやるのですが、
今回はそんな時間は有りません。
直ぐに外せるガソリンタンクだけ外して、
その他の部分はアルミ板を保護板に使って、恐る恐る溶接開始・・・・・
ギャァ~こわい~!!!!!
二度とこんな事はやりたくありません!!

急いでいたので画像を撮ることを忘れていましたが、
この他にもカラーを作って溶接したり、スプリングの辻褄を合わせたりと有ったんですが、
端折ります。
文章ばかりになっても面白く有りませんし。

完成
IMG_2393.jpgIMG_2395.jpg
       IMG_2394.jpg
突貫の割には良く出来た方でしょう。

因みに、
OIL給油口へのアクセスは、
シートの前方を外してもらって、バカチョンっとシートを上げて貰うと容易に行える様にしました。
(シートの後ろにスプリングが付いているお陰で結構上げられます)
IMG_2398.jpg
なので、工具無しでも外せる様にシート前方はボルト止めでは無く、
βピンで止める仕様です。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 売っちゃうの? 其の四

キャブの掃除に時間をかけた甲斐がありました。
なんだか調子良さそうですよ。
持ち主が今乗っているXSよりも調子エエんちゃう?

目出度く始動しましたので、その他の作業に移ります。

まずは、切れてしまったアクセルワイヤーを作成しましょう。
アウター部分はそのまま使って、インナーだけ作り直せばエエやろ。
と思っていたので部品を買ってなかったんですよね・・・・・・
失敗したなぁ~

インナーワイヤーが錆付いていて、アウターから抜けないッス!!
これではアウターも作り直さないといけません。
仕方ないですね、新品を買いに行くのも面倒臭いので、
サッサと作っちゃいましょう。

残念ながら金具までは作れないので、元の物を使い回しします。
IMG_2502.jpg
これでも一応磨いたんですよ。
折角ワイヤー自体は新しくなるのに・・・残念。

アウターを作ります、
元の物より若干細くなりますが、キャブはCVですから問題ないでしょう。
IMG_2504.jpg
インナーの作成。
IMG_2505.jpg
相変らず、国産にピッタリと合うエンド金具がありません。
正確には買うお金が有りません・・・・結構高いんですよね。
IMG_2506.jpg
ワイヤー完成。

次ぎ、フロントブレーキをとりあえず使える様にします。
『オーバーホール』では無いですよ、あくまで『とりあえず使える様に』するだけです。
が、



IMG_2498.jpg
マスターシリンダーの蓋が開きません。
ネジが錆付いて取れませ~ん。
2本は何とか取れましたが、1本はナメテしまって、もう1本は途中で折れちゃいました。
IMG_2499.jpg
ネジの頭をドリルでとばして、蓋を開ける事は出来たのですが、
これを使える様にするには結構お金がかかりますね。
何か適当な中古か、安いマスターシリンダーを買った方が良さそうです。
持ち主に相談してみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トラ TR6R ソロシート取り付け 其の壱

IMG_2381.jpg
ウチではお馴染みのこのトラですが、
今回はカスタムです。

以前からオーナーはチョッパーにしたいと言っていたのですが、
私が余り乗り気じゃ無かったのと、予算の関係上保留していました。
それが「とうとう来たか!!」って思ったのですが・・・・・

よかった、どうやらオーナーさんは思い留まってくれたようです。
「あまりにも周りにチョッパーが多くて、やる気が無くなった」という事でした。
「お金が溜まったからチョッパーして」なんて言われたらどうしようかと思いましたよ。
なにせ私はあの手が大ッキライですから。

今回のカスタムは『ソロシートを付ける』と言うものなのですが・・・
シート自体は、中古の良さそうな物が有ったのでそれを使うとして、
IMG_2383.jpg
幾つか問題をクリアしないといけないんですよね。
一つは、汎用品なのでステーを自作しなければならない事。
まぁ、これはいつもの事なので大した事ではありません。

もう一つは、
IMG_2384.jpg
この出っ張ったバッテリーと、OIL給油口の位置。
何かいい方法を考えねば。

幸い時間は十分にもらっているので、ゆっくりと考えましょう。

とりあえず、シートを取り付ける予定の位置に置いてイメージしましょう。
IMG_2385.jpgIMG_2386.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 売っちゃうの? 其の参

何となく想像は出来るんですけどね・・・・・
IMG_7259.jpg
        IMG_7260.jpg
久しぶりにハードな気がしますね。
バタフライバルブの動きもシブイし、シールやダイヤフラムは無事でしょうか?
ドレンボルトも片方紛失しています。
IMG_7261.jpg
何か適当なボルトを見つけなければ。

いざ、オープンTheフロート室!!
IMG_7264.jpgIMG_7265.jpg
想像通りですね。
フロートなんかコーティングでもしとるんちゃうか?
ってくらいですよね。
一番厄介な腐り方です。
ガソリンがネッチョリ、ガム状物質に変質しちゃってます。
穴を通すのが一苦労ですね.

「ひょっとしたら、フロートピンが抜けへんかも」と思っていたのですが、
そこは不幸中の幸い、そんなに苦労する事無く外れてくれました。
ですが、やっぱりガム状になってしまったガソリンはとてもしつこくて・・・・
キャブだけで結構な時間がかかってしまいましたよ。
IMG_2491.jpg
今の所大丈夫ですが、キャブ本体の腐食も結構酷いです。
IMG_2492.jpg

当たり前の様に、フロートやガスケットは全く使い物にならないので、
純正新品を使います。
結構高くついちゃいましたが仕方ありません。

IMG_2493.jpgIMG_2494.jpg
外観はだいぶキレイになったと思うのですが、
問題は使えるかどうかですよね。
早速組み付けてみましょう。
IMG_2497.jpg
一応タペットクリアランスとカムチェーンテンショナーを点検しておきます。
IMG_2496.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 売っちゃうの? 其の弐

まずチェックしたのはヒューズBOX
IMG_2437.jpg
何度かこのブログでも書いていますが、接触不良が多いんですよね。
案の定この車両も接触不良を起こしていました。
ちゃんとした修理ならば、ブレード型のヒューズBOXに交換する所ですが、
今回の修理は売り物にする事が目的の修理なので、
余りお金をかけられません。
よって、接点を磨くだけにしておきます。

それでも無事にメインスイッチを通過して、
IMG_2438.jpg
イグニッションスイッチまでは電気が来ている事が確認できました。
それでも火花が飛ばないという事は・・・・
IMG_2439.jpg
ポイントですな。

例の如く、ポイントを磨きます。(地味な作業ですが、達成感があります)
いつもの事なので画像は省略。
そして給油と調整をして、、、、
OK!!バッチリ火花は飛ぶ様になりました。
やっぱりポイントモデルはシンプルでイイッスねぇ。


これで第一条件はクリア。
キックの手応えも有るので、圧縮も大丈夫でしょう。
残るはCaburettors!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド まさかの・・・ 其の壱拾壱

輸入元の話では、年式による適合の有無は無いという事でした。
ただ、輸入元さんが取り付けた時にも1度こういう事が有ったらしく、
やはり加工精度の問題のようです。

っちゅう事で、
アジャストの部分を少々旋盤で削ります。
IMG_2363.jpg
流石に焼きが入っていて硬い事硬い事
ウチの旋盤もそんなに良いモノではないので、
刃が逃げてしまってイマイチ上手く削れませんでしたが、
IMG_2368.jpg
何とかこの位まで削ってみました。
これでどうにかクリアランスは取れますね。

輸入元さんが言っていた[アジャスト部分の違い]というのがやっと解りました。
IMG_2360.jpg
強化版の方が少しネジが太くなっています。
それならそうと言ってくれれば良いのに・・・・
「色が違うでしょ」なんて言うもんやから、
「アホか!色がちゃうってなんやねん!」なんて思っちゃいましたよ。ハッハッハッ!

これで問題は解決、
ガンガン組んでいきますよ。
IMG_2369.jpg
緩んでいるスタッドもシッカリと締めておきます。
IMG_2370.jpg
クリアランス調整をして、

完成です。
エンジン音も静かになって、もう言う事無いですね。

ところが、
後は車検を取れば終わり・・・・・・って時に、

キックスプリング折損!!
     ショーーーーック!!!!
なんでこのタイミングで折れんねん。
シクシク(泣)これは流石にオーナーさんには請求出来ないので、
うちの全額負担ですね・・・・

IMG_2380.jpg
どうせなので、これも強化タイプにしてしまいましょう。
「ウィングフット」さんで確か取り扱っていたはずです。
速攻送って頂きました。
ありがたやありがたや。
IMG_2379.jpg


何かと『まさか・・・』
という事が多い修理でしたが、
ブログ的には良いネタでした。
やっぱり修理ってこうでなければオモロ~くないですよね。
オーナーさん大事にしてね♪

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 売っちゃうの? 其の壱

私がいつもお世話になっている車屋さんの、
予備車両だったXS650SPです。
IMG_2419.jpgIMG_2420.jpg
        IMG_2421.jpgIMG_2422.jpg

どれだけ放置されていたのか不明ですが、
まぁまぁのヤレ具合です。

自分の乗っている車両の予備として持っていたのですが、
「このまま寝かせていても仕方ない」という事で、
とりあえず動く様にして、売れる様なら売ってしまおう。
という事らしいです。

その車屋さんも手間の掛かる車両ばかりやっているので、
手を掛ける暇が無く、丁度仕事の切れた私がやらせてもらう事になったのですが・・・・・


とりあえず水洗いしましょう。
要所は水がかからない様にして、ザッと洗ってみました。
IMG_2425.jpgIMG_2427.jpg
        IMG_2426.jpg
そんなに変わらないですね。

まぁ、磨くのは後にして、とりあえず点検。

・オイル
IMG_2429.jpg
ちょっと多いですが、とりあえず入ってはいますね。

・ガソリンタンク
IMG_2431.jpg
以外。
大したサビは無くキレイですね。

・エアクリーナー
IMG_2434.jpgIMG_2435.jpg
見た所イケそうでしたが、
やはり触った途端ボロッといってしまいました。
部品を用意していなかったので、
とりあえずはエアクリーナーは無しで。

・ちょい潤滑
IMG_2433.jpg
きっとオイルは落ちてしまっているでしょうから、
エンジンを回す前にちょっとオイルを指してあげます。

・クランキングを数回してから、バッテリーを繋いで火花の点検
飛びませんねぇ。
それではこいつからやっていきましょうか。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド まさかの・・・ 其の壱拾

気を取り直して組み付けに入りましょう。
ロッカーアームまでしか外していないので、組み付けにはさほど手間は掛かりません。

IMG_2357.jpg
プッシュロッドの長さを一番短い状態にセットして、
INEXで長さが違うので間違わない様に注意です。

IMG_2358.jpg
ロッカーアームを取り付けます。
一応合わせ面には液体パッキンを薄く塗っておきます。
プッシュロッドの上下のカップがちゃんとはまっている事を確認。
ロッカーアームのシャフトにオイルを塗布して、しっかりと初期潤滑。
後はナットを締めればいいんですが・・・・
またもや問題発生!!

IMG_2362.jpg
IN側だけなのですが、
クリアランスが無い?!

おかしいなぁ、
プッシュロッドは一番短くしている筈、
IMG_2359.jpg
これ以上短くはならないし、
ちゃんと圧縮上死点になってるよなぁ。
・・・・・・・なんだか予感がしますよ。

強化版と純正を比べてみましょう。




IMG_2361.jpg
これだけ長さに違いが有りますね。
ああ、丁度良かった、
輸入元の説明に有った、
【ロッカーアーム側のロット先端のカバーとロッドの合わせ目がSTDはストレート、
強化はテーパーになってます。】

というのがこれで解ります?
テーパーになっているから何が良いのかは解りませんが・・・

これは只単に加工精度が悪いのか?
それとも年式によって合う合わないが有るのでしょうか?
う~ん、輸入元にもう1度確認してみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド まさかの・・・ 其の九

問題のプッシュロッドですが・・・・
輸入元に問い合わせた所、

「そんなはずは無いんですけどねぇ、
 ウチに有る純正と比べると確かに太くなっているんですけど・・・」


という回答でした。
う~ん、そうなると元から強化タイプが付いていたという事?
それとも、輸入元さんが比べているのが、2000年以前のモデルのプッシュロッドの様なので、
モデルチェンジと一緒にプッシュロッドを太い物に変更しているのかもしれません。

エンフィールドって、2000年前後でだいぶ良くなっているので、その線が怪しいですね。
という事で、もしエンフィールドを買いたいって人がいたら、
2000年前後のショートサイレンサーが付いているモデルがオススメです。


一応輸入元から比較の画像と説明文を貰ったので載せておきます。
                  Image0281.jpg
                プッシュロッドの写真貼付します。
                写真上がSTD、下が強化です。

      少し見難いですが、カム側のアジャストが違うのが分かるかと思います。
      それと、ロッカーアーム側のロット先端のカバーとロッドの合わせ目がSTDはストレート、
      強化はテーパーになってます。

      現地の強化プッシュロッドを製作している所の説明では、
      約1/4”ロッドが太くなり強化されている。
      また、アジャスト部分もSTDとは違い強化されているとの事です。


値段に見合った強化とはとても言えませんが、
太さ以外はその通りです。
これで純正の倍の値段分の強化・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お客さんに説明し難いなぁ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

W1SA リヤホイール 参考までに・・・

ちょっと前に納めてしまったんですが、
W1のリヤホイールを再メッキ&スポーク組みしました。

IMG_2317.jpg
再メッキしなくても十分キレイな気がするんですが。

IMG_2318.jpg
ハブは『磨き』をかけてもらい、
スポークは社外の新品に交換、
IMG_2319.jpg
リムは結構悩んだんですが・・・
どうしましょうかねぇ、何もしなくてもキレイはキレイですし。
でも他の所をキレイにしたので、どうせなら・・・・・・
とも思いますし。

最後は結局オーナーさんの判断なのですが、
「やっちゃいましょう」というありがたいお言葉を頂きましたので、
まとめて「宇都宮機械」さんにお願いします。
IMG_2322.jpg
ベアリングを抜いて、適当なダンボールで梱包(これが結構手間なんですよね、いつも・・・)


出来上がりを待つ事、約一月。
見て下さい、この美しいハブ。
IMG_2414.jpg
鏡の代わりになっちゃいそうです。
これはリムも再メッキして正解だったかもしれません。
そのままだったら、ちょっとアンバランスだったかもしれませんね。

IMG_2415.jpg
ベアリングも新しい物に交換して、
早速スポークを組んでいきます。

IMG_2416.jpg
「内掛け」のスポークを組んだら、調整台に載せて「外掛け」のスポークを組んでいきます。

組み終わったら後はひたすらに調整、
縦⇒横⇒縦⇒横・・・・・・・
因みに、ウチの調整台は小排気量用なので、調整の時はマグネット台を使用します。
付属の調整器具では幅が足りないんです。
IMG_2418.jpg
出来れば大きいヤツが出来る台が欲しいのですが、
高いし、私が好んで排気量の大きい車両をやらないので・・・・当分はこれでいいかな?


最後に、参考までに費用の方を紹介。
結構問い合わせが有るんですよね~
【リムの再メッキと、ハブの磨きで2万円ちょっと、それに往復の送料ってところです】
ウチに依頼の場合は、それに手間代を少々頂きます。
まぁ、この値段もほとんど時価なので、大まかな目安として下さい。
大きさや状態によって違ってきますので。

この値段を安いととるか、高いととるかはオーナーさん次第ですね。
でも、仕上がりには満足してくれると思いますよ。
このオーナーさんもきっと満足してくれたと思います。
前輪は?いつやります?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 アカ 其の四

早速、この余分君を取り除いてエンジンをかけてみます。



むぅ~、
なんだかイマイチですね。
コレでスッキリ解決!って思ったんですが。

そうだ、点火時期!
余分君を取り除いたので、その分バネのテンションが弱くなっていますよね、
当初の予定通りバネを切り詰めて、点火時期の再調整。



いいんじゃないですか?

コレは期待が持てますね。
さぁ、試乗試乗♪

っと、その前に一つやっておく事が。
IMG_2408.jpg
以前から気になっていたんですけど、
クラッチレバーが合っていなくて、遊びの調整がやり難いんですよね。
幸い合う物をオークションで入手出来たので、交換しておきましょう。
IMG_2409.jpg
付いていた物(上)は多分、CB125とかの物だと思うんですよね。
交換して気持ち良く試乗に出かけましょう。
・・・・・何か動きがやたらと渋いんですが、、、、、

IMG_2410.jpg
ピボットの穴が小さいのか?ボルトの径が大きいのか?
まぁ、只で付くとは思っていませんからいいんですが。

IMG_2411.jpg
ピボットの穴の径を大きくします。
ドリルにサンドペーパーを巻き付けて削ります。
素材が柔らかいので削り過ぎないように注意です。

IMG_2412.jpg
バッチリ!

いざ試乗!!




今度こそこれで大丈夫でしょう。
本当にスゴク良くなりましたよ。
これでもオーナーさんが乗ってダメならば・・・・・・・・・お手上げ!!




よかった、無事にオーナーさんの所に納まっている様です。今の所は・・・

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する