2008-09

ロイヤルエンフィールド まさかの・・・ 其の四

このまま使えない事も無いのですが、
「折角ここまでやったのですから、きちんとやっておきましょう。」
オーナーさんからありがたいお言葉を頂きましたので、やっちゃいますよ。
プッシュロッドを強化版へ、ロッカーアームをアルミ製の社外品へ交換します。

部品を注文した所、ロッカーアームが欠品中で2~3週間はかかるとの事なので、
部品が来るまでの間、他の作業をして待っていましょう。

まずは固着しているフロントブレーキ、一緒にタイヤも交換します。
IMG_2225.jpg
このディープフェンダーでなければもっとタイヤが選べるのですが、
う~ん・・・・余り選べる余地がありませんなぁ。

IMG_2228.jpg
アームを動かしても戻ってきません。
分解して洗浄、グリスアップが必要です。
IMG_2229.jpgIMG_2230.jpg
ちょっと近所迷惑ですが、ブレーキダストをエアで吹き飛ばします。
相変らず健康に悪い・・・ゲホゲホ・・・

灯油で綺麗に洗って、
稼動部分にはグリスをたっぷりと塗っておきます。
IMG_2237.jpg
作動確認、
うんうん、ちゃんと戻ってきますし、作動も滑らかです。

タイヤを交換します。
IMG_2231.jpg
タイヤはダンロップのK70にしました。
IMG_2238.jpg
本当はTT100にしたかったのですが、
合うサイズが・・・・多分無い。
実際に合わせた訳ではないので確実な事は言えませんが、
サイズのデータを見てみると、フェンダーに干渉してしまいそうなので、
安全パイをとってK70

次に、エンフィールドのオーナーさんはみんな悩んでいる事でしょうが、
フロントブレーキの効きが甘いので、改善の努力をしてみます。
簡単にシューの調整だけでは上手くいかなかったので、
シューのスリ合わせをします。
以前にも書きましたかねぇ、
使うのはこの別名『先生用の墨汁』
IMG_2241.jpg
これをドラムの内周に塗って、
IMG_2243.jpg
ブレーキを効かせます。
そうすると、当っている部分には墨汁が付く訳です。
IMG_2244.jpg
この当る面積を増やしてあげれば制動力は増すハズ、
出来るだけ多くの面積が同時に当る様に、凸部分を削ります。

やってみて解ったのですが、この車両の場合、
ブレーキが効かない方向にシューが当っている事が判明。
つまり、解り易く言うとバックする時には効くけど、前進の時には効かない仕様。
・・・・・・・使えませんね、こんなブレーキ。
お陰で結構ライニングを削る事になりました。

削っては確認、削っては確認・・・・・・何度繰り返した事か・・・・・
やる前に比べればだいぶ改善したと思いますが、限界ですかねぇ、
やっぱりまだ甘いんですよねぇ。

もしエンフィールドを自分用に仕入れる事が有ったら、
ライニングの張替えに挑戦してみようと思います。
SRのフロントに交換した方が確実か?
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

イイ思い出・・・ではない XS250SP 其の参

フロートの穴を埋めたのはいいんですが、
埋め切れていないし、ハンダを盛り過ぎ!!
フロートを振ると、「チャポチャポ」音がします。
重さを測ってみると、
IMG_2301.jpg
16gでした、幸いな事に純正部品がまだ出ましたので、
部品が届いたら比べてみましょう。

ついでにフロートバルブも部品を取っておきます。
あとはインマニが有ればいいんですけどねぇ。
これは部品が出なかったので、元の物を使用するしかありません。
外観は結構ひび割れていて、「大丈夫か?」って言う程度でしたが、
外して内側を確認してみると、内側まで達している”割れ”は有りませんでした。
念の為、
IMG_2307.jpg
液体ガスケットで固めておきます。(この程度では気休めですが)

で、
部品到着。
IMG_2311.jpg
フロートを測ってみると11g
全然ダメですね。
一箇所二箇所なら何とか修理も出来そうですが、
これの様に数箇所穴が開いていると、やはり修理は難しいですね。

さぁ、チャチャッとキャブを組んでしまいましょう。
IMG_2309.jpg
一応、リーマーでジェットの穴を通し、
IMG_2312.jpg
フロートバルブも交換、
フィルター部分は使い回しします。


<え~、ここで皆様に残念なお知らせがあります>
<日本のメーカーもグローバル化したのでしょうか?>
<それとも今回は偶々なのでしょうか?>


フロートを取り付けようとしていたんですが、どうやっても付かないんです。
元のフロートは問題無く付くのに、新品は付きません。
二つを比べてみました。
IMG_2313.jpgIMG_2314.jpg
左が元の物、右が今回取り寄せた新品部品。
何処が違うか解ります?
フロートピンが入る部分の上、”」”クランク状になっている部分の切込みが浅いんです。
その所為でピンが入らないんですよ。

まさかと思ってフロートの入っていた箱を見てみると、
IMG_2315.jpg
『MADE IN CHINA』
な~んだ、それなら仕方が無いか、削って付ければいいや。



っっって、待て待て!
これってヤマハの純正部品やろ。
外国メーカーの物ならそんな事は当たり前やろうけど、
日本のメーカーの物がそんな事でエエの?

うちの場合、外車もやるので部品を加工しないと取り付け出来ないというのは日常ですし、
そういう作業も楽しいのですが、
日本の部品は、「精度第一」外国の部品とはまた違う魅力が有ると思っていましたが、
外車に習って、加工前提になっていくのでしょうか?


XS250SPの方は無事に修理も終わり、
オーナーさんが乗って帰られました。
大した事が無くて良かったです。
大事にしてあげてくださいねぇ。


作業自体は無事に終わったのですが、
う~ん、なんだかショックでした。
日本のメーカーの現実を知った感じです。
きっとあらゆる業種でこういう事が起こっているんでしょうね。
『MADE IN JAPAN』の信用が堕ちる日も近い・・・・・・かな?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

みなさんも気を付けて下さい。 BSA C15

古いお客様の一人であるこのBSAのC15ですが、
前回修理後少し経ってから、ハンドルスイッチが壊れてしまったとの連絡が有り、
部品を用意して待っていたのですが、
なかなかお互いの都合が付かず、だいぶ入庫が遅くなってしまいました。

お陰でオイル交換の時期にもなったので、ついでにやってしまう事にしたのですが・・・・


IMG_2366.jpg
先にオイル交換をしてしまおうと思って、まずはクランクケースのドレンを外したのですが、
出てきた物を見て愕然!!
なんと、オイルではなくなっていたんです。
IMG_2365.jpg
なんでしょう?この乳白色の物は?!

きっとオイルに水が混入してしまったのでしょう。
証拠に混ざりきっていない水の玉が浮いています。
ヤバイですね。
オイルタンクの方はどうでしょうか?
IMG_2367.jpg
ぐぉ~
エンジンかけるのがこわい。

こんな状態で走っていたのですから、相当エンジンには負担が掛かっているハズ・・・・・

オイルを交換してエンジンをかけてみましたが、案の定メカノイズが酷いです。
クランクから結構な音がしていますからねぇ。

でも、こんなんでも走ってしまうんですから、結構英車ってタフなんですよね。


一体どういう経緯で水が入ってしまったのかは謎ですが、
「バイクカバーをかけているだけ」という保管方法がよくなかったのではないでしょうか?
せめて定期的に防水スプレーをかけてあげると良かったかもしれません。
最近のゲリラ豪雨の影響も考えられます。

とりあえず現状走る事は出来るので、やる事だけやって今回は終わりにしましたが、
近い内にエンジンをやる事になりそうな・・・・・・

皆さんもオイルチェックの際には、量だけでなく状態もチェックして下さいね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

イイ思い出・・・ではない XS250SP 其の弐

オーナーさんから大体の状況は聞いて、
おおよその見当は付いているんです。
IMG_2293.jpg
十中八九キャブではなかろうか・・・と。

現オーナーさんの手に渡る前に、
元のオーナーさんが自分でキャブのオーバーホールをしたらしいのですが、
どうやらフロートに穴が開いていて、ハンダで埋めたらしいのです。
あやしいですよねぇ~

という事で、キャブを開けてみます。
上手くすれば簡単に復活するかも?

IMG_2295.jpg
そうそう、エアクリーナーがどうなっているのかと思って開けてみた所、
見事ありませんでした。
きっとスポンジがグズグズになっていたので、
元のオーナーさんがスポンジ部分を取ってしまったのでしょう。
部品が出るといいのですが、無ければ張替えですね。

で、キャブを外しまして、
IMG_2299.jpg
フロート室を開けてフロートをチェック!!
IMG_2300.jpg

ビンゴ!!

やっぱりフロートが原因ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

再開?

意外と早くパソコンが直ってきました。
(チッッ!もうちょっと公然と休止出来ると思ったのに・・・)

という事で、またボチボチこの戯言を再開しようと思うのですが、
忙しいんですよ。
あっちも、こっちも、、、、、
以前もこんな事書いた割には、結構変わらず出来たのですが、
今回は流石に無理っぽいです。
目標は『週一更新』です。

ちょっと前までは結構暇だったんですけどね。
なかなか世の中上手くいかないものです。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

しばらく休止します。

最近パソコンの状態が良くない為、修理に出します。
よって、今日から暫くの間休止致します。

簡単な事で直ればいいんですけどね。
この手の事はサッパリ解らないので・・・・

パソコンが直ってきても、更新が今までの様に出来るかどうか・・・・
出来るだけ頑張って更新しますが、
アルバイトのシフトが厳しくなってきまして、
週6日行く事になってしまったので、書く時間が取れそうもありません。
マズイ、本業が逆転している・・・・・・・

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

イイ思い出・・・ではない XS250SP 其の壱

私にとっては禁断のXS250SPです。
IMG_2290.jpg
         IMG_2291.jpg
全く良い思い出の無いXS250SPですが、
この車両は奇跡的コンディションですね。
とても綺麗です。
後はエンジンが調子良ければ文句無いんですけど・・・・

このオーナーさんは、最近オークションで買ったらしいのですが、
ありがちな「話が違うよ!」状態らしいです。
う~ん、ご愁傷様としか言い様が有りませんが、
「外装はとても綺麗なので何とかしたい」
「どうしてもこれに乗りたい」
というオーナーさんの熱意に打たれて、
出来る限りやってみようと思います。

IMG_2292.jpg
しかし本当に綺麗です。
15年間眠っていた車両らしいのですが、保管場所が相当良かったんでしょうね。
走行距離も多分実走の5900Kmで、普通に考えればエンジンの可能性は無いでしょう。
さぁ、何がいけないんでしょう?
お楽しみで~す。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド まさかの・・・ 其の参

IMG_2216.jpg
どろどろっ
と、グリス混じりのオイルを排出、時間がかかるので、一晩位放置します。

プライマリのドレンはありませんので、
いつかも説明しましたが、プライマリーカバーをガバチョンと開けて排出します。
IMG_2217.jpgIMG_2218.jpg
一応チェーンのテンションを確認して、カバーを閉めます。(締め過ぎ注意!!)

こちらも一応ポイント磨きをしておきます。
IMG_2220.jpgIMG_2221.jpg

一晩経って、3種類のオイルを入れ直し、ポイントも組みました。
とりあえずキャブは大丈夫そうなので、そのままエンジンをかけてみようと思うのですが、
「たしかタペット音がけっこうしていたよなぁ」
と思い、調整をしようとしたんですが、
そんなにクリアランス大きくないんですよねぇ・・・・・・
それでもアレだけの音が出ているという事は・・・・・・・・ヘッドだけでも開けてみますか。
IMG_2222.jpg
実を言うと、以前から気にはなっていたんですが、
色々な事情で出来なかったんですよ。
でも、いい加減やってもイイ頃かなと、、、、

IMG_2223.jpg
カバーを開けてロッカーアームも外します。
プッシュロッドを抜き取り、
検査!!
IMG_2227.jpg
ボール盤に銜えて回してみます。
結果は、





ざんねん!
ぶれてます、EX側だけですが。
やはり悪い予感は的中してしまいました。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド まさかの・・・ 其の弐

それではまず、オイル交換から始めましょう。

エンジンオイルの交換ついでに、オイルフィルターを掃除しましょう。
オイルを抜いたらフィルターを外します。
IMG_2210.jpg
エキパイは外さなくてもフィルターを外す事は出来るのですが、
今回は画像を撮る為に外しました。

ナットを一つ外せば後は部品を引き抜いていくだけです。
IMG_2211.jpg
これがフィルター部分の中身です。
新し目の国産しかやっていないと、「これがフィルター?」って思いますが、(円筒状の物)
それっぽい物が付いているだけで大した物です。

灯油でジャバジャバ洗って、乾かせば完了。
エアで強くブローするのは厳禁です。
取り付ける時も一つ注意、
余り強く締め付けない事・・・フタが割れちゃいますよ。

続いてミッションオイル、
IMG_2212.jpg
以前にも書きましたが、グリスも一緒に入っている為、オイルが抜け難いです。
ドレンを開けたら一晩放置、

ミッションオイル交換の時に何時も思うのですが、
IMG_2214.jpg
このチェックボルト外し難い。
IMG_2215.jpg
メガネも、ごく浅くしかかからないんですよ。
ナメない様に注意です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド  まさかの・・・ 其の壱

最近やったばっかりですが、またエンフィールドです。
IMG_2207.jpg
このエンフィールドも久しぶりに見ましたね。
一年か一年半ぶり位でしょうか?
いつぞやのエンフィールドの様に、調子が良くて連絡が無かった訳ではなく、
乗っていなくて連絡が無かったというパターンです。

幸いにもエンジンはかかるのですが、
IMG_2208.jpg
フロントブレーキは固着しています。
エンフィールドって、放置するとスグにブレーキが固着してしまうのでしょうか?
何件か有るんですよね、こういう事が。

という事で、放置期間もある車両なので、
少々手間をかけて診てあげましょう。

IMG_2209.jpg
因みにロングサイレンサー仕様で排気音が静かです。
ショートサイレンサーにしたいですね。
その方がエンフィールドの音って感じです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する