2008-06

改めて、TX750 其の参

では、禁断の箱・・・「パンドラの箱」を開けましょう。
IMG_2027.jpg
この箱には再メッキした部品の数々が入っているのですが、
開けてしまうと部品の置き場所に困ってしまうので、
仕上がって来てから未だに開けた事が無いんです。

どうなってますかねぇ、綺麗になっているといいのですが、
            IMG_0907.jpg
フェンダーなんかはこんなん《↑》でしたし、
マフラーも《↓》こんなんでしたからね。
IMG_0913.jpg
穴が開いていなければ御の字でしょう。

では、御開帳~!!
     大物ドーン
          IMG_2028.jpg

                  小物ドーン
                        IMG_2032.jpg

素晴らしい!!!!!
めっちゃ綺麗じゃないですか! 恐るべし再メッキ。


仕上がりにはとても満足なのですが、
IMG_2029.jpg
梱包材のゴミが大量♪
ちゃんと分別しますよ、資源になる物は活用しないと!
新聞を一枚一枚広げてまとめてみると、(←ウチも暇ですねぇ)
IMG_2031.jpg
こんなに有りました。
まぁ、仕方ないとはいえ、誰かゴミにならない画期的な梱包材を開発してくれませんかね。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トーハツ PK 其の伍

もう大変でしたよ、
コツコツ地道に叩く事2日
IMG_1956.jpg
やっとヘッドが外れました。
何度強硬手段に出ようと思った事か・・・
何はともあれ、無事に外れたので良しとしましょう。

懸念であったデコンプの状態ですが、
IMG_1957.jpg
・・・・・まずはカーボンを落しましょう。




IMG_1958.jpg
はい、綺麗になりました。
この燃焼室にガソリンを注入、漏れが無ければデコンプはちゃんと閉まっています。
チョット期待したんですが、残念な事にちゃんと閉まっていました。

ヘッドがあんなに苦労したので、シリンダーの方も・・・・・・
と思っていましたが、アッサリ外れてくれちゃいました。

若干焼けていて、縦キズも有ります。
IMG_1960.jpg
IMG_1963.jpg

そしてココも、
IMG_1965.jpg
コンロッドの小端部ですが、良く見て下さい。
偏磨耗してしまっています。
これではピストンが首を振ってしまい、宜しくありません。

予想通り、結構お金がかかりますよ、これは、
十中八九腰下もダメですから・・・・・・・・・

またお客さんと相談ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

来週の為に・・・・

いよいよ来週ツーリングですね。
今日は天気がいいので、キャブ調整を終えたエルシノアで下見に行ってきました。

今回は、初めから目的地を「オレンジ・ツリー」さんに決めているので、
出る前に地図で場所を確認、「なるほど、前回はココで間違えたのね」
どうやら、初っ端から間違えていたようです。(エヘ♪)

IMG_2112.jpg
順調でしたよ、お陰で1時間かからない位で到着しました。
エルシノアも調子イイですよ。
ノンストップで来れましたからね、やっぱり乗るほどに調子は上がってきますね。
バイクは乗ってナンボです。

小排気量車ならば調度位のショートツーリングですが、
大きい車両ではチョット走り足りないですかねぇ?

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

改めて、TX750 其の弐

フォークシールが届きました。
IMG_2021.jpg
アリートというメーカーの物なのですが、
高価なXNBRという素材を使っているそうで、何となく純正よりも良さそうです。
値段も「ひょっとしたらメッチャ高いんちゃう?」と思いましたが、
なんと¥1400 純正品と大して変わりません。(全てがこの値段ではないようです)
我ながら良い物を見つけました。

後はダストシールが有ればいいんですけどね。
何かいい物有りませんかねぇ、まぁ気長に探しましょう。
ダストシールだったら後からでも組めますから。
なんて思ってこのシールのパッケージを見ていると・・・・・
Z1Rって書いてあるじゃないですか!!
知らんかった・・・・・まさかZ1Rと同じ寸法だったなんて・・・・・
「黄色いヤマハ」さん、なんで教えてくれなかったんですか!

という事は、ひょっとしてダストシールもイケちゃう?
早速「ドレミコレクション」さんに部品を頼みましょう。

ダストシールは後からでもいいので、フロントフォークをサッサと組みましょう。
専用のフォークシールグリスをたっぷりと塗って、
IMG_2022.jpg
出来上がり!
資料によるとフォークオイルの量は173cc、
硬目が好きな私は、いつもの様に多目に入れておきます。

そういえばスピードメーターも修理に出したんですよね。
IMG_2024.jpg
綺麗になってるのにねぇ・・・・・

さぁ、ガンガン組んでいきますよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

改めて、TX750 其の壱

IMG_2019.jpg
ウチの問題児『TX750』
いつまでもこのままで置いておく訳にはいきません。
動かせないし、車体だけではなく、外した部品も置き場所をとりますしね。

そう思ってから早数ヶ月・・・
なかなかヤル気が出なかったのですが、
たまたま雑誌を見ていた時、
汎用のフォークシールでピッタリの物が有るではないですか!
これは取り寄せてみなくては・・・・
という事で業者に注文をして、只今部品待ち。

IMG_2020.jpg
エンジンもすっかり噴いちゃいましたね。
生まれも不遇なら、育ちも不遇なこのTX750、
この子に罪は無い訳ですから、なんとか良いオーナーさんを見つけてあげたいものです。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トーハツ PK 其の四

お客さんに連絡を取って現状を説明、
このままではいくらやってもエンジンがかかりそうに無いので、
腰上だけでもエンジンを開けてみて、中の状態を確かめる許可を貰います。

さぁ、お客さんの許可も出た事やし、サクサクッと腰上だけでも開けてしまいましょう。
2ストエンジンなので、腰上なんて朝飯前ですね

まずはマフラーを外します。
でろでろ~ん
IMG_1948.jpg
うっぎゃぁ~~!!
うっかりしていました、未燃焼OIL&ガソリンが大量にマフラー内に溜まっていました。
2ストロークなんですから、この位は予想出来る事だったのに・・・・
気を抜き過ぎましたね。
もう一度気を引き締めていきましょう。

”でろでろ”が出続けるマフラーとエキパイを廃油缶に挿して、
本体に取り掛かります。
IMG_1950.jpg
チョット気になる箇所がヘッドに有ります。
それはココ、
IMG_1951.jpg
デコンプなのですが、固着している為、閉じているのか開いているのか不明なんですよね。
それもヘッドを取ればスグに判明する事です。
さぁ、ボルトを4本外してヘッドを取ります・・・・
よっ!!
ほっ!!!!
てい!!!!!!
う~ん、外れませんねぇ、プラハンでコンコンしますか。
コンコンコンコンコンコンコンコンコンコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(三十分経過)
だぁあ~~
   外れん!!!
IMG_1952.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トーハツ PK 其の参

とりあえずはキャブですか、
(可能性は少ないですが・・・)
IMG_1906.jpg
この時代の定番、AMALのキャブが付いています。

このキャブがねぇ、あまり良いキャブではないんですよ。
サイドスタンドで車体が斜めになると、油面が変化して調子が悪くなるという・・・・・・・
センタースタンドが付いている事が前提のキャブですが、
残念ながらこのPKにはサイドスタンドが付いていません。

IMG_1946.jpg
キャブを外して分解洗浄します。
IMG_1947.jpg
ジェットや穴の詰りは無いようですが、一応全部エアーで通しておきました。
これでエンジンがかかるとは思えませんが、一応取り付けてキックしてみましょう。




やっぱりダメでした。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トーハツ PK 其の弐

それでは、早速作業に入りましょう。

まず火花が飛ぶ様にしなければなりません。
コイルが断線しているとかでなければいいのですが・・・
ポイントを見てみましょう。
IMG_1905.jpg
この小さな穴から覗いて調整するのですが、
どうやらポイントがちゃんと開閉していませんねぇ。

ちゃんと開く様にギャップを調整して、
キックをしてみた所・・・・・・・・・・・・・・パチパチ!
イイですね。
これでもしかして終わっちゃうかな?(以前にもこんな展開が有ったような・・・)

プラグを取り付けてキックをしてみた所、
残念、いくらキックしてもかかりません。

しかし、この時代のエンジンってこんなに圧縮低いんでしょうか?
2ストロークとはいえ、やけに軽い様な気がするのですが。
一応測ってみましょうか。
IMG_1913.jpg
うん、ちょっと低くな~い?

プラグを見て見るとアレだけキックしたのに全く濡れていません。
だいぶ雲行きが怪しくなってきましたよ。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

久しぶりに・・・走ってみて正解!

やっぱり昨日は書けませんでしたね・・・・
気を取り直して、サッサと続きを書いてしまいましょう。


・20~30分位休憩をとってから再出発。

・ちょっと走ってから後悔しました・・・・・
 IMG_2050.jpg
 津久井湖の駐車場で休憩すればよかった。
 木陰は有るし、ベンチは有るし、
 [行き当たりバッタリ]の無計画なソロツーリング、こんな事もありますわ!

・改めて再出発
 「オレンジ・ツリーさんってどこら辺やったかなぁ~」
 なんて思いつつ、「ナントカ湖の近くだったよな」という事までは思い出せたのですが、
 相模湖だったかな何か違うような?????

・まぁ、この道が相模湖に続いているので、そっち方面に進んでみましょう。
 走っている間に思い出すかもしれません。

・30分位走っていると、やはりアイドリングが弱くなってきました。
 快走とは行きませんが、渋滞にハマッタ訳でもなく、
 この位でダレルなんてちょっとおかしい?!
 少々混合気が濃いのかもしれません。

・相模湖に着いてしまいました。
 IMG_2052.jpg
 
・只今12:50
 お店を休む訳にもいかないので、そろそろ帰りますか。
 「決して、オレンジ・ツリーさんの場所が思い出せない訳ではないですよ!」 

・休憩してから、大垂水を通って帰って来たのですが、
 あの減速帯どうにかなりませんかね。
 オマケにバスの後ろに付いてしまいました。
 「エンジン回せない!!バスも抜かせない!!!」
 旧い2ストローク車には辛い帰り道でした。

・やはり帰り着く頃にはイマイチ調子が良くないです。
 明日はキャブを調整しましょう。
 (あとオレンジ・ツリーさんの場所を再確認・・・)


何年かぶりに自分のバイクで長時間走りましたが、ツカレタ、、、
でも走っておいて良かった、車両の悪い所が解りましたからね。
やっぱり「ちょろっと」走る位ではダメですね。
ウンウン、やっぱりバイクは走ってナンボです。

*「印刷屋CS90」さんも予行練習してみては?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

久しぶりに・・・

本日6月13日(金)俗に言う13日の金曜日ですが、
IMG_2047.jpg
朝起きたら非常に天気が良かったので、
フッと思い立ちました。
「予行練習しておこう」

何の予行かって?
それはもちろん7月5日のツーリングです。
何が不安って、私の愛車となるエルシノアの耐久性です。
何せ完成してから未だ長距離は走った事が無いんです。
ぶっつけ本番もスリリングで面白いのですが、
今回はウチの店の記念すべき第1回ツーリングなので、出来れば無事に終了したい所です。

思い立ったが吉日、天気も良い事だし行ってみましょう

・予定通り11:00に出発したかったのですが、
 丁度電話がかかってきてしまったので、チョイ遅れの11:15出発
・高尾街道から町田街道へ、途中渋滞に捕まります。
 抜けて行ってもいいのですが、耐久テストも兼ねていますので、
 最悪の状態を想定してそのまま渋滞についていきます。
・町田街道を外れて、神奈川県城山町を過ぎた辺り、ちょっとアイドリングが弱くなった様な?
・丁度コンビニ発見、
 IMG_2049.jpg
 出発してから30分位でしょうか?休憩をとりましょう。
 IMG_2048.jpg
 早くも熱ダレですかねぇ、
 まぁ、渋滞にも捕まったし仕方ありませんかねぇ。
・ここでパンと飲み物を買って、早目の昼食を摂りながら過ぎて行く車を見ていると、
 ビラーゴ250を2台見ました、「まさか印刷屋さん?」
 なんて思ったり。

あれ、一回で終わりにしようと思っていたのにだいぶ長くなってしまいましたね。
という事で続きはまた明日(予定)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

トーハツ PK 其の壱

エライのが来てしまいました・・・・
IMG_1902.jpg
これ、
なんていう車両だか解りますか?
メーカーは有名なので、聞いた事のある人はいると思いますが、
トーハツPKという車両です。

古いですよ~
1953年か54年製です。
「しばらく乗らなかったらエンジンかからず、
火花も飛ばなくなった」
という事で修理依頼です。
IMG_1903.jpg
ただ火花が飛ばなくてエンジンがかからないのであれば、
どうにかなりそうですが、エンジン本体に不具合が有った場合は・・・・・・・・
お客さん、いくらまでならお金出してくれますかねぇ~。

しかしスゴイよなぁ、
この当時はフロントブレーキ無かったんですね。
IMG_1904.jpg
走るのこわ!!

もう博物館級ですよね。
おもわずこの本で調べちゃいましたよ。
IMG_1919.jpg
          IMG_1918.jpg


う~ん、無事に済むのでしょうか?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

T100 オイル漏れ 其の弐

それではパパッと分解してしまいましょう。
IMG_1991.jpg
プライマリーチェーンの方はどうやらまだ張れるようです。
IMG_1990.jpg
こんなにテンショナーって弓なりになったっけ?

ちょっと待て!
テンショナーを良く見て見ると、本来は付いていない物がl付いているではないですか!!
IMG_1995.jpg
本当は付いてないよなぁ・・・・これ。
スペーサーというかエクステンションというか、
限界以上に張れる様にしているみたいです。
出来ればプライマリーチェーンを交換したい所ですが、
時間もお金も無いお客さんの為に、今回は見送りましょう。
(チェーンが切れない事を祈ります)


で、OIL漏れの原因ですが・・・・・
解りましたよ。

残念です、クラック入ってました!!
場所は、プライマリーケースカバーのドレンボルトの所、
   IMG_1994.jpg
            IMG_1992.jpg
時間とお金が有ればちゃんと直すのですが、
先程も書きましたがどちらも有りません。
出来る事はひとつ、応急処置。
クラックの所を液体ガスケットで固めて、
ドレンボルトにシールテープを巻いて締めます。

これでフタをして一晩置いておいた所、
劇的に漏れは減少しました。
1~2滴垂れているかな?という位です。
この位であれば許容範囲です。

あとはサッサと車検を取って、早くお客さんに渡してあげましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

T100 オイル漏れ 其の壱

何回か登場しているこのトライアンフ、
今回は、車検プライマリーからのOIL漏れ修理です。
IMG_1986.jpg

何せ古い車両なので、多少のOIL漏れは仕方ないのですが、その度合いが通常の比ではなく、
2~3日で空になってしまう程の酷いものだそうで・・・・(200~300mlですが)
何時からそうなったのか聞いてみたのですが。
お客さんが自分でプライマリーOILの交換をしてから、漏れが激しくなったという事でした。
「もしかしてオーバートルク?」なんて思いましたが、幸いそんな事もなく。
「ガスケットのワッシャーが無くなっている?」っていう事も有りませんでした。
そうなるとあと考えられるのは・・・・なんでしょう?

ドレンボルトの締め付けが緩かったのですが、
原因はそれだけではないでしょうねぇ。
とりあえず、これでどれだけ漏れが止まるのか確認してみましょう。
このままの状態で一晩おいておきます。

一夜明けて・・・
IMG_1987.jpg
確かに、ちょっと漏れる量が多いですね。

プライマリーチェーンも弛んでいますし、いっその事プライマリーを開けてみましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

いよいよ・・・ツーリング計画!!

いやぁ~、
そろそろ本格的に計画しましょうかねぇ。

「小排気量で行くツーリング、
  多分目的地はオレンジ・ツリー」


だいぶ前から発案は有ったのですが、私の車両が準備出来なかったのと、
CS90の修理、アルバイトを始めて時間がとり難くなった事。
等など色々重なりまして、伸び伸びになっていたのですが、
ある程度問題がクリア出来たので計画して行こうと思います。

1、基本的にお勤めの方が多いので、行くのは土日ですかね。
2、梅雨が明けてからにしたいですが、あまり暑くなると車両が耐えられるか?
3、「小排気量」とは言ってますが、大きいのでもイイですよ。
  その代り、ペースは小さい方に合わせて貰いますので、物足りないと思いますが。
4、車両が無い方には、エルシノア125かRD125どちらかを貸し出します。
  IMG_1807.jpg
     IMG_2026.jpg
  当たり前ですが、もし不測の事態が起こったら責任を持って対応して下さいね。
5、目的地は、以前にも紹介した「オレンジ・ツリー」さん。

今の所決まっているのはこの位です。
何か意見が有ればどうぞ。


求む、参加希望者!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

W1S 今度こそ・・・ 其の参

仕方ありません、
イグニッションスイッチの配線を元に戻しましょう。
始動の時に梃子摺らなければいいのですが。

エンジンを始動して、ポイントの点検をしましたが、
案の定不具合は見当たりません。
やはりキャブがちょっとアヤシイですねぇ。

キャブやりますかキャブ!
・・・・とは言っても、前回書いた様にちょいと難点が・・・・・・・・・・
IMG_1940.jpg
右のキャブが壊れかけなんですよ。
このトップキャップ自体が割れかけているし、
それを止めるリングナットが回りません。
けれど中途半端に開いていて、きちんと閉める事も出来ない。
何が原因なのかは不明ですが、きっとトップキャップを割らないと右のキャブは外せないでしょう。

いきなりそこまでは出来ないので、右のキャブはフロート室のみを外しましょう。
左は何事も無く外せるので、ちゃんと外して点検します。
IMG_1941.jpg
ジェット類はちゃんと通っているのでOK。
原因は油面ですね。
IMG_1942.jpg
フロート室に溜まったガソリンをチェックすると、大分少ないですね。
少々調整をして、
IMG_1943.jpg
この位のレベルでやってみましょう。

エンジンをかけてみましたが・・・
うん・・・・・まぁ・・・・止まりはしなくなったって言う程度でしょうかねぇ?
ヤッパリ右が調子悪そうです。
白煙も吐くし、アイドリングの調整スクリューも結構閉め込まないといけないんですよ。

これで前回修理後の状態に戻りました。
ここからが本題みたいなもんです。
今回は「調子良くしてくれ」という依頼なので、
エンジンまでいかせてもらいますよ!!
そうじゃないと絶対に良くはならないですから。

このW1Sに対して愛があれば、きっとやらせてくれる筈!
お客さんにTELです!!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する