2008-04

貧乏ブラスト

塗装する物が何点か出てきたので、
その下地処理の為にサンドブラストをします。

今までは青空ブラストだったのですが、
以前知り合いからを貰ったので、
ちょっと前に使ってみた所、吸い上げタイプのブラストガンは安物じゃダメだ!
という事が解ったので、使い易い様にちょっと改良します。

で、出来上がったのがコレ↓
         IMG_1953.jpg
       泣かせるでしょ、このチープ感!!
吸い上げるハズのホースを伸ばして、外に取り付けたペットボトルに接続、
このペットボトルは底を切り取って、ブラストの砂を入れてあります。
これで吸い上げタイプが重力式に変更されて、砂がバッチリ出る様になります。

手を入れる所には・・・・・
IMG_1954.jpg
そうです、台所の排水口に付いているゴムのヒダヒダ。
本来ココに付いている筈のゴムの手袋は、貰ってきた時点で付いていませんでしたので。

嫁さんに「貧乏っちい」と言われましたが、
性能はなかなかですよ。
IMG_1955.jpg
これで青空ブラストの時の様に、砂まみれにならずに済みます。   素晴らしい!!
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の弐拾

これでとりあえずは完成としましょう。

まだ手を入れる所は有るのですが・・・
例えば、

リヤのサスペンション
IMG_1917.jpg
これには大して手をつけていないので、
この車両が元々はどんな状態だったのかが窺い知れます。

クラックの入っていたトップブリッジ、
これは既にオークションで部品を入手していますので、
後は色を塗りなおして交換すればOK。
その時間があれば、、ですが。

出来ればシートも、
IMG_1916.jpg
ちょっと高めなので、アンコ抜きしてタンクとのラインを合わせたいですね。
やっぱりベースだけ持っていって、全部作り直してもらうのは無理がありました。
今度車両ごとシート屋さんに持っていって、上手く合わせてもらいましょう。
お金が出来たら、、ですが。


これでとりあえずは走れるので、ナンバーを取って、自賠責入れて、
しばらくはウチの試乗車お使いバイクですね。

よし、これでいつか小排気量車ツーリングに出かけましょう。(本当に行けるのか?)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の壱拾九

取り寄せたはいいんですけど、
予想に反して配線が全く付いてない・・・

いきなりカプラー接続なので、何処に何の線が付くのか全く解りません。
少しでも配線が伸びていれば、配線色で大体何の線なのか予想が出来るのですが・・・・・・
どうしましょうかねぇ?

困った時のインターネット。
1、ヤフオクでJAZZのメインハーネスを探しましょう。
2、画像を良く見てレギュレータ・レクチに繋がっている配線色を確認。
3、配線色に基づき、何処へ繋がっているか予想。
4、実際に配線してみる。

ビンゴ!!
      IMG_1914.jpg
               IMG_1915.jpg
バッチシ!ですね。
ちゃんと電気は制御されていますよ、
これで電球切れの心配も少なくなります。

レギュレータは熱を持つので、なるべく放熱性の良い所に設置したかったのですが、
色々考えた末、シート下のエアクリーナーBOXのフタに取り付ける事にしました。
「ココなら吸気する時に熱を奪ってくれるかなぁ」と思ったのですが、
ちょっと待て!!それって暖かい空気を吸気してしまうって事やないん?
・・・・・・まぁ、これが原因で不具合が出たら、その時に考え直しましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の壱拾八

なんとか形になったMT125ですが、
問題はオーバーチャージなんですよねぇ。

このMT125には、元々充電量を制御するレギュレータなんて物は付いていません。
なので、潜在的に過充電になる可能性は有ったのでしょうが、
・・・・・なんとかなりませんかね。
これ以上あまりお金をかけられないんですよ、販売価格が上がってしまう・・・・・

IMG_1901.jpg
何か簡単な事で直ったりしないですかねぇ、
原因を探ってみましょう。

聞いた所によると、メインスイッチやハンドルスイッチのアース不良によって、
オーバーチャージになっていた車両も有るらしく、
IMG_1900.jpg
色々、直アースしてみました。
特に、この車両はフレームを塗装しているので、
塗膜によってボディーアースが取れずに・・・・なんて事が有るかもしれません。




ダメですね、何処を繋いでも変わりません。

そもそも、初めから9V位出ているのに、何も制御する物が無いっていうのは無理があります。
そんなに時間もかけていられないので、あきらめます。
レギュレータを付けてしまいましょう。

という事で、6Vのレギュレータを探します。
カブ辺りでありそうですねぇ・・・・お、有りましたよ!

JAZZのレギュレータが良さそうです。
早速取り寄せて取り付けましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 キャブ調整? 其の七

結果は、



変化無し!
ちょっとは期待していたんですけどね。
残念!!

という事は、やはりキャブのセッティングなのか?
エンジン側に問題が有るのか?
セッティングの線は薄い様な気がするんですが、
全てを試した訳ではないので完全には否定できません。

こうなったらジェットをいくつか注文してみましょう。
(無駄になる可能性ですが)

ジェットが届くまでの間、今付いているジェットを加工して、
高回転で薄過ぎるのを改善してみましょう。
IMG_1864.jpg
ジェットリーマーを使って、少しずつ穴を大きくしていきます。

しかし、改めてスロットルバルブの位置を見てみると、
IMG_1867.jpg
左右で明らかな違いがありますね、
こんなんで同調が合っていると言えるのか?
いや、きっと違うんでしょうね、排圧で揃えるのも条件が整っていないと、
ただの誤魔化しになっちゃいますね、きっと。
(間違っていたらゴメンナサイ)

スロットルバルブの位置(アウセルオフでの開き具合)を見た目で揃えて、
とにかく今は低回転は置いておいて、高回転を修正していきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 キャブ調整? 其の六

いやぁ~、上手くいきませんねぇ~
もう何度やったか解らない位、フロートレベルを調整して走ってはみたのですが・・・・・・
一向に症状が改善されません。

IMG_1862.jpg
プラグの焼けも良くないんですよ。
左右で差が有り過ぎる。
画像だと良く解らないですけど・・・・・

それにしても、フロートレベルが左右でこんなにも違うものだろうか?
初めはコンマ数ミリ違うだけだろうと思っていたので、
チョットずつ変えていったのですが・・・
この時点で左右差が1.5mm!!
おかしい、こんな訳無いよなぁ。

あまり考えたくはありませんが、ひょっとしてキャブ自体の不良?
海外から輸入した物とはいえ、ドイツからですし、ミクニ製ですからねぇ。
某国製の様な事は無い筈なのですが、
純国産品でも不良品は稀に有る訳で、、、、一応調べてみましょうか。


という訳で、また私のTXからキャブを移植します。
IMG_1865.jpg
これで改善されればキャブ自体の不良です。
調整ウンヌン言っている場合ではありません。
別のキャブに交換しなければ解決しませんから。

さぁ、解決するんでしょうか?

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 キャブ調整? 其の伍

やっぱりダメでしたねぇ~♪
走っていて悪くは無いんですが、左が妙に弱い・・・
排圧が弱いんですよ、音を聞いただけでスグに解る位に、排ガスも結構臭いし。

では、同調をイジッテみましょうか。
IMG_1855.jpg
右のキャブの頭を開けると、調整用のネジが出てくるのですが、
これがまためっちゃシビアなんですよ。
オマケにロックボルトを締めると変化してしまうので、
締めた時の変化を踏まえて調整をしないといけないし。

ちなみに、ウチには同調調整用のバキュームゲージが無いので、
左右の排圧をそろえる事で調整します。




う~んイマイチそろいませんねぇ、
アイドリングさせていれば、そこそこかなぁ~という位にはなったのですが、
空ぶかしをすると全くダメ!相変らず左が弱い・・・・・
ダメ元でも一応走ってみましょう。

結果は案の定って所です。
プラグの焼けも、右は白くて左は黒い。
ちょっとセッティングを変えてみましょう。
とは言っても、他のサイズのジェットを持っていないので、
とりあえずフロートレベルで調整してみましょう。

そうそう、このキャブには加速ポンプが付いているのですが、
セッティングするには邪魔なので外しておきます。
IMG_1856.jpg
この左のチャンバーに付いているピストンが、
アクセルに連動したロッドによって押される事で、
余計にガソリンを吐出するって構造になっています。
これを取り外して加速ポンプをキャンセルしておきます。

右のフロートレベルを下げ、混合気を濃くして、
左は逆に薄くしていきます・。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 キャブ調整? 其の四

それではキャブを診ていきましょう。
まずは外さなければなりません。
ノーマルほどではないですが、面倒臭いんですよこれ、
IMG_1845.jpg
カムチェーンテンショナーのカバーを一々外さないといけないので、
OILは垂れるし、キャブをフレームから吊っている金具も外さないといけない。
外す時は知恵の輪やし・・・・・
左右のキャブが連結しているのが諸悪の根源ですよ!
左右分割式の何が悪いって言うんですか!?
ちょっと同調が崩れ易い位で、整備性は格段に上なのに・・・・・・

以上、ちょっとグチってみました。

で、外したキャブの現状確認。
IMG_1846.jpg
ガソリンはまだ入っているので、ドレンから抜いてみて、左右に油面の差が無いか?
・・・・・これは大丈夫ですね。
IMG_1867.jpg
スロットルバルブの開き具合に差は?
・・・・・これも大丈夫そうです。
ではフロート室を開けて、
IMG_1853.jpg
各ジェット、や穴にエアーを通していきましょう。
ちゃんと全て通っている事が確認出来たら、もう一度車体に取り付けてエンジンをかけてみます。

これで上手くいったらメッチャ嬉しいんですけどね。
まぁ、多分ダメでしょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 キャブ調整? 其の参

やっぱりキャブですかねぇ?

十中八九そうだとは思うのですが、キャブをやる前にその他の所を潰していかないと、
迷宮にハマって一生出て来れないか、適当な所で手打ちにしてしまうかのどちらかになってしまうので、
そうならない為にもやる事はやっておきましょう。
急がばまわれです。

という事で、最後の確認。

プラグに飛ぶ火の強さは?
実は一番初めに確認した事なのですが、
その時はプラグを通して見たので、
「両方共ちょっと弱いかな? でも両方同じ位やからなぁ~」
という事で、左右のバランスがおかしい事には関係無いだろう。
という結論で、他を当たっていたのですが・・・・・
ヤッパリ気になったのでちゃんと調べましょう。(こういうのが時間の無駄! 反省)
IMG_1860.jpg
純粋に火の強さを見る時は、プラグキャップも外してこうするのが一番。
以前も書きましたが、
ハイテンションコードから火花を飛ばして、7mm位離してもスパークすれば良好です。

結果は両方共良好でした。
次に、念には念を入れて左右のイグニッションコイルを交換してみます。
IMG_1863.jpg
(ハイテンションだけでなく、配線も交換しています)

これでも結果は同じ、左が弱いですねぇ。

これでいよいよキャブに取り掛かりますよ。
(ヘッドをやっていないのが大分気になるのですが・・・・・
         とりあえず邪念は捨てて、出来る限りやってみましょう。)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 キャブ調整? 其の弐

こういう修理って、トライ&エラーの繰り返しなんです。
何処か一箇所でも変更したら、その都度調子を診ていく。
すごく時間と手間がかかるんですが、いっきに複数箇所変更しても、
治ったは良いけど結局何処が悪かったの?
という事になってしまいますからね。

という事で、地道に一つずつ疑わしい場所を潰していきましょう。

まず、エアクリーナーのチェック。
IMG_1847.jpg
だいぶ目詰まりしています。
エアブローで詰まっているゴミを吹き飛ばして、再度装着。
エンジンをかけてみます。
・・・・・・・・ウン、、、、そこそこハジケテは来たのですが、どうしても左の排圧が妙に弱い。

次ぎ、ガソリンの流量。
この車両はガソリンタンクの中が結構サビているんです。
以前からタンクのコーティングを勧めているのですが・・・・・・そのままです。
IMG_1844.jpg
フィルターに詰りは無い様ですが、コックをRESにすると流量が落ちます。
これはサビやらゴミやらが、タンクの底に溜まっている証拠です。
早目の処置をオススメしますよ、オーナーさん。
コックがONの時は問題無い流量が出てましたので、テスト時はコックONでやります。

次ぎ、タペットクリアランスの確認。
特に問題は無いクリアランスでしたが、念の為大きめにクリアランスをとり直します。
エンジンをかけてみましたが、、、、、、、、やっぱり変化はありませんね。

次ぎ、点火時期、ポイントの状態の確認。
問題無いですねぇ。

次ぎ、カムチェーンの調整。
このTXはうちでエンジンをやっているのですが、(お客さんの意向によりヘッドはやっていません)
その時にカムチェーンを交換しているので、そろそろ再調整が必要な頃です。
IMG_1851.jpg
案の定、調整が必要でしたが、きっと不調の原因はこれではないでしょう。
ですが、一応再調整をして点火時期を確認、エンジンをかけてみます。
・・・・・・・・・ヤッパリ変化無いっスね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド 車検+α 其の弐

何はともあれ、そんなに時間もないのでサッサと作業に入りましょう。
IMG_1832.jpg
フロントホイールとフェンダーを外して、
フロントフォークを取り外します。

IMG_1835.jpg
エンフィールドって、ライトケースとトップブリッジが一体になっているんです。
尚且つ、
IMG_1837.jpg
今回は割と「すんなり」外れましたが、
フロントフォークにネジが切ってあって、
IMG_1836.jpg
あの一体型ライトケースにネジ込む様になっているんですよ。
これが物によっては固着していて、なかなか外れなかったりするんですよねぇ~

取り付けの時も、ブーツが付いていなければそれほどでもないのですが、
ブーツが付いているとインナーチューブを持つ事が出来ないので、
(ブーツの上からでは不可、ネジ込まないといけないので・・・・・・)
ブーツをいっぱいまで押し下げて、しっかりとインナーチューブを掴んでネジ山を傷めない様、
グイッグイッとネジ込んでいきます。

夏場はあまりやりたくない作業ですが、今回は順調に作業が進みましたね。
IMG_1840.jpg
             IMG_1841.jpg
どうでしょう?
個人的には、もうちょっとブーツのボリュームが有った方が似合う(古臭い!?)かなぁ~
と思うのですが、好みの分かれる所ですね。

後は車検を通せば終了です。
調子が良いので他にやる事が有りません。(涙涙・・・あまり稼げない・・・・)

これで次にご来店されるのはまた2年後ですかねぇ?
いや、良い事なのですよ、ノントラブルという事ですから。
ただ、ウチが2年後までやっているのだろうか???????この場所で、というのも含めて。

まぁ、何処に行くかは解りませんが、細々とでも続けていける様、日々精進!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の壱拾七

履いていたタイヤは全く使い物にならなかったので、
DUNROPのK950を新しく履かせます。
チューブとリムバンドも新しくしちゃいました。
IMG_1793.jpg
前後共なので、結構痛い出費ですが仕方ありません。

店の隅に眠っている車体にRホイールを取り付けて、
IMG_1797.jpg
組み上がったフロントフォーク、
IMG_1798.jpg
Fホイール、ハンドルを組み付けます。
IMG_1799.jpg


転がる様になった所でリフトに場所を移し、
残りの部品を組み付けていきます。
IMG_1800.jpg
            IMG_1801.jpg
段々完成が近づいて来ましたよ。

修理してもらったメーターも取り付けますが、
本来ならば、この
       IMG_1802.jpg
メッキのメーターカバーの内側に、クッションとなるゴムが有るのですが、
残念ながらメーカー欠品です。
仕方ないので、ホームセンターで売っているウレタンを貼り付けて代用しましょう。
          IMG_1803.jpg
               IMG_1804.jpg
結構具合良さそうですよ。

ヘッドライトのリムも再メッキに出したのですが、
残念ながら穴が開いてしまいました。
IMG_1805.jpg
               IMG_1806.jpg
元の状態が良くなかったので、覚悟の上だったのですが、
やっぱりメッキに耐えられなかった様です。
まぁ、使えない訳ではないので良しとしましょう。

IMG_1807.jpg
さぁ、結構出来上がりましたよ。
後は・・・・・・・オーバーチャージを直さねば!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

ロイヤルエンフィールド 車検+α 其の壱

2年ぶりですねぇ~
またエンフィールドなのですが、
IMG_1808.jpg
この車両、ウチの「第一号お客さん」なんですよ。
2年前に車検を通してから、その後全く音沙汰が無かったので、
「もしかして降りてもうたんかな?」なんて心配していたのですが、
[便りが無いのは元気な印]ってやつでしたね。

今回も前回同様車検なのですが、
プラスしてフロントフォークのブーツ交換も一緒にやります。
IMG_1810.jpg
前回も交換したのですが、ちょっとこのブーツ破け易いんですよ。
なので、今回は違うメーカーの物をお客さんが買って来てくれたので、それを取り付けます。
IMG_1838.jpg
エンフィールドに乗っている人ならば知らない人はいないでしょう。
「ウィングフット」さんの商品を使わせて頂きます。

今までのブーツは口が大きかったので、
ホイールとフェンダーを外せば下から装着出来たのですが、
この商品は口が小さいので、フォークを抜いて上から入れなければなりません。
エンフィールドの場合、結構それが面倒なんですよね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する