2008-08

飛び込み修理 Z200 其の参

ギャップと点火タイミングを合わせて、タイミングライトで確認します。
IMG_2260.jpg
この車両もケースカバーを開けるとタイミング窓があります。
きっとエンジンをかけるとオイルが出てくるんでしょうけど、
仕方ありません、ココでしか点検出来ないんですから。

覚悟を決めてエンジン始動。
ぶっしゃ~~!!
ぎゃぁ~!!!オイルが!オイルが!
緊急停止。

予想以上にオイルが吹き出てきました。
不幸な事にアイドリングも高目だった為、火に油を注ぎました。
周辺がオイルまみれですよ、、、、、

又やるのはイヤですが、これをやらないと確認が出来ないので、
アイドリングを低くして、オイル受け皿を被せる様にして再度決行。

さっきよりはマシですが、それでも結構吹き出てきます。
タイミングライトをオイルまみれにしながら・・・・確認OKです。
絶対メーカーの設計ミスだよなぁ、こういうのって。オイル量も減ってるし・・・


あとはオイルとオイルフィルターの交換です。
何のオイルが入っているのか不明だ、と言う事なのでやっておきます。
ウチで使うのはもちろんアマリの100%鉱物油
今回はいつもの20W-50ではなく、10W-40を使います。
なぜかというと、フィラーキャップに10W-40と書いてあったからです。
一応メーカー指定に従ってみましょう。

フィルターはエストレアなんかと同じようです。
まだ部品が出ました。
IMG_2261.jpg
カバーのOリングも交換です。

これで新しいオイルを入れて、明日には試乗して良ければ作業終了です。



と思ったんですが、雨が続いて試乗で来ません。(8/26現在)
今月中に納車出来るのでしょうか?




本日(8/30)無事に納車出来ました。
今後もお付き合いしていく事になりそうなので、
欠品だった部品を探しておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

飛び込み修理 Z200 其の弐

外装は綺麗なんですけどね、
どうやら中身はイマイチの様です。
「全くダメだ」という訳ではないと思いますが、
とりあえず基本的な所をやってみて、様子を見てみましょう。

IMG_2251.jpgIMG_2252.jpg
スロージェットがあんなだったので、キャブはO/Hしておかないと、
欲を言えばインマニも交換したい所ですが、部品が出ないんですよね。
カワサキのHPで検索すると、在庫有る事になっているのですが、注文してみるとダメなんですよね。
まぁ、ヒビ割れは有るのですが、内側にまで到達していないので、とりあえずこれでいってみます。

キャブを外して、クリーナー浸け。
IMG_2253.jpg
IMG_2254.jpg
フロートのパンクは無いし、フロートバルブも何とか使えるかなぁ。

次はお約束のポイント、
IMG_2255.jpg
ギャップも小さいし、面も荒れています。
IMG_2256.jpg
面研、面研、
IMG_2259.jpg
クレーターは残ってしまいましたが、大分良くなったはずです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

飛び込み修理 Z200 其の壱

飛び込みで来ましたZ200
この車両も滅多に走っているのを見ませんねぇ。
IMG_2232.jpg
          IMG_2234.jpg
大多数が族車になってしまったんでしょうか?
それとも当時から人気が無かったのか?

その中でこの車両は、見ての通りスゴク綺麗です。
レストアでもしてあるのでしょうか?
完全当時物だとしたら驚きのコンディションですが。

で、何が悪いのかと言うと、
お客さん曰く、
「朝は調子良く走っていたんだけど、暫くするとアイドリングしなくなって、止まってしまう様になった」
らしいです。
オーバーヒートかな?とも思ったんですが、
止まる様になってから2~3時間経っても症状は改善しない。
という事なので、それは無いか・・・・

[コックが詰まってガソリンが出なくなった]
現状エンジンはかかるのでそれも無いか・・・・
一応確かめましたが問題ありません。

では、キャブのスロー系が詰まったかな?
フロートチャンバーだけ開けて、スロージェットを外してみました。
・・・穴は通っていますが・・・・・・・・・#35ってこんなに穴小さいか?

試しにジェットリーマーでさぐってやると、
『グニョッ』という怪しい感覚が。
これはジェットが詰りかけですな。
IMG_2233.jpg
IMG_2235.jpg
上の画像は同じリーマーを使っているのですが、上が何もしていない時の刺さり具合、
下が正規の穴の大きさになった時の刺さり具合
これだけ詰まっていればねぇ。

外装は綺麗ですが、肝心の機関がイマイチ・・・・
ちょっと預かって点検してみた方が良さそうです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CL50 旧車ではありませんが・・・ 其の弐

ふぅ~、
よかった。


バルブが動いていないのを見た時は、いきなり挫折か!?
と思ってしまいましたが、原因を探ってみれば何て事は有りません。
クラッチが滑っていただけでした。
IMG_2142.jpg
調整をしてあげればちゃんと動くようになりましたよ。

では、早速作業に入りましょうか。
カブエンジンならば作業はそんなに難しくありません。
サッサと分解して、新しいシリンダーを組んでしまいましょう。
明日には出来上がりますね。
IMG_2144.jpg
このシリンダーの効果が如何程の物なのか?
車体が無いので試す事は出来ませんが、
即収入に繋がるというのはとても良い事です。

なんて思っている間に分解終了。
IMG_2145.jpg
終了はしたんですけどネ。。。。。



エエ、終了です。
ジャン!!
IMG_2146.jpgIMG_2147.jpg
ピストンが若干焼けてますね。
これだけならシリンダーごと交換してしまうので問題無いのですが、

問題はヘッドにも有りました。
バルブが抜けない・・・・・
ロッカーアームに押される部分、「バルブ・ステム・エンド」が引っかかるのなら良くある事で、
ロッカーアームに叩かれるので、広がって引っかかってしまうのですが、
ステムの途中で既に抜けない・・・・・
という事は・・・・バルブが曲がっている?
可能性

お客さんに事情を説明。
このヘッドを直すのか、良品の中古を探すのか、




中古を探すらしいので、作業はしばらく中断。
残念ながら即収入にはなりませんでした。

という事で、この作業も無期限延期!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ベスパのワイヤー交換

以前も書きましたけど、面倒臭いんですよね。
IMG_2262.jpg
しかし、背に腹は換えられません。
今月の(も)収入がピンチなので、サッサとやって収入に加えましょう。

まずはヘッドライトレンズを取り外します。
ベスパのワイヤー関係はこのライトケース内に基点があるんです。
IMG_2263.jpg
狭くてやり難いんですよね・・・
IMG_2264.jpg
今回はチェンジワイヤーの片側が切れてしまったみたいですね。
という事で、次はエンジン側。
IMG_2265.jpg
またココもやり難いんです。
ギヤシフトの機構がエンジンの真下に付いていて、そこにチェンジワイヤーが付いています。
なので、一番やり易いのは車体を横倒しにしてしまう方法
ボディーは鉄板なので、そうそうキズは付きません。
自分のであれば迷わずそうしますが、
お客さんのなので、その方法は最終手段。
めっちゃやり難いのですが、下から覗き込む様にして作業します。

IMG_2266.jpg
解り難いでしょうけど、シフト機構です。
こっち側から切れたワイヤーを引っ張り出します。

で、インナーワイヤーを作成する訳ですが、
・・・・・ショック!!!
合うタイコが有りません・・・・・
何という事でしょう。
手間な上にまた手間をかけなければなりません。
仕方無いのでタイコも作成です。
IMG_2267.jpg
旋盤が有ってホント良かった。
無ければ挫折していたかもしれません。

タイコが出来上がったので、やっとワイヤーを作ります。
IMG_2268.jpg
なんだか随分久しぶりにワイヤーを作る気がします。
失敗しませんように・・・・・

タイコをハンダ付けするのはグリップ側のみ、
エンジン側はネジ式のタイコなので、ハンダの必要はありません。
よって、ライトケース側よりインナーワイヤーをアウターに入れていきます。
IMG_2269.jpg
この際、グリスを一緒に入れていくのを忘れずに。

無事にワイヤーが出て来たら、
シフトの遊びを調整して、
IMG_2270.jpgIMG_2271.jpg
出来上がりです。

新しいワイヤーなので、初期伸びが有ります。
遊びが多くなったら再度調整しましょう。

予定外に時間がかかってしまいました。
ベスパ用のタイコを用意しておいた方が良さそうですね。
ラビットに乗り換えてくれれば一番いいんですけどね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CL50 旧車では有りませんが・・・ 其の壱

旧車ではありませんが、
新しい型のCL50のボアUP依頼がありました。
オーナーは某レストランのシェフなのですが、
そんな余裕があったらウチのエルシノア買ってよ!!
以前からエルシノアに乗りたいって言ってたやんか!!
って感じですね。

まぁ、人には色々と事情が有りますから、
無理強いはしませんけど・・・・・


早速作業に入りましょう。
IMG_2141.jpg
エンジンのみを外して持って来てくれたので、作業はラクチンです。
組むボアUPキットは、お馴染みのKITAKO製75ccキット。
IMG_2143.jpg
シリンダーとピストンを組むだけの、一番手間の掛からないヤツです。
排気量が1.5倍になるのに、本当にそれだけでイイの?
って思いますが、あのKITAKOさんが出している物ですから、
多分大丈夫なのでしょう。

このCL50は個人売買で買った物らしいのですが、
持ち込まれた時に何かキックの感触がオカシかったんですよね。
そんなに眠っていた車両ではないし、不具合が有って乗らなくなった訳ではないらしいのですが、
ちょっと見てみた所、
「これ、バルブ動いてないよ・・・・」
残念な予感がします。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド ちょいカスタム 其の伍

リヤシートの取り付けです。

まずは取り付ける位置の確認、
IMG_2191.jpgちょっと後ろ過ぎでしょうか?

IMG_2194.jpgこの位ですかねぇ。
IMG_2195.jpgよし、この位置に決定!

取り付けの位置は決まりましたが、
メインシートと違い、こちらのシートはそのまま付けると具合が悪いですね。
上の画像を見て貰えば解りますが、シート面が前傾してしまっています。
これでは後ろに乗る人はシンドイでしょう。
出来るだけフラットにします。
そして、
IMG_2196.jpgちょっと右に寄っているでしょう?
原因はスプリングの長さの違い、
解り易くリヤシートを正面から見てみましょう。
IMG_2197.jpg
これではねぇ・・・・・・・

IMG_2198.jpg
ちょいと変形させて長さを揃えましょう。
アセチレンで加熱
熱いうちにグイッと、
IMG_2200.jpg
こんなモンでしょうか。

これで前方の取り付けはOK。
後ろの取り付けは、っと・・・
IMG_2202.jpg
付かない事はありませんが、このまま付けると無理付け感がありますよね。
少しだけ手間をかけましょう。
IMG_2203.jpg
こちらも熱を加えて、フラットなステーにひねりを加えてみました。

後はフェンダーに穴を開けてボルト止め、
・・・・・・・完成しました。
     IMG_2204.jpgIMG_2206.jpg
なかなか雰囲気出てません?
やっぱりサドルシートが良く似合いますね。
個人的には荷台を付けて、
タンデムする時にだけリヤシートを荷台に付ける様にしたい所ですが・・・
まぁ、これはこれでなかなか良いですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド ちょいカスタム 其の四

今回も小出しで行きますよ、
なにせ世間はお盆休みで、まともな企業はみんなお休みしています。
よって部品の供給が滞っていまして、作業が進みません。

書く事が無くなってしまいます!!
よって、小出しです。

ノーマルシートを外して、サドルシートを取り付ける準備をします。
IMG_2185.jpg
シートを外した下はホコリだらけなので綺麗に磨きます。
サドルにすると丸見えですからね。

IMG_2186.jpg
まずはスプリングを取り付けます。
IMG_2187.jpg
続いてシートの骨組み、
IMG_2189.jpg
スプリングの隙間から、上手い事スパナやらドライバーを差し込んで、
どうにか取り付けます。
これがねぇ、慣れていないと結構イライラものです。

IMG_2190.jpg
シートの皮を被せて、メインシート出来上がり。

なんだか順調に進行してしまいました。
今まで取り付けたサドルシートは、スプリングを切ったり、形を変えたり、
ステーを自作したりして、試行錯誤の末取り付けたのですが・・・・・・
流石は「オーバージョイ」(オーバーレーシング)さんが出している物だけは有りますね。

ですが・・・余りにもポン付け過ぎてつまらないですね。
こんなのカスタムなんて言いませんよね。
題名変えますか? 今更ながら。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

アクセス数10万!!

とうとう達成致しました。
[祝・アクセスカウンター10万超え!!]

まぁ、アクセスカウンターの数字なので、このブログを見てくれた人の数ではありませんが、
それでも結構な数字です。
こんな下らない事しか書いていないのに、よくこんなに大勢の人が見てくれたモンです。

最近はアルバイトが忙しくて、更新が滞る事が多々有りますし、
ガソリンの高騰等でウチ等の業界は不況ですが、
このアクセス数が反映されれば、
全ての問題は解決するのですがねぇ~ (う~ん、本当か?)

何はともあれ、皆様ありがとうございます!!!!!
可能な限りこれからもボチボチ続けていくので、
皆様末永く見守って下さいな。


みんな盆休みで部品の手配が出来ない~
だから盆休みなんて大嫌いだ。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ロイヤルエンフィールド ちょいカスタム 其の参

アセチレンで炙って、曲げて終わり。
そう思っていたステップの修正ですが、それだけではどうも上手くいきません。
IMG_2175.jpg
        IMG_2176.jpg
ステップ単体では真っ直ぐにしたつもりなのですが、
車体に取り付けてみると、まだ曲がってるんですよね。

これは根元から曲ってしまっているようです。
エンフィールドの場合、貫通シャフトが通っていて、
その両端にステップを取り付けるようになっています。
その貫通シャフトも曲がっているんですねぇ。
IMG_2177.jpg
これです、これ、
引き抜いて台の上に置いてみると、
IMG_2179.jpg
やっぱり曲がっています。
オマケに一緒に入っているカラーまでツブレテますね。
IMG_2180.jpg
まずはシャフトを修正して、
カラーは作ってしまいましょう。
カラーを一個注文するのもナンですし、何時来るか解りませんから・・・

アルミの棒を適当な長さに切ります。
IMG_2181.jpg
後は旋盤を使って内径と長さを合わせます。
IMG_2182.jpg
やはり安物旋盤ではあまり綺麗には出来ませんね。
腕が無い分、良い道具を使わなくてはいけません。
が、
金銭面と場所の都合上これ以上は望めませんので、
これでも上手く出来る様に腕を磨きましょう・・・・・

何とか出来上がったカラーと修正したシャフト
IMG_2183.jpg
これでステップも修正完了です。

さぁ、メイン作業です。
IMG_2184.jpg
このサドルシートを取り付けますよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

雷ショック!!

なんて事でしょう!!
雷ショックです。(多分)
まさかこの時期にこんな事が・・・

何かと言うと、
昨日気付いた事ですが、ウチの電話が通じなくなっていたんですよね、、、、、
接続を繋ぎ直したり、説明書のトラブルシューティングを試してみたり、
やってはみたんですが全く成果なし。

仕方が無いので買った所へ持ち込むと、
「もしかすると、先日の雷の影響かもしれません」

なるほど、そうかもしれないなぁ。
・・・あれ、ちょっと待てよ自然災害の場合は保証って効かないよね、たしか・・・・・・
店員さんに確認した所、やはり保障は効かないらしいです。
買ってからまだ2ヶ月しか経ってないのに・・・・・・・・・・ショック!!

という事で、メーカーの盆休みも有るので、
3週間位は電話使えません、FAXも使えないので部品の注文も出来ません。
ぐぅエ~%$#”&*‘{~|)=

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ロイヤルエンフィールド ちょいカスタム 其の弐

まずはタペットの調整をしましょう。
IMG_2168.jpg
そんなに気にする程ではないと思うのですが、
「音が大きくなってきた気がする」という事なので、若干クリアランスを詰めようと思います。
IMG_2173.jpg
吸気側を気持ち詰めてみて、排気側はこんなもんで大丈夫でしょう。
なにせ旧車みたいなものですから、は出ている位が丁度良いと思いますけどね。

続いてポイントの清掃、
IMG_2167.jpg
エンジンをかけてポイントを見てみると、結構火花が散ってますねぇ。
ギャップや点火時期は良さそうなんですけど・・・
取り外して面を磨きます。
           IMG_2169.jpg
IMG_2171.jpg
脱脂と給油をしっかりとして組み付け、再度エンジンをかけてみます。



効果バッチリ、火花の飛ぶ量は格段に減りましたね。
これでロスする電気も減ったでしょう。
体感出来る程の効果は無いと思いますが・・・・・

ステップの修正です。
IMG_2174.jpg
結構太い鉄の棒なので、そのままでは流石に曲がりません。
アセチレンを使って暖めながら曲げるのですが、
ここに付いていたステップゴムを外すのがすごく大変でした、、、、
夏場にやる作業ではないですよ、ホント。
いっその事切り開いて外したくなっちゃいました。
再利用しないなら迷わず切開ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド ちょいカスタム 其の壱

絶版が決まったロイヤルエンフィールド<キャブ車>です。
IMG_2165.jpg
いやぁ~ 残念ですねぇ~。
新車で買えるビンテージバイクが無くなってしまいました。

新しいエンフィールドはインジェクションで、ディスクブレーキ・・・・
個人的見解ですが全く魅力が無いですね。
それならSRやエストレアを買った方が絶対にいいですよ。
新しい排ガス規制が厳しくて、
流石に40~50年前の設計のままではクリア出来ないんでしょうけど・・・・


さて、今回この車両の作業内容ですが、
1、ポイント点検
2、タペットクリアランス点検
3、ブレーキ点検
4、フットレストの曲がり修正
5、シートの交換
と、まぁこんな所です。

埼玉から走って来ているので、特に調子が悪いとか、
何か不具合が有る訳ではなく、
メイン作業はシートの交換、後は完全にオプションです。

以前からシートがこんな状態なので、
IMG_2166.jpg
「張り替えるんだったら、いっその事換えたがっていたサドルシートにしちゃえば?」
って言ってたんですよ。
最近無事に就職して、経済的にも安定した様なので、決心してくれたようですね。

では早速・・・・・と思ったんですが、シートの取り寄せに時間がかかると言うので、
先にオプション作業をやってしまいましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車 ラビットS301 其の弐

では、部品を一つ一つ確認していきましょう。
ギヤ・・・OK
チェーン・・・OK
クランクシャフト・・・OK
ドライブシャフト・・・OK
シフトシャフト・・・O??K??、、じゃないよな

IMG_2150.jpg
こんなもんしか動かないかなぁ?
そんな訳無いと思うんですが・・・

このシャフト内を十字型のキーがスライドして、ギヤを選択するんですが、
それが最後まで動かないんですよ。

IMG_2151.jpg原因発見!
解りますかねぇ、スライドするシャフトに金属片が付いています。
これが障害になっていたんですねぇ。
いやぁ、大した事が無くて良かった。

金属片を取り除いて、シャフトを抜いてみました。
IMG_2153.jpg
ちょっとキズが付いていますが、作動に支障は無いでしょう。
一応サンドペーパーを当てておきます。

仮組みをしてちゃんと動作する事を確認、
うんうん、良いシフトの感触です。

では、ガスケットを作りましょう。
IMG_2154.jpg幸いな事に元のガスケットが綺麗にはがれたので、それから型を取ります。
IMG_2155.jpg次にボルトの穴を開けて、
IMG_2156.jpg中を抜いて、
IMG_2157.jpg外側を切り出して完成、
3種類のガスケットを同じ様に作成します。

IMG_2159.jpg
しかし、あの金属片は何処から出てきたのでしょうか?
決定的に破損している部品は無かったし、
実際に動かしてみても何ら支障は無いんですよね。
ちょっと謎は残りますが、余り時間をかけても仕方ないので、
今回の所はこれで閉めてしまいましょう。

IMG_2164.jpg
ほんと大した事が無くてよかった。
こんな事ならもっと早くやればよかったです。
これにて代車ラビット君の復活です。


テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

代車 ラビットS301 其の壱

IMG_2138.jpg
半年位前までは、ウチのお使いバイク兼、嫁さんバイク兼、修理時の代車
として活躍していたラビット君。
代車として出していた時にミッションが壊れてしまい、
それっきり治す時間もとれず、(正確に言うと場所が無かったんですが)
放置されていましたが、
ようやく状況が整ったので、そろそろ復活させようかなぁ。
なんて思った次第。

原因もまだ正確には調べていないんですが、
急に一速に入らなくなったらしいんですよね。
ギヤが壊れたとかでなければいいんですが・・・・
何せ新品部品は有りませんからね。

IMG_2139.jpg    IMG_2140.jpg
このシャフトを引っ張ったり押し込んだりして変速するんですが、
確かに動きませんね。
これだけでは何処が悪いのか解らないので、
もう一枚カバーを外して、更にクラッチも外します。
IMG_2148.jpg
そして、最後のカバーも外しましょう。
IMG_2149.jpg
さぁ、これでミッション部分は全て外れたので、原因の究明をしましょう。
何かの欠片が転がっていたりはしていないので、ひょっとすると部品の交換は無しで直るかも?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

外車と言えばBMW

来ましたねぇ、
外車の王道BMW!
IMG_2093.jpg
R75/6のハズです。
色々と部品を交換しているみたいなので、完璧な物ではないようですが・・・

内容はお約束的な「数年間放置の為動きません。動く様にして!」
と言うものですが、BMWならバッテリーの充電位でイケルのでは?

という事で早速バッテリーを充電しましょう。
IMG_2094.jpg
車体から外して充電したかったのですが、大きくて外すのも大変そうなので、
そのまま充電。

キャブはやらなくても大丈夫かな?
IMG_2095.jpg
このBING製キャブは不思議な事に、
結構放置していてもちゃんと動くんですよね。
やっぱり造りが良いのでしょうか????

アクセルの動きが渋かったので、ついでに油を差しておきましょう。
IMG_2096.jpg
分解してみてビックリ!!!
IMG_2097.jpg   IMG_2099.jpg
こんなギヤを使った構造になっているんですね。
流石ドイツ!!!!(必要か?)

さぁ、エンジンをかけてみますか。
そう思ってガソリンを入れてみた所、
IMG_2107.jpg
ひょえ~~~、 漏れ漏れです。

IMG_2108.jpg
右だけ漏れてきたので外して調べてみると、
フロートレベルが高過ぎます。
どうやらそれだけの問題の様ですね、基準が解らないので左に合わせます。

よし、今度こそ大丈夫でしょう。
ガソリンコックON!
・・・なんだなんだ?またガソリン臭いぞ。
キャブはオーバーフローしていませんし・・・・
おやおや、今度はガソリンホースからですか、、、、、

ホースにクラックが入っていて、そこから滲み出て来てますね。
この際ですからホースは全部交換してしまいましょう。(危険ですからね)
IMG_2109.jpg   IMG_2110.jpg
なるほど、エアクリーナーってココに有ったんですね。
このエアクリーナーBOX内を通っているホースも交換。
IMG_2111.jpg
いつも使っている黒いホースが無くなってしまったので、
透明ですけどこれで勘弁して下さい。

これでもう大丈夫でしょう。
さぁ、エンジンをかけてみましょうか。




BMWのキックってこれでいいの?
なんだか踏み切れないんですけど・・・・
だめだ、エンジンかからん。
セルを使ってみますか・・・・カシュシュシュシュ、ブロロン!!
おお、かかりましたよ。
やっぱりBMWって独特な音がしますね。
なかなか良さそうですよ・・・・・あれ、白煙が・・・・まぁ、初めは出るかもしれませんね。



なんだか一向に白煙が収まりません。
腰上やらないとですかねぇ、フラットツインなので腰上やるのは楽でしょうね。
チョット走ってみますか、
初めてBMWに乗りますね。(チョット楽しみ)
ところが、ギヤをローに入れた途端!ギョキョ!!!
ハァハァ・・ビックリした。
クラッチがバッチリ張り付いていますね。
無意識のうちにフロントブレーキをかけていたので助かりました。
こ~わ~・・・・・・・嫌だなぁ。クラッチが剥がれるのを期待して、
怖いんですが何度かエンジンをかけてギヤを入れるのを繰り返したんですが、
全くダメですね。

クラッチワイヤーをいっぱいまで張ってみても、ギョキョ!!
ギヤを入れてキックをしても、ギョキョ!!
後ろに嫁さんを乗せて荷重をかけても、ギョキョ!!
全く剥がれません。

え~、クラッチを分解しないとダメそうです。
クラッチの分解って結構手間ですよね・・・・
お客さんに連絡してみましょう。




残念な事にこのR75もココまでの様です。
20~30万は確実にかかるでしょうしね、
結構遠方の方なので、そんな高額修理は地元のバイク屋で話し合いながらやった方が良いでしょう。
その後の面倒も診て貰い易いですし。

ココまでやったのに無念です。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する