2007-11

MT125 エルシノア 其の壱拾

久しぶりにエルシノアの更新をしましょう。

このエルシノアは、
持って来た時からヘッドライト周りと、ハンドルスイッチが欠品でした。
ずっと探していたんですが、ある日YAHOOオークションを見ていたら、
あるじゃないですか!
しかも欠品の物が全て揃って!!

これは何が何でも落す!!!!

幸いな事に、競り合う事も無くあっさり落札出来ました。
これも普段の行いの賜物でしょう♪
で、これが落札した物です。
   IMG_1353.jpg
          IMG_1354.jpg

これでちゃんと公道デビューが出来ますね。
贅沢を言えば、フロントのウィンカーも有れば良かったんですが・・・
まぁ、いずれ揃えましょう。
取りあえずは社外品で我慢しましょう。

解っていた事なのですが、
メーターがイマイチ状態が良くないんですよね。
IMG_1355.jpg
IMG_1356.jpg
レンズに結構ヒビが入っていて、
動作の方も難が有って、スピードメーターが動かないんですよね。
タコの方も取りあえずは動くけど、正常に動くかどうかは不明だし。

ウ~ン悩む所です。
このメーターを修理に出すか、程度の良い中古品を探すか、
社外品のメーターに変更してしまうか。
こういう所で商売人のセンスが問われるんでしょうね・・・・・
ウ~ン、ウ~ン、ウ~ン・・・・・・・・・

しばらく悩みましょう。
(人、これを問題の先送りと言う)
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の拾弐

本当はちゃんとコーティングをしたい所ですが、
タンク内のサビ取りを少々やっておきましょう。
IMG_1417.jpg
お客さんの懐具合も有るので、無理強いは出来ませんが、
エンジンをやる前に掃除をしたはずのコックが、既に詰まりかけていたので・・・・
早めにコーティングして下さいね。

取りあえず今回は、特別サービスサビ取りだけはやっておいてあげましょう。
IMG_1418.jpg
今回は鎖を入れて「ガシャガシャ」シェイクします。
相変わらず、この作業はしんどい・・・
タンクが小さいからまだマシですが。
ちょっと振っただけで、これだけ一緒に入れた灯油が汚れました。
IMG_1419.jpg
そりゃあ、「あっ」という間にコックも詰まりますわ。
何度か「ガシャガシャ」やりましたが、見た目そんなに綺麗になってないなぁ。
それでも、何もしないよりは遥かにマシでしょう。

その他にもチョコっとした修理をいくつか、
         IMG_1425.jpg
         ヘッドライトバルブの接点が減っていたので、
         ハンダで肉盛りとか、

               IMG_1426.jpg

配線の修理を数箇所とか・・・過程を得まして。
どうにか完成しました。
これでしばらく乗っていてもらって、
車体の方のレストアはまた時期をみて。

とりあえず、第一弾レストア終了

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の拾壱

それではサッサと組み上げてしまいましょう。
IMG_1402.jpg
スプロケットとカムチェーンを新しい物に交換して・・・
出来る事ならこの状態でクランキングして、
オイルがちゃんと上がってくるか確認したいのですが、
このままオイルが上がって来る位のスピードでクランキングすると、
コンロッドがガッコンガッコン大変な事になってしまうので、

チョット面倒ですが、
IMG_1409.jpg
バルブ以外をココまで借組して、
一生懸命キックします。
IMG_1410.jpg
OK!OK!!バッチリオイルは上がってきていますね。(下に垂れているのが出て来たオイルです)
確認も終わったので、今度はキチント全て組んでいきます。
IMG_1411.jpg
いつもの事ですがポイントも磨いて組み付け。
IMG_1412.jpg
点火時期も取りあえず合わせて、
後はエンジンをかけてみるだけですね。
しかし、ここは液体ガスケットが完全に乾くまで1日待ちましょう。

乾くのを待っている間に、一つ作業をしてしまいましょう。
IMG_1413.jpg
リヤスプロケットの取り付けボルトが緩んでいてガタガタで~す。
ねじ山が怪しかったので、タップ・ダイスで修正をして、
しっかり締め付けて組み上げます。
IMG_1414.jpg
(ちなみに、この作業は工賃貰っていません、請求するの忘れた~)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の壱拾

お客さんに事情を説明した所、
追加料金を頂いて、右のケースカバーも開けて点検する事になりました。

カムチェーンがあんなになるまで酷使されていたんだから、
きっとオイルフィルターは汚れが溜まってるんでしょうねぇ。

やっぱり!
IMG_1377.jpg
チョット解り難いかもしれませんが、汚れが溜まってます。
でも、以前に誰かが開けている様ですね。
センターナットがヒドイ事になってます。
これは交換しないと再利用は厳しいですね。
CB50と同じ様に、このエンジンも遠心式のオイルフィルター(分離装置?)を使ってます。
パッと見、これがフィルター?という感じですけど。

IMG_1378.jpg
ちょっと汚れの層をはがしてみました。
IMG_1379.jpg
取り除いてみると結構な量です。
IMG_1380.jpg
これでスッキリ!

IMG_1382.jpg
分解が終わって、点検も終了。
IMG_1395.jpg
懸念だったオイルポンプも、単体で動かせばちゃんと圧送してくれる事を確認したので、
後は取り付けて動いてくれる事を祈りましょう。
IMG_1396.jpg
このポンプとケースの合わせ面のガスケットは、純正欠品で、
社外品のガスケットセットにも含まれていなかったので自作。

   IMG_1397.jpg
この可愛そうなセンターナットも交換、
きっと工具が無くてポンチかタガネで叩いたんでしょう。
         IMG_1399.jpg
この位の工具なら造ればいいものを・・・
ちなみに、過去に作った物ではサイズが合わず、また新しく作りました。
         ホンダはこのナット好きやなぁ
         何種類あんねん!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の九

腰上を組む前に、もう一つ確認したい事があります。
というか、もう解っている事なんですが・・・・

まずローターを外しましょう。
IMG_1370.jpg
この赤い工具、結構いろんな所で使えます。
なかなかスグレモノですね。


問題なのは、
IMG_1371.jpg
コレ!
この黒くて丸い部品。
「確か以前やった車両ではスプロケットになっていたハズ!?」
と、思って部品を注文しておいたんですよ。
案の定、
IMG_1372.jpg
新品と比べると・・・・・・・よくココまで削れたもんや。

あれ・・・・という事は、オイルポンプが動いてない!?
そうなんです、このスプロケットは反対側に有るオイルポンプに繋がっていて、
オイルをヘッドへ圧送しているんです。

なぁ~るほど、
道理でリングギャップがあんなに大きかったのに、白煙が全く出なかった訳です。
なぜならば、オイルが回ってなかったんですから。

あっっぶねぇ・・・・・・
もしもエンジンがちゃんとかかって、どうにか乗れる状態だったら、
お客さんは取りあえず乗ろうと思っていたらしいので、
その時は完全に焼き付いてましたね。

きっとエンジンがかからなかったのは、
このCS90が危険信号を出していたからではないでしょうか。
やっぱりバイクは生き物ですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

CS90 其の八

さて、お客さんにも急かされたので、
そろそろ久しぶりに更新しましょう。
(実際には、既に完成していて11月17日に納車済みです♪)

エンジンが内燃機屋さんから帰ってくるまでの間に、
組み上げる準備をしておきましょう。
張り付いたガスケットを剥したり、
その他交換する部品を交換しておいたり・・・

という事で、気になったOILシールを交換します。
IMG_1362.jpg
一つはチェンジシャフトのシール、
良く見ると既に亀裂が入っていたので交換です。

もう一つはポイントハウジングのシール、
IMG_1363.jpg
          IMG_1364.jpg
多分漏れてきていたんでしょうね、
液体ガスケットで固めてあります。

IMG_1365.jpg
無事に交換は終わったのですが、
ポイントハウジングのシールは、手で押し込む事が出来ちゃいました。
「え~、これで大丈夫か!?」と思いましたが、
とりあえずこれで様子を見ましょう。

内燃機屋さんからエンジンが帰ってきました。
IMG_1368.jpg
流石、いつもの事ながら仕事が速い!!

あっっ!!!!!
・・・・・忘れてた・・・・・・
インマニの取り付けネジを直してもらおうと思っていたんだ・・・

仕方ありません、なんとか7mmのネジを探して、ネジ山を切り直しましょう。
元々6mmのネジが入っていた所なので、7mmが有ればイケルでしょう。
IMG_1367.jpg
あった!!
7mmなんて無いよなぁ~きっと・・・
って思っていたんですが、中古ネジの大量在庫の中から発掘しました。
IMG_1366.jpg
雌ネジをタップで切り直して、
いや~助かった。
最悪、もう一度内燃機屋さんに送ってやって貰わなければならない所でした。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

クラシックカーパレード

本日は八王子市の「イチョウ祭り」二日目。
他のイベントは大して興味は無いのですが、恒例のクラシックカーパレードだけは、
子供も見たがっていたので、一旦仕事を休んで見に行く事にしました。

IMG_1446.jpg
正午に出発という事だったので、集合場所の市役所駐車場に直行。
いますねぇ~
国内外の旧車がズラリと・・・
IMG_1445.jpg
「ALWAYS 三丁目の夕日」に出てくる車両も沢山います。

IMG_1447.jpg
このバモスの人は他にもいっぱい持ってるんですよ。(一台位譲ってほしいなぁ)          
     IMG_1448.jpg
            IMG_1450.jpg
           すばるぅ~

   IMG_1454.jpg
          IMG_1460.jpg
               IMG_1459.jpg


変り種としては、
IMG_1452.jpg
ボンネットバス、個人所有というのが驚き!!
               
         IMG_1455.jpg
これはクラシックカーに入れていいのか?

良いイベントです。
これでクラシックバイクも有れば尚良いのですが・・・
以前はバイクも混ざっていたらしいのですが、
近年はめっきり居なくなってしまったそうです。
残念です。

今度何処か近くでバイクのイベントがやっていたら行ってみましょう。
手始めに「多摩クラシック」か。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 常連さん 其の参

その他にも色々とゴム部品を交換、
タンクキャップゴムとか、
IMG_1407.jpg
              IMG_1408.jpg

まだ交換しなくてもいいとは思うのですが、
リヤのブレーキスイッチも交換します。
しかし、スプリングの長さが違う!!
IMG_1406.jpg
リプロ品はだいぶ長いですね。
ココは手っ取り早く、スプリングのみ純正を使い回ししましょう。

キャブの調整なんですが・・・・・・・・
IMG_1405.jpg
どうしても左右でこんなに差が出ちゃいます。
画像では右側のプラグになってしまいますが、
左シリンダーが薄過ぎるんですよね。
左だけ限界までフロートレベルを上げても、
アイドリングさせておいてこんな状態です。

これはもう調整レベルでどうにかなる物ではなさそうです。

IMG_1403.jpg
     IMG_1404.jpg
エンジンもOIL漏れが結構有るので、
何処からエアを吸っていても不思議ではない状態です。

次回はいよいよエンジンをやってもらう事になりそうですね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

TX650 ローターコイル交換など

IMG_1430.jpg
何処かで見た様な車両ですが、
これも以前にウチでやった車両ですね。
今回は日帰り修理で、
オルタネーターローターの交換です。

実は、半年位前にローターをリプロ品(MADE IN CHINA)に交換したのですが、
同じ製品に何個か不良品が出ているらしく、
今の所問題は出ていないのですが、「不安なので交換してくれ」
という事なので、「ガレージ310」さんに巻き直してもらった物に再度交換します。
IMG_1431.jpg
で、交換完了。
やっぱり、まだまだCHINAやTAIWANでは不安ですね。
無い物は仕方ないので使いますが、出来るだけ国産を使いたいですね。

ついでに、というか・・・
IMG_1432.jpg
OIL漏れが結構してますね。
ここら辺は以前にやった筈なのですが、
IMG_1433.jpg
      む~

やり直ししましょう。
プッシュロッドのガタはそんなに無いので、
周りの汚れを綺麗にしてから、シールの交換のみですが。
IMG_1434.jpg
これで大丈夫でしょう。

お客さんの要望により、
タペットクリアランスも調整。

キャブの調子も余り良くないのですが、
現状車両を預かる事が出来ないので、こんな調子のままで返したくはないのですが、
もうしばらく待ってもらいましょう。

文句が有るなら取りに来ない人に言ってくださいね。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 常連さん 其の弐

20分位走ってきました。
多分コレの事を言っているのでは?
という異音はありましたが、
お客さんが言っていた様なエンジンからの異音ではなく、
駆動系のキシミ音のような気が・・・

という事で、チェーンを確認してみましょう。
IMG_1393.jpg
センタースタンドを立てて後輪を回してみると、所々動きの悪い所があります。
それに、OILっ気が少ない。
・・・・・十中八九メンテナンス不足によるチェーンの間伸び、(所々伸びる事)
と潤滑不足だと思われます。
チェーンを少し調整して、チェーンオイルを多めに塗っておきましょう。
もう一度試乗してくると、メデタク異音は消えていました。

これで異音の件は解決したので、その他の作業をやっていきましょう。
IMG_1391.jpg
まずはこの部品の取り付け、
ゴム部品が大半ですが、キャブも調整しないといけないので、
それと絡めてやっていきます。

このクラッチのウォームナットSet
IMG_1392.jpg
奥がSPの純正で手前がリプロ品、
テコの原理で支点より遠い方が軽く動かすことが出来るので、
クラッチの重い方は試してみては?
(でも、TXの物と同じだったと思ったので、SPの人限定かな・・・確か)

ニュートラルランプスイッチのカバーゴム、
これは無事な人の方が少ないはず。
この車両もボロボロなので交換します。
配線の被服が途中で破れていて、切れかかっていたので修理しときましょう。
IMG_1394.jpg
           IMG_1400.jpg

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

XS650SP 常連さん 其の壱

常連さんのXS650SPが入庫しました。
IMG_1387.jpg
チョット前に「変な音がするから診て欲しい」という依頼があり、
来てもらう事になったのですが、来る途中でクラッチワイヤーが切れたらしく、
結局は引き上げという形になりました。
川崎の方まで行ったので、結構な額の引き上げ代金になってしまいました。
まぁ、仕方ありません。
ウチも商売ですから・・・。

早速クラッチワイヤーを作成しましょう。
今回はインナーのみの作成です。
切れたワイヤーを外していると、
IMG_1388.jpg
               IMG_1389.jpg
タイコが割れていました。
ワイヤーよりも先にタイコがツブレルなんて・・・
MT125の所でも書きましたが、
ワイヤーのエンド金具が、なかなか国産に合う物が見つからず、
ちょっと時間が掛かります。
IMG_1390.jpg
それでも、30~40分で完成。

これで走れるようになったので、
お客さんの言う「異音」の正体を確かめる為に、チョット試乗してきましょう。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の九

気になる細かい所を直していきましょう。
IMG_1327.jpg
フロントブレーキスイッチの配線、
途中で切れてるし、ビニールテープで巻いてあるので、見た目が余りヨロシクありません。
配線の部分だけ作り直しましょう。
IMG_1328.jpg
最終的な長さは組みつけてから、ギボシはまだ付けません。

ワイヤーもヤバそうな所は作り換えておきましょう。
IMG_1326.jpg
メーターワイヤーはまだ純正が出ました。
アクセルワイヤーは、途中まで作り直します。
IMG_1329.jpg
国産用のワイヤーを作ろうと思うと、
海外から取り寄せた金具では微妙に合わなくて
そこら辺を合わせるのが時間掛かるんですよね。

クラッチワイヤーは全部作り直します。ただし、
IMG_1348.jpg
この部品は元のワイヤーから部品取りします。
まずは、この部品だけワイヤーから切断したので、
中に残っているアウターを取り除きます。
     IMG_1349.jpg
この様にグリグリとプライヤーで引っ張り出します。
ある程度まで来ると、
        IMG_1350.jpg
この様にスポッと抜けます。
続いて、カシメで入り口が狭くなっているので、ドリルで広げます。
            IMG_1351.jpg
これで、もう一度この部品が使えるようになりました。
後はいつも通りワイヤーを作っていけば、
IMG_1352.jpg
クラッチワイヤーの出来上がり。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の八

シートを張替えに出します。
表皮はカチカチで破れてるし、スポンジも状態が良くなかったので、
スポンジから造ってもらいますが、自分で出来る事はやってから出しましょう。
全部剥して、シートベースにサビ止めを塗ります。
IMG_1090.jpg
まずは、カップブラシで軽くサビや汚れを落します。

で、「POR15」のサビ止めを塗ります。
IMG_1098.jpg
あとは、いつもお世話になっている「RAZZLE DAZZLE」さんにお願いします。
もう一つ有るボロボロのシートを見本にしてやって貰いましょう。

ステムベアリングを交換します。
幸い、この部品は純正がまだ出ました。
IMG_1100.jpg
それにしても、この過剰梱包は止めて欲しい・・・
IMG_1101.jpg
なんでベアリングの鋼球が一個ずつ袋に入ってんねん!!
なんて無駄な事をするんやろ?
もっとまとめて袋に入れたらアカンの??

それはまぁ置いといて・・・
レースを打ち換えます。
   IMG_1102.jpg
      IMG_1103.jpg
         IMG_1104.jpg

グリスをたっぷりと塗って組み付けます。
ウン、良い動きです!!

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

エルシノア MT125 其の七

分解した三つ又から、ベアリングレースを外します。
IMG_1086.jpg
そんなに酷い打痕は無かったんですが、
動きがゴリゴリしていたので交換します。

あまりやりたくは無いのですが、サンドブラスト(野吹き)で塗装剥しと、足付けをします。
「さぁ、塗装をしてしまおう」という所で、気付きました。
IMG_1087.jpg
アカ~ン!!!
クラック入っとるやんけ!!ショック・・・トップブリッジが使い物にならん・・・・
意気消沈・・・・・していても仕方が有りません。
とりあえずの応急処置をして、溶接を頼むなり、出物を探すなり、対処しましょう。
ひとまず、金属充填剤でクラックを埋めておきましょう。
IMG_1088.jpg
そんなに使わないのに、結構な値段のする「Snap onのパワースティック」を使います。
IMG_1089.jpg
丸一日、乾燥するのを待ちます。

完全に乾燥したら、パパッと塗ります。
IMG_1095.jpg
・・・・・・・折角ココまでやったんですが、
このままではとてもじゃないですけど、売り物には出来ませんね・・・・・

今度再メッキに出す時に解決させましょう。
取りあえずはこのままで形を造ってしまいましょう。


テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

週一回の・・・

ほぼ週一回、やっている事があります。
それは・・・・・在庫車両のエンジンかけ。
IMG_1385.jpg
お客さんの車両も、エンジンのかかるものはかけています。

一斉にかける事になるので、一時相当うるさいです。
オマケに、2ストロークの煙でウチの周りだけ夢の世界

ご近所の皆さんゴメンなさい!
でも、最低限これ位やっておかないと、スグにヘソを曲げてしまう困ったコ達なので、
週一回、週一回だけでいいので大目にみてやって下さい。


話は変わりますが、
ウチにもやっと、念願の物が装備されました。
IMG_1386.jpg
自動巻取りエアホースリール!!!
いや~本当に長かった、買おうと思っていて早1年半・・・
このお金の無い時期に(いつもですが)思い切って買っちゃいました。
これでやっと、地べたを這うホースから開放されます。

「こんなの幾らでもないんだから、早く買えよ!」
と、突っ込まれそうですが、それだけ台所事情が切羽詰っているという事です。
一体何時になったら赤字生活から脱出できるのでしょうか?

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

MT125 エルシノア 其の六

一応フレームを塗り終わったので、
邪魔なエンジンを乗っけてしまいましょう。
IMG_1078.jpg

次にフロント周りのリフレッシュ、
IMG_1079.jpg
    IMG_1080.jpg
        IMG_1081.jpg
サビの浮いたハンドルインナーチューブリム及びスポーク・・・・・
本当ならば再メッキに出したい所ですが、
これ以上移動させられない車両を増やす訳には行かないので、
その他の車両が片付くまでお預けです。

二度手間になってしまいますが、トップブリッジ、三つ又を塗る為に分解していきます。
IMG_1085.jpg
そうそう、ステムレースも打ち換えます。

それにしても、ホンダはこのナットが好きですねぇ。
IMG_1082.jpg
以前にCB50をやった時にも、エンジン内に使われていましたが、
今回の物とはサイズが違って、その時に造った工具が使えません。
仕方ないので新しく作りましょう。
IMG_1083.jpg
これでバッチリ!
   IMG_1084.jpg
         
やっと分解出来ます。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

«  | HOME |  »

プロフィール

バイク工房蔵

Author:バイク工房蔵
東京の八王子市でバイク屋をやってます。

基本的に70年代までの古めのバイクが好きです。
現行車はやりません!出来ません!!
ビックスクーターなんて見たくもありません。

こんな偏ったバイク屋なので、いつも経営の危機です。

ワタシ一人では何にも出来ませんが、
周りには頼りになる業者さんが居ますので、
お陰様でなんとかやっていってます。
感謝感謝!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する